महाबोधी मंदिर(マハーボディ寺院)

महाबोधी मंदिर(マハーボディ寺院)
by https://whc.unesco.org/en/list/1056/
約2500年前にお釈迦様が悟りをひらいてブッダとなった場所にある寺院です。古い煉瓦構造建築様式の1つで、高さ52メートルの9層からなる建物。2002年にユネスコ世界遺産にも登録されていて、「悟りの木」と呼ばれる菩提樹を見ることが可能です。この菩提樹の下で釈迦が49日間瞑想して、悟りをひらいたと言われています。敷地内では様々な国の人たちが修行をしていて、世界中から観光客が訪れる人気の観光スポットです。ブッダガヤの大菩提寺と呼ばれることもあります。

周辺の類似スポットを地図で見る

महाबोधी मंदिर(マハーボディ寺院)の基本情報


【スポット】महाबोधी मंदिर(マハーボディ寺院)
【ふりがな】まはーぼでぃじいん
【 住所 】Bodh Gaya, Bihar
【アクセス】ガガヤ駅からはオートリキシャなどで20分
【最寄り駅】ガガヤ駅
【営業時間】5:00~21:00
【 料金 】無料


公式ページ


महाबोधी मंदिर(マハーボディ寺院)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

ブッダガヤの大菩提寺 仏教4大聖地のひとつ。マハーボディ寺院はブッタが瞑想した菩提樹の近くに作られた道場を起源としてる大菩提寺。インド仏教美術がピークを迎えたグプタ朝時代の建築様式を今に伝える。菩提樹の下にアショーカ王が寄進した金… twitter.com/i/web/status/1…

5〜6世紀頃に創建された、グプタ朝時代の建築様式を今に伝える、高さ52mの総レンガ造りのマハーボディ寺院と呼ばれる大菩提寺がある、釈迦が悟りを開いた場所とされるインドの都市はどこでしょう? (ブッダガヤ)


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。