貨幣博物館

貨幣博物館
photo by @snaplace_insta
日本銀行施設内にあるこちらの博物館。貨幣の歴史と銀行の成り立ちが分かるので教養が無料で身に付きます。また、1億円の重さを体験したり、珍しいお金関係グッズの買い物をしたりも出来るので楽しむことも出来るスポットです。

周辺の類似スポットを地図で見る

貨幣博物館の基本情報


【 住所 】東京都中央区日本橋本石町1-3-1
【営業時間】9時30分~16時30分(最終入館は16時まで)休館日:月曜日(ただし、祝休日は開館)年末年始(12月29日~1月4日)
【 料金 】無料

貨幣博物館
が含まれる観光マップ



貨幣博物館 公式ページ

お金のことならなんでもお任せ!「貨幣博物館」は充実のスポット

大きな声では言いにくいことですが、誰もが興味があるものといえば「お金」。

お金が嫌い!という人はたぶんいないはず。もしもっとお金のことに詳しくなりたいという人にオススメしたいのが「貨幣博物館」。

こちらはお金をテーマにした博物館。こちらではお金についての様々な展示が行われているだけでなく、誰もが興味のあるあの体験や、お土産ものなども充実した非常に人気の観光スポットです。

貨幣博物館とは?

貨幣博物館は古代から現代までの日本の貨幣、世界の通貨など、お金にまつわる展示が行われている総合ミュージアム。

日本銀行本店に隣接する「日本銀行分館」内の日本銀行金融研究所の一角に設置されています。

日本銀行の収集していた貨幣と、貨幣のコレクターであった田中啓文氏のコレクションがもとになり、1985年に開館されました。

豊富な展示が人気を集め、2014年には年間10万人が来館、2015年により便利に楽しめる施設としてリニューアルが行われ、現在も多くの観光客の人気スポットとなっています。

貨幣博物館の基本情報

貨幣博物館の開館時間は9:30から16:30.最終入館は16:00まで。

休館日は月曜日で、祝日に当たる場合は開館となっています。

12月29日から1月4日までの年末年始も休館、さらに展示入れ替えなどの場合には臨時休館となることもあります。

ホームページには開館カレンダーが掲載されているので、事前に確認を行うとよいでしょう。

なお、平日の13:30からは展示解説が行われているので、もっと詳しく知りたい人はその時間の来館がおすすめです。

入館料は無料です。

貨幣博物館の注意点

貨幣博物館を訪問するときには、いくつかの注意事項があります。

まず、介助犬や盲導犬以外のペット同伴は禁止となっているので注意が必要です。

またこちらは日本銀行の施設の一部ということで、セキュリティ上の注意事項もあります。

まず、入館に際しては、受付で来館カードに来館の人数や居住地などを記入する必要があります。

大きな荷物を持っている場合には、警備員から荷物の内容について質問をされることがあります。

不審物などの持ち込みを防ぐために行われている措置なので、もし大きな荷物を持っている場合には、設置されている無料ロッカーに預けるとよいでしょう。

さらに、展示室内での写真や動画の撮影、携帯電話の使用は禁止されています。

写真については、2階展示場の室外ロビーに記念撮影スポットが設けられていますので、こちらを利用しましょう。

貨幣博物館へのアクセスは?

貨幣博物館があるのは東京都中央区の日本橋。

公共交通機関を利用する場合には、東京メトロ半蔵門線「三越前駅」から徒歩約1分、銀座線「三越前駅」から徒歩約2分、東西線「日本橋駅」から徒歩約6分、JRの場合には「東京駅」日本橋口から徒歩約8分となっています。

周辺はビジネス街というだけでなく、日本の中枢となっている非常に見どころの多い場所。

最近では次々と新スポットが登場しています。少し歩くことになりますが、東京駅の日本橋から散歩気分でアクセスするのがおすすめです。

車でのアクセスの場合には首都高速都心環状線の呉服橋インターチェンジが最も近い出口になりますが、貨幣博物館には専用の駐車場はなく、周辺の道路は非常に混雑します。

どうしてもという理由がない場合には、公共交通機関の利用がおすすめです。

貨幣博物館の見どころは?

貨幣博物館は3000点という豊富な貨幣の展示が行われている見どころの多いスポットです。

ここでは絶対に見ておきたいものをピックアップして紹介していきましょう。

一億円体験は見逃せない!
貨幣博物館で一番人気なのは「一億円体験」です。こちらは一億円の札束を持ち上げられるという、とても貨幣博物館らしい体験展示。残念ながら、使用されているのは本物のお札ではありませんが、重さは一億円の札束と同じものなので、じっくり一億円の重さを体験してみてはいかがでしょう。

巨大な石のお金にびっくり!
展示室に入る前に展示されているのが、世界最大の通貨と言われている「ヤップ島の石貨」。大きすぎて持ち歩くことはもちろん動かすことも難しい石のお金ですが、実はこちらはヤップ島で実際に流通しているもの。もちろん日常的に使うものではありませんが、結婚式など大事な行事には登場するのだとか。こちらもぜひ見ておきたい展示です。なお、一億円体験とこちらの石貨の周辺は撮影可能のスポットになっていますので、記念写真の撮影もOKです。

お金の歴史に興味深々!
貨幣博物館では、最初の通貨と言われる富本銭や和同開珎などの銅銭から現代にいたるまでのお金がずらりと並んでいます。時代劇や昔話などでおなじみの大判小判の実物を見ることができるのはなかなか貴重な機会。大判や小判などは目がくらんでしまう輝きです。これらのお金には芸術的な価値もあることから、眺めているだけでも楽しくなってしまう展示です。

また、特に面白いのは、江戸時代の物価の展示。「一両で購入できるもの」や「一朱(16朱=1両)」で購入できるものなど、普段はなかなかわからない江戸時代の物価を知ることができます。このほかにも、それぞれのお金の重さなどを実際に体験することも可能です。

海外紙幣も面白い
貨幣博物館は国内の貨幣だけでなく、海外の紙幣も数多く揃っています。それぞれの国によって異なるデザインや肖像画などを見ているだけでも非常に面白い展示です。またこちらでは、海外紙幣などは地域ごとにまとめられていて、見たい地域のボタンを押すとケースが出てくるという仕掛け。ボタンを押してケースを取り出すこと自体も楽しめるようになっています。

さらに、すでに流通していない超高額紙幣というレアなコレクションもそろっています。これは戦争が終わった直後など物価が混乱しているハイパーインフレーションの時期に印刷されたもので、例えばドイツが第一次世界大戦に敗戦した後で発生したハイパーインフレ時に発行された「100兆マルク」や、「100兆ジンバブエドル」など、マニアだけでなくごく普通の人にとっても驚いてしまう展示が揃っています。

実は大人気のミュージアムショップ
博物館といえば、グッズを販売するミュージアムショップ。貨幣博物館でもミュージアムショップが併設されていますが、ここで取り扱われているお土産はとても個性的だと大人気。たとえばこちらのボールペン。デザイン的にはごく普通のボールペンですが、透明な軸の中に入っているのは、なんとお札!もちろん、普通に流通しているものではなく、貨幣の流れをコントロールしたり、使われて古くなったものを日本銀行が回収し、細かく裁断したもの。取り出してパズルのようにしても使えるお札にはなりませんが、ボールペンの中にお札が入っていると思っただけでも楽しい気分になってきます。

このほか「お札デザインのタオル」や、「お札デザインのかわらせんべい」、お札型の「あぶらとり紙」など、お土産にぴったりのものがそろいます。また、こちらのミュージアムショップはすべてが自動販売機で販売する形式となっているので、グッズを購入すること自体楽しい経験になりそうです。

このほかにも、季節によって様々な企画展も行われ、美術ファンにも満足できそうな「貨幣博物館」。

入場無料ということもあり、週末やお休みの季節には大勢の人に人気を集める観光スポットとなっています。

[wdi_feed id=”346″]


貨幣博物館のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

【開催記録21:190120】貨幣博物館&テーマ 金 ①『FACT FULNESS』ハンス・ロスリング/オーラ・ロスリング/アンナ・ロスリング・ロンランド ②『ODAの現場で考えたこと』草野厚 ③『株式会社ラブコットン』樫の木ちゃ… twitter.com/i/web/status/1…

@sir_manmos 宋銭を大量輸入して貨幣を国内に浸透させた功績は素晴らしいですよね! 近くの博物館に『清盛と宋銭』を取り上げた展示のコーナーがあり、行くたびに夢中で眺めています。

@happy22morning へー! 貨幣博物館なんてあるんだ〜 今度行ってみよう

昨日はシンガポールに行った後に日銀で総裁に(心の中で)物申して向かいの貨幣博物館に行きましたよ こちら入場無料ですが入場には空港並みのボディチェックがあります 日本の貨幣の歴史や世界の貨幣が展示してあってじっくり見ると中々面白かっ… twitter.com/i/web/status/1…

貨幣博物館見学。 日本史をちょろっと振り返る感じが懐かしかったなぁ。 展示室は撮影禁止、壁面パネルはツアー客で占領されちゃった。 この内容で無料なのは太っ腹。 一部展示を中止してるコーナーもあったけど、面白そうだったなぁ。 pic.twitter.com/IufJVjit5y

ツイッターメディア

@PcEh6oOxZd1Kxkr @Arthur_nnnn 貨幣博物館におります。12時までには現地向かいます。

謎のテンションで貨幣博物館向かいます。無銭で楽しめ。

@N_XIAO_4110 東京から遠いですがこんなのがあります 貨幣・浮世絵ミュージアム bk.mufg.jp/currency_museu… また、造幣局の博物館はさいたまにもあるようです mint.go.jp/enjoy/plant/pl…

@dangoya24 聞いた話によると大黒もメガネも1~2枚残ってるらしいです貨幣博物館以外で ほんとかどうかはわからないですけど

スタバなう。本日のアミューズブーシュは沖縄をイメージして豚挽き肉とニンニクの芽を炒めたやつ( 失敗😢)。アペリティフはOrion。夏に南方のビール飲むと、もうそれだけで幸せになりますよね!今日は外出して隙間時間で貨幣博物館に行きま… twitter.com/i/web/status/1…

貨幣博物館、🇿🇼🇭🇺のインフレ最盛期の00000いっぱいの紙幣も展示してあって面白かった。 洋の東西で、貨幣を鋳造する東、打造する西ってのも面白い。技術力や環境の差なのだろうか?

@scarlett_4423 日銀の貨幣博物館???とか???

貨幣博物館で、🇮🇩で流通されていた江戸時代の🇯🇵小判(🇳🇱外交で持ち出され、🇳🇱東インド会社VOC の極印が真ん中に追加で打痕されている)の展示があったのですが、ものすごくヘタクラ的に悶えたので、🇯🇵🇳🇱🇮🇩の3国関係が好きな方は… twitter.com/i/web/status/1…

②貨幣博物館 かなり良! ・奈良時代以降、🇨🇳遼の崩壊で宋銭が大量に入ってくるまでの間は、布や籾が貨幣がわりの物々交換に戻ってた、国が貨幣鋳造をしてなかった。 ・近代日本政府最初の発行紙幣は🇩🇪で印刷。その後の初の横書き肖像画(神… twitter.com/i/web/status/1…

先日荒谷ゼミの3年生で日本銀行と貨幣博物館の見学に行ってきました! 色々詳しいお話も聞いて、初めて見るもの、知るものばかりでとてもいい体験になりました✨ pic.twitter.com/PPcOuTqXlA

ツイッターメディア

中を見るVRが面白いし、何しろ建物がどっしりしてて石造りでカッコいい。金融資料館も素敵。そして貨幣博物館のサイトの雰囲気も好き。

[ゾディアック事件はすでにクロニクルの記者エイヴリーの健康に影響を及ぼしていた。結局この事件で彼は健康を害した。朝早く、彼は細く狭いメアリー通りに車を走らせた。メアリー通りはクロニクルのすぐ近くにある通りで、北西に伸びており、オールドミント(貨幣博物館)の後ろを通っていた。]

貨幣博物館行ったらお金がなんかさらにどうでも良くなってきたな、、 生きるのに必要だからどこかしたらで(労働でも)マネタイズは必要だろうけど、 「好きな時に使えるように、お金は貯めておくことができる」って大っぴらに言ってて、そうじゃ無いんだよなとは思った。

今日は東京国立博物館の「琉球」展に行ってきました🐢✨ ローマ帝国やオスマン帝国の貨幣が展示されていて、おーっってなりました(薄っぺらい感想🤣)。日本の他の地域にはないらしい。 予習しなくてもかなり楽しめる展覧会なので、ぜひ。今週い… twitter.com/i/web/status/1…

貨幣博物館に行ってきました💸 貨幣の変遷を詳しく見てきました。 次はどんな“お金”が来るのか。 学校で学んだように、「お金は信用があって成立」との事 ”信用があるか、ないか” “信用する必要があるかないか” では全く違いますよ… twitter.com/i/web/status/1…

東京国立博物館で6月26日(日)まで開催中の特別展「琉球」で、私が解説を担当した作品4件を紹介しています。先々週の「クリス」、先週の「中国銭」、「ローマ帝国貨幣・オスマン帝国貨幣」に続き、今週は「ガラス片」です。いずれも巡回先の九… twitter.com/i/web/status/1…

ちなみに都内から一番近い造幣局支局はさいたま新都心にあります。 記念硬貨なども生産できる設備がありますので、ここなら精巧な雅様の顔が彫られた貨幣を作れそう……。 また通貨博物館が併設されており、中々面白い場所です。 #彼岸島 pic.twitter.com/Xx0sbgcPCz

ツイッターメディア

シャネル展の前には日銀を見て、貨幣博物館にも行ったのでした。青天を衝けー!! pic.twitter.com/SkIEGALaBB

ツイッターメディア

@gude_co ありがとうございます🤗 日本橋、そんなに楽しげな場所だったの知らなかったです‼︎ 下の子に単独サマキャン参加を拒絶されたので(夫も反対🙅‍♂️)、日銀の貨幣博物館ほか、子連れで楽しめそうなとこがあったら教えてください‼︎

午後から貨幣博物館に行く予定が、まだ洗濯物をしている。 洗濯機を回した瞬間、布団も干したくなって、掃除機もかけたくなりました

プイ先生の講義、マジで印象バチコリ残ってるから貨幣博物館で大盛り上がりしたわね

黒田は貨幣博物館に行って日銀の仕事を勉強してこい! pic.twitter.com/WJ5FKi5W1p

ツイッターメディア

せっかく都心に出てきたし買い物終わったら貨幣博物館でも行くか🤔

なうーん (@ 貨幣博物館 in 中央区, 東京都) swarmapp.com/c/lF8q9I8rYXW pic.twitter.com/8bfEYcyHy3

ツイッターメディア

東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。