サンジェルマン・アン・レイ城

サンジェルマン・アン・レイ城
by http://roch-jaja.nursit.com/spip.php?rubrique942
パリ西部の高級住宅地サンジェルマン・アン・レイ市の真ん中にそびえる城で、12世紀に城塞として建立され、16~17世紀には王の居城のひとつとして使われ、ルイ14世が半年間暮らした城としても知られています。城の内部は国立考古学博物館となっており、四季折々の花々が織りなす庭園は無料で入園でき、庭の端にある高台からは遠いパリの景色が一望できる市民の憩いの場所となっています。

周辺の類似スポットを地図で見る

【スポット】Château de Saint-Germain-en-Laye/サンジェルマン・アン・レイ城
【 住所 】Pl. du Chateau St-Germain-en-Laye, Saint-Germain-en-Laye
【アクセス】RER-A線「Saint-Germain-en-Laye」下車
【営業時間】10:00–17:00、庭園/8:00–20:00。閉館日:火曜日(庭園は無休)
【 料金 】博物館:大人/7€、庭園は無料。一般無料日:毎月第一日曜日




SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります
何も見つかりませんでした。

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。