高級感あふれる!上高地のお土産11選

上高地スティックケーキ
出所:https://www.gosenjaku.co.jp/2017/11/22/7131/

芥川龍之介が何度も訪れ、小説『河童』の題材ともなった上高地。その美しい景観から、「特別名勝」と「特別天然記念物」のふたつの称号をもつ、珍しい場所です。

上高地周辺には、空気の汚れが少なく、自然も豊かな上高地らしい、素材や製法がこだわられたお土産がたくさん。

この記事では、その中でもとくにおすすめのお土産のご紹介をします。
※コロナウイルスの影響で営業時間等が変更になっている場合があります。




1、郵送も可能「アルペンの便り」

アルペンの便り
出所:https://tabelog.com/nagano/A2002/A200202/20023250/dtlphotolst/smp2/

手紙とクッキーが一体になった「アルペンの頼り」。「アルペンの頼り」の販売をする、上高地帝国ホテルの外観をデザインしたアーモンドクッキーです。

切手を貼れば郵送することも可能なので、遠方の方へのお土産としておすすめです。

「アルペンの便り」の基本情報

・名称:アルペンの便り
・住所:長野県松本市安曇上高地
・アクセス:新島々駅からバスで約1時間15分
・営業時間:8:00~20:00
・定休日:年中無休
・電話番号:0263-95-2001
・料金:税込み820円

公式ページ

2、ご家族へのお土産に「フランボワーズケーキ」

フランボワーズケーキ
出所:https://www.facebook.com/shirakabaso/photos

甘い香りがたまらない「白樺荘」で販売されている「フランボワーズケーキ」。赤と白の混ざった綺麗な断面も食欲をそそります。

ちょっと贅沢なご家族へのお土産としておすすめです。

「フランボワーズケーキ」の基本情報

・名称:上高地の四季フランボワーズケーキ
・住所:松本市深志3丁目10-5ル・ブランビル
・アクセス:新島々駅からシャトルバスで約1時間
・営業時間:8:00~18:00
・定休日:冬季休業
・電話番号:0263-95-2131
・料金:税込み1,000円(1本)

公式ページ

3、子どもへのお土産に「かっぱ焼き」

かっぱ焼き
出所:https://www.m-kamikouchi.jp/shokudo/info/#shop

かわいらしい見た目の「上高地食堂」の「かっぱ焼き」。カスタードクリーム、小倉あん、小倉あん&クリームチーズの3種類があります。

お子様へのお土産におすすめです。

「かっぱ焼き」の基本情報

・名称:かっぱ焼き
・住所:長野県松本市上高地
・アクセス:新島々駅からバスで1時間
・営業時間:6:00~16:30
・定休日:冬期休業(上高地通行止めのため)
・電話番号:0263-95-2039
・料金:200円(1個)

公式ページ




4、こだわりぬかれた「五千尺ホテルチーズタルト」

五千尺ホテルチーズタルト
出所:https://www.gosenjaku.co.jp/2017/12/13/7475/

新鮮な卵とフランス産のクリームチーズなど、こだわられた素材で作られる「五千尺ホテル」の濃厚なチーズタルト。

1ピースからでも購入できるので、1ホールだと多すぎる方にはそちらもおすすめです。

「上高地チーズタルト」の基本情報

・名称:上高地チーズタルト
・住所:長野県松本市安曇上高地4468(五千尺ホテル)
・アクセス:新島々駅からバスで約1時間30分(五千尺ホテル)
・営業時間:9:30~16:00(五千尺ホテル)
・営業期間:4月下旬~11月上旬(五千尺ホテル)
・電話番号:0263-95-2111(五千尺ホテル)
・料金:税込み2,380円(1ホール)

公式ページ

5、ダイエット中の方へのお土産に「だいだいドレッシング」

だいだいドレッシング
出所:http://m-kamikouchi.blogspot.com/2014/06/

フルーティーでレタスによく合う「上高地アルペンホテル」の「だいだいドレッシング」。だいだいをベースに淡口醤油やだし、スパイスなどが入ったドレッシングです。

カロリーが低く、ビタミンCが豊富なので、ダイエット中の方にもおすすめできます。

「だいだいドレッシング」の基本情報

・名称:だいだいドレッシング
・住所:長野県松本市安曇上高地4469-1(上高地アルペンホテル)
・アクセス:新島々駅からバスで約1時間10分(上高地アルペンホテル)
・営業時間:7:00~20:00(上高地アルペンホテル)
・営業期間:4月下旬~10月下旬(上高地アルペンホテル)
・電話番号:0263-95-2231(上高地アルペンホテル)
・料金:680円

公式ページ

6、りんご好きにはたまらない「信州完熟りんごのアップルパイ」

信州完熟りんごのアップルパイ
出所:https://troiscinq.jp/order/

りんごの風味がそのまま味わえる「トワサンク」の「信州完熟りんごのアップルパイ」。信州を代表する名産品、ふじりんごを100%使用したアップルパイです。

りんごを贅沢に使っているので、りんご好きな方へのお土産としておすすめです。

「信州完熟りんごのアップルパイ」の基本情報

・名称:信州完熟りんごのアップルパイ
・住所:長野県長野市若槻東条992-1
・アクセス:長野駅から車で約30分
・営業時間: 11:00-15:00(ランチタイム平日)、11:00-15:30(ランチタイム土日祝日)
・定休日:年末年始
・電話番号:026-296-8008
・料金:税込み2,380円(1ホール)

公式ページ

7、3種類の異なる食感「上高地スティックケーキ」

上高地スティックケーキ
出所:https://www.gosenjaku.co.jp/2017/11/22/7131/

上高地五千尺ホテルでの部屋菓子としても提供される「上高地スティックケーキ」。林檎、栗、胡桃(くるみ)の3種類の味があります。

味だけでなく食感もそれぞれ違うので、食べ比べてみるのも楽しそう。

「上高地スティックケーキ」の基本情報

・名称:上高地スティックケーキ
・住所:長野県松本市安曇上高地4468(五千尺ホテル)
・アクセス:新島々駅からバスで約1時間30分(五千尺ホテル)
・営業時間:9:30~16:00(五千尺ホテル)
・営業期間:4月下旬~11月上旬(五千尺ホテル)
・電話番号:0263-95-2111(五千尺ホテル)
・料金:税込み1,720円(6本入り)

公式ページ

8、食べ物以外のお土産といえば「上高地西糸屋山荘手ぬぐい」

上高地西糸屋山荘手ぬぐい
出所:https://www.kamikochi.or.jp/article/show/98

とくに女性からの人気が高い「上高地西糸屋山荘」の手ぬぐい。通信販売をしていないので、上高地に行った人しか買えません。

「上高地に行った」という思い出を形に残したい方におすすめです。

「上高地西糸屋山荘手ぬぐい」の基本情報

・名称:上高地西糸屋山荘手ぬぐい
・住所:長野県松本市安曇上高地
・アクセス:新島々駅からバスで約1時間30分
・営業時間:10:30~14:00
・営業期間:4月中旬~11月中旬
・電話番号:0263-95-2206 (冬期 0263-46-1358)
・料金:税込み550円

公式ページ




9、ばらまきお土産にぴったり「コインチョコレート」

コインチョコレート
出所:http://www.lemeiesta.com/news/detail.php?id=332

「上高地ルミエスタホテル」限定で販売されている「コインチョコレート」。「楽しみとしての登山」を日本に伝えた功労者、ウォルターウェストンさんが描かれたコインチョコレートです。

彼が残したノート、「クライマーズブック」の形をしたパッケージにコインチョコレートが入っています。1箱20枚入りとたくさん入っているので、ばらまきお土産におすすめです。

「コインチョコレート」の基本情報

・名称:クライマーズブック・ウォルターウェストン・コインチョコレート
・住所:長野県松本市安曇4469-1
・アクセス:新島々駅からバスで約1時間30分
・営業時間:7:30~18:00
・営業期間:4月中旬~11月中旬
・電話番号:0263-95-2121
・料金:税込み1,200円(20枚入り)

公式ページ

10、お酒によく合う「岩魚(イワナ)の燻製」

岩魚(イワナ)の燻製
出所:https://tabelog.com/nagano/A2002/A200201/20000589/dtlphotolst/smp2/

1880年創業の老舗「嘉門次小屋」の「岩魚(イワナ)の燻製」。この「岩魚の燻製」は頭からまるごと食べられるのが特徴です。

囲炉裏の炭火でじっくり焼かれた岩魚には日本酒がよく合います。

「岩魚(イワナ)の燻製」の基本情報

・名称:岩魚(イワナ)の燻製
・住所:長野県松本市安曇上高地明神4469-1
・アクセス:新島々駅から1時間10分
・営業時間:8:30~16:30(閉店17:00)
・営業期間:4月中旬~11月中旬(期間中無休)
・電話番号:0263-95-2418
・料金:税込み1,100円(1匹)

公式ページ

11、お持ち帰り限定「上高地プリン」

上高地プリン
出所:https://tabelog.com/nagano/A2002/A200202/20011121/dtlphotolst/smp2/

「五千尺ホテル上高地」の「上高地プリン」は、生クリームと牛乳の量が一般的なプリンよりも多く、さらに全卵に加え卵黄も入っているので、かなり濃厚でクリーミーなプリンです。

通信販売をおこなっておらずレア感があるので、珍しいものが好きな方へのお土産にぴったり。

「上高地プリン」の基本情報

・名称:上高地プリン
・住所:長野県松本市安曇上高地4468(五千尺ホテル)
・アクセス:新島々駅からバスで約1時間30分(五千尺ホテル)
・営業時間:9:30~16:00(五千尺ホテル)
・営業期間:4月下旬~11月上旬(五千尺ホテル)
・電話番号:0263-95-2111(五千尺ホテル)
・料金:税抜き 税込み400円(1個)

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す