心から喜んでもらえる!丸の内の人気お土産9選

丸の内の人気お土産
出所:http://www.kurio.jp/tokyo/kaku/

東京駅の目の前に広がる「丸の内」は、ビジネス・観光・ショッピングなどを楽しめるオシャレで洗練された街です。

丸の内では、丸の内ブリックスクエアや新丸の内ビルディング・東京駅エキナカのグランスタ内のほか、高級感ある専門店・パティスリーなど、ここでしか購入できない洋菓子・焼き菓子など多数販売しています。

そこで今回は丸の内エリア地元民が厳選!丸の内で買うべきお土産をピックアップしました。人気の定番お土産はもちろん!日持ちするお土産や職場へのばらまき土産、そしてインスタ映えする手土産など、まとめてご紹介します。




1、定番人気お土産と言えば「フィナンシェ・エシレ」

フィナンシェ・エシレ
出所:https://www.kataoka.com/echire/maisondubeurre/products/demisecs.html

2009年東京・丸の内ブリックスクエア1Fにオープンした「エシレ・メゾン デュ ブール」は、A.O.P.認定フランス産発酵バターエシレの日本初の専門店です。

フランス中西部・エシレ村で生産された芳醇な香りが魅力のエシレバターのフルラインナップはもちろん、エシレバター100%のお菓子など、世界でここだけの商品を取り揃えています。

「フィナンシェ・エシレ」はエシレバターと精選されたアーモンドを使った逸品で、奥深い趣ある味わい。丸の内で定番人気のお土産です。

「フィナンシェ・エシレ」の基本情報

・名称:フィナンシェ・エシレ
・住所:〒100-6901 東京都千代田区丸の内2-6-1  丸の内ブリックスクエア1F
・アクセス:JR「東京」駅 丸の内南口から徒歩5分、JR「有楽町」駅 国際フォーラム口から徒歩5分、丸ノ内線「東京」駅 地下道直結、千代田線「二重橋前<丸の内>」駅から徒歩3分、有楽町線「有楽町」駅から徒歩5分
・営業時間:10:00~20:00 ※2021年3月時点で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、10:00~19:00
・定休日:不定休
・電話番号:03-6269-9840
・料金:税込み324円(1個)、税込み1,836円(ギフトBOX5個入り)、税込み3,456円(ギフトBOX10個入り)、税込み5,076円(ギフトBOX15個入り)、税込み1,782円(パニエ5個入り)、税込み3,456円(パニエ10個入り)、税込み5,184円(15個入り)

公式ページ

2、人気No.1お土産はコレ「クラシックキャラメル」

クラシックキャラメル
出所:http://numbersugar.jp/product/

東京・丸の内の手作りキャラメル専門店「NUMBER SUGAR」。2013年の創業以来、無添加・無着色・保存料なしの厳選した自然食材を使い、職人が1粒ずつ丁寧にキャラメルを手作りしています。

種類ごとにナンバリングされた看板商品「クラシックキャラメル」は、砂糖を焦がして生クリームを加える昔ながらの製法で作られた上品で濃厚な味わいのキャラメルで、バラエティ豊富な12種類を展開。丸の内で人気No.1のお土産です。2021年3月時点では、期間限定のオンラインショップでも購入できますよ。

「クラシックキャラメル」の基本情報

・名称:クラシックキャラメル
・住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル 1F
・アクセス:東京メトロ有楽町線「有楽町駅」3番出口から徒歩2分、東京メトロ千代田線「日比谷駅」B4出口から徒歩4分、JR「東京駅」中央口から徒歩7分
・営業時間:11:00~19:00
・定休日:定休日なし
・電話番号:03-6812-2959
・料金:850円(8個入りBOX)、1,100円(12個入りBOX)、4,104円(36個入りBOX)

公式ページ

3、日持ちするお土産と言えば「カカオ水ようかん」

カカオ水ようかん
出所:http://www.palet-dor.com/p_youkan.html

東京・丸の内の新丸ビルにある「CHOCOLATIER PALET D’OR(ショコラティエ パレ ド オール)」は、ショコラティエ・三枝俊介氏がオーナーシェフを務める高級ショコラ専門店です。こちらの「カカオ水ようかん」は、良質なカカオ豆をふんだんに使い、チョコレートに和のエッセンスを取り入れた新感覚の逸品。

こしあん・白あん・柚子の3種類があり、あんの風味とカカオの芳ばしい香りがふんわり広がる上品な味わいで、「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)」 2018年度第1期商品部門を受賞しています。オンラインショップで購入可能、約3ヶ月~日持ちします。

「カカオ水ようかんの基本情報

・名称:カカオ水ようかん
・住所:〒100-6501東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 1F
・アクセス:東京駅 大手町駅 構内より連結、大手町駅から241m
・営業時間:11:00~20:00、Last order 19:30
・定休日:不定休(新丸ビルに準ずる)
・電話番号:03-5293-8877
・料金:税込み1,620円(3個入り)、税込み3,240円(6個入り)、税込み4,860円(9個入り)

公式ページ




4、ネットで購入も可能「ボンボン ショコラ」

ボンボン ショコラ
出所:https://www.sadaharuaoki.co.jp/c/item/chocolats?_ga=2.261779149.1761461908.1619671692-2119123163.1619671692

フランス・パリを拠点に世界をリードする青木定治氏による「patisserie Sadaharu AOKI paris(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)」。東京・丸の内店には、本場パリの色鮮やかなスイーツがたくさん並んでいます。

こちらの「ボンボン ショコラ」は、パティシエの個性を存分に発揮した上品で洗練された逸品。素材と製法によっていろいろな種類のチョコレートを巧妙に使い分け、チョコレートの美味しさをアオキ流に、ダイナミックに展開しています。オンラインショップでも購入可能ですよ。

「ボンボン ショコラ」の基本情報

・名称:ボンボン ショコラ
・住所:東京都千代田区丸の内 3-4-1新国際ビル1F
・アクセス:東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D-3出口より直結、JR「有楽町駅」より徒歩2分、都営地下鉄千代田線・三田線・日比谷線「日比谷駅」より徒歩3分
・営業時間:11:00~20:00、サロンクローズは19:45(ラストオーダー19:00)
・定休日:不定休
・電話番号:03-5293-2800
・料金:税込み1,458円(3個入り)、税込み2,592円(6個入り)、税込み3,780円(9個入り)、税込み4,968円(12個入り)

公式ページ

5、ばらまきお土産にぴったり「グラン アソートメント」

グラン アソートメント
出所:https://www.robuchon-online.jp/fs/robuchon/BakedSweets/JR0292

料理界の巨匠ジョエル・ロブション氏監修の「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」では、独創的でありながらフランス伝統に基づいた豊富な種類の菓子を販売。丸の内ブリックスクエアに店舗をかまえています。

人気の焼き菓子12個の詰め合わせ「グラン アソートメント」は、アールグレーの紅茶が香るマドレーヌアールグレー・アプリコットの果肉入りでほんのりブランデーが香るアプリコット・オレンジと卵のまろやかな風味のマドレーヌが、それぞれ4個ずつ入っています。賞味期限は30日間でオンラインショップで購入可能。1つずつ個包装されているので、ばらまきお土産にもぴったりですよ。

「グラン アソートメント」の基本情報

・名称:グラン アソートメント
・住所:東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内ブリックスクエア1階
・アクセス:JR東京駅 八重洲口から徒歩5分、国際フォーラム側の出口から徒歩3分、JR有楽町駅 国際フォーラム側出口から徒歩4分、二重橋前駅から215m
・営業時間:11:00~21:00(L.O.20:00)、カフェランチ11:00~14:00、日曜営業
・定休日:無休
・電話番号:03-3217-2877
・料金:税込み3,300円(税込み)

公式ページ

6、インスタ映えするお土産「マロンシャンテリー」

マロンシャンテリー
出所:https://www.kaikan.co.jp/restaurant/pastryshop/menu/recommend.html

結婚式場・レストランの複合施設「東京會舘」の丸の内本館にあるペストリーショップ「スイーツ&ギフト」では、東京會舘の味の世界を凝縮進化させ、高級感あふれるラインナップ商品を展開しています。

「マロンシャンテリー」は日本の洋菓子の祖とされる初代製菓長勝目清鷹氏が白い山のデザートモンブランを見て、1950年頃に日本人向けにアレンジ・発案した逸品。70年以上も愛され続けるロングセラー商品で、純白の生クリームの中には濃厚な栗の甘露煮がたっぷり。美しく上品な味わいで、インスタ映えするお土産ですよ。

「マロンシャンテリー」の基本情報

・名称:マロンシャンテリー
・住所:〒100-0005東京都千代田区丸の内3-2-1 1F
・アクセス:JR京葉線「東京駅」6番出口より徒歩3分(*地下コンコースよりビル直結)、JR各線「有楽町駅」国際フォーラム口より徒歩5分、JR各線「東京駅」丸の内南口より徒歩10分、地下鉄はそれぞれB5出口よりビル直結(東京メトロ千代田線「二重橋前駅」、東京メトロ有楽町線「有楽町駅」、東京メトロ日比谷線、都営地下鉄三田線「日比谷駅」)
・営業時間:10:00~20:00 ※2021年3月時点では、緊急事態宣言に伴い10:00~19:00
・定休日:不定休
・電話番号:03-3215-2015
・料金:税込み980円

公式ページ




7、お年寄りの方にもおすすめ「ひと口果子」

ひと口果子
出所:https://higashiya-shop.com/fs/simplicity/c/hitokuchigashi/

東京・丸の内仲通りに面した「HIGASHIYA man 丸の内」では、蒸したての饅頭をはじめ、手土産菓子・器などを販売しています。人気商品「ひと口果子」は、一見現代的なお菓子でありながら、干した果実や木の実がお菓子だった古代に想いを馳せてつくられた逸品。

彩とりどりの小さなひと粒の中には、棗バターをはじめ鳥の子・紫根・深支子・路考茶・榛摺・濃紫・柑子・萌葱といった様々な素材の餡を包み込み、豊かな味わいを楽しめます。日本茶だけでなくお酒にもよく合う和菓子なので、お年寄りの方にもおすすめ。オンラインショップでも購入可能です。

「ひと口果子」の基本情報

・名称:ひと口果子
・住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内 1-4-5 三菱UFJ信託銀行本店ビル 1F
・アクセス:東京メトロ 丸ノ内線 東京駅 M10出口より徒歩1分、丸ノ内線・東西線・千代田線・半蔵門線 大手町駅B1出口より徒歩1分
・営業時間:11:00 ~ 20:00(茶房 19:00 ラストオーダー) 、※2021年3月時点では、当面の間午後6時まで(茶房 午後5時ラストオーダー)、なお土曜日および祝日は午後5時まで(茶房 午後4時ラストオーダー)
・定休日:無休、※2021年3月時点では、当面の間日曜日および月曜日はお休み
・電話番号:03-6259-1148
・料金:税込み2,268円(真、6個入り)、税込み2,268円(行〈啓蟄〉、6個入り)、税込み2,268円(棗バター、6個入り)、税込み3,402円(棗バター、9個入り)、税込み3,402円(9個入り)

公式ページ

8、甘いものが苦手な人でもOK「縁 en」

縁 en
出所:https://www.umaminuts.com/

「umami nuts」は、創業六〇余年の豆菓子専門店 大阪屋製菓(本社は鹿児島)が展開するプレミアム豆菓子店。東京・丸の内に店舗をかまえています。umami nutsが考える五味(あまmi、からmi、こくmi、さんmi、しおmi)を、熟練の技を持つ職人が伝統の製法「和掛け」「りん掛け」で表現した美味しい豆菓子を多数展開。

その中でも「縁 en」は、ポルチーニマカダミアナッツとレモン醤油アーモンドが入ったギフト缶タイプで、甘いものが苦手な人でも美味しく頂けます。オンラインショップでも購入できますよ。

「縁 en」」の基本情報

・名称:縁 en
・住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル1階
・アクセス:JR有楽町駅より徒歩2分、東京メトロ有楽町線有楽町駅、都営地下鉄三田線日比谷駅直結、日比谷駅から259m
・営業時間:11:00am~7:00pm
・定休日:日曜・祝日・年末年始
・電話番号:03-6273-4900
・料金:税抜き5,000円(ギフト缶)

公式ページ

、お手頃価格でコスパ良し「角」

角
出所:http://www.kurio.jp/tokyo/kaku/

鳴門金時芋を使った菓子作り一筋の専門店「鳴門金時本舗 栗尾商店」は、東京駅エキナカのグランスタ内にあるお店。主力商品「角」は、蒸かした鳴門金時芋を食べやすくサイコロ状にカットし、特製の糖蜜に漬け込み、乾燥させたオリジナルのお菓子です。

軽い歯ごたえが魅力で、素朴な味わいが人気。和三盆・柚子・炙り・胡麻・塩・きな粉・珈琲・梅・カラメルのほか、東京限定で醤油味も展開しています。9個入りで税込み756円とお手頃価格なのも魅力ですよ。

「角」の基本情報

・名称:角
・住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅B1
・アクセス:東京駅チカ グランスタB1F、東京駅から116m
・営業時間:平日 08:00-22:00/日曜・祝日08:00-21:00/※土曜日は平日扱いとなります
・定休日:無休
・電話番号:03-5220-3515
・料金:税込み756円(9個入り)

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す