柳川藩主立花家

柳川藩主立花家
by https://www.jalan.net/kankou/spt_40207ae2180022485/
江戸時代の大名だった旧柳川藩主立花家の別邸。現在では立花家に伝来する美術工芸品が展示されています。特に、実際に用いられた甲冑や刀が見られるので歴史ファンには堪らないスポットではないでしょうか?

周辺の類似スポットを地図で見る

柳川藩主立花家の基本情報


【 住所 】福岡県柳川市 新外町1


公式ページ

[wdi_feed id=”1196″]


柳川藩主立花家のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

柳川藩主であった立花氏が明治時代になって柳川市三橋町に創設した「旧立花家農事試験場」で改良された品種で、中国の四川青菜と在来種の紫高菜を掛け合わせたものである[1]。

柳川藩主であった立花氏が明治時代になって柳川市三橋町に創設した「旧立花家農事試験場」で改良された品種で、中国の四川青菜と在来種の紫高菜を掛け合わせたものである[1]。

柳川藩主であった立花氏が明治時代になって柳川市三橋町に創設した「旧立花家農事試験場」で改良された品種で、中国の四川青菜と在来種の紫高菜を掛け合わせたものである[1]。

柳川藩主であった立花氏が明治時代になって柳川市三橋町に創設した「旧立花家農事試験場」で改良された品種で、中国の四川青菜と在来種の紫高菜を掛け合わせたものである[1]。

古い旅761 福岡県·旧戸島家住宅(2017年7月) 柳川市に所在。江戸時代に柳川藩で中老職などの要職を務めた吉田兼儒が1828年に隠居後の住処として庭園と共に建築した葦葺2階建の建物で、後に藩主の立花家に献上され藩の茶室に利用さ… twitter.com/i/web/status/1…

柳川藩主であった立花氏が明治時代になって柳川市三橋町に創設した「旧立花家農事試験場」で改良された品種で、中国の四川青菜と在来種の紫高菜を掛け合わせたものである[1]。

柳川藩主であった立花氏が明治時代になって柳川市三橋町に創設した「旧立花家農事試験場」で改良された品種で、中国の四川青菜と在来種の紫高菜を掛け合わせたものである[1]。


福岡のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。