白兎神社

白兎神社
by https://www.jalan.net/kankou/spt_31201ag2130015353/
古事記に登場する因幡の白兎伝説の舞台にもなっています。大国主命が、毛をはぎ取られて泣いていた白兎を助けたエピソードは有名です。このエピソードの白兎が祀られているのが、こちらの神社です。白兎神社があるエリアには、白兎がガマの葉で体を癒したとされる身干山や傷口を洗った不増不滅池などが残り、神話のエピソードを彷彿させるような観光スポットになっています。また、このエリアは大国主命と八上比売の恋のエピソードでも知られています。白兎のご利益によって、大国主命と八上比売が結ばれたことから、白兎神社は恋愛成就のパワーが得られるスポットとしても有名です。ハート形のピンクの絵馬や白うさぎみくじ、結び石といった授与品があり、女性やカップルが多く訪れています。ちなみに、こちらの白兎神社は縁結びのほかにも病気平癒や厄除け、開運招福といったさまざまなご利益があります。

おしゃれで少し気の強いアヤコ
白兎神社は恋愛成就のパワースポット!インスタ映えする景色も多くて、絶対行くべきよ!
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
白兎神社は神話の舞台で、特に白兎の像が有名。歴史好きにはたまらない場所だね。
冷静沈着な猫のニャンタ
白兎神社は鳥取県鳥取市白兎603に位置し、縁結びの神社として知られています。
周辺の類似スポットを地図で見る

白兎神社の基本情報


【スポット】白兎神社
【ふりがな】はくとじんじゃ
【 住所 】鳥取県鳥取市白兎603
【アクセス】JR山陰本線 鳥取駅からバスで約40分、白兎神社前下車すぐ
【最寄り駅】鳥取駅
【営業時間】年中無休
【 料金 】無料
【クーポン】なし


白兎神社の概要

白兎神社は、鳥取県鳥取市白兎603に位置する神社で、日本神話に登場する「因幡の白兎」の伝説に由来しています。古くから縁結びや健康祈願の神社として親しまれており、美しい海岸線と共に訪れる人々を魅了しています。神社の周囲には白兎海岸が広がり、自然の美しさと神話のロマンを感じることができます。

白兎神社の楽しみ方

白兎神社を訪れる際には、まずその歴史と神話に触れることが大切です。神社の名前の由来となった「因幡の白兎」の伝説は、日本最古の歴史書『古事記』に記されています。この伝説は、白兎がワニ(サメ)を騙して海を渡り、傷ついたところを大国主命に助けられるという物語です。この神話に基づき、白兎神社は縁結びや健康祈願のご利益があるとされています。

神社の境内には、白兎の像や絵馬が多数あり、訪れる人々はこれらを見ながら神話の世界に思いを馳せることができます。特に、白兎の像は写真撮影スポットとして人気があります。また、白兎神社の絵馬は、白兎の形をしており、ここで願い事を書くことで特別なご利益が得られるとされています。

さらに、白兎神社の周囲には美しい白兎海岸が広がっています。この海岸は、白い砂浜と青い海が広がる絶景スポットで、散策やピクニックに最適です。特に夕暮れ時には、海に沈む夕日が幻想的な風景を作り出し、訪れる人々を魅了します。

また、白兎神社の近くには「白兎温泉」もあり、温泉に浸かりながらリラックスすることもできます。温泉は、肌に優しい泉質で、美肌効果があるとされています。神社での参拝と合わせて、温泉でのんびりと過ごすことで、心身ともにリフレッシュすることができるでしょう。

白兎神社は、季節ごとに異なる魅力を持っています。春には桜が咲き誇り、夏には海水浴や花火大会が楽しめます。秋には紅葉が美しく、冬には静寂の中での参拝が心を落ち着かせてくれます。どの季節に訪れても、自然と神話の調和を感じることができるでしょう。

白兎神社へのアクセス

白兎神社へのアクセスは、鳥取市内から車で約20分です。公共交通機関を利用する場合は、JR鳥取駅からバスで約30分、白兎神社前バス停で下車すると便利です。バス停から神社までは徒歩約5分です。駐車場も完備されているため、車での訪問も安心です。

鳥取のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。