咲くやこの花館

咲くやこの花館
by http://www.sakuyakonohana.com/facility.html
日本最大級の温室を誇るこちらのスポットでは約2600種類の植物を見ることが出来ます。日本では中々見ることの出来な熱帯地方の植物も見られるので、カメラを持った愛好家の人も数多く訪れます。食虫植物展など度々興味が惹かれるテーマで展覧会も開かれているのでチェックしてみては?

周辺の類似スポットを地図で見る

咲くやこの花館の基本情報


【 住所 】大阪府大阪市鶴見区緑地公園2−163


公式ページ

ラフレシアや珍しい植物いっぱいの咲くやこの花館アクセス情報まとめ

咲くやこの花館について

咲くやこの花館は、大阪府は花博記念公園鶴見緑地内にある「熱帯から極地まで、広範囲の植物に会える」植物園です。

始まりは1990年4月~9月、「EXPO90 国際花と緑の博覧会」が開催され、そのメインパビリオンとして咲くやこの花館が建設されました。

館内には花の万博のテーマである「自然と人間との共生」を引き継ぎ、ヒマラヤの青いケシに熱帯スイレン等、世界中の植物が取り揃えられています。

季節の花も含めると約300種の花があり、その中にはラフレシアの花と蕾を樹脂で固めた展示物もあります。

熱帯雨林室にサボテンや多肉植物等の生息している乾燥地植物室、外部庭園等、見どころ満載の施設です。

ここに来れば、見た事もないような不思議な植物と出会う事ができるのです。

開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日)

入館料金
大人500円
※中学生以下、障がい者手帳持参の方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料
※受付で必ず証明できる書類(健康手帳、敬老優待乗車証等の原本)を提示しましょう

咲くやこの花館へのアクセス方法


大阪市内からの場合、内環状線から花博通へ入って「中央第2駐車場」へ向かいます。高速道路は「阪神高速守口線森小路ランプ」から「国道163号」を経由して花博通へ向かいましょう。

花博記念公園鶴見緑地「中央第2駐車場」が最寄り駐車場なので、そちらを目指してください。

※咲くやこの花館には専用駐車場がなく、中央第2駐車場利用の場合は下記のように利用料金が発生します。自動二輪 1回200円/普通車 昼間(7時~19時)20分100円 夜間(19時~翌7時)120分100円

バス
①大阪駅前からは、市バス36系統(地下鉄門真南行き)で「鶴見区役所前」下車

②京橋北口からは、市バス36系統(地下鉄門真南行き)で「鶴見区役所前」下車

③天満橋からは、市バス46系統(焼野行き)で「鶴見区役所前」下車

④京阪守口市駅からは、京阪バス19経路(鶴見緑地行き)で「鶴見緑地」下車

電車
鶴見緑地駅から徒歩約10分。所々に案内板がありますから、それに沿って向かいましょう

咲くやこの花館の見どころ

熱帯雨林室
スイレンや蘭の花等、熱帯雨林の植物がお好きならば「熱帯雨林室」へ行きましょう。

世界には約25000種類もの蘭が存在するといわれていますが、その内約70%が樹木に着生しているといった話があります。着生蘭のデンドロビウムにオンシジュームや、地生蘭のパフィオペディルムといった珍しい姿を鑑賞できるでしょう。

また、赤や白色、紫に黄色といったカラフルなスイレンの花々を眺める事ができるのです。こちらにはお子さんも乗れる程に大きなオオオニバスという葉もあるので、それも一緒に観賞してみてください。

そして熱帯雨林には欠かせないマングローブの世界やジャングルも体感できます。鬱蒼と生い茂る植物を見ているだけで、まるでここが本当の熱帯雨林なのではないかという気持ちになってきます。

熱帯花木室
熱帯植物を見た事はありますか?とってもカラフルで綺麗な花々は、眺めているだけで元気になれそうです。

メイク道具のパフに似ている事からパウダーパフとも呼ばれる植物や、チューリップの花束のようなアフリカのカエンボク等があります。翡翠色の花が綺麗なヒスイカズラにハイビスカス、パイナップルに、ミニミュージアムには世界最大の花として有名なラフレシアの標本もあるのです。

地植えのラフレシアではないものの、その大きさは目の前にするととってもびっくりしてしまいますよ。ラフレシアの花言葉は「夢うつつ」、つまり夢か現実か解らない様で、その異様な姿は「これが実際の植物?」と錯覚する程です。

乾燥地植物室
最近流行りつつあるサボテンや多肉植物、それらがお好きな方は、乾燥地植物室へも是非立ち寄ってみましょう。

ゾウの足のような見た目からキホステンマ・エレファントプスと名付けられた植物や、アロウディアというちょっと変わった植物まで揃っています。

その他にも、一生を2枚の葉だけで、なんと5000年以上も生き延びるというキソウテンガイという、名前の通り奇想天外な植物もあります。

アフリカ・マダガスカル・北~南米・オーストラリアの地域に分かれた植物をじっくり眺めてみましょう。

高山植物室
高山植物室には、メコノプシス・ベトニキフォリアにグランディスという青色が綺麗な花や、赤色のプニケア等、40種類以上もの花があります。

ここでは、ヒマラヤに中国やヨーロッパといった各地域に分けて、なるべくその植物の環境に近い設定で育てられています。

その為に高3500m以上でしか見る事のできない青いケシの仲間であるメコノプシス等の、美しく珍しい花々を鑑賞できるのです。

他にも可憐な姿が可愛らしいエーデルワイス、コマクサやキタダケソウといった日本の高山植物もあります。

そしてウツボカズラやムシトリスミレの仲間であるピングイキュラ等の食虫植物もあり、ここにいるだけで色んな国の花を観賞できるでしょう。

外部庭園
植物室に隣接して造られている庭園は、屋内空間と一体化した造りであり、こちらでも様々な植物を鑑賞できます。

ロータスガーデンにトロピカルガーデン、絶滅危惧種もあるハイビスカスワールドにプチイングリッシュガーデン等、他にも楽しみ所がいっぱいです。

自然の景観を利用して造られるロックガーデンに乾燥地の植物があるデザートガーデンと、色んな庭園を眺めてみましょう。

フードコートもあります
沢山の植物を眺めてちょっと小腹がすいたなら、フードコートで食事をしましょう。うどんやラーメンといったメニューがあるので、がっつり食べたい人にもおすすめです。

飲食物持ち込み可の休憩スペースもありますから、お弁当を作って、もしくは買ってきてここで食べてもいいですね。

咲くやこの花館での注意点

撮影の注意
綺麗な花や木を見ると、「もっと綺麗に撮りたい!」と思うかもしれません。しかしこの時に、「植物に霧吹き等で水をかける行為」や、「三脚を使って場所を占拠してしまう行為」をしてはいけません。他のお客さんの迷惑になってしまいますし、植物が弱ってしまう場合もあるので注意してください。

イーゼル持ち込み禁止
綺麗な花をその場で描きたいからと、イーゼルを持ち込んで場所を取ったり、水彩絵の具や油絵の具、水入れ等を置く事は止めましょう。これも他の、花を見に来たお客さんに迷惑がかかってしまう上に、絵の具が植物に付着してはいけません。

植物に触ってはいけない
植物によっては肌が痒くなってしまうものもあるので、触らないように注意しましょう。特に特定の植物に対してアレルギー反応が出てしまう人は要注意です。

咲くやこの花館周辺観光スポット

花博記念公園鶴見緑地
咲くやこの花館は花博記念公園鶴見緑地内にあります。花博記念公園鶴見緑地には風車の丘にバラ園、水路と雑木林に大芝生と、自然がいっぱいの場所があります。

他にも子どもの森として小さめの遊具コーナーもあり、子供さんと行くにもおすすめの場所です。天気の良い日は日本庭園でお花見をしたり、季節になればバラ園を鑑賞してみましょう。

三井アウトレットパーク 大阪鶴見
咲くやこの花館から大体30分程の所には、三井アウトレットパークという大型ショッピングセンターが有ります。ファッション関係の買い物をするならばこちらがおすすめ、ブランドショップの直営店もありますよ。

京阪モノレール「守口市駅」~三井アウトレットパークを走る無料シャトルバスもあるので、車がなくてもアクセスしやすいでしょう。咲くやこの花館でたっぷり植物を鑑賞したら、三井アウトレットパークでお買い物を楽しみましょう。

咲くやこの花館で緑に囲まれて癒しを感じましょう

咲くやこの花館では、日本に住んでいるとなかなか見る事の出来ない珍しい植物が沢山揃っています。植物が好き、珍しい物が好き、ちょっと暇を潰したいという時に行けば、楽しめるでしょう。

周囲も自然がたっぷりありますから、ピクニックやデートと遊びに行くにもおすすめの場所です。

[wdi_feed id=”595″]


咲くやこの花館のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

咲くやこの花館に行ってきたーん ちっこいのいっぱいで可愛かった pic.twitter.com/HRWiyzCIYt

ツイッターメディア

咲くやこの花館行ってきました🌺南国の植物たち、大袈裟なくらいデカくて好きです。 pic.twitter.com/zp3NeukBoN

ツイッターメディア

今日は咲くやこの花館に「アリの巣植物」の展示を主に見に来ている。さまざまな形状が面白い。 pic.twitter.com/Ifksuomljn

ツイッターメディア

予想より咲くやこの花館広いぞ‥

鶴見緑地公園の「咲くやこの花館」で、食虫植物他をみてきました。次は、長居の植物園🌲 pic.twitter.com/rSnLJTGoLr

ツイッターメディア

本日は咲くやこの花館でワークショップやってまーす! テーマが食虫植物で面白い企画展なので興味がある方は是非! #咲くやこの花館 pic.twitter.com/I99U8Ts5wM

ツイッターメディア

咲くやこの花館に行ってみたいンじゃあああ!

う、上手い…! あと、引用にパンの実みたいなのがあると書いてあって、そういえば植物園の温室でパンの実の木と言うものを見た記憶があるぞと思ってるところ。 咲くやこの花館だったっけ…

初開催!刺激スパイス展 | 大阪の植物園-咲くやこの花館- sakuyakonohana.jp/event/12906/

2枚目が咲くやこの花館 外観もカッコいいからすき twitter.com/aimilu/status/…

鶴見緑地の咲くやこの花館いいよ〜

咲くやこの花館の出店でワカヤマオーキッドさんから購入、最近はVanda nanaとも呼ばれてるみたい pic.twitter.com/7nhCWul2EL

ツイッターメディア

念のため咲くやこの花館も調べてみたら同じだったので、梅田で食料品を買い込んでから、すごすごと池田に戻る。金曜日ならまた天気が良くなるみたいだけど、もういろいろと疲れたので.....

鶴見緑地に行った。咲くやこの花館が休みなのを忘れていて、母キレる。 そんな、いろんなことがきっかけで昔話を話したり、まあいいかなと思える日だった。風が強まり、小雨に虹も見たし。 今夜の読書は、見えないものを探す旅 安田登著… twitter.com/i/web/status/1…

ユニークなやつらが大集合!大阪の咲くやこの花館「虫を食べる植物展」(岩崎隼人) いいな〜щ(゜ロ゜щ) creators.yahoo.co.jp/iwasakihayato/…

長居公園(植物園〉も 大阪府立花の文化園(植物園 咲くやこの花館 も 商業施設 電飾偽物花など いりません。 京都府立植物園も 再開発という名の 環境破壊 自然破壊 やめてほしい 人間の都合で コントロールできない 自然も生き… twitter.com/i/web/status/1…

昨日の「咲くやこの花館」の旅で、紹介していなかった古代ギリシャ的植物が! 美しきスイレンたち。 何が古代ギリシャ的かというと、学名「ニンファエア」が、ギリシャ神話の ΝΥΜΦΗ 水の精から来ているから! まるで水中から美女た… twitter.com/i/web/status/1…

@teru57328484 @WakayamaOrchids ランは花のギミックとかも面白い種が多いので11月に咲くやこの花館である蘭展なんかもオススメです! 家族でお散歩がてらにいいですよー。

昨日は北に行ったので、今日は久々に南の大阪市鶴見区の咲くやこの花館に行きました。ハトランにイヌビワ、メコノプシスです。 pic.twitter.com/OwuqfCuN7z

ツイッターメディア

2週間前咲くやこの花館がツイートしてたけど今も咲いてるのかな

咲くやこの花館さんの 販売会無事に終了しました!秋晴れの屋外はすごく心地よくイベントが出来ました。 ご来店頂いたお客様、スタッフの皆さん、出店協力してくれた@GreenNote777 @hirokovista さんありがとうござい… twitter.com/i/web/status/1…

咲くやこの花館「虫を食べる植物展2021」へ。 食虫植物モウセンゴケの花。 2枚目の写真のように、ひょろひょろ長い茎の先で咲きます。 それは、花粉を運んでくれる虫は捕まえたくないから、虫を捕まえる粘液を出す葉(3枚目)からは… twitter.com/i/web/status/1…

咲くやこの花館でのイベントの方も無事に終了いたしました! お越しくださったお客様、お世話してくださった@SakuyaismU 咲くやこの花館のスタッフの方々、またお誘いくださった@WakayamaOrchids さん、… twitter.com/i/web/status/1…

咲くやこの花館のアガベやばい。 pic.twitter.com/5tsnYomt6G

ツイッターメディア

@mirinoosaji3 正直、オレも記憶がない😅 いまも、この『命の塔』と『咲くやこの花館』だけが現在に残る花博の名残…

咲くやこの花館行ってみた pic.twitter.com/KhdF0xFmdc

ツイッターメディア

@imotarou63 鶴見緑地ですね😊午前中に咲くやこの花館に娘を連れて、食べる植物展に行ってきましたよ🤣自分はあまり得意分野ではないですが、娘は好きみたいです…💦

あれ……? 今日って咲くやこの花館開いてるんだ? ……行くか!

@c_m_tbn 咲くやこの花館で初めて買った原シクでお気に入りです!😆

咲くやこの花館に向けて電車のった

咲くやこの花館で買ったデスキデア。サッカなんとか。わさわさだったので分離。春には根付くことでしょう。 pic.twitter.com/AouCd83aWI

ツイッターメディア

@100shou365 ですおね!サラセニアなんだおね(*^-^*)/咲くやこの花館に今、虫を食べる植物展イベントで撮影した事ありますお♡咲🌸は大阪なんで咲くやでも販売してるけど結構毎年人気だそおで先々週観た時は4個しかありませんでしたお♡

咲くやこの花館、ちょうよかった、めっちゃ写真アル pic.twitter.com/kSjayBtGxj

ツイッターメディア

咲くやこの花館の食虫植物展行ってこういうの作りたいと毎年思う pic.twitter.com/nY4rP3WOQW

ツイッターメディア

#咲くやこの花館 初めて咲くやこの花館に行ってきた。花博から何年経ったのだろう、地元民に愛される公園として広い敷地は手入れされてるようだ。入場料が500円で気軽に来れる金額♪9/26まで虫を食べる植物展🪴入り口の睡蓮が美しかった…… twitter.com/i/web/status/1…

今日は「咲くやこの花館」で開催されている「#虫を食べる植物展 」に友人と行って来ました♫ 食虫植物をより詳しく知ることが出来ましたし、沢山の植物の中で癒されましたー! 食虫植物の解説、すごく分かりやすくて面白かったです😀→ pic.twitter.com/zxdqe2ROjs

ツイッターメディア

随分前から楽しみにしていた咲くやこの花館の昆虫教室、自分が安静にしていないとだめだったので、父が息子達を連れ出してくれた。 pic.twitter.com/UActHlrKwP

ツイッターメディア

めちゃくちゃ興味ある 子供のとき、「ドラえもんが紹介する植物」みたいなビデオでハエトリグサ観てからハエトリグサが気になってしょうがないんだ… が、咲くやこの花館か。。ちょっと遠いな pic.twitter.com/mR78jVyG65

ツイッターメディア

@TheGAKI_pf さんの即売会からの 咲くやこの花館からの@roots_aquatic さん 植物まみれの1日でした。 #ジュエルオーキッド #ブセファランドラ pic.twitter.com/9WKBkItvtF

ツイッターメディア

食虫植物などを見に、咲くやこの花館へ行ってきました。 pic.twitter.com/8WB45bCl94

ツイッターメディア

SIGMA fp L + LUMIX S 20-60mmで撮り歩く咲くやこの花館、その⑦ レカノプリテスの造形美 pic.twitter.com/iluyU2WBvs

ツイッターメディア

SIGMA fp L + LUMIX S 20-60mmで撮り歩く咲くやこの花館、その⑥ 噂の子持ちミルメコディア(アリ植物)も展示してあった。ギチギチ感すごい、ひしめき合ってる。 pic.twitter.com/17V7BFk0JB

ツイッターメディア

SIGMA fp L + LUMIX S 20-60mmで撮り歩く咲くやこの花館、その⑤ 50~60mmのところをクロップズーム×2~2.5くらい、100~150mmくらいにして疑似マクロとして撮影する遊び pic.twitter.com/fHgiwSO6Py

ツイッターメディア

SIGMA fp L + LUMIX S 20-60mmで撮り歩く咲くやこの花館、その④ ちょっと遠い被写体はクロップズームで手が届く。そして時には20mmまで思い切り引いてみる。 pic.twitter.com/pNceI67NPl

ツイッターメディア

SIGMA fp L + LUMIX S 20-60mmで撮り歩く咲くやこの花館、その③ 陰と陽のメリハリ。漂うバックヤード感。 pic.twitter.com/POibqoJDof

ツイッターメディア

SIGMA fp L + LUMIX S 20-60mmで撮り歩く咲くやこの花館、その② アンダーとは打って変わって明るめだと葉脈の感じとか葉っぱの柔らかさとか、ボケも相まって良き。 pic.twitter.com/W6LkrxnNOv

ツイッターメディア

SIGMA fp L + LUMIX S 20-60mmで撮り歩く咲くやこの花館、その① ちょっとアンダーめの写りがなんともいい感じ。フォレストグリーンのjpg撮って出し。 pic.twitter.com/vannGB1dyF

ツイッターメディア

初の咲くやこの花館🌺 緑にめっちゃ癒された〜🌿 pic.twitter.com/BcLQDjptPK

ツイッターメディア

I'm at 咲くやこの花館 - @sakuyaismu in 大阪市, 大阪府 swarmapp.com/c/3Ehe9XEhk87

咲くやこの花館自体もすごく良いとこだったんですね。植物まったく詳しくなくてもワクワクする。南極圏からジャングルまでぐるり一周りできて素晴らしく、よくぞここまでの寄植え(と言うと変なのか)を創り上げたものです…。花博の置き土産。 被… twitter.com/i/web/status/1…

咲くやこの花館の 食虫植物展 行くか~~~と思い 咲くやこの花? じゃあ西九条やな^^ ついでにシカクにも 行くとしますか。。。 んで、 咲くやこの花館ってどこ? って思ったら 鶴見緑地。 あ~~~~ 予定全部狂った もう… twitter.com/i/web/status/1…

世界三大花木のひとつに数えられる、カエンボク殿(左)! 三大のもう一角のジャカランダ殿(右)も咲くやこの花館にはあるのですが、今は咲いておらず、過去の画像です。 残すところ、花を見たことがないのはあと一種、ホウオウボク殿のみよ……… twitter.com/i/web/status/1…

本日は久方ぶりに大温室「咲くやこの花館」を訪れておりました。植物勢でもあるキュノスーラのテンションがMAXとなる場所! お気に入りの植物もいろいろあり、まずは地味だが歴史の記録の点で非常にお世話になったエジプトパイセンを思い出す、… twitter.com/i/web/status/1…

気持ちのいいお天気! 咲くやこの花館も賑わっています。 pic.twitter.com/kRknOEEiqt

ツイッターメディア

昨日は咲くやこの花館に行ってきたでケロ 好きな花がいっぱいあって楽しいでケロ 花苗屋さんが出てたのでいつもの衝動買いでケロ カタセタムの原種と交配種を一つづつ買ったでケロ〜 次の春に咲いてくれたら嬉しいでケロ〜 場所: 咲くやこの… twitter.com/i/web/status/1…

家族で"咲くやこの花館"へ多肉植物観に行った。 子供達はお土産にサボテン育成キット購入🌵 見る分には良いが。。。虫が来ませんよーに🙏 pic.twitter.com/TuzjBYjtBx

ツイッターメディア

咲くやこの花館の販売会イベント、台風一過の秋晴れ!気持ちいいわ〜。 公園に遊びにこない? #ワカヤマオーキッド #wakayamaorchids #蘭 #ラン #orchids #ご蘭なさい 場所: 花博記念公園鶴見緑地 instagram.com/p/CT_YuQ3h6lj/…

咲くやこの花館のレストランが80's終盤の雰囲気でめちゃカッコいい!オシャレな若い人たち、広くて引きで全身見えるからすごく映えるし、たいへんオススメです。 pic.twitter.com/Q9wDufFxD5

ツイッターメディア

咲くやこの花館前大渋滞。。

I'm at 咲くやこの花館前バス停 in 大阪市, 大阪府 swarmapp.com/c/e4bsiOXfwzu

咲くやこの花館来たで。 pic.twitter.com/STzrQd3Q1v

ツイッターメディア

この前の咲くやこの花館の販売会で買ったサラセニアなんだけど札がなくなった。 あなたは誰? pic.twitter.com/KWHvWs37iB

ツイッターメディア

今日は夜警だけど暇だから、咲くやこの花館へ行こう✨ pic.twitter.com/s975cHvCbp

ツイッターメディア

咲くやこの花館に行きたい!!!大好き!!!

咲くやこの花館の植物即売会、最高に楽しそう…いいなー

咲くやこの花館、最近は自前で売ったりいろいろな業者さん呼んだりして力入ってますね 大阪いたら通ってるかも

@siroyuki2015 ほんの少し前ですが、確か大阪の「咲くやこの花館」だったかなあ、でこのオオコンニャク咲いてませんでしたか?すっごい臭いらしいですね。うう、怖いけど嗅いでみたい(笑)

咲くやこの花館の販売会無事に開催中! 朝から沢山ご来館ありがとうございました。20日までやってますので是非! #ワカヤマオーキッド #wakayamaorchids #蘭 #ラン #orchids #ご蘭なさい instagram.com/p/CT9u5FFB2xG/…


大阪のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。