Torre De Belem(ベレンの塔)

Torre De Belem(ベレンの塔)
by https://pixabay.com/ja/photos/search/%E3%83%99%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A1%94/
16世紀にマヌエル1世によりヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して作られた要塞です。テージョ川の船の出入りを監視する目的で作られました。マヌエル様式の建物で、石灰岩製の白い優美な姿は貴婦人にも例えられています。1515年にマヌエル1世により建設が始まり、1521年完成。1983年には世界遺産に登録されました。高さ35mの6階建ての建物で、地上部は王族の居室、地下は牢屋として使われていました。

周辺の類似スポットを地図で見る

Torre De Belem(ベレンの塔)の基本情報


【スポット】Torre De Belem(ベレンの塔)
【ふりがな】べれんのとう
【 住所 】Av. Brasília, 1400-038 Lisboa
【アクセス】Largo da Princesaから徒歩10分
【最寄り駅】Largo da Princesa
【営業時間】10:00〜18:30
【 料金 】6€


公式ページ


Torre De Belem(ベレンの塔)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

【ポルトガル共和国】 リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔(1983年2008年文化遺産) ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して作られたテージョ川の船の出入りを監視する目的の要塞である。

リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔(世界遺産)、発見のモニュメント(Lisbon・Portugal)pic.twitter.com/VnRz97qTQv

ツイッターメディア

リスボン散策ツアー visitportugal.com 発見のモニュメント ベレンの塔 ロカ岬 リスボンの市電 ジェロニモス修道院 ペーナ宮殿

【リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔】ポルトガル エンリケ航海王子→ヴァスコ・ダ・ガ マヌエル様式 イスラム建築の影響

そしてかれは、かれ自らその巨大な塔を築いたトル=イン=ガウアホスの暗闇の中で死んだ。かくて、フィンウェ王家の中にあって最も美しく最も愛されたフィンロド・フェラグンド王は、誓言を履行したのである。ベレンはかれの傍らにあって絶望し、悲嘆にくれた。

ベレンの塔 (ポルトガル ベレン地区) p.tl/jVZh ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して作られた要塞。要塞のくせにとにかく美しい。 アクセス リスボン市内。 観光難度 ★

【ポルトガル共和国】 リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔(1983年2008年文化遺産) ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して作られたテージョ川の船の出入りを監視する目的の要塞である。

【リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔】ポルトガル エンリケ航海王子→ヴァスコ・ダ・ガ マヌエル様式 イスラム建築の影響


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。