群馬サファリパーク

群馬サファリパーク
by http://www.safari.co.jp/
ライオンやトラなどの肉食動物から、ゾウやキリンなどの草食動物といった、アフリカ動物達が放し飼いされた様子を車の中から観賞するサファリパーク。その他にもアメリカや日本の動物たちが放し飼いされ、90種1,000頭羽もの動物たちがこの群馬サファリパークにはいます。限られたエリアでは餌やり体験も出来るので、より動物たちと近い距離で触れ合えるのも魅力の一つ!こちらでは遊園地も併設されているので、1日あっても足りないくらい見どころ満点ですよ。

おしゃれで少し気の強いアヤコ
群馬サファリパーク、インスタ映えスポットがたくさん!動物たちと近距離で写真撮れるのが最高!
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
車で回れるサファリパークって新鮮だね。動物たちの自然な姿を間近で見られるのが楽しい!
冷静沈着な猫のニャンタ
群馬サファリパークは広大な敷地に多種多様な動物が生息。車での移動が基本で、安全対策も万全です。
周辺の類似スポットを地図で見る

群馬サファリパークの基本情報


【スポット】群馬サファリパーク
【ふりがな】ぐんまさふぁりぱーく
【 住所 】〒370-2321 群馬県富岡市岡本1
【アクセス】上信電鉄 上州富岡駅 タクシー約15分
【最寄り駅】上州富岡駅
【営業時間】9:30~16:30(最終入園15:30)
【 料金 】大人(高校生以上)2,700円、子供(3歳~中学生)1,400円、シニア(65歳以上)2,000円
【クーポン】公式サイトで割引クーポンを提供中

群馬サファリパーク
が含まれる観光マップ



公式ページ

動物に大接近!群馬サファリパークでスリル満点な一日を楽しもう

群馬サファリパークってどんな場所

群馬サファリパークは、群馬県高崎市から1時間程度の富岡市にある本格的なサファリパークです。東日本では初めてとなる、1979年に開園したサファリパークです。サファリゾーンとアミューズメントゾーン(遊園地ゾーン)に分かれており、家族連れにとって楽しく過ごすことができる場所です。サファリゾーンでは、世界各地から集められた100種もの動物が飼育されています。サファリバスや、自家用車で見学ができ、檻の中ではなく本来の生態系に近い姿を間近で見ることができる貴重なスポットとなっています。

群馬サファリパークの見どころ

サファリエリアの大きな動物たちに目が釘付け!

ゲートをくぐると、さっそく動物たちがお出迎え。自家用車で来ている場合は自家用車で入ることができますが、それ以外にもバスなどを使って動物を見ることができます。それぞれにメリットがあるので、よく考えて決めるとよいでしょう。


サファリエリアは6つのエリア(アフリカゾーン、日本ゾーン、ウォーキングサファリゾーン、アジアゾーン、アメリカゾーン、トラ・ライオンゾーン)に分かれています。奥の方に進むにつれて猛獣が出てくるような仕組みになっています。恐る恐る進んでいくと、車のすぐ横を動物が堂々と歩いていたり、エサを持っていれば車に近づいてきたりもします。そのため、動物たちが車をなめてきたり、小突いてきたりすることもあるため、動物の生の生態を見ることができます。サファリバスに乗れば、さらに飼育員さんの説明が聞けたり、場合によってはエサやりも出来たり、動物たちの近さを存分に感じられますよ。
さらに、自家用車で見学の場合はガイドラジオもついているので、いちいち調べなくても動物の詳細を聴きながら見学が可能です。子供が万が一飽きてしまっても、このラジオを聴けば新たな発見があるかもしれませんね。

ウォーキングサファリゾーンで一休み!動物たちと触れ合おう

サファリゾーンの途中、日本ゾーンとアジアゾーンの間では、車を降りて動物たちにエサやりできる場所が存在します。18種類もの動物を見ることができるゾーンです。


こちらでは、普通の動物園のように動物を見学することができますが、動物を上からも下からも見学することができます。そのため、ライオンのお腹を下から眺めてみたり、高いところから見下ろしてみたり、なんてこともできますよ。
他にも、ホワイトタイガーやライオン、うさぎなどにエサやり体験ができます。動物にたくさんの場所からエサやりができるので、自分の好きな子にエサやりをすることができます。
なお、サファリゾーンで車を降りられるのは唯一ここだけになるので、子供のトイレなどには注意するとよいでしょう。

動物と触れ合える遊園地で一緒に遊ぼう!

サファリゾーンの入口ゲート前の駐車場付近には、ちょっとした遊園地もあります。
例えば40mの観覧車。こちらはサファリ内を一望したり、サファリパーク自体が高台にあるため、遠くの景色を楽しんだりもできます。ほかにもジェットコースターやメリーゴーランドなど、遊園地では定番の遊具もありますが、サファリパークならではなところだと『パノラマモノレール』という遊具があります。これは、放し飼いにされた鳥を、モノレールに乗って一周するもの。ちょっとした動物へのこだわりを感じます。
すぐ近くにはリトルファームがあり、世界最小のウマなどが観察できたり、モルモットなどと触れ合えたりします。さらにポニーの乗馬もできるスポットもあるので、飽きずに楽しむことができるスポットです。
こちらでもカンガルーなどに出会うことができ、エサやりなどもできます。ペンギンやレッサーパンダなどもいて、アミューズメントゾーンだけでもちょっとした遊園地くらいの規模感です。

こちらがパノラマモノレールから見られる景色です。

群馬サファリパークを観光する時の注意点

注意事項は2点あります。

再入場はできません

まずは、ゲートをくぐると再入場ができないということ。そのため、子供が飽きたからいったん外に出る…ということはできません。さらに、入場する前に入場方法を決めておく必要があります。エサやり体験バス、サファリバス、レインジャーツアー、マイカーなどがあり、途中で変更することはできません。やっぱりエサやり体験がいい…なんてこともあるかもしれませんが、その場合は再度入園料を払う必要があります。なお自家用車の場合は、一周した後再度まわることができます。出口前に周回用のレーンがあるので、見落とさないようにしましょう。

自家用車に傷がつくことも…

さらに、自家用車の場合は動物が近寄ってくることに注意しましょう。車に傷がつくこともあります。ほかにも動物がいる場所で、外に誤って出てしまい、事故になった事例もあります。園では指示に従って見学しましょう。

アクセス

車の場合

上信越自動車道 富岡ICから車で15分ほど

電車の場合

高崎駅から上信電鉄乗り換え 上州富岡駅からタクシーで15分

高速バスの場合

新宿・池袋駅より千曲線乗車 富岡停留所で下車後、タクシーで10分

群馬サファリパークの基本情報

名称

群馬サファリパーク

読み方

ぐんまサファリパーク

営業時間

3月~10月…9:30~17:00(16:00最終入園)11月~2月…9:30~16:30(15:30最終入園)

定休日

水曜日(祝日・春休み・GW・夏休み・年末年始期間は除く)

クーポン

コンビニ端末での前売り券で割引となります。ほかにも、dエンジョイパスやクラブオフなどの会員制割引優待サービスなどもあり、それぞれ割引率が異なるため確認しておくとよいでしょう。

まとめ

動物園の側面だけでなく、遊園地も一緒に併設された群馬サファリパーク。一日中楽しめる場所なので、家族でたくさん遊べる場所といえるでしょう。天気が悪くても、その天気に合わせた動物の生態を見ることができます。思った以上にポテンシャルの高いサファリパークなので、家族連れの方にとってはいい思い出になること間違いなし。ぜひ、時間に余裕をもって訪れてみてくださいね。

群馬のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。