歴史の街!熊谷市&行田市の絶品土産~人気9選をチェック

熊谷市&行田市の絶品土産
出所:https://gunbai.raku-uru.jp/

埼玉県北部に位置する「熊谷市(くまがやし)」と「行田市(ぎょうだし)」。古くは万葉集にも登場し、埼玉の発祥地でもある「行田市」は、歴史の貴重な資料や古墳、旧跡なども多く見ることができ映画の撮影場所としても人気のエリアです。

また「日本で一番暑い市」とのイメージが強い熊谷市も、ショッピング施設も充実しています。そこで今回は、埼玉県の熊谷市・行田市に来たらチェックしたい♪おすすめのお土産を9選ご紹介します!




1、熊谷の定番土産と言えば!「梅林堂」プレミアムやわらか

「梅林堂」プレミアムやわらか
出所:http://www.bairindo.co.jp/contents/yawaraka_premium.html

2015年モンドセレクションを受賞した「梅林堂」の”プレミアムやわらか”。熊谷で1864年から続く老舗の「梅林堂」では、看板商品の生サブレ”やわらか”をはじめ、お饅頭やどらやきなどの様々なお菓子を取り扱っています。

その中でも特におすすめの”プレミアムやわらか”は、”やわらか”の生地にサワーチェリーやチョコ、ナッツなどを贅沢に詰め込んだボリューム感のあるお菓子です。

お菓子とは思えない高級感のある味わいは、仕事先への手土産や家族へのお土産にもピッタリ◎いつまでも美味しく食べられるように包装紙にもこだわり、製造から時間が経っても美味しく食べられるのも人気のポイントです。

「梅林堂(箱田本店)」の基本情報

・名称:プレミアムやわらか151円(税込)
・住所:埼玉県熊谷市箱田6丁目6-15
・アクセス:秩父鉄道「上熊谷」駅より車で約2分

公式ページ

2、コスパが良いお土産と言えば!「紅葉屋本店」五家宝

「紅葉屋本店」五家宝
出所:https://momijiyahonten.com/gokabou.html

コスパで選ぶなら、埼玉三大名菓の1つに選ばれている「五家宝(ごかぼう)」がおすすめ◎紅葉屋で作る”五家宝”は、江戸時代から製法を引き継いでおり、原材料から製造まで自社工場で一貫する製造にこだわって作られています。

“五家宝とは、お餅を細かく砕いて煎り、水飴などで棒状に固めた後に、さらにきな粉で表面を振りかけたもの。香ばしい香りと上品な味で、昔から地元で愛されている熊谷の伝統銘菓です。

価格も手頃で日持ちも約1カ月と長めなので、大人数へのお土産を探されている方にピッタリです。

「紅葉屋本店」の基本情報

・名称:五家宝(15本箱入)648円(税込)
・住所:埼玉県熊谷市箱田6丁目6-15
・アクセス:JR高崎線「熊谷」駅より車で約5分

公式ページ

3、インパクトのあるお土産と言えば!「軍配本舗 中家堂」軍配瓦せんべい

「軍配本舗 中家堂」軍配瓦せんべい
出所:https://gunbai.raku-uru.jp/

熊谷創業約150年の「軍配本舗 中家堂」では、 “軍配瓦せんべい”が縁起物として受験生やビジネスマンから人気を集めています。相撲で使われている軍配のシルエットをしたせんべいは、手に平サイズの(大軍配)と大軍配の1/2の大きさの小軍配の2サイズがあります。

特に大軍配は、国産小麦の胚芽と胚乳まで含んだ粉を使っているので、噛んだ瞬間に小麦の香ばしさも感じられます。賞味期限も1カ月、個包装で包まれているのでちょっとした手土産にもおすすめ◎

「軍配本舗 中家堂」の基本情報

・名称:軍配瓦せんべい 765円(税込)
・住所:埼玉県熊谷市本町2-60
・アクセス:JR高崎線「熊谷」駅北口より徒歩で約5分

公式ページ




4、子供~年配まで大人気~「沢田本店」ちーず大福

「沢田本店」ちーず大福
出所:http://www2.enekoshop.jp/shop/sawata/item_detail?category_id=0&item_id=1480892

メディアでも特集された「沢田本店」の”ちーず大福”は、アイスのように食べられるスイーツとして年代問わず人気の商品です。伸びの良いお餅と2種類のチーズを独自にブレンドしたクリームチーズは、濃厚なチーズの味わいで甘さが苦手な方にも食べやすい仕上がりとなっています。

またプレーン以外にもブルーベリーやインスタ映えにもおすすめのピンクのイチゴまで様々。そのまま食べても良し、冷凍してアイスで食べる2通りの美味しい食べ方も♪生クリームが苦手な男性からも人気が高い商品となっているので、男性への贈り物としても喜ばれますよ!

「沢田本店」の基本情報

・名称:ちーず大福(10個詰め合わせ)1,404円(税込)
(ちーず大福 ×5、苺ちーず大福×2、ブルーベリーちーず大福×3)
・住所:埼玉県熊谷市妻沼1598-1
・アクセス:東武小泉線「西小泉」駅より車で約10分

公式ページ

5、埼玉を代表するお土産と言えば!「十万石ふくさや」十万石まんじゅう

「十万石ふくさや」十万石まんじゅう
出所:https://www.jumangoku.co.jp/product/155/

行田市にある「十万石ふくさや」の”十万石まんじゅう”は、「日本ギフト大賞2018埼玉賞」を受賞している埼玉を代表するお土産の1つです。十万石まんじゅうは、厳選した国産つくね芋を毎朝すりおろし、新潟県産コシヒカリの米粉を加えた生地で、北海道の十勝産小豆の”こしあん”を包み込んだお菓子です。

小さなサイズ感で食べやすく、上品な甘みの十万石まんじゅうは、埼玉の定番土産を渡したい方におすすめ◎1~30まで詰め合わせセットが用意されているので、人数や予算に合わせて選べるのも人気のポイントです。

「十万石ふくさや(行田本店)」の基本情報

・名称:十万石まんじゅう(10個入)1,345円(税込)
・住所:埼玉県行田市行田20-15
・アクセス:秩父線「行田市」駅より徒歩で約4分

公式ページ

6、ラグビータウンの熊谷土産と言えば!「花扇(はなおうぎ)」和菓子

花扇(はなおうぎ)」和菓子
出所:https://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11031600/dtlphotolst/smp2/

「西の花園、東の熊谷」と称されるほど、ラグビータウンとして知られる熊谷は、ラグビーの街にピッタリなお土産も取り揃えています。その中でも特に代表的なお土産は、「花扇」の”青春銘菓ラガーマン”です。

たまご型のラグビーボールを形にしたお菓子は、上品な甘さの黄味餡にホワイトチョコでコーティングされたユニークなお菓子。可愛い見た目ながら、黄味餡に忍ばせたラムレーズンがアクセントとなって大人の味に仕上がっているのも魅力です。

熊谷ならではのお菓子でラグビー好きな方へのお土産には、ぜひ”青春銘菓ラガーマン”をチェックしてみてくださいね。

「和菓子司 花扇(はなおうぎ)」の基本情報

・名称:ラグビータウン熊谷の青春銘菓ラガーマン(5個入)702円(税込)
・住所:埼玉県熊谷市中西3丁目15-15
・アクセス:JR高崎線「熊谷」駅より車で約10分

公式ページ




7、インスタ映えと言えば!「ル コント ブルゥ」チョコレート

「ル コント ブルゥ」チョコレート
出所:https://le-contebleu.net/product

インスタ映えや特に異性へのお土産としてオシャレなものを贈りたい方には、「ル コント ブルゥ」の”チョコレートの宝石”がおすすめ◎生菓子約30種類、焼菓子約40種類、チョコレート約15種を常時取り扱いしているパティスリーは、素材にこだわり、粉や砂糖も最高級のものを使用しているほど。

そして特にお土産としてオススメな商品は、美しい輝きを放つ”チョコレートの宝石”。キラキラと宝石のように輝くチョコは、ずっと眺めていたい高級感溢れるチョコで、大切な人への贈り物としても喜ばれることでしょう。

ル コント ブルゥでは、予算に合わせてお菓子を詰め合わせてくれるので、会社や家族へのお土産としてもおすすめです。

「Le Conte Bleu(ル コント ブルゥ)久保島本店」の基本情報

・名称:チョコレートの宝石291円(税込)~
・住所:埼玉県熊谷市久保島2255-1
・アクセス:秩父鉄道「ひろせ野鳥の森」駅より徒歩で約17分

公式ページ

8、個性派な和菓子と言えば!「出川屋」大福

「出川屋」大福
出所:https://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11019280/dtlphotolst/smp2/

80年以上の歴史を持つ、老舗和菓子店「出川屋」は、ブルーベリー大福・イチゴ大福・桃大福などのフルーツ系の大福で特に女性から支持されています。

特に名物の”いちご大福”は、昼には完売してしまうほど人気が高いため、気になる方は午前中にチェックするのがおすすめ◎大きなイチゴが餡の割合よりも多いので、イチゴ好きの方や甘いものが苦手な方にも食べやすい味わいに♪

ユニークな大福が多彩にラインナップされているので、少し変わった和菓子をお土産に探されている方にピッタリです。

「出川屋」の基本情報

・名称:大福120円(税込)~
・住所:埼玉県熊谷市末広1-67
・アクセス:JR高崎線「熊谷」駅北口より徒歩で約5分

食べログページ

9、食べ物以外のお土産と言えば!「千代の松」足袋

「千代の松」足袋
出所:https://item.rakuten.co.jp/chiyonomatsu/c/0000000113/

食べ物以外で熊谷・行田らしいお土産を探されている方には、職人さんが作る”足袋”がファッションアイテムとしても使えると注目を集めています。着物と一緒に着用するイメージが強い足袋は、最近では足袋を履くと蒸れにくく疲れにくいと、私たちの普段の生活の中でも足袋を取り入れている方が多くなっています。

その中でも行田市にある「千代の松」ではさらに若い方向けに、カジュアルシューズ向けの足袋やオシャレなデザインの足袋を販売・製造されているのでお土産としてもピッタリ◎オシャレなだけでなく履きやすいように設計されたデザインなので、男性へのお土産としても喜ばれています。

デザインやサイズも子供~大人サイズまで多彩に展開されているので、ぜひお気に入りの足袋を見つけてみてくださいね。

「千代の松」の基本情報

・名称:創作足袋2,450円(税込)~
・住所:埼玉県行田市忍1-1-16
・アクセス:秩父線「行田市」駅より徒歩で約5分

公式ページ

まとめ

埼玉県の熊谷市・行田市のおすすめお土産9選をご紹介しましたが、気になるお土産は見つかりましたでしょうか?

熊谷市・行田市は様々な古社や遺跡など歴史ある名所がたくさんあり、観光にもピッタリな街です。また市内循環バスで効率よく観光することもできるので、ぜひ今回ご紹介したお土産も参考にしながら観光を楽しんでみてくださいね♪




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す