銀水銅

銀水銅
by http://magazine.his-j.com/archives/4724
沖永良部島は、鹿児島から南に約552km、沖縄からは北に約60kmのところにある離島で、サンゴが隆起してできた島です。大小約200~300もの洞窟があり、洞窟の聖地とも呼ばれています。その中でも銀水洞は神秘的すぎるとネット上で話題!総延長約3kmの巨大な鍾乳洞で、棚田のようにある一定の個所に水がたまった「リムストーンプール」は一番の見どころです。

周辺の類似スポットを地図で見る

銀水銅の基本情報


【 住所 】鹿児島県大島郡沖永良部島
【アクセス】鹿児島空港から沖永良部島空港へ(約1時間半)

銀水銅
が含まれる観光マップ



ケイビング協会ページ

[wdi_feed id=”3786″]


銀水銅のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

Q.少量のアンモニア水を加えて生じた沈殿が、過剰量のアンモニア水で溶解するイオンを3つ答えよ。 A.銀イオン、亜鉛イオン(無色溶液)、銅(Ⅱ)イオン(深青色溶液)

#中部合唱コンクール 中学同声①】 銅:暁(三重) 銅:白山市立松任(石川) 銅:野々市市立布水(石川) 金:砺波市立出町(富山) 銀:金城学院(愛知) 銀:名古屋市立萩山 #合唱 @asahi_music

【重要】 Q  「常温、沸騰水、含め、水とは反応しにくい金属」すべて答えよ。 A Ni(ニッケル) Sn(スズ) Pb(鉛) Cu(銅) Hg(水銀) Ag(銀) Pt(白金) Au(金)

<水溶液中のイオン反応> ドアギン  銅、亜鉛、銀は過剰のアンモニア水に溶けて錯イオンを作る。

硫酸銅水和物の色≒銀ポゼ

リヴリーで金フレさんたちと銀フレさんたちまでは…!!となんとか水やりまわってるけど、銅フレさんがまだ100人ほど…ホムパワー足りねぇずら。

Q.少量のアンモニア水を加えて生じた沈殿が、過剰量のアンモニア水で溶解するイオンを3つ答えよ。 A.銀イオン、亜鉛イオン(無色溶液)、銅(Ⅱ)イオン(深青色溶液)

Q.少量のアンモニア水を加えて生じた沈殿が、過剰量のアンモニア水で溶解するイオンを3つ答えよ。 A.銀イオン、亜鉛イオン(無色溶液)、銅(Ⅱ)イオン(深青色溶液)

Q.少量のアンモニア水を加えて生じた沈殿が、過剰量のアンモニア水で溶解するイオンを3つ答えよ。 A.銀イオン、亜鉛イオン(無色溶液)、銅(Ⅱ)イオン(深青色溶液)

空気はえっちどう?まで 水はフェ、まで。 酸はLi〜Sn \ Cu Hg Ag \ Pt Au 理系かな?の安定感よ。 フッ、演習要素。 (フッ 塩臭ヨウ 素)ハロゲン(陽極) 淫キャは銅銀へ。あと板は淫で溶けて陽に出る。

Q.少量のアンモニア水を加えて生じた沈殿が、過剰量のアンモニア水で溶解するイオンを3つ答えよ。 A.銀イオン、亜鉛イオン(無色溶液)、銅(Ⅱ)イオン(深青色溶液)

【重要】 Q  「常温、沸騰水、含め、水とは反応しにくい金属」すべて答えよ。 A Ni(ニッケル) Sn(スズ) Pb(鉛) Cu(銅) Hg(水銀) Ag(銀) Pt(白金) Au(金)

Q.少量のアンモニア水を加えて生じた沈殿が、過剰量のアンモニア水で溶解するイオンを3つ答えよ。 A.銀イオン、亜鉛イオン(無色溶液)、銅(Ⅱ)イオン(深青色溶液)

焦らず、沈黙を楽しんだ思い出の湖。昨日の事の様。銀、色褪せ銅になった銀。二つの証、緑色の水の中へ、永遠に眠る。雲が映る。やまびこした、大切なバカ野郎の叫び声。冗談でも文句無しに付き合ってくれた。また泣いた…。頭上がらねーよ。

正解は、銀→銅→金の順 銅なべは煮えやすいと言われます。この熱をどれぐらい伝えるかの「熱伝導率」が関係しています。0℃の時、銅は403。金が319、銀が428。熱伝導率が高いほど短時間で多くの熱を伝えます。つまり、銀→銅→金で水がわいていきます。

<水溶液中のイオン反応> ドアギン  銅、亜鉛、銀は過剰のアンモニア水に溶けて錯イオンを作る。

山陰海岸ジオパークには結構金や銀,銅を採った鉱山跡があるんだよ.砂金が採れる沢もあるの.ぬふ.この辺の鉱脈は「熱水脈」って言って,地下の岩盤中にできた割れ目に熱水が入って,岩石中の成分がそこに溶けだし,それが結晶化してできたんだって.


鹿児島のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。