横浜市電保存館

横浜市電保存館
photo by @namake_3
明治37年から約70年間の間「ちんちん電車」の愛称で親しまれていた市電を保存・展示した博物館。日本最大級の鉄道パノラマや運転シミュレーターなどがあり電車好きには堪らないスポットとなっています。

周辺の類似スポットを地図で見る

【 住所 】神奈川県横浜市磯子区磯子区滝頭3丁目1−53 滝頭
【アクセス】最寄りのバス停は「市電保存館前」「滝頭」となっています。地下鉄吉野町駅から市営バス113系統磯子駅行・156系統滝頭行で約7分、「滝頭」下車徒歩3分。又はJR根岸駅から市営バス21系統市電保存館行・78系統磯子駅行・133系統上大岡駅行で約7分。「市電保存館前」下車すぐ。
【営業時間】9:30〜17:00(入館は16:30まで) 定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始(12/29〜1/3)※不定休があるのでご注意ください。
【 料金 】大人(高校生以上):300円 、 3歳から中学生:100円

横浜市電保存館
が含まれる観光マップ



公式ページ

[wdi_feed id=”1281″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

市電保存館というものがあります。今でも保存されている横浜市電の他、寄贈されたジオラマやコレクションなども閲覧することが出来るので是非興味のある方は足を運んでみてくださいね!

1枚目:横浜市電保存館、2・3枚目:函館市電。 横浜は市電大事に残してくれてますが、函館は普通に現役。どちらも素晴らしいですね。 おやすみなさい😴。 pic.twitter.com/9ftAdH7RoB

ツイッターメディア

横浜市民になって早13年、初めて市電保存館に行ってきました。 pic.twitter.com/DEEhitRbvo

ツイッターメディア

横浜市民になって二十数年、ついに市電保存館初訪問!!思っていたより保存車両が多いし、展示もたくさんあって驚きました。 pic.twitter.com/W1A2Q17XGn

ツイッターメディア

今日は息子にとって2回目の横浜市電保存館 鉄道ジオラマも見て館内歩き回ってきました 外には横浜市営バス初の連接バス pic.twitter.com/Y27oqEMCjJ

ツイッターメディア

I'm at 横浜市電保存館 - @shidenhozonkan1 in 横浜市, 神奈川県 swarmapp.com/c/6h38WioFjIK

横浜市電保存館の車両達、いつかあの狭い建物から青空の下に飛び出して元気いっぱいに走行して欲しい。欲を言えばサンフランシスコFラインのように廃止区間の一部を復活させて、日本大通を走ってくれたら嬉しい。

横浜市電保存館の車両群は生き生きして今にも動き出しそうな状態なので、動かないことが残念という欲さえ出てくるような仕上がり。

横浜市電保存館は系統板や広告などの「生き生きした活躍当時の電車の姿」を再現するのが上手いんだよな本当。 pic.twitter.com/7TTKcscDdr

ツイッターメディア

①②横浜市電保存館。根岸駅徒歩20分。かつての横浜市電(路面電車)の栄華を後世に残す博物館。入館費は100円。保存された市電車両に乗れたり、鉄道模型で遊べることを考えるとお得。ちなみに本牧地区では路面電車復活計画もある。pic.twitter.com/XyEfTBGzNv

ツイッターメディア

横浜市電保存館。昭和47年頃まで市内を走っていた電車達が綺麗に保存されています。路面電車が好きな人はオススメです。 pic.twitter.com/CHmNXRCdP8

ツイッターメディア

横浜市電🚃保存館 入館料300円という安さでジオラマまで楽しめる博物館でした(*'ω'*) #横浜 #散歩 pic.twitter.com/ICXFgz2cdY

ツイッターメディア

市電保存館というものがあります。今でも保存されている横浜市電の他、寄贈されたジオラマやコレクションなども閲覧することが出来るので是非興味のある方は足を運んでみてくださいね!

横浜市電保存館では、横浜市内を約70年間走り続けた路面電車の車輌や鉄道模型、写真などを展示しています。詳しくはこちら⇒ yokohama.setuyaku-date.net/blog-entry-132… #横浜デート

なお今更ですが、この市電保存館、元は横浜市電最後の車庫となった滝頭車庫の跡地で、今はこの資料館と、それから横浜市営バスの車庫があります。

市電保存館というものがあります。今でも保存されている横浜市電の他、寄贈されたジオラマやコレクションなども閲覧することが出来るので是非興味のある方は足を運んでみてくださいね!

@wIcuv3xa14jRRCs @mlit_kanto_port 大きな時計の件ですが、横浜駅東口に1979年に解体された東口駅舎の大時計が1980年11月に約1か月間だけ、東口を出たところに置かれていたようです。大時計は、現在… twitter.com/i/web/status/1…

それと横浜行はいつも郵船博物館(氷川丸)とみなと博物館(日本丸)ばかりだったから行先が増えるのもまた楽しみ。…いやさっさと行くべきところはあるだろ市電保存館とか中村順平のクリフサイドとか。

明日横浜の市電保存館行こうとしたら月曜日休みだった

広報センターの後は私のリクエストで市電今昔写真展「神奈川区のいま・むかし」開催中の横浜市電保存館へ 滝坂電停が懐かしい~。 そしてこの時計には愛着があります🕖️ pic.twitter.com/rZTUKRSn0U

ツイッターメディア

神奈川のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。