石見銀山遺跡

石見銀山遺跡
by http://www.jalan.net/kankou/spt_32205af2170020559/kuchikomi/0002583067/
初期の江戸幕府の財政を支えた銀山。大きく3つの範囲に分けられ「銀鉱山跡と鉱山町」「街道(石見銀山街道)」「港と港町」からなります。数ある坑道の中で入ることのできる龍源寺間歩がオススメです。

周辺の類似スポットを地図で見る

石見銀山遺跡の基本情報


【スポット】石見銀山遺跡
【ふりがな】いわみぎんざんいせき
【 住所 】島根県大田市大森町銀山
【アクセス】山陰本線「大田市駅」から「大森方面行」石見交通バス約26分「大森代官所跡」下車


[wdi_feed id=”2827″]


石見銀山遺跡のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

『日本の世界文化遺産』 石見銀山遺跡とその文化的景観。(島根県)(2007年6月)

石見銀山遺跡とその文化的景観2日本 分 類 :文化遺産 登録年 :2007年16世紀から17世紀にかけての日本とポルトガルの交易の様子を描いた南蛮屏風には、天秤で何かを量っているポルトガル人の姿が描かれています。研究者によれば、これは、輸出する銀の重さを量っている様子とのこと。

『日本の世界文化遺産』 石見銀山遺跡とその文化的景観。(島根県)(2007年6月)

世界遺産(1)石見銀山 国史跡 石見銀山遺跡 渡辺家住宅 pic.twitter.com/mzOjO7e2nq

ツイッターメディア

『日本の世界文化遺産』 石見銀山遺跡とその文化的景観。(島根県)(2007年6月)

勉強8日目 日本遺産12 ・石見銀山遺跡とその文化的景観 登録基準:ii iii v 登場人物:神屋寿禎 大内氏 大久保長安  構成資産:銀山柵内 大森銀山 鞆ヶ浦 沖泊・温泉津 石見銀山街道温泉津・沖泊道 重要ワード:間歩 山師 灰吹法 #世界遺産検定1級

『日本の世界文化遺産』 石見銀山遺跡とその文化的景観。(島根県)(2007年6月)

【日本/島根】石見銀山遺跡とその文化的景観 16~17世紀初頭にかけて発展した銀山と、その周辺の景観を含めた文化遺産。そのおもな構成遺産は銀山柵内、龍源寺間歩、熊谷家住宅、代官所跡、羅漢寺五百羅漢、温泉津沖泊道、鞆ケ浦、温泉津など。 pic.twitter.com/NK328cS8Vl

ツイッターメディア

【041】現在では「大久保間歩」や「龍源寺間歩」が一般公開されている、「福石」と呼ばれる特殊な鉱石をかつて採掘していた大森町の遺跡は何遺跡でしょう? A:石見銀山(いわみぎんざん)遺跡 世界遺産としての名称。銀山名は石見(大森)銀山と言う。

石見銀山遺跡とその文化的景観2日本 分 類 :文化遺産 登録年 :2007年16世紀から17世紀にかけての日本とポルトガルの交易の様子を描いた南蛮屏風には、天秤で何かを量っているポルトガル人の姿が描かれています。研究者によれば、これは、輸出する銀の重さを量っている様子とのこと。

『日本の世界文化遺産』 石見銀山遺跡とその文化的景観。(島根県)(2007年6月)

なるほど、尼子氏は鉄と石見銀山を持っていたのか! それは毛利がガンガン攻めるわね>島根県:石見銀山の歴史(トップ / くらし / 文化・スポーツ / 文化財 / 世界遺産石見銀山遺跡 / 石見銀山遺跡について) pref.shimane.lg.jp/life/bunka/bun…

世界遺産(1)石見銀山 史跡 石見銀山遺跡 佐毘売山神社 pic.twitter.com/KUbsD9E8XE

ツイッターメディア

『日本の世界文化遺産』 石見銀山遺跡とその文化的景観。(島根県)(2007年6月)

石見銀山遺跡とその文化的景観2日本 分 類 :文化遺産 登録年 :2007年16世紀から17世紀にかけての日本とポルトガルの交易の様子を描いた南蛮屏風には、天秤で何かを量っているポルトガル人の姿が描かれています。研究者によれば、これは、輸出する銀の重さを量っている様子とのこと。

『日本の世界文化遺産』 石見銀山遺跡とその文化的景観。(島根県)(2007年6月)

I'm at 石見銀山遺跡 in 大田市, 島根県 swarmapp.com/c/gnYSLbfufbz

『日本の世界文化遺産』 石見銀山遺跡とその文化的景観。(島根県)(2007年6月)

【日本/島根】石見銀山遺跡とその文化的景観 16~17世紀初頭にかけて発展した銀山と、その周辺の景観を含めた文化遺産。そのおもな構成遺産は銀山柵内、龍源寺間歩、熊谷家住宅、代官所跡、羅漢寺五百羅漢、温泉津沖泊道、鞆ケ浦、温泉津など。 pic.twitter.com/NK328cS8Vl

ツイッターメディア

石見銀山遺跡とその文化的景観2日本 分 類 :文化遺産 登録年 :2007年16世紀から17世紀にかけての日本とポルトガルの交易の様子を描いた南蛮屏風には、天秤で何かを量っているポルトガル人の姿が描かれています。研究者によれば、これは、輸出する銀の重さを量っている様子とのこと。

『日本の世界文化遺産』 石見銀山遺跡とその文化的景観。(島根県)(2007年6月)


島根のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。