異国情緒とハイセンスな雰囲気!桜木町・関内の人気お土産9選

桜木町・関内の人気お土産
出所:https://www.shop-gvyokohama.com

神奈川県横浜市に位置する桜木町・関内は、江戸時代にペリー提督率いる黒船が来航して以降、異国文化と融合した独特の雰囲気が訪れる人を魅了する街です。

老舗と呼ばれるお店も多く、洋風の菓子から中国料理まで幅広いお土産物が揃っています。

今回は、バラエティに富んだ桜木町・関内のお土産の中から、とくに人気のある9選を紹介しましょう。




1、横浜で伝説と呼ばれている「よこはまチーズケーキ」

よこはまチーズケーキ
出所:https://gateau-yokohama.co.jp/intro/

厳選された素材の良さを最大限に引き出した「よこはまチーズケーキ」は、横浜で伝説と呼ばれるほど人気があるお土産です。デンマーク産のチーズと北海道産のバター、吟味された卵から生まれるハーモニーは、程よい酸味と甘味で人々の心を離しません。

タルト生地も独自の製法で作られていますので、硬すぎず柔らかすぎない絶妙な食感が楽しめます。チーズケーキの醍醐味は、チーズケーキ本体とタルトのバランスで成り立つもの。伝説という名に相応しいよこはまチーズケーキ、特別な人とのティータイムに最適なお土産です。

「よこはまチーズケーキ」の基本情報

・名称:よこはまチーズケーキ
・購入できる場所:ガトーよこはま関内店 〒231-0032 神奈川県横浜市中区不老町1丁目6-14 BOXビル
・アクセス:JR根岸線関内駅南口から徒歩3分 横浜文化体育館すぐそば
・営業時間:11:00~19:30
・定休日:年中無休(元旦のみ休業)
・電話番号: 045-651-1135
・料金: 税抜き1,650円(1ホール13cm)

公式ページ

2、イギリスの美味しさを心ゆくまで堪能できる「ベンズクッキー」

ベンズクッキー
出所:https://www.benscookies.jp/product-category/order-online/

その日に焼いたクッキーだけが販売される、こだわりのイギリスクッキーです。1枚の大きさが手のひらほどもあり、外国の映画やアニメで見るような憧れのクッキーを堪能できます。販売されている種類も13種類と豊富で、選ぶのに迷ってしまうほど。

アレルギーや栄養表示があるので、お土産を渡す相手に最適なクッキーを選べるのも嬉しいですね。もらってびっくり食べて美味しいべンズクッキー、お子さんへの手土産や仲間でわいわい楽しむのに最適です。

「ベンズクッキー」の基本情報

・名称: ベンズクッキー
・購入できる場所:ベンズクッキーズ横浜日本大通店 〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通15 
・アクセス:みなとみらい線日本大通り駅(出入口3) から徒歩2分
 JR京浜東北線関内駅(JR南口) から徒歩8分
 JR京浜東北線石川町駅(北口) から徒歩9分
・営業時間:平日11:00~18:00
・定休日: 土曜・日曜
・電話番号: 045-228-9398
・料金: 税込み3,024円(8枚入り)

公式ページ

3、まるでシュウマイのようなお饅頭「シウマイ饅頭」

シウマイ饅頭
出所:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14015577/dtlphotolst/smp2/

横浜のお土産として、全国的に有名なのがシュウマイですよね。そんなシュウマイに形を似せて、驚きと面白さから人気なのがみのやの「シウマイ饅頭」です。一見すると本当のシュウマイにしか見えないお饅頭は、ひき肉の色からグリンピースまで再現したこだわりの作りで、思わずいたずら心が湧き出るようなワクワク感満載。

もちろん材料はすべて和菓子と同じなので、口にした瞬間優しい甘さが広がります。美味しさと驚きを兼ね備えたシウマイ饅頭、仲間内へのお土産や職場へのお茶請けとしておすすめです。

「シウマイ饅頭」の基本情報

・名称:シウマイ饅頭
・購入できる場所:みのや本店 〒231-0045 横浜市中区伊勢佐木町1-3-2
・アクセス:JR関内駅北口から徒歩3分
・営業時間:10:00~19:30
・定休日: 不定休
・電話番号: 045-251-6350
・料金: 税込み1,500円(6個入り)

公式ページ




4、有名なCMを思わず口ずさんでしまう文明堂の「極上金カステラ2号」

極上金カステラ2号
出所:https://bunmeido.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1679205&csid=0

「三時のおやつは」といえば、少し年配の方だと「文明堂」と答えてしまうかもしれません。それほど懐かしいCMで全国的に有名なのが、横浜文明堂です。文明堂は、明治33年に長崎で創業を開始し、昭和8年に横浜へ進出して以降80年以上に渡り地元の人に愛されてきました。

そんな文明堂のお菓子の中で、一番人気を誇るのが「極上金カステラ2号」です。鶏舎や飼料にまでこだわった卵や、受け継がれてきた職人技で焼き上げられた金カステラは、濃厚な味わいで人々の心を放しません。贈答用の手土産や、かしこまった席へのお土産にふさわしい逸品です。

「極上金カステラ2号」の基本情報

・名称: 極上金カステラ2号
・購入できる場所:文明堂関内駅前店 〒231-0017 神奈川県横浜市中区港町3丁目13 横浜酒販会館ビル 1F
・アクセス:JR関内駅から徒歩1分 
・営業時間:平日8:30~20:00 土曜9:00~20:00 日・祝日10:00~20:00
・定休日: 無休
・電話番号: 045-651-0002
・料金: 税込み2,916円(8カット1本)

公式ページ

5、かわいいうさぎのパッケージに思わず微笑む「はまうさぎ」

はまうさぎ
出所:https://www.facebook.com/sousakuwagashi.hamausagi/photos

昭和元年に横浜で生まれ90年以上続く、老舗の創作和菓子店「濱うさぎ」。地元に根付いた和菓子屋としてファンも多いのですが、お土産物として人気が高いのが今回ご紹介する「はまうさぎ」です。

細長い形のお饅頭で、しっとりした皮の中に包まれているのは、角切りしたリンゴが入った白餡。シャキシャキとした食感と優しい甘味は、「洋風な和菓子」のようでファンの心を掴んでいます。一つ一つが可愛いうさぎのパッケージに包まれていますので、ばらまき土産におすすめです。

「はまうさぎ」の基本情報

・名称: はまうさぎ
・購入できる場所:カトレヤプラザ伊勢佐木店 〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1丁目5-4 1F
・アクセス:JR関内駅から徒歩3分
・営業時間:10:00~20:00
・定休日: カトレヤプラザ伊勢佐木の休館日に準ずる)
・電話番号:045-325-8477
・料金: 税込み162円(1個入り)

公式ページ

6、これぞ元祖生チョコレート「公園通りの石畳シルスミルク」

公園通りの石畳シルスミルク
出所:https://www.silsmaria.jp/

生チョコレートが日本に定着して30年以上経ちますが、その火付け役となった「元祖生チョコレート」を生み出したのが、関内・桜木町エリアにあるチョコレート店「シルスマリア」です。1988年の冬、シルスマリアで完成した新しいチョコレートは「生チョコ」と命名され、あっという間に全国的ブームとなりました。

そんなシルスマリアから販売されている「公園通りの石畳シルスミルク」は、生チョコレート発祥の地に相応しいお土産として、多くの観光客に人気です。3種類のベルギー産チョコと新鮮なクリームで丁寧に作られており、滑らかな口どけとカカオの芳香に思わず手が伸びてしまいます。チョコレート好きにはたまらない生チョコレート、自宅用や友人達との語らいにぜひご賞味ください。

「公園通りの石畳シルスミルク」の基本情報

・名称: 公園通りの石畳シルスミルク
・購入できる場所:シルスマリア馬車道本店 〒231-0011 神奈川県横浜市中区太田町5丁目58 馬車道CFビル1F・2F 
 シルスマリア桜木町店 〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-1 CIAL桜木町
・アクセス:シルスマリア馬車道本店 みなとみらい線馬車道駅から徒歩5分
 シルスマリア桜木町店 桜木町駅から徒歩1分
・営業時間:10:00~21:00
・定休日:各店舗に準ずる
・電話番号: 馬車道店 045-640-3077 桜木町店 045-264-4974
・料金:税込み1,296円(1箱)

公式ページ




7、落花生好きにはたまらない!豆はなの「バターピー」

バターピー
出所:https://e-rakkasei.sakura.ne.jp/shop.html

神奈川県の特産品として有名な落花生。自然の恵みを受けて大切に育てた落花生を、丁寧に向いて仕上げたのが豆はなの「バターピー」です。高温の油でカラッと上げられた落花生は口に入れると香ばしく、塩とバターの風味があいまって手が止まりません。

落花生は栄養価も高く、さまざまな効果が期待される食品です。お子様のおやつやちょっとしたおつまみなど、ご家庭へのお土産にぜひお試しください。

「バターピー」の基本情報

・名称: バターピー
・購入できる場所:豆はな関内店 〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町3-30
・アクセス:JR根岸線関内駅から徒歩2分
・営業時間:10:00~18:00
・定休日: 日曜
・電話番号: 045-227-8739
・料金: 税抜き1,000円(1袋180g)

公式ページ

8、横浜の新銘菓として話題の「黒月餅」

黒月餅
出所:http://shigeta-1872.shop-pro.jp/

横浜中華街がある関内・桜木町エリアには、日本に根付いた中華菓子のお土産がたくさんあります。その中でも、和菓子のようなさっぱり感で人気があるのが、菓匠しげたの「黒月餅」です。

北海道産の小豆で作られたこし餡にはくるみと胡麻がたっぷりと練り込まれ、程よいさっぱり感と上品さがあります。竹炭入りの生地が黒く光り、その姿は思わず手に取りたくなるほどの存在感。横浜の新銘菓として注目されている「黒月餅」、ちょっと変わったお土産を探している人におすすめです。

「黒月餅」の基本情報

・名称: 黒月餅
・購入できる場所:菓匠しげた長者町本店 〒231-0033横浜市中区長者町9-166
・アクセス:京急日出町駅から徒歩5分
・営業時間:10:00~19:00
・定休日: 年中無休(元日のみ休業)
・電話番号: 045-261-0634
・料金: 税込み2,230円(10個入り)

公式ページ

9、縁起物の馬蹄をモチーフにしたお菓子「幸せを呼ぶ馬車道馬蹄パイ」

幸せを呼ぶ馬車道馬蹄パイ
出所:https://www.shop-gvyokohama.com

関内・桜木町エリアにある馬車道通りは、幕末の横浜開港時に「外国人が馬車で通る道」として珍しがられたことから名付けられました。外国人と馬車という組み合わせは、当時の日本人にとって驚きと憧れの的だったことでしょう。

そんな馬車道の雰囲気を馬蹄型のパイにして人気を得ているのが「幸せを呼ぶ馬車道馬蹄パイ」です。ヨーロッパには、馬蹄は「幸せを受け止めて満たす」という言い伝えがあります。そこからヒントを得て作られたのがこちらの馬蹄パイです。縁起物の馬蹄型をしたパイ、福を呼ぶお土産として喜ばれることでしょう。

「幸せを呼ぶ馬車道馬蹄パイ」の基本情報

・名称: 幸せを呼ぶ馬車道馬蹄パイ
・購入できる場所:ガトー・ド・ボワイヤージュ馬車道本店 〒231-0014 神奈川県横浜市中
 区常盤町4~42
・アクセス:横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅出口9から徒歩2分
・営業時間:平日・土曜10:00~21:00 日曜・祝日10:00~18:00
・定休日:不定休
・電話番号: 045-651-3170
・料金: 税込み999円(12個入り)

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す