箱根美術館

箱根美術館
by https://www.jalan.net/kankou/spt_14382cc3300033746/
縄文時代から中世までの壺や埴輪、中国の明・清時代の陶磁器、桃山文化を象徴する茶器、江戸時代の屏風など、日本の文化史を振り返ることができる美術館です。展示物はもちろん、美しい庭園が人気です。京都の紅葉にも劣らない素晴らしい紅葉が楽しめます。冬には雪景色を楽しみ、夏には流れる水と鮮やかな緑を楽しめる広い庭は、地面は苔におおわれており、和の風情が漂っています。

おしゃれで少し気の強いアヤコ
箱根美術館は、庭園が特に素敵!インスタ映え間違いなし。アートと自然の融合が最高よ。
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
箱根美術館、行ってみたいな。特に苔庭が気になる。写真撮るのが楽しみだな。
冷静沈着な猫のニャンタ
箱根美術館は1952年開館。庭園と陶磁器の展示が特徴。静かな環境でリラックスできます。
周辺の類似スポットを地図で見る

箱根美術館の基本情報


【スポット】箱根美術館
【ふりがな】はこねびじゅつかん
【 住所 】神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
【アクセス】箱根登山鉄道 強羅駅 徒歩約5分
【最寄り駅】強羅駅
【営業時間】9:30~16:30(最終入館16:00)
【 料金 】大人900円、高校生400円、中学生以下無料
【クーポン】公式ウェブサイトで割引クーポンを提供


箱根美術館の概要

箱根美術館は、神奈川県足柄下郡箱根町強羅に位置する美術館で、1952年に開館しました。日本庭園と陶磁器のコレクションが特徴で、特に紅葉の季節には多くの観光客が訪れます。美術館内には、茶室やカフェも併設されており、訪れる人々に癒しのひとときを提供しています。

箱根美術館の楽しみ方

箱根美術館は、その美しい日本庭園と貴重な陶磁器コレクションで知られています。まず、美術館に入ると、広大な日本庭園が広がり、四季折々の風景を楽しむことができます。特に秋には、紅葉が美しく彩り、訪れる人々を魅了します。庭園内には、苔庭や竹林、石庭などがあり、散策するだけで心が癒されます。

美術館の展示室では、古代から現代に至るまでの日本の陶磁器が展示されています。特に、江戸時代の作品や、茶道具として使われた器など、歴史的価値の高い品々が揃っています。展示品は定期的に入れ替えられるため、何度訪れても新しい発見があります。

また、美術館内には茶室「真和亭」があり、ここでは抹茶と和菓子を楽しむことができます。茶室からは庭園の美しい景色を眺めることができ、静かな時間を過ごすことができます。茶道の体験もできるため、日本文化に触れる絶好の機会です。

さらに、美術館内のカフェ「茶寮」では、軽食やデザートを楽しむことができます。特に、季節限定のメニューや地元の食材を使った料理が人気です。美術館を訪れた後に、ゆっくりと食事を楽しむのもおすすめです。

箱根美術館は、アートと自然が融合した場所で、訪れる人々に多くの感動を与えます。美術館の周辺には、他にも多くの観光スポットが点在しているため、一日中楽しむことができます。箱根の自然と文化を堪能できるこの美術館は、訪れる価値が十分にあります。

箱根美術館へのアクセス

箱根美術館へのアクセスは、公共交通機関が便利です。箱根登山鉄道の「強羅駅」から徒歩約5分の距離にあり、駅からのアクセスも良好です。また、車で訪れる場合は、東名高速道路の「厚木IC」から約60分の距離に位置しています。駐車場も完備されているため、車での訪問も安心です。

神奈川のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。