外交官の家

外交官の家
by http://www2.yamate-seiyoukan.org/event/event/2014gaikoukannotukimi7-7
明治43年に建てられた外交官内田定槌氏の邸宅。美しい洋館が目を引き、国の重要文化財として指定されています。館内も家具や調度品が再現されていて当時の人々の生活ぶりが再現されているので、ついつい見入ってしまいますよ。

周辺の類似スポットを地図で見る

外交官の家の基本情報


【 住所 】横浜市中区山手町16

外交官の家
が含まれる観光マップ



よこはまNAVIページ

[wdi_feed id=”1283″]


外交官の家のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

親が外交官だった永慶は、自分の家を洋館に改造し、コーヒーを一銭五厘、牛乳入りコーヒーを二銭で売り出しました。「可否茶館」は残念ながら3年足らずで閉鎖してしまいましたが、鹿鳴館の時代に一般庶民が利用できる喫茶店を開業した鄭氏の功績は、日本コーヒー史においても特筆されています。

最後はムードンで起きたヴェルサイユ鉄道事故に巻き込まれて死亡した、メロス島でミロのヴィーナスが発見された際に、外交官として像をフランスに預けることに成功している探検家で、南極大陸の半島を発見し、妻の名前に因んでアデリーランド、そこにいたペンギンにアデリーペンギンと名付けたのは誰?

【女心の名言】 『一抹の同情をかちうる男だけが、女心をまるごとつかむのです。』 ジャン・ジロドゥ(フランスの外交官、劇作家、小説家 / 1882~1994)

>緊張関係が続くインドとパキスタンの外交官らが、深夜に相手の家の呼び鈴を鳴らして逃げたり、いたずら電話をかけたりしていると報じられたことについて、両国の政府に「平和賞」が贈られています。 ピンポンダッシュで平和賞w www3.nhk.or.jp/news/html/2020…

全裸といえば外交官〜の時のくどうも人様の家で全裸になってる瞬間があったってことなんだよな…とかそんなことばかり考えて日々を過ごしてます(報告)

【女心の名言】 『一抹の同情をかちうる男だけが、女心をまるごとつかむのです。』 ジャン・ジロドゥ(フランスの外交官、劇作家、小説家 / 1882~1994)

で、イグノーベル平和賞は当然(?)生物ではないのですが、「自国の外交官が相手国の外交官の家に対してピンポンダッシュをした〔2国のお互いの〕業績に対して」 受賞理由の英語表現はずいぶん長いのですが、日本語だと「ピンポンダッシュ」の… twitter.com/i/web/status/1…


神奈川のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。