鞍馬寺(鞍馬山)

鞍馬寺(鞍馬山)
photo by @t_tetsuji
源義経が幼少期に過ごしたことで有名なお寺。また、こちらには全国にいる天狗の総本山である「大天狗」がいると言われ、義経はこの地で天狗から武芸を習ったという伝説もあります。

周辺の類似スポットを地図で見る

【ふりがな】くらまでら
【 住所 】京都府京都市 左京区鞍馬本町1074


公式ページ

[wdi_feed id=”709″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

鞍馬山は悟りの世界?秘密を大公開!鞍馬寺・宇宙・サナト・クマラ youtu.be/e4aTtHAycic @YouTubeより

【日本のパワースポット】鞍馬寺:京都府京都市左京区鞍馬本町にある寺。1949年まで天台宗に属したが以降独立して鞍馬弘教総本山となっている。山号は鞍馬山。鞍馬は牛若丸(源義経)が修行をした地として著名。#パワースポット #癒し pic.twitte #癒し #名言

桜に縁の能「鞍馬天狗」 鞍馬寺の僧と沢山の稚児達が花見に出かける。そこへ見知らぬ山伏が現れ花見に加わろうとする。興を削がれた一行は帰ってしまう。1人の稚児が山伏を気の毒に思い一緒に花見をして語らう。その少年こそ牛若丸。山伏は鞍馬山の大天狗の仮の姿。兵法の奥義を授ける物語。

鞍馬天狗(くらまてんぐ)/日本 鞍馬山奥の僧正が谷に住むと云う大天狗。別名、鞍馬山僧正坊。牛若丸に剣術を教えた伝説で知られる。鬼一法眼と同一視されることがある。鞍馬弘教では、鞍馬寺に祀られる尊天の一尊である大天狗、護法魔王尊、またの名を鞍馬山魔王大僧正が、鞍馬山僧正坊を配下に置く

荒れた心を癒すべく、そうだ京都に行こう‼︎って事で鞍馬寺と貴船神社目指したら、一駅しか離れてないしそのまま歩いて行った方が楽かと思って進んでったらどんどん鞍馬山登っちゃって結局2時間登山キメてしまった…癒されるはずがめっちゃ脚ヤバい pic.twitter.com/0yXSi6JQoY

ツイッターメディア

京都 鞍馬山 鞍馬寺 人が少なくて、空気は綺麗。 一枚目の写真の人が立っているところが、本堂前の神力がおりてくるパワースポットです。 以前来た時は行列でしたが、今日はガラガラ。 pic.twitter.com/JWXcJRSL2d

ツイッターメディア

京都のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事





写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。