種子島の特産品を使ったおすすめのお土産9選を紹介

種子島お土産
出所:http://anno-ya.jp/products/detail24.html

「鉄砲伝来の地」として知られている種子島は、「種子島宇宙センター」があることでも人気の観光地です。

お土産は、「種子島宇宙センター」のグッズや宇宙食がおすすめ。

また、特産品の安納芋を使ったスイーツも要チェックです!

この記事では、定番の人気スイーツからお酒のおつまみに最適なお土産まで幅広く紹介するので、お土産選びの参考にしてみてください。




1、話題性抜群のお土産と言えば 「宇宙食」

宇宙食
出所:https://www.unibo.jp/products/detail.php?product_id=247

種子島と言えばやはり「種子島宇宙センター」が有名ですよね。

センター内にあるミュージアムショップ「UNiBO」では、ロケット打ち上げ記念のグッズや宇宙飛行士が食べている「宇宙食」などを買うことができます。

お土産におすすめなのは「スペースカレー」。宇宙で食べるために特別に開発されたレトルトパックです。

話のネタにもなる話題性抜群の「宇宙食」をお土産に選んでみてはいかがでしょうか。
※ネット販売もあります。

「宇宙食」の基本情報

・名称: 種子島宇宙センター 宇宙食
・住所: 種子島宇宙センター
・アクセス: 西之表港から車で約70分
種子島空港から車で約50分
・営業時間: 9:30~16:30
・定休日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日。8月は第1月曜日及び第5月曜日のみ休館)、年末年始(12/28~1/2)
・電話番号: 0997-26-9244
・料金:スペースカレー 税込み 540円

公式ページ

2、定番人気お土産と言えば ブンカドウ 「種子島サブレ」

ブンカドウ 種子島サブレ
出所:https://www.jalan.net/yad337924/blog/entry0003150895.html

ブンカドウの「種子島サブレ」は、種子島の形をした独特な形で人気のお土産です。

種子島の特産品である、紫芋と黒糖の2種類があるので、お土産には詰め合わせセットがおすすめです。

ブンカドウ 「種子島サブレ」の基本情報

・名称: ブンカドウ 種子島サブレ
・住所: 鹿児島県西之表市西之表16484-10
・アクセス: 西之表港から車で8分
・営業時間: 8:30~18:30
・定休日: 無休
・電話番号: 0997-22-0338
・料金: 税込み 1,080円円(10枚入り)~

公式ページ

3、ネットで購入も可能 「種子島安納ロール」

種子島安納ロール
出所:http://anno-ya.jp/products/detail24.html

「種子島安納ロール」は、種子島の安納芋だけを使用して作られています。

安納芋といえば、糖度が高くしっとりとした食感が特徴的ですよね。

「種子島安納ロール」は、安納芋本来の味と食感をそのまま感じられるスイーツです。

生クリームは甘さ控えめで、安納芋とのバランスも絶妙。口当たりもなめらかでお芋好きの方にはたまらない食感に仕上げています。

生クリームを使っているので日持ちはしませんが、クール便でのネット購入が可能です。

「種子島安納ロール」の基本情報

・名称: 種子島安納屋 種子島安納ロール
・住所: 鹿児島県鹿児島市坂之上1丁目2-1
・営業時間: 9:00~18:00
・定休日: 日曜日
・電話番号: 099-296-8962
・料金: 税込み 1,400円(1個)

公式ページ




4、お年寄りの方にもおすすめ 「ひょうたん島のスイートポテト」

ひょうたん島のスイートポテト
出所:http://hyotan-jima.com/sweetpotato.html

こだわり工房ひょうたん島の「スイートポテト」は、安納芋の濃厚な甘さとねっとりとした食感をそのまま楽しめるスイーツです。

おいしさの秘密は、こだわりの原材料。

安納芋、洗粗糖、塩、卵、バター全ての原材料が種子島産なんです。

添加物は使っていないので、お子様やお年寄りの方でも安心して食べられます。

種子島の自然の恵みがギュッと詰まったスイートポテトをお土産に選んでみてはいかがでしょうか。
※ネット販売もあります。

「ひょうたん島のスイートポテト」の基本情報

・名称: こだわり工房ひょうたん島 スイートポテト
・住所: 鹿児島県西之表市安城763-2
・アクセス: 西之表港から車で25分
・営業時間: 8:00~17:00
・定休日: 日曜(GW休、8月13~15日休、12月31日~翌1月3日休)
・電話番号:0997-23-7274
・料金: 税込み 2,800円(10個入り)

公式ページ

5、甘いもの以外のお土産と言えば 種子島松寿園 「味わい島茶セット」

種子島松寿園 味わい島茶セット
出所:http://t-shoujuen.jp/

甘いものが苦手な方には、種子島ならではのお茶のセットをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

種子島松寿園 の「味わい島茶セット」は、緑茶と紅茶、生姜紅茶の3種類がセットになっています。

なかでも緑茶は種子島産で、まろやかな味わいが人気です。
※ネット販売もあります。

種子島松寿園 「味わい島茶セット」の基本情報

・名称: 種子島松寿園 「味わい島茶セット」
・住所: プラッセだいわ種子島店
だいわ西之表店
サンシード食品館
・料金: 税込み 1,380円

公式ページ

6、お酒のおつまみにも最適 「トビウオの干物」

トビウオの干物
出所:http://www.furuichi-shoten.com/

海に囲まれた種子島は、海産物も豊富です。

古市商店では、トビウオやカマスの干物、きびなごの一夜干しなどが購入できます。

アゴ出しのイメージが強いトビウオですが、種子島では大きいサイズのトビウオも獲れるので、干物にも加工が可能なんです。

お土産にすれば、おかずとしてもお酒のおつまみとしても喜ばれること間違いなしです!
※ネット販売もあります。

「トビウオの干物」の基本情報

・名称: 古市商店 トビウオの干物
・住所: 鹿児島県西之表市西之表16270-2
・電話番号:0997-23-1212
・料金: 税込み 1,080円(中トビ5枚入り)

公式ページ

7、ばらまきお土産にぴったり 浜添製菓「飴菓子」

浜添製菓「飴菓子」
出所:https://www.hamazoe-seika.com/order.php

種子島の特産品、黒砂糖を使った手作り飴菓子も種子島ならではのお土産です。

浜添製菓では、本物のらっきょうそっくりの「らっきょう飴」や、「ロケット飴」、「ガジュマル飴」など種子島に因んだ商品が豊富。

5種類が入ったオリジナルセットは、540円と手ごろなお値段で、ばらまきお土産に最適です。
※ネット販売もあります。

浜添製菓「飴菓子」の基本情報

・名称: 浜添製菓 飴菓子
・住所: 鹿児島県西之表市住吉1118
・電話番号:0997-23-3693
・料金: 税込み 540円(5袋入り)

公式ページ




8、お酒好きの方にはコレ! 芋焼酎「久耀」

芋焼酎「久耀」
出所:http://tanegasima.shop-pro.jp/?pid=143259524

甘いものが苦手な方やお酒好きの方へのお土産は、鹿児島名物の芋焼酎がおすすめ。

種子島酒造が作る「久耀」は、コクのある味わいで人気の芋焼酎です。

種子島酒造では、自社農園で育てたサツマイモを使用して、昔ながらの製法で焼酎を作っています。

蒸留するときに地下から湧く天然水を利用することで、まろやかな味わいになるのだとか。

こだわりの原料と製法で作った本場の味を一度試してみてはいかがでしょうか。
※ネット販売もあります。

芋焼酎「久耀」の基本情報

・名称: 種子島酒造の芋焼酎 久耀 
・住所: 鹿児島県西之表市西之表13,589番地3
・電話番号:0997-22-0265
・料金: 税込み 6,600円

公式ページ

9、食べ物以外のお土産といえば 「ハウオリのとんぼ玉アクセサリー」

ハウオリのとんぼ玉アクセサリー
出所:http://hauoli.main.jp/other.html

ボーダーコリーのハウとオリが看板犬を務めるお店「ハウオリ」では、とんぼ玉を使ったネックレスやブレスレット、ピアスなどのアクセサリーがお土産に人気です。

また、オリジナルアクセサリーを作ってもらうこともできるので、自分のペットをモチーフにしたアクセサリーをオーダーすることもできるんです!

一番人気は、ペットがサーフボードに乗ったルームアクセサリー。

旅の記念にオーダーしてみてはいかがでしょうか。

「ハウオリのとんぼ玉アクセサリー」の基本情報

・名称: とんぼ玉とアイランドクラフトのお店hau oli とんぼ玉アクセサリー
・住所: 鹿児島県西之表市現和6212
・アクセス: 西之表港から車で15分
・営業時間: 13:00~19:00
・定休日: 月曜日
・電話番号: 090-2519-4036
・料金: オリジナルカールームアクセサリー 4,000円~

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す