山王くらぶ

山王くらぶ
photo by @chiemiracle717
明治28年に建築された老舗の料亭「山王くらぶ」。国の登録有形文化財に指定された建物は優れた意匠で、新たな観光スポットとして生まれ変わりました。各部屋により様々な展示があり、酒田の歴史や文化に親しむことができます。また、日本三大つるし飾りの「傘福」を常設展示しており、その迫力は圧巻です。

周辺の類似スポットを地図で見る

山王くらぶの基本情報


【スポット】山王くらぶ
【ふりがな】さんのうくらぶ
【 住所 】山形県酒田市日吉町2-2-25
【アクセス】JR酒田駅から車で約6分、日本海東北自動車道 酒田ICから車で約17分
【最寄り駅】酒田駅
【営業時間】午前9時〜午後5時(※入館受付は午後4時30分まで)
【 料金 】【一般】¥310【高校生】¥220【小・中学生】¥110 (詳しくは公式ホームページをご覧ください。)
【バリアフリー 】車いす対応エレベーターなし、1階には喫茶店あり、障がい者用パーキング有


公式ページ
酒田市ページ

ひな祭り期間だけではなく、一年中2階で展示されているつるし飾り「傘福」がインスタ映えすると話題のスポット「山王くらぶ」

江戸時代から酒田に伝わる伝統の傘福は女性たちが幸せになりますようにと願いを込められて作られました。
他のつるし雛とは異なり、天蓋付きなのが特徴です。

要予約ではありますが、1000円(材料費)で「傘福」の製作体験が出来ます。
実際に飾ることが出来る本格的な「傘福」を作成できるので、酒田観光の思い出作りにも良いですね。

山王くらぶは明治28年建築の国の登録有形文化財にも指定された料亭建築です。
各部屋に見どころがあり坂田観光の人気観光スポットでもあります。

定期的に和の文化を親しむイベントも開催されているので要チェックです。


山王くらぶのSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

山王くらぶ。  私が酒田へ旅行した17年前は 一般公開されてなくて、閉まってたんよ…。  いつかまた、地酒と鱈鍋を楽しみたいな。 pic.twitter.com/Fu97mC7DPo

ツイッターメディア

酒田市の「山王くらぶ」の真正面には、東北を代表するキャバレーとして名を馳せた「白ばら」があります。老朽化などで2015年に閉業に追い込まれましたが、数年前に復活。酒田の大衆文化を見事に受け継いでいます。次回はここで飲んでみたいな。… twitter.com/i/web/status/1…

酒田市の「山王くらぶ」、美しい建物でした。ちょうど隣が空き地になっていたため、複雑な構造をした建物の側面を見ることができました。戦後の1946年に料亭「山王くらぶ」として再出発、1999年まで営業していたそうです。2008年から市… twitter.com/i/web/status/1…

山形県酒田市の日吉町にある「山王くらぶ」の建物は、1895年に料亭「宇八楼」として建てられた和風建築。棟梁は酒田出身の名工・佐藤泰太良。部屋はそれぞれ意匠が異なり、美しい建具の数々や、2階大広間の格天井など、どれも見応えがありまし… twitter.com/i/web/status/1…


山形のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。