国営ひたち海浜公園 ネモフィラ畑

国営ひたち海浜公園 ネモフィラ畑
by https://www.jalan.net/
約190haの園内各所に広大な花畑があり、春にはスイセン、チューリップ、初夏にはネモフィラ、バラ、夏にはジニア、秋にはコキア(ほうき草)やコスモスと、四季折々の草花が咲き乱れる。空中散歩しているような一面可憐なブルー色に染まったネモフィラ畑はインスタ映え抜群です。約3.5haの「みはらしの丘」には、4月下旬~5月下旬にかけて約450万本ものネモフィラが咲き誇り、この時期はチューリップガーデンも満開です。真っ赤に染まる秋のコキアやコスモスも見ごたえたっぷりです。

SNS映えマップで見る

【スポット】国営ひたち海浜公園
【ふりがな】こくえいひたちかいひんこうえん
【 住所 】茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4
【アクセス】JR常磐線勝田駅から茨城交通海浜公園方面行きバスで15分、海浜公園西口または南口下車すぐ
【 料金 】大人(15歳以上)400円、小人(小・中学生)80円、65歳以上200円、小学生未満 無料

国営ひたち海浜公園 ネモフィラ畑
が含まれる観光マップ



関東の旅行におすすめ!息を呑むほど美しい絶景25選

ネモフィラの育て方と種

国営ひたち海浜公園では、毎年11月頃に種まきが行われています。種まきは20cm間隔で行われています。

自分でネモフィラの種を購入して種から育てる場合は、秋に種をプランターやお庭に蒔いた後、冬の寒さにやられないように注意が必要です。

家庭でのネモフィラ栽培でオススメなのは、春先に苗を購入することです。ネモフィラは乾燥した環境を好み、必要な栄養分も少ないため、頻繁に水や肥料を与えることもなく育てられます。

国営ひたち海浜公園でも、種を蒔く前に堆肥を土に混ぜているため、水や肥料を追加的に与えられていないようです(もちろん、生育の状況に応じては行われています)

ちなみに国営ひたち海浜公園のネモフィラの品種は「インシグニスブルー」という流通量の多い品種で、園芸店やホームセンターなどで普通に購入することができます。また、テラスハウス前とたまごの森に植えられている白いネモフィラは「インシグニスホワイト」という品種で、一般向けには流通していないようです。

[wdi_feed id=”2550″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります
何も見つかりませんでした。

茨城のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事



nagata
属性 俊麺 なが田
栃木県唯一の3毛作営業のラーメン店。基本は「なが田」として営業してますが、月・木限定で「美空」として味...
daikorobou
属性 大串貝塚ふれあい公園
縄文時代前期につくられた大串貝塚(国指定史跡)。敷地内には巨人伝説でおなじみの「ダイダラボウ像」(高さ1...
inotitosei
属性 命と性ミュージアム
生命の神秘と性愛、そして死をコミカルかつエロティックに展示したミュージアム。人類が生まれるまでの過程を...

写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。