六道珍皇寺

六道珍皇寺
by google 検索
こちらのお寺は毎晩地獄へ通っていたという平安初期の宮廷官人・小野篁を祀っているため敷地内には地獄の出入り口となる井戸があります。真実は定かではありませんが、怖いもの見たさで行きたくなるスポットでは!?

周辺の類似スポットを地図で見る

【 住所 】京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町595

六道珍皇寺
が含まれる観光マップ



公式ページ

あの世とこの世の境目!?六道珍皇寺の観光情報やアクセス方法まとめ

六道珍皇寺について

京都市は東山区に、六道珍皇寺、通称「六道さん」と呼ばれる、臨済宗建仁寺派の寺院があります。

この六道さんはちょっと不思議で、実しやかに「あの世とこの世の境目がある」とも囁かれているのです。

どうしてそのような噂があるのか、それは六道珍皇寺の付近は平安京の時代、火葬地であった鳥辺野に通ずる道筋にある事に関係しています。

昔々はこの地において遺骸を埋葬地、火葬場まで運び送る野辺の送りを行っていた事で、「人世の無常、儚さを感じる場所」だと言われるようになったのです。

六道とは仏教の教義で「地獄道」、「餓鬼道」、「畜生道」、「修羅(阿修羅)道」、「人道」、「天道」といった六つの冥界の事をいいます。

人間は亡くなった後も「因果応報」により六道を輪廻転生する、つまり生と死を繰り返しながら逆転しているといった教えがあります。

丁度、六道珍皇寺の境内の辺りが「六道の分岐点(あの世とこの世の接点)」であるとして、六道珍皇寺には冥界へ繋がる入口があるといわれているのです。

拝観時間
10:00~16:00

拝観料
600円

六道珍皇寺へのアクセス方法

バスでのアクセス

①JR京都駅から:市バス206番 東山通 北大路バスターミナル行→清水道バス停下車、徒歩約5分

②京阪電車清水五条駅から:市バス80番 祇園行→清水道バス停下車、徒歩約5分

③京阪電車祇園四条駅、または阪急電車河原町駅から:市バス207番 東福寺九条車庫行→清水道バス停下車、徒歩約5分

駐車場について

一応、六道珍皇寺専用駐車場はありますが、3台程しか駐車できないとても狭いスペースです。
周囲も道幅が狭い所がありますから、バスでのアクセスをおすすめします。

六道珍皇寺の見どころ

冥途通いの井戸と黄泉がえりの井戸

六道珍皇寺の境内には「冥途通いの井戸」と呼ばれる不思議な井戸があります。

そう呼ばれるようになったのは後に「閻魔大王に仕えた人物」といった話が残っている、小野篁が関係しているのです。

小野篁とは参議小野岑守の元に生まれた後、嵯峨天皇に仕えていたとされる、平安初期の官僚です。

学者や詩人、歌人として名が知られる程頭が良いだけではなく武芸にも大変秀でた人物でしたが、野狂と言われる程、奇行が多い人物でもありました。

そんな小野篁が何故閻魔大王に仕えるようになったのか、一説では「亡くなった母に会いたいがためにあの世とこの世を行き来していた」といわれています。

餓鬼道に堕ちてしまった母親を救う為に閻魔大王に交渉し、地獄の冥官となったのだそうです。

昼はこの世の朝廷で仕事をし、夜は井戸を通ってあの世へ行っている内に閻魔庁に勤めていたのでしょう。

本当にこちらとあちらを行き来していたのか、それとも小野篁自身の性格や振る舞いにより、そう噂されていたのかは定かではありません。

しかし江談抄や今昔物語にはそのような明記がある事からも、もしかしたら本当にあの世とこの世を往復していたのかもしれませんね。

小野篁がこの世からあの世へ行く際に使っていたとされるのが、境内にある「冥途通いの井戸」です。

そしてもう1つ、あの世からこの世へ戻る際に使用されていたのが「黄泉がえりの井戸」とされています。

黄泉がえりの井戸は、近年になって旧境内内地から発見されました。

ゆっくりと両方の井戸の中を覗いてみてください。

鉄格子がありますが、それでも吸い込まれそうな程、ちょっと不思議な雰囲気がある井戸です。

冥途に響くお迎え鐘

六道珍皇寺にはもう1つ、不思議な言い伝えがあります。

それは、冥途まで響くといわれる「お迎え鐘」です。

こちらの鐘は従来の鐘とは違い、何と四方を壁に囲まれた中にあります。

壁には穴が開いており、そこから伸びる紐を引いて鐘を鳴らすのですが、この鐘の音がお精霊(しょうらい)さんを迎える合図となるのだそうです。

そういった話が出てきたのは、ある由来からでした。

お迎え鐘は六道珍皇寺の開基である慶俊僧都が造らせたとされるますが、ある時に僧都が唐国へ向かう事になりました。

その際「この鐘を3年間、土の中に埋めておくように」と言い残して旅立ったのです。

しかし留守を任された寺僧は待ちきれなくて1年半経った頃に地中から掘り出し、鐘をついてしまいました。

すると唐国にいた僧都の元へも聞こえたとの事です。

僧都はというと「3年地中に埋めておいたなら後は何もせずとも6時に知らせてくれるようになったはずが」と残念がったといいます。

こうした話が今昔物語等にあった事から「そんなに遠くまで聞こえるならば、冥途にも聞こえるだろう」といわれるようになったのでした。

十万億土の冥界へまで届いてしまう鐘の音色、そう聞くとちょっと恐ろしいですが、六道珍皇寺で行われる六道まいりには欠かせない鐘です。

閻魔像や地獄の絵図(要予約)

境内には閻魔像と小野篁像の他、地蔵と地獄絵図もあります。

ちょっと怖い絵ですが、迫力たっぷりなので是非一度は目にしてください。

六道まいり

京都では、毎年8月13~16日の五山の送り火で終わる盂蘭盆(うらぼん)では、先祖の霊を祀る風習があります。

その盂蘭盆の前、8月7~10日までの間に精霊、つまり御魂(みたま)、亡くなった人の魂を迎える為に六道珍皇寺へ参拝するのです。

この習わしを「六道まいり」、もしくは「お精霊さん迎え」と呼んでいます。

どうしてこのような風習ができたのか、それは六道珍皇寺の周辺は昔、墓所である鳥辺山の麓、東の葬送地だったからです。

その為に六道珍皇寺にはあの世とこの世の境目があり、そこにお精霊さんが集まるとされています。

六道まいりを行うにはまず境内の山門にある花屋で高野槇(こうやまき)を購入します。

これは、お精霊さんが高野槇の枝に乗り、こちらへ帰ってくるからです。

そして本堂前で水塔婆(みずとうば)にお精霊さんの戒名を書いてもらい、順番に迎え鐘を鳴らしていきます。

その後は水塔婆を線香で浄め、地蔵尊宝前で高野槙でもって水塔婆を水回向して終わりです。

京都で暮らす人々はこうした風習を大切にしており、今も尚、続いているのです。

六道珍皇寺での注意点

井戸を近くで撮影しない事

六道珍皇寺にある冥途通いの井戸と黄泉がえりの井戸ですが、この井戸を近くで撮影してはいけないと言われています。

もしも近くで撮影すると「いけないものが写ってしまう」らしく、必ず遠くから撮影しなければいけません。

何が写るのが怖くて撮影は出来ませんでしたが、近づいてみると夏でもひんやりしている場所です。

野辺送りの土地でもありますから、この世のものではないものが写り込んでしまうのかもしれませんね。

特別公開の日に行く事

特別拝観日が年に何回かあります。

例えば冬の特別寺宝展だったら冥土通いの井戸と黄泉がえりの井戸の他、法橋院達作の小野篁像等が拝観できるのです。

そういった「普段は見る事のできないものが見れる日」に行く方が、色々な珍しい物を見れておすすめです。

特に冥土通いの井戸と黄泉がえりの井戸を目当てに行く場合は、通常時は格子窓の奥からしか眺められない為、特別公開の日に行きましょう。

普段は近づけない井戸に近づけ、水占いもできるのです。

ただし、観光客がとても多い場所でもあるので混雑には要注意です。

六道珍皇寺周辺観光スポット

みなとや幽霊子育て飴本舗

その昔、母親の幽霊が我が子の為に夜な夜な飴を買いに行きました。

店主は不思議に思いつつも飴を売っていたある日、子供の泣き声が聞こえたのです。

慌てて泣き声の聞こえる所を掘り返してみると、そこには毎晩飴を買いにきていた女性の死体と、生きている赤ん坊がおりました。

どうやら母親は亡くなった後も子供が心配で、飴を与える為に毎夜買いに出ていたのです。

その飴屋こそがみなとや幽霊子育て飴本舗だともいわれており、こちらでは幽霊子育飴を購入する事ができます。

飴は黄金色でちょっと変わっており、でも甘すぎず美味しいです。

話しのネタに、一つお土産に買って帰ってもいいですね。

鍵善 良房本店

六道珍皇寺から徒歩約10分程の所にある鍵善さんでは、吉野葛を100%使用した、美味しいくずきりを頂けます。

本場のくずきりのお店としても有名で、店内は雰囲気が良く、落ち着く造りとなっています。

くずきりの他には水ようかん等のお菓子も置いてありますから、和菓子好きにはおすすめです。

不思議な雰囲気漂う六道珍皇寺へ出掛けましょう

昔は野辺送りがあった場所であり、あの世とこの世の境目だなんて聞くと怖い気もしますが、一度は行ってみてほしい寺院です。

六道珍皇寺の周辺には様々な寺院や観光スポットがありますから、京都旅行の際には是非お立ち寄りください。

ただし夕方、逢魔時にはご注意ください、もしかするとあの世の見えざるものが見えてしまうかもしれませんよ。

[wdi_feed id=”730″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

小野篁の話をしてたので もうすでに知ってる人もいるだろう 諸説を載せようかと思うんだけど まず、小野妹子の子孫とされてる、 小野篁は 昼は内裏で帝に仕え、夜は六道珍皇寺にある井戸を通り、冥界へ行き閻魔大王の裁判の補佐を務めたと… twitter.com/i/web/status/1…

小野篁って聞き覚えがあると思ったら、六道珍皇寺の井戸から閻魔様の元に通っていたお人か。#家族に乾杯

小野篁は閻魔大王の補佐官としか(六道珍皇寺に像と冥土通いの井戸がある)、、、小野小町の父でしたか #鶴瓶の家族に乾杯

【寺社ゆかりの菓子】鳩餅→三宅八幡宮/おせき餅→城南宮/走井餅→石清水八幡宮/法螺貝餅→聖護院/長五郎餅、粟餅→北野天満宮/やきもち→上賀茂神社/唐板→上御霊神社/松風→西本願寺/みたらし団子→下鴨神社/どら焼き→東寺/幽霊子育飴→六道珍皇寺 #kyoto

昨日はもう一件、地獄への入り口があるという六道珍皇寺へ👹 覗き窓からしか見えませんが、ここから小野篁が現世と地獄を行き来してたそうな… 実はここ、閻魔大王もいらっしゃいます #六道珍皇寺 #ちんのうじ#ちんこうじ(*・ω・*… twitter.com/i/web/status/1…

【第601回:六道珍皇寺の初ゑんま】地獄の閻魔(ゑんま)王も鬼も亡者も休むという初閻魔の日に、地獄へ通じる井戸の伝説が遺る六道珍皇寺を参拝し、貴重な寺宝の数々を観てきました。moon.ap.teacup.com/komichi/1051.h…

小野篁が冥界に通った井戸 六道珍皇寺(小野篁の井戸):山号は大椿山。本尊は薬師如来。8月7-10日の六道詣り、小野篁が冥界に通ったと伝わる井戸(寺宝展等の特別公開時を除き非公開)で知られる。通称六道さん。この付近が「...… twitter.com/i/web/status/1…

【第241回:2012年・六道珍皇寺の紅葉】小野篁の冥土通いなどの伝説が残る六道珍皇寺の、紅葉の様子をお届けします。 moon.ap.teacup.com/komichi/419.ht…

小野篁が夜な夜な地獄へ降りて閻魔様の手伝いしたという伝説のある井戸がある六道珍皇寺。その側には縁切りで有名な安井神社もあるし。崇徳天皇廟もあっておどろおどろしい。八坂の塔の西側、東大路渡ったとこな

@yoko_oorer 京都はいいよね、夏はクッソ蒸し暑くて、冬は底冷えでw 快適に暮らす場所ちゃうんやけど、何もかもがいい。そこら中に寺社仏閣あっていろんな神仏がおられて、でも深泥池もあったり、閻魔様が睨んでたり、貴船は怖いし、… twitter.com/i/web/status/1…

六道珍皇寺に来ました。 ろくどうちんこうじです。 おい!寺や神社とか神聖な場所でふざけるのやめろよ ここは閻魔大王とその橋渡し小野篁。つまり四季映姫と小町ちゃん この井戸が冥界との境界線か…ここに入ると!? pic.twitter.com/SthCDBqHPn

ツイッターメディア

六道珍皇寺2 清水道停 小野篁が閻魔の補佐のために毎晩あの世に行く際に利用したとされる井戸があります(非公開)。帰り用の井戸は嵯峨の福生寺にありましたが近代に同寺が廃絶したため帰り用の井戸はありません。

六道珍皇寺1 清水道停 834年~848年頃の創建といわれています。徒然草、化野と並ぶ火葬地鳥辺野の入り口「六道の辻」がこの辺りです。

六道珍皇寺、というお寺。あの世とこの世の境目になっているらしい?お寺。 なんだけど、目の前がゴミ回収所になってて、ついにゴミも地獄に埋める時代か〜って笑ってしまった pic.twitter.com/yqRlDWcaXF

ツイッターメディア

非常に気になるろうじが8時をお知らせしますよ❗気になる方は行って見てください😁 六道珍皇寺の近くです😃 pic.twitter.com/SXgikhbEYX

ツイッターメディア

@hayamimahiru 何故知らないの? もしかして一般人は小野篁とか役小角とかも知らないのかしら? 六道珍皇寺の井戸見に行ったり一条戻り橋の下見に行ったりしないの?

四条と五条の中間には六道の辻というこの世とあの世の境とされる場所があるわ。現在の六道珍皇寺がそこに当たるわね。平安時代に小野篁という官人が冥府と現世を往復するのに使ったという井戸が残されているのよ。

【第206回:六道珍皇寺・黄泉がえりの井戸】妖怪絵師・伝道師の葛城トオルと「六道まいり」の松原を歩く最終回。六道珍皇寺の「黄泉がえりの井戸」を訪れました。 moon.ap.teacup.com/komichi/380.ht…

【仏閣の豆知識】 六波羅蜜寺の近くに六道珍皇寺というお寺があります。この寺には小野篁が閻魔大王に仕える為、あの世とこの世の往来に使ったとされる『篁冥土通いの井戸』があります。

平安の頃、小野篁って変わり者の官僚が東山の六道珍皇寺にある井戸から冥界の閻魔様の元へ行きお裁きを手伝い、それが終われば奥嵯峨野の福生寺にある井戸から現世に戻って参内してた。 残念ながら福生寺は廃寺になって現世帰りの井戸は無くなってしまった。入り口はあるけど、出口は、もう、ない。


京都のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。