Stockholms stadshus(ストックホルム市庁舎)

Stockholms stadshus(ストックホルム市庁舎)
by https://stadshuset.stockholm/
1903~1923年にかけてヴェネチアのドゥカーレ宮殿を模して建てられた、20世紀建築を代表するナショナル・ロマンティシズム建築の傑作としても知られる建物です。100万個の赤レンガで作られたホールは「赤色」なのに「青の間」と呼ばれ、毎年ノーベル賞の受賞記念の晩餐会が行われます。1900万枚の金箔のモザイクで覆われた「黄金の間」では、ノーベル賞の舞踏会が催されておりガイドツアーで見学可能。他にも天井の木組みが特徴的な市議会場もあり、見どころ満載のスポットです。

周辺の類似スポットを地図で見る

Stockholms stadshus(ストックホルム市庁舎)の基本情報


【スポット】Stockholms stadshus(ストックホルム市庁舎)
【ふりがな】すとっくほるむしちょうしゃ
【 住所 】Hantverkargatan 1, 111 52 Stockholm
【アクセス】ストックホルム中央駅から徒歩7分
【最寄り駅】ストックホルム中央駅
【営業時間】8:30~16:00
【 料金 】120SEK


公式ページ


Stockholms stadshus(ストックホルム市庁舎)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります
何も見つかりませんでした。

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。