Pinang Peranakan Mansion(ペナン・プラナカン・マンション)

Pinang Peranakan Mansion(ペナン・プラナカン・マンション)
by http://penang.attractionsinmalaysia.com/index.php
ヨーロッパ諸国の統治下にあった東南アジアに移住してきた、中華系移民で現地の住民などと結婚した子孫の末裔「プラナカン」と呼ばれる人々の文化を紹介する博物館です。19世紀末に建てられたペパーミントグリーンの建物は、当時実力者だった中国人の屋敷そのものが豪奢な展示物になっています。この建物は中国とマレー、ヨーロッパの要素が混ざるプラナカン様式で作られています。様々な文化が入り混じった、繊細で美しい展示品の数々を楽しめるスポットです。

周辺の類似スポットを地図で見る

Pinang Peranakan Mansion(ペナン・プラナカン・マンション)の基本情報


【スポット】Pinang Peranakan Mansion(ペナン・プラナカン・マンション)
【ふりがな】ぺなんぷらなかんまんしょん
【 住所 】29, Church Street, 10200 Penang
【アクセス】ペナンフェリーターミナルより徒歩6分
【最寄り駅】なし
【営業時間】9:30~17:00
【 料金 】20MYR


公式ページ


Pinang Peranakan Mansion(ペナン・プラナカン・マンション)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

ペナン・プラナカン・マンション。中の人が学生時代にペナンで撮影。中・英・マレー文化が混在するプラナカン様式。プラナカンとはマレー世界へ移住した中華系移民の末裔。大半が福建・潮州・広東系。使用言語は「ババ・マレー」(危機に瀕する言語)pic.twitter.com/G0hYtTTG6C

ツイッターメディア

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。