貨幣博物館

貨幣博物館
photo by @snaplace_insta
日本銀行施設内にあるこちらの博物館。貨幣の歴史と銀行の成り立ちが分かるので教養が無料で身に付きます。また、1億円の重さを体験したり、珍しいお金関係グッズの買い物をしたりも出来るので楽しむことも出来るスポットです。

周辺の類似スポットを地図で見る

貨幣博物館の基本情報


【 住所 】東京都中央区日本橋本石町1-3-1
【営業時間】9時30分~16時30分(最終入館は16時まで)休館日:月曜日(ただし、祝休日は開館)年末年始(12月29日~1月4日)
【 料金 】無料

貨幣博物館
が含まれる観光マップ



貨幣博物館 公式ページ

お金のことならなんでもお任せ!「貨幣博物館」は充実のスポット

大きな声では言いにくいことですが、誰もが興味があるものといえば「お金」。

お金が嫌い!という人はたぶんいないはず。もしもっとお金のことに詳しくなりたいという人にオススメしたいのが「貨幣博物館」。

こちらはお金をテーマにした博物館。こちらではお金についての様々な展示が行われているだけでなく、誰もが興味のあるあの体験や、お土産ものなども充実した非常に人気の観光スポットです。

貨幣博物館とは?

貨幣博物館は古代から現代までの日本の貨幣、世界の通貨など、お金にまつわる展示が行われている総合ミュージアム。

日本銀行本店に隣接する「日本銀行分館」内の日本銀行金融研究所の一角に設置されています。

日本銀行の収集していた貨幣と、貨幣のコレクターであった田中啓文氏のコレクションがもとになり、1985年に開館されました。

豊富な展示が人気を集め、2014年には年間10万人が来館、2015年により便利に楽しめる施設としてリニューアルが行われ、現在も多くの観光客の人気スポットとなっています。

貨幣博物館の基本情報

貨幣博物館の開館時間は9:30から16:30.最終入館は16:00まで。

休館日は月曜日で、祝日に当たる場合は開館となっています。

12月29日から1月4日までの年末年始も休館、さらに展示入れ替えなどの場合には臨時休館となることもあります。

ホームページには開館カレンダーが掲載されているので、事前に確認を行うとよいでしょう。

なお、平日の13:30からは展示解説が行われているので、もっと詳しく知りたい人はその時間の来館がおすすめです。

入館料は無料です。

貨幣博物館の注意点

貨幣博物館を訪問するときには、いくつかの注意事項があります。

まず、介助犬や盲導犬以外のペット同伴は禁止となっているので注意が必要です。

またこちらは日本銀行の施設の一部ということで、セキュリティ上の注意事項もあります。

まず、入館に際しては、受付で来館カードに来館の人数や居住地などを記入する必要があります。

大きな荷物を持っている場合には、警備員から荷物の内容について質問をされることがあります。

不審物などの持ち込みを防ぐために行われている措置なので、もし大きな荷物を持っている場合には、設置されている無料ロッカーに預けるとよいでしょう。

さらに、展示室内での写真や動画の撮影、携帯電話の使用は禁止されています。

写真については、2階展示場の室外ロビーに記念撮影スポットが設けられていますので、こちらを利用しましょう。

貨幣博物館へのアクセスは?

貨幣博物館があるのは東京都中央区の日本橋。

公共交通機関を利用する場合には、東京メトロ半蔵門線「三越前駅」から徒歩約1分、銀座線「三越前駅」から徒歩約2分、東西線「日本橋駅」から徒歩約6分、JRの場合には「東京駅」日本橋口から徒歩約8分となっています。

周辺はビジネス街というだけでなく、日本の中枢となっている非常に見どころの多い場所。

最近では次々と新スポットが登場しています。少し歩くことになりますが、東京駅の日本橋から散歩気分でアクセスするのがおすすめです。

車でのアクセスの場合には首都高速都心環状線の呉服橋インターチェンジが最も近い出口になりますが、貨幣博物館には専用の駐車場はなく、周辺の道路は非常に混雑します。

どうしてもという理由がない場合には、公共交通機関の利用がおすすめです。

貨幣博物館の見どころは?

貨幣博物館は3000点という豊富な貨幣の展示が行われている見どころの多いスポットです。

ここでは絶対に見ておきたいものをピックアップして紹介していきましょう。

一億円体験は見逃せない!
貨幣博物館で一番人気なのは「一億円体験」です。こちらは一億円の札束を持ち上げられるという、とても貨幣博物館らしい体験展示。残念ながら、使用されているのは本物のお札ではありませんが、重さは一億円の札束と同じものなので、じっくり一億円の重さを体験してみてはいかがでしょう。

巨大な石のお金にびっくり!
展示室に入る前に展示されているのが、世界最大の通貨と言われている「ヤップ島の石貨」。大きすぎて持ち歩くことはもちろん動かすことも難しい石のお金ですが、実はこちらはヤップ島で実際に流通しているもの。もちろん日常的に使うものではありませんが、結婚式など大事な行事には登場するのだとか。こちらもぜひ見ておきたい展示です。なお、一億円体験とこちらの石貨の周辺は撮影可能のスポットになっていますので、記念写真の撮影もOKです。

お金の歴史に興味深々!
貨幣博物館では、最初の通貨と言われる富本銭や和同開珎などの銅銭から現代にいたるまでのお金がずらりと並んでいます。時代劇や昔話などでおなじみの大判小判の実物を見ることができるのはなかなか貴重な機会。大判や小判などは目がくらんでしまう輝きです。これらのお金には芸術的な価値もあることから、眺めているだけでも楽しくなってしまう展示です。

また、特に面白いのは、江戸時代の物価の展示。「一両で購入できるもの」や「一朱(16朱=1両)」で購入できるものなど、普段はなかなかわからない江戸時代の物価を知ることができます。このほかにも、それぞれのお金の重さなどを実際に体験することも可能です。

海外紙幣も面白い
貨幣博物館は国内の貨幣だけでなく、海外の紙幣も数多く揃っています。それぞれの国によって異なるデザインや肖像画などを見ているだけでも非常に面白い展示です。またこちらでは、海外紙幣などは地域ごとにまとめられていて、見たい地域のボタンを押すとケースが出てくるという仕掛け。ボタンを押してケースを取り出すこと自体も楽しめるようになっています。

さらに、すでに流通していない超高額紙幣というレアなコレクションもそろっています。これは戦争が終わった直後など物価が混乱しているハイパーインフレーションの時期に印刷されたもので、例えばドイツが第一次世界大戦に敗戦した後で発生したハイパーインフレ時に発行された「100兆マルク」や、「100兆ジンバブエドル」など、マニアだけでなくごく普通の人にとっても驚いてしまう展示が揃っています。

実は大人気のミュージアムショップ
博物館といえば、グッズを販売するミュージアムショップ。貨幣博物館でもミュージアムショップが併設されていますが、ここで取り扱われているお土産はとても個性的だと大人気。たとえばこちらのボールペン。デザイン的にはごく普通のボールペンですが、透明な軸の中に入っているのは、なんとお札!もちろん、普通に流通しているものではなく、貨幣の流れをコントロールしたり、使われて古くなったものを日本銀行が回収し、細かく裁断したもの。取り出してパズルのようにしても使えるお札にはなりませんが、ボールペンの中にお札が入っていると思っただけでも楽しい気分になってきます。

このほか「お札デザインのタオル」や、「お札デザインのかわらせんべい」、お札型の「あぶらとり紙」など、お土産にぴったりのものがそろいます。また、こちらのミュージアムショップはすべてが自動販売機で販売する形式となっているので、グッズを購入すること自体楽しい経験になりそうです。

このほかにも、季節によって様々な企画展も行われ、美術ファンにも満足できそうな「貨幣博物館」。

入場無料ということもあり、週末やお休みの季節には大勢の人に人気を集める観光スポットとなっています。

[wdi_feed id=”346″]


貨幣博物館のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

【開催記録21:190120】貨幣博物館&テーマ 金 ①『FACT FULNESS』ハンス・ロスリング/オーラ・ロスリング/アンナ・ロスリング・ロンランド ②『ODAの現場で考えたこと』草野厚 ③『株式会社ラブコットン』樫の木ちゃ… twitter.com/i/web/status/1…

貨幣博物館からアートアクアリウムの金魚ちゃんへ 日本橋さんぽ pic.twitter.com/nH5fC6Lc1p

ツイッターメディア

[ゾディアック事件はすでにクロニクルの記者エイヴリーの健康に影響を及ぼしていた。結局この事件で彼は健康を害した。朝早く、彼は細く狭いメアリー通りに車を走らせた。メアリー通りはクロニクルのすぐ近くにある通りで、北西に伸びており、オールドミント(貨幣博物館)の後ろを通っていた。]

茗荷谷から東京駅まで乗り換えしたくなさと貨幣博物館寄るために歩いた~!楽しかった~!!!!!

My wife and I visited the Currency Museum next to the Bank of Japan. It was meaningful to understand the history of… twitter.com/i/web/status/1…

折角名古屋に行ったのに貨幣博物館も日泰寺も南山大学人類学博物館も行けなかった やっぱり1日じゃ足りないなぁ

めも: 二束三文とは、江戸時代初期のわらじの値段。江戸時代初期は一両=10万円くらい (日本銀行貨幣博物館HPより) なので、一文=25円。つまり、当時のわらじの値段は2足で75円。15日間で江戸-京を歩くとして、1日1足なら合計15足、600円弱。安っ

女装さんぽ(事務服で日本橋界隈②) 貨幣博物館をあとにして、次は日本橋から江戸橋方面へ。その途中に見つけた三菱倉庫江戸橋歴史展示ギャラリーにお邪魔しました。ここは町の歴史、倉庫業のなりたち、三菱倉庫さんの歴史を知ることができます。… twitter.com/i/web/status/1…

貨幣博物館HPにある「金のわく井戸 」っていう恵比寿様と大黒様が井戸から小判を汲み上げてる絵があるんだけど、マジ金運良くなるから待ち受けや印刷にお薦め!

女装さんぽ(事務服で日本橋界隈①) まだ暑い頃の平日に日本橋界隈をぶらっと散歩(その割に女子事務員風を装っていますが…)。この辺りは日本橋をはじめとして見どころいっぱい…まずは日本銀行の目の前にある貨幣博物館へ(入場時は空港の保安… twitter.com/i/web/status/1…

『柴田正己論稿』2『月刊大建協』1989年8月号「大阪市立博物館」。9月号「旧自衛隊大阪地方連絡部」。10月号「根来寺一乗閣」。11月号(造幣博物館」。12月号「済生会中津病院」。3『月刊大建協』1987年1月号「泉布観」。2月号(旧造幣寮金銀貨幣鋳造場玄関)。3月号「堺灯台」

日本橋にある貨幣博物館に行って来ました。昔のお金(小判やお札)の展示だけでなく、お金の歴史も分かります。入場無料なんで是非見学してください💴😍 pic.twitter.com/dl3ncWxuLY

ツイッターメディア

@noisyuiui 新都心に貨幣博物館ってのがあるらしい(入場無料) それか原宿でピンボールしたい!(陽キャ)

日銀貨幣博物館に連れていけば喜びそうやね。

あ、スタートは日本銀行前の貨幣博物館から。お金の歴史を興味深く拝見しました😆書き忘れてたw

今日は日本橋にある誠品書店に行きたくて日銀の前を通ったら…貨幣博物館を発見。そのままふらふらと入ってしまった。 手荷物検査がやたら物々しいけど中身は充実。藩札に透かしがあるなんて知らなかったし、小判の「色揚げ」も初めて聞いた。 pic.twitter.com/HRDn4oWBpM

ツイッターメディア

@weakcoin 判金はいいですよね 丸くないけども、金を持っているといううれしさがありますよね! 貨幣博物館に行ける距離なのがうらやましいです😆

【開催記録20:190120】貨幣博物館&テーマ 金 ①『おカネの教室』高井浩章 ②『スロウハイツの神様』辻村深月 ☆ ③『ゴールデン街コーリング』馳星周 ☆ ④『おカネの教室』高井浩章 #bibliobattle #社会科見学

貨幣博物館は前にoloさんが呟いていて一度行ってみたいなぁと思ってたんだけど、神田川クルーズの乗船場所を確認してたら近くにあったのでついでに行ってみた

今日は半沢直樹の舞台の東京中央銀行本店の外側を見た後、貨幣博物館と神田川クルーズで観光。神田川クルーズは橋の裏側に残っている空襲や火事の痕跡が見れて楽しかった pic.twitter.com/AZJaMp3OSI

ツイッターメディア

貨幣博物館を去った後も、完全に"金貨を家に持ち帰って一日中眺めてぇ〜"の感情になったので銀座コインに直行して金貨買ってきました

貨幣博物館 古代〜現代の貨幣の歴史を学んできました 目に映るもの全てが貴重な資料で気がついたら2時間も滞在してた 中でも現物の旧20円金貨を目にした時はあまりの神々しさに声が漏れました pic.twitter.com/ih42w2znEo

ツイッターメディア

【開催記録21:190120】貨幣博物館&テーマ 金 ①『FACT FULNESS』ハンス・ロスリング/オーラ・ロスリング/アンナ・ロスリング・ロンランド ②『ODAの現場で考えたこと』草野厚 ③『株式会社ラブコットン』樫の木ちゃ… twitter.com/i/web/status/1…

「ザ・キング:永遠の君主」撮影地情報~韓国銀行 貨幣金融博物館(Bank of Korea Money Museum) ➡ameblo.jp/minochoiyoung/… #イミンホ #leeminho #이민호 #李敏镐 ​… twitter.com/i/web/status/1…

【貨幣博物館 #おうちミュージアム】更新しました。おうちで昔のお金の形をうつしとる方法「拓本」をやってみませんか? おうちでできる「拓本」のとり方を動画でご紹介します #おうちで拓本 #おうちで貨幣博物館twitter.com/i/web/status/1…


東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。