伽耶院

伽耶院
by https://www.jalan.net/kankou/spt_28215ag2130014995/
以前は大谿寺(だいけいじ)、または東一坊(といちぼう)といった名称でした。しかし1681年になると後西上皇の勅によって、インドの仏陀伽耶(ブッダガヤ)にちなんだ寺号を付けられるようになりました。修験寺院、山伏のお寺としても有名です。境内には国指定重要文化財である「金堂(本堂)」や「鎮守三坂明神社」、「多宝塔」、県指定文化財の「開山堂」に市指定文化財「行者堂」、「二天堂(中門)」といった文化財がたっぷりあります。

周辺の類似スポットを地図で見る

伽耶院の基本情報


【スポット】伽耶院
【ふりがな】がやいん
【 住所 】兵庫県三木市志染町大谷410
【アクセス】神戸電鉄緑が丘駅下車、神姫ゾーンバス緑が丘駅発~ネスタリゾート神戸行で伽耶院口バス停下車、徒歩約10分
【営業時間】9時~17時
【 料金 】1人につき草引き10本/内陣拝観は拝観料500円


とくにおすすめなのが見た目も珍しい「臼稲荷」です。昔々は田んぼに水を溜めることを目的として、水が出てくる場所へ古い石臼を使っていました。それが、ある雨の少ない年に白衣の老人に変身した狐が、村の中に設置されていた田んぼの石臼を全て取り除いてしまったのです。そしてどうしたのかといえばなんと水をみんなへ均等に配分し始めたのだとか、狐の行いから自分達の身勝手さを恥じた村人によって、石臼を奉納したという逸話が残っています。また、社の前にある楓はどこがどうなったのか、石臼を抱えているかのように植わっていてとても不思議な光景を眺めることができます。

あまり派手なところのない寺院ですが周りの景色と相まって、わびさびを感じられるような、なんとも落ち着く雰囲気があります。兵庫の、誰もあまり知らないような変わった観光スポットへ行きたいという人にお勧めです。運が良ければ池で「ヒカリモ」を見ることができるでしょう。


伽耶院のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

@iwakihr 伽耶院? や 違うか

大奥のキャスト勝手に考えてるけど家茂が浜○美波、宮様が清○伽耶、天○院様が吉○亮、家定が武○咲、正弘が貫地○しほり、綱吉が松○まりかまで考えた


兵庫のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。