わくわく自販機ミュージアム

わくわく自販機ミュージアム
by http://www.jvma.or.jp/information/information_2.html
日本初の自動販売機をテーマにした博物館。様々な自販機、パネル、ビデオが展示され、自販機の歴史や変化について学べます。特に、自動販売機の初期モデルや昭和30年代の「噴水型ジュース自販機」などはとてもレアで自販機マニアの間でも人気を集めるスポットとなっています。※事前申込制なのでご注意ください!

周辺の類似スポットを地図で見る

【 住所 】〒371-0201 群馬県前橋市粕川町中之沢7
【アクセス】東武鉄道「赤城」駅よりタクシー約20分/北関東自動車道「伊勢崎IC」より約20分
【営業時間】9:00~15:00 定休日:土・日・祝日、年末年始、ゴールデンウィーク、夏期休日、生産調整などで工場が休みの日
【 料金 】無料


公式ページ
御予約はこちらから

わくわく自販機ミュージアムはレトロ感満載!自動販売機の魅力を再発見!

わくわく自販機ミュージアムってどんな場所

昔懐かしい自販機から最新技術を搭載した未来型の自販機まで、自販機のことなら『わくわく自販機ミュージアム』へ。
ここは、群馬県の自販機メーカーであるサンデンが、他の自販機メーカー各社と共同で開いた、日本初の自動販売機専門ミュージアムです。
自販機の仕組みや歴史、自販機と社会とのかかわりなどがわかりやすくまとまっており、大人から子どもまで楽しめるミュージアムとなっています。

わくわく自販機ミュージアムの見どころ

ボリュームがすごい!圧倒的な展示内容

わくわく自販機ミュージアムは、群馬県前橋市にあるサンデンフォレストという森の一角にあります。
ミュージアムは、工場のような建物の中にあり、入場すると、自動販売機のキャラクターと、ぐんまちゃんのパネルがあります。
ひとたびわくわく自販機ミュージアムに足を踏み入れると、たくさんの種類の自動販売機たちが出迎えてくれます。
多種多様な自動販売機がずらっと並ぶ様子は、まさに圧巻です。
古いものは紀元前のエジプトで使用されていた自動販売機のレプリカから、果ては最新式の省エネ型自動販売機まで、実にさまざまな自販機が、所狭しと並んでいます。
そのバリエーションは、枚挙に暇がありません。
日本初の自動販売機専門ミュージアムということもあって、他の追随を許さない、充実の自販機コレクションです。
自販機の種類も、飲料の自動販売機のみならず、切手の自販機や、お菓子、麺類の自販機など、多岐にわたります。
めくるめく自動販売機ワールドを是非体験してください!

目指せ!自動販売機博士!

わくわく自販機ミュージアムは、自動販売機に関するトリビアにあふれています。
展示されている自動販売機には、年代や仕組みなどのキャプションがつけられており、なかなかに情報量が多いです。
そして、自動販売機について特集した映像クリップがみられるコーナーや、自動販売機に関する歴史をまとめた年表もあり、どなたでも楽しく自動販売機について知ることができます。
また、館内の案内スタッフにお願いすれば、展示品についての説明を交えながらの館内ツアーの体験も可能です。
聞きやすい語り口で自動販売機の成り立ちや仕組み、裏話などについて、とても詳細に解説をしてくれます。
どのスタッフも、自動販売機についてとても詳しく、自動販売機について熱く語ってくれるので、わくわく自販機ミュージアムに来館の際には、是非この解説つきツアーを利用していただきたいです。
いつも何気なく使用している自動販売機についての理解が深まり、自動販売機がより身近に感じられます。
おもわず人に教えてあげたくなるような自動販売機のネタが、きっと見つかることでしょう。

機能美にふれる!自動販売機にみる魅力あふれるデザイン!

自動販売機のメーカーであるサンデンのミュージアムということもあり、目を引くデザインのかっこいい自動販売機が数多く見受けられます。
思わず商品を買いたくなってしまうような、機能美たっぷりのモダンなデザインの自動販売機の数々が、来館者の目を引きます。
特に充実しているのが、自動販売機の全盛期と言われる、60~70年代ごろのものです。
味のある雰囲気の、ポップでレトロな自販機をみていると、まるで、映画の世界にタイムスリップしたような気分を味わえること間違いなしです。
ここ、わくわく自販機ミュージアムは、ビンテージ雑貨が好きな方や、デザインやコンテンポラリーアートなどに興味がある方に、とくに喜ばれそうな内容となっています。
また、床に可愛らしいイラストもあったりして、とても心温まる雰囲気があります。
記念撮影をしたりするのもおすすめです。

わくわく自販機ミュージアムを観光する時の注意点

わくわく自販機ミュージアムを観光する際には、1ヶ月前からの予約が必要になります。
(10人以上の団体のみ)
※現在、予約の定員に達したため、わくわく自販機ミュージアムでは、予約の受付を一時停止しています。

わくわく自販機ミュージアムの基本情報

名称

:わくわく自販機ミュージアム(サンデンフォレスト)

読み方

:わくわくじはんきみゅーじあむ(さんでんふぉれすと)

営業時間

:9:00~15:00

定休日

:土・日・祝日、年末年始、ゴールデンウィーク、夏期休日、生産調整などで工場が休みの日

要予約・入場料無料 ※現在予約の受付を一時停止しています。

アクセス

JR市ヶ谷駅 徒歩6分
都営地下鉄 新宿駅 市ヶ谷駅 徒歩7分
東京メトロ 南北線 市ヶ谷駅 徒歩2

まとめ

いかがでしたでしょうか?
いろいろな年代の自動販売機があり、それぞれの時代の最新技術に思いをはせることができる、歴史好きにはたまらない内容のミュージアムです。
自動販売機マニアの方はもちろん、そうでない方も、夢中になって楽しんでいただける、わくわく空間となっていると思います。
世にも珍しい、自動販売機にスポットを当てた博物館、わくわく自販機ミュージアムに、是非みなさんでお出かけください。



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

最近どこにも行ってないので過去ネタ。 大牟田市内にあった富士電機製のカップコーヒー自販機。わくわく自販機ミュージアムに展示されてた物と同じ筐体でした。残念ながら2018年に撤去されたようです。 pic.twitter.com/F7Hwzv8NB7

ツイッターメディア

群馬のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。