唐津に行ったら絶対買うべき!地元民おすすめの人気お土産8選

唐津お土産
出所:https://www.yobuko-manbou.com/shopbrand/ct70

佐賀県北東部に位置する唐津は、福岡市から電車で1本、車でも1時間程度とアクセスがよい地域です。

玄界灘に面しており自然豊かな唐津には、地元の海産物や農産品を使った魅力的な特産品がたくさん揃っています。

この記事では、唐津で人気のあるスイーツや伝統的な和菓子、自宅用や贈り物にぴったりな逸品など、地元民おすすめのお土産を紹介します。




1.唐津定番のお土産!全国区で大人気「呼子夢甘夏ゼリー」

呼子夢甘夏ゼリー
出所:https://amanatsu-jelly.jimdofree.com/%E7%94%98%E5%A4%8F%E3%81%8B%E3%81%82%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

唐津市呼子町加部島は、日本有数の甘夏の産地です。その甘夏の中身をくりぬいた皮をカップにして、絞られた果汁を注いでゼリーにしたものが甘夏かあちゃんの「呼子夢甘夏ゼリー」。

シンプルで素材本来の味が楽しめると、テレビや雑誌でも数多く紹介され、日本一の手みやげグランプリでも入賞しています。

食べやすくさわやかな甘夏ゼリーは、どのような方にも喜ばれること間違いありません。

「呼子夢甘夏ゼリー」の基本情報

・名称:呼子夢甘夏ゼリー
・住所:甘夏かあちゃん本店、唐津うまかもん市場、道の駅 桃山天下市 直売所、さが風土館・季楽(きら)など
・料金:税込み1,320円(Lサイズ4個入り)、1,680円(Mサイズ6個入り)など

公式ページ

2.子供からお年寄りまでオススメ!唐津を代表する和菓子「松露饅頭」

松露饅頭
出所:https://oohara.co.jp/

日本三大松原の一つである虹の松原は、約100万本の松が生い茂る特別名勝で、唐津の人気観光地の一つです。

この虹の松原に自生する、コロコロとしたキノコの一種である松露の姿に似ていることから名付けられたのが、大原老舗の「松露饅頭」。

保存料や着色料は一切使用せず、一つひとつ丹念に手焼きで作られています。

かわいらしい見た目と甘さ控えめの饅頭は、子供からお年寄りまでどの年代の方にも喜ばれます。

「松露饅頭」の基本情報

・名称:松露饅頭
・住所:大原老舗本店・各支店、マリンセンターおさかな村、唐津城売店、唐津市ふるさと会館アルピノ、道の駅 桃山天下市 物産館、風のふるさと館(道の駅 厳木)など
・料金:税抜き1,000円(10個入り)、2,400円(24個入り)など

公式ページ

3.ほっと一息つきたい時に!400年の伝統銘菓「元祖 伊藤けえらん」

元祖 伊藤けえらん
出所:https://www.47club.jp/42M-000079txl/goods/detail/10072730/

豊臣秀吉が朝鮮出兵で訪れた際に地元民が献上し、食べた秀吉が発したとされる「これを食べたならば勝つまで本国には帰らん(けえらん)」から名付けられたのが、「元祖 伊藤けえらん」。

地元の浜崎産米で作った生地で、一つひとつ手作業によって餡を包んだ、添加物不使用の和菓子です。素朴な味わいで緑茶に合う「伊藤けえらん」は、ほっと一息つきたい時にぴったりなお土産です。

「元祖 伊藤けえらん」の基本情報

・名称:元祖 伊藤けえらん
・住所:伊藤けえらん本家・新家、唐津うまかもん市場、マリンセンターおさかな村、唐津市ふるさと会館アルピノなど
・料金:税込み540円(5個入り)、950円(10個入り)

公式ページ




4.唐津人気No.1の逸品!呼子萬坊の「いかしゅうまい」

いかしゅうまい
出所:https://www.yobuko-manbou.com/shopbrand/ct70

唐津市呼子町は玄界灘に面しており、呼子のイカは全国的に有名です。海に浮かぶレストラン「呼子萬坊」は、このイカを使った「いかしゅうまい」発祥のお店です。

イカの旨味とコクを存分に練りこみ、玉ねぎや卵などの素材にもこだわった逸品で、口に入れた瞬間はふんわり、歯ごたえはプリプリ!

ご自宅用にはもちろん、目上の方への贈り物にもおすすめのお土産です。

「いかしゅうまい」の基本情報

・名称:いかしゅうまい
・住所:萬坊本店・各支店、唐津うまかもん市場、唐津市ふるさと会館アルピノ、道の駅 桃山天下市など
・料金:税込み1,296円(小まる15個入り)、1,296円(大まる8個入り)など

公式ページ

5.唐津伝統の味を楽しみたい方へ!木屋の「阿つ焼」

阿つ焼
出所:http://www.yobuko.co.jp/index.html

唐津市呼子町で明治33年に創業した「木屋」が120年以上製造している「阿つ焼」は、エソのすり身と地卵をあわせ、特製の鉄鍋で手焼きした魚のカステラのようなものです。

阿つ焼は呼子の郷土料理のひとつで、地元では正月などに食べられています。

「産品唐津ブランド」で、魚の旨味と卵の甘味を楽しめる阿つ焼は、ご自宅用や贈り物におすすめです。

「阿つ焼」の基本情報

・名称:阿つ焼
・住所:朝市通り本店・各支店など
・料金:税込み810円(小、約240g)、1,620円(中、約480g)

公式ページ

6.珍味好きな方におすすめ!「松浦漬」

松浦漬
出所:https://matsuurazuke.com/item_detail_0000001.html

唐津市呼子町は江戸時代から明治初期にかけて、日本有数の捕鯨基地として知られていました。

明治25年に創業した松浦漬本舗の「松浦漬」は、その鯨の上あごの軟骨を酒粕に漬け込んだ、日本珍味5種の一つにも数えられる呼子の銘産品です。漬け床のなめらかな舌ざわりと軟骨のコリコリとした食感が楽しめ、お酒にもよく合います。

珍味好きな方へお土産として贈ると喜ばれること間違いありません。

「松浦漬」の基本情報

・名称:松浦漬
・住所:佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦5番地
・アクセス:西唐津駅からバス24分乗車後、徒歩4分
・営業時間:9:00〜17:00
・定休日:年始
・電話番号:0955-82-0180
・料金:税込み1,296円(180g)、4,104円(180g×3)など

公式ページ

7.ご自宅用におすすめ!唐津のソウルフード「魚ロッケ」

魚ロッケ
出所:https://tabelog.com/saga/A4102/A410201/41004277/

「魚ロッケ」は、老舗「ふじ川蒲鉾本店」が昭和初期に考案した、素材はお魚、見た目はコロッケの揚げかまぼこです。

魚のすり身に玉ねぎと人参を練り込んだものをパン粉をつけて揚げてあり、塩味とカレー味の2種が販売されています。

唐津では、おやつ、惣菜、おつまみにと、いろいろな形で老若男女に親しまれており、現地で食べるのはもちろん、ご自宅用のお土産としてもおすすめです。

「魚ロッケ」の基本情報

・名称:魚ロッケ
・住所:佐賀県唐津市中町1859-1
・アクセス:唐津駅から徒歩3分
・営業時間:8:00〜18:00
・定休日:日曜日
・電話番号:0955-72-3745
・料金:税抜き90円(1枚)

8.とっておきの贈り物に!川島豆腐の「ざる豆腐」

ざる豆腐
出所:https://item.rakuten.co.jp/zarudoufu/1001-1/

「川島豆腐店」の店主に30年以上前に考案された「ざる豆腐」は、九州産の上質な大豆や厳選した活性水など、こだわりの素材が使用されています。

なめらかでコクがあり、その食感はまるでチーズのよう。日経新聞の「全国おすすめ豆腐ランキング」で1位を獲得したこともあります。

豆腐好きな方にはもちろん、ワインや日本酒にもよく合うので、お酒好きな方へのお土産としてもおすすめです。

「ざる豆腐」の基本情報

・名称:ざる豆腐
・住所:佐賀県唐津市京町1775
・アクセス:唐津駅から徒歩3分
・営業時間:8:00〜17:00
・定休日:日曜日
・電話番号:0955-72-2423
・料金:税込み540円(Sサイズ、500g)、3,888円(Lサイズ、2kg)など

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す