大谷石地下採掘場跡

大谷石地下採掘場跡
by https://www.jalan.net/
広さ2万平方m、深さ30mの地下採掘場跡。内部の平均気温は年間を通じて約8℃。神殿やエジプトのピラミッドの中のような雰囲気のこの巨大地下空間はイベントスペース(コンサートや美術展)、撮影現場などに利用されています。1919年から1986年まで70年間、大谷石の採掘が行われてできました。戦争中は地下の秘密工場として、戦後は政府米の貯蔵庫として利用されました。

周辺の類似スポットを地図で見る

大谷石地下採掘場跡の基本情報


【スポット】大谷石地下採掘場跡
【 住所 】栃木県宇都宮市大谷町909
【アクセス】JR宇都宮駅西口6番乗場から大谷・立岩行きに乗車し約30分。東武宇都宮駅から東武駅前バス停で大谷・立岩行きに乗車し約20分。いずれも資料館入口で下車 徒歩約10分
【営業時間】9:00〜17:00(最終入館は16:30まで)
【 料金 】大人700円、子供350円(小・中学生)、未就学児 無料

大谷石地下採掘場跡
が含まれる観光マップ



関東の旅行におすすめ!息を呑むほど美しい絶景25選

[wdi_feed id=”2552″]


大谷石地下採掘場跡のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

大谷石地下採掘場跡【栃木県】 地下にあるこの巨大な建物はいったい何? と思いますが、広さ2万㎡、深さ30mにもおよぶ地下採掘場跡。 pic.twitter.com/8y6ATFwM49

ツイッターメディア

大谷石地下採掘場跡【栃木県】 「大谷石地下採掘場跡」は、 『大谷記念館』として地下採掘場を公開したもので、 70年以上の月日によって、 地下神殿を思わせるような神秘的な大空間が造り出されました。 pic.twitter.com/nK9yoiBze2

ツイッターメディア

@ipposan1 栃木の大谷石地下採掘場跡かな?

大谷石地下採掘場跡【栃木県】 地下にあるこの巨大な建物はいったい何? と思いますが、広さ2万㎡、深さ30mにもおよぶ地下採掘場跡。 pic.twitter.com/71QcWssXIN

ツイッターメディア

大谷石地下採掘場跡【栃木県】 地下にあるこの巨大な建物はいったい何? と思いますが、広さ2万㎡、深さ30mにもおよぶ地下採掘場跡。 pic.twitter.com/mZjxyknRYm

ツイッターメディア

大谷石地下採掘場跡【栃木県】 「大谷石地下採掘場跡」は、 『大谷記念館』として地下採掘場を公開したもので、 70年以上の月日によって、 地下神殿を思わせるような神秘的な大空間が造り出されました。 pic.twitter.com/atePPjKmbL

ツイッターメディア

大谷石地下採掘場跡【栃木県】 「大谷石地下採掘場跡」は、 『大谷記念館』として地下採掘場を公開したもので、 70年以上の月日によって、 地下神殿を思わせるような神秘的な大空間が造り出されました。 pic.twitter.com/leg3S19X68

ツイッターメディア

大谷石地下採掘場跡【栃木県】 地下にあるこの巨大な建物はいったい何? と思いますが、広さ2万㎡、深さ30mにもおよぶ地下採掘場跡。 pic.twitter.com/qogMJecmTb

ツイッターメディア

大谷石地下採掘場跡【栃木県】 「大谷石地下採掘場跡」は、 『大谷記念館』として地下採掘場を公開したもので、 70年以上の月日によって、 地下神殿を思わせるような神秘的な大空間が造り出されました。 pic.twitter.com/atePPjKmbL

ツイッターメディア

伊豆大島裏砂漠 アンコールワット 大谷石地下採掘場跡 かしらん(・∀・) #Peing #質問箱 peing.net/ja/qs/10187263…


栃木のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。