ツイートフェイスブックシェアLINEで送る

沖縄の人気お土産ランキングBEST35!

沖縄

沖縄のお土産を行く前にチェックしてみませんか?今回は、大人から子供までもが楽しめる沖縄名物を厳選してみました♪今年も暑い季節がやってきましたね!夏だ!青い海がみたいっ!ということで、同じ日本なのですが、気候も風土も本土の観光地とまるで違うので、面白い品々のオンパレードになりました。

あなたのお気に入りもきっと見つかるはずです!予習しておいて絶対に損はないでしょう!




1.元祖紅いもタルト(御菓子御殿)

元祖紅いもタルト(御菓子御殿)
出所:http://shop.okashigoten.com/

飽きのこない程よい甘さで大人気の「紅いもタルト」は、御菓子御殿から始まりました。 文字通り、紅いもタルトの元祖です。紅イモ本来の味を心ゆくまで楽しめる味わいに仕上がっているので、年齢問わず喜ばれるお土産になります。

丁度よい甘さで、何個も食べたくなる美味しいお菓子として評判!もちろん、あざやかな紫色の紅芋は沖縄県産100%。 文句なしの第1位です。

■ 基本情報
・名称: 紅いもタルト(6個入り)
・料金: 6個入り648円(税込)
・関連サイトURL:http://www.okashigoten.co.jp/

2.塩胡麻ちんすこう(御菓子御殿)

塩胡麻ちんすこう(御菓子御殿)
出所:https://www.amazon.co.jp/

第1位に引き続き御菓子御殿からのランクイン。 昔ながらのちんすこうに飽きてしまった方にも、斬新でしかも美味しいのが「塩胡麻ちんすこう」です。ちんすこう本来のやさしい甘さにほんのりお塩がきいていて、抜群の美味しさに!

また、ゴマの風味もいきているので、1個でも食べ応えがあります。今までと違った味わいのちんすこうをお楽しみください。

■ 基本情報
・名称:塩胡麻ちんすこう(15個入り)
・料金:10個入り648円(税込)
・関連サイトURL:http://shop.okashigoten.com/fs/okashigoten/17-7

3.ロイズ石垣島の黒糖チョコレート(ロイズ石垣島)

ロイズ石垣島の黒糖チョコレート(ロイズ石垣島)
出所:http://www.royce.com/

西表島と小浜島の黒糖をバランスよくブレンドしたことで、今までよりも滑らかな口当たりと、マイルドな味に仕上がりました。 黒糖ブレンドのチョコレートって探してもなかなかありません。一般的なチョコレートよりもコク深いのが特徴。

まさに沖縄のチョコレートと言えるのが、黒糖チョコレートです。これを お土産で貰った人の喜ぶ顔が思い浮かびますね。

■ 基本情報
・名称: ロイズ石垣島の黒糖チョコレート(32枚)
・料金: 32枚入り680円(税込)
・公式サイトURL:http://shop.royce-ishigakijima.com/i-shop/product.pasp?cm_id=260126




4.沖縄塩おかき(ナンポー通商)

沖縄といえば、美味しくてミネラルたっぷりのお塩ですね!そんな味わい深いお塩をさくさくのおかきに掛けているので、もち米本来の美味しさが引き立っています。

また、海老のうま味もたっぷりと詰まっているので、ついつい手が出てしまう絶品の味になっています。おやつとしてだけでなく、お酒のおつまみにも最適です。 一口サイズの大きさも、丁度良いと評判の一品んになっています!

■ 基本情報
・名称: 沖縄塩おかき
・料金: 一袋494円(税込)
・関連サイトURL:http://bluesky.jalux.com/oka/detail/4522814003108.html

5.歩のサーターアンダーギー(歩)

揚げ菓子なのにさっぱりとした味わいで人気の歩のサーターアンダーギーは、販売開始10分ほどで売り切れて しまうため「幻のサーターアンダーギー」とも呼ばれています。

外はカリッとしているのに、中はふっくら&しっとり!噛むたびに優しい甘さが口の中いっぱいに広がってつい、2個目に手を出してしまう美味しさです。出来立ても美味しいですが、冷めても美味しさはそのままですよ。

■ 基本情報
・名称: 歩のサーターアンダーギー(1袋9個入り)
・料金: 9個いり756円(税込)
・関連サイトURL:http://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47002343/

6.ぎぼまんじゅう

まんじゅうの表面に大きく書かれた「の」の文字。 「の一饅頭」とも呼ばれ、那覇の三大饅頭の一つに数えられる名産です。お祝い用として、昔から親しまれています!

外の皮はやわらかくてふっくら!そしてほんのりと甘さがあります。そして、中に餡子がたっぷりと入っているのですが、もちろん甘味はお砂糖ではなく黒糖!だからこそ、良くあるお饅頭とは一味違うコクのある甘さに仕上がっています。

■ 基本情報
・名称: ぎぼまんじゅう
・料金: 1個120円
・関連サイトURL:http://www.tabinchu.net/area1_3/genre2_7/spot_100634/

7.島とうがらし入りトマトケチャップ(琉球フロント)

せっかく沖縄を訪れたのだから、なかなか手に入らない調味料系も欲しいですよね。そんな時におすすめなのが、島とうがらし入りケチャップです。

沖縄土産の変り種、島唐辛子入りのケチャップなんですよ!濃厚なトマトの味わいの中に島唐辛子のピり感が加わって、抜群に美味しいと評判です。有機栽培トマト使用で品質的にも安心。唐辛子入りということで話題性もあって、お土産にもピッタリです。

■ 基本情報
・名称: 島とうがらし入りトマトケチャップ
・料金: 648 円(税込)
・関連サイトURL:http://www.kodawariichiba.com/item/527133001

8.島とうがらしラー油(てぃだかんかん)

「てぃだかんかん」とは、カンカン照りの太陽、を意味しています。その名の通りにこのラー油は、にんにくと島唐辛子のピリリとした辛さと香ばしさが太陽の日差しのように、お口の中いっぱいに広がって絶品だと評判!

そのまま食べても美味しいですし、ご飯のお供にするもよし!色んな使い方を楽しめる万能な調味料になっています。。

■ 基本情報
・名称: てぃだかんかん島とうがらしラー油
・料金: 864円 (税込)
・関連サイトURL:http://www.ryukyu-h.com/itemRtabe01.html

9.トロピカルパック(ブルーシールアイス)

沖縄と言えばアイス!そして沖縄のアイスクリームと言えば、ブルーシールですよね。そんなブルーシールで売られているのが、トロピカルパックという色んなフレイバーが楽しめるセットです。バニラなどの定番のほか、さとうきび味や塩ちんすこう味など沖縄の甘味を凝縮されていますよ。

なんとその種類は9種類!アイスで沖縄の味を堪能したい!という人におすすめのアイスパックになっています。皆で買ってシェアするのもありですね。

■ 基本情報
・名称: 沖縄のブルーシールアイス「トロピカルパック」(90ml×18個入)
・料金: 18個入り4,320円(税込)
・関連サイトURL:http://shop.eikohworld.co.jp/products/detail.php?product_id=8

10.紅包(御菓子御殿)

しっとりとしていて濃厚な味わいのお菓子を食べたい!という人におすすめなのが、お菓子御殿で購入できる紅包です。

紅いもとさつまいもの優しいハーモニーがくせになるお菓子です。全国菓子博覧会の農林水産大臣賞を受賞しただけあって、美味しさは折り紙つき。年齢に関係なく誰もが楽しめる味です。 一度食べたら病みつきになってしまうスイーツです。

■ 基本情報
・名称:紅包(6個入り)
・料金:626円(税込)
・関連サイトURL:http://shop.okashigoten.com/fs/okashigoten/3-3

11.ちゅら玉ディズニー(ココスアイランドオキナワ)

海に浮かぶ「うき玉」をモチーフとしたアクセサリー、ちゅら玉。そのちゅら玉が世界で親しまれているキャラクター・ミッキーとコラボレーション!

日差しが当たることでで優しい光を放つちゅら玉はとっても美しいと評判!自分へのお土産としてや、大切な人へのプレゼントにしても喜ばれます。透き通ったちゅら玉は何時間見ていても、飽きることが無い美しさです。

■ 基本情報
・名称: ちゅら玉ディズニー
・料金: ミッキー プレーンストラップ:2,808円 (税込)、ミッキー チャームストラップ:3,780円 (税込)
・関連サイトURL:http://www.cocos-island.co.jp/part/?p=569

12.紅型染の布小物

沖縄の伝統工芸の一つ、紅型(びんがた)染。その歴史は古く、15世紀の書物に登場します。鮮やかな色合いが特徴の紅型染には、スカーフやシュシュ、手ぬぐいやカバーなど、布小物のお土産がたくさん揃っていますので、ぜひチェックしてみてください。(写真は半折です。)

日常生活の中で、紅型染の布小物を取り入れるだけで、癒されること間違いなしです。お部屋に飾るインテリアとしてもおすすめです。

■ 基本情報
・名称: 紅型染の布小物
・料金: 紅型 てぬぐい紅型 てぬぐい: 2,700円 (税込)、紅型 名刺入れ(絹) :5,400円 (税込)
・関連サイトURL:http://www.shuri-ryusen.com/

13.アーサせんべい(南風堂)

アーサは「あおさ」の意。口の中では磯の香りと塩の風味がふわりと広がり、サクサクの食感が楽しめます。サクサクっと食べられるので、ビールのお供にもぴったりと合いますよ♪なので、お父さんへのお土産としてもおすすめです。

1箱12袋入りなので、会社や友人など、大人数に配るお土産として重宝しますよ。価格も手頃なのも嬉しいポイントです。

■ 基本情報
・名称: アーサせんべい
・料金:36枚 864 円(税込)
・関連サイトURL:http://www.ryukyumura.co.jp/shop/products/detail/1140

14.泡盛 神泉(上原酒造)

神泉は、マイナスイオンを取り入れた独自の技法で作られている泡盛です。すっきりとした甘さを引き出した味わいなので、泡盛がちょっぴり苦手という人でも美味しくいただくことができます。品のある味わいなので、お酒好きの女性へのお土産としてもおすすめです。

なかでも古酒(クース)は3年以上貯蔵されているものなので、深い味わいの良質の泡盛に仕上がっています。

■ 基本情報
・名称: 泡盛 神泉 古酒30度 720ml (5年古酒60%)
・料金: 2,175円(税込)
・関連サイトURL:http://www.zuisen.co.jp/lineup/

15.ミキ(マルマサ)

ミキとは、お粥のような甘酒のような、沖縄で昔から親しまれているドリンクです。食欲のないときに飲むと元気が出てくる飲物として人気があるんですよ。

特に食欲が落ちる夏には、滋養強壮として飲むのがおすすめ!体に優しい素材で作られているので小さなお子さんでも安心して飲むことができます。一口ふくむとやさしい甘さが広がって、心がほっと安らいでいくのを感じられます。

■ 基本情報
・名称: ミキ(マルマサ)
・料金: 100円(税込)程度

16.ハブカレー(南都酒造所)

おきなわワールドの園内でのみ販売されているハブカレー。包装だけでもインパクトがあります。残念ながら、ハブ自体のお肉などは入っていません(笑

でも、ハブ源酒を調味料として使っているので、夏バテ気味の方にもばっちりスタミナがつきそうです!
もちろん、カレーの味も深みがあって絶品!暑い日には、ハブカレーをたっぷり食べて、元気を出しませんか?

■ 基本情報
・名称: ハブカレー
・料金: 500円(税別)
・公式サイトURL:http://www.nantosyuzo.com/products/habucarry/habucarry.html

17.プリンセスムーンシークヮーサー(御菓子御殿)

沖縄産のシークワーサーをクリームにふんだんに使用し、爽やかな柑橘の風味を楽しめるお菓子です。スポンジ生地がふわふわと柔らかくて、優しい気分になれるお菓子だと評判!一見とても甘そうな雰囲気がありますが、さっぱりとした味わいに仕上がっているますよ。

ふわ感と優しい甘さにまた食べたくなると評判のお菓子です。スイーツは好きだけど、甘すぎるのは苦手という人へのお土産におすすめです。

■ 基本情報
・名称: プリンセスムーンシークヮーサー(5個入り)
・料金: 751円(税込)
・関連サイトURL:http://shop.okashigoten.com/fs/okashigoten/37-03

18.さんぴん茶ティーバッグ(比嘉製茶)

沖縄では日常的に飲まれている飲み物と言えばさんぴん茶。自販機なども良く販売されているのを沖縄に行くと見かけますよね。それに、飲食店に入っても殆どのお店で出されています。

そもそも、さんぴん茶とは、ジャスミン茶のことで、中国から伝わった時に発音がなまって「さんぴん」となったようです。ティーバッグ型なのでいつでも手軽に淹れることができるので、お土産としてもおすすめです。

■ 基本情報
・名称: 比嘉製茶 さんぴん茶 ティーバッグ(22袋入り)
・料金: 756円(税込)
・公式サイトURL:http://www.higatea.co.jp/item/sanpincha.php

19.ガラス製品(琉球ガラス工房)

沖縄の伝統工芸・琉球ガラスは、鮮やかな色彩や細かな気泡が特徴です。匠工房では、グラスやアクセサリーなど様々な琉球ガラスのグッズを買うことができます。

沖縄の雄大なコバルトブルーの海を連想させる「海の泡」シリーズのグラスは、インテリアとして飾っておくのもいいかも。 お部屋の中に一つ琉球ガラスを置いていると、リゾートな雰囲気を演出することができますよ。

■ 基本情報
・名称: 琉球ガラス匠工房
・料金: 海の泡 残波ロックグラス:2,485円(税込)、 口広ビアグラス、ストレートグラス、ロックグラス 紺碧:4,750円(税込)
・公式サイトURL:http://www.takumi-kobo.com/

20.ミミガージャーキー(オキハム)

沖縄の独自の食材・ミミガー。ミミガーとは、豚の耳の皮なのをご存知ですか?実はこのミミガーは、女性にとって嬉しい成分がたっぷりと含まれているんです。

実はコラーゲンがたっぷりなんですよ!食べるとお肌もツルツル&プルプルになれるかもしれません!また、コリコリした食感が特徴的でとっても美味しいんです。赤唐辛子で味付けしたジャーキーは、お酒のアテにもおやつにも最適です!

■ 基本情報
・名称: ミミガージャーキー
・料金: 320 円(税込)
・関連サイトURL:http://okiham.shop-pro.jp/?pid=17413277

21.カルピス 沖縄パイン

沖縄の名産として知られているのがパイナップルですよね。そんな沖縄産のパインと、昔からしたわれているカルピスがコラボレーションしているのが、カルピス 沖縄パインです!

すっきりとしたパイン果汁とカルピスの相性は抜群で、やさしい甘みが口の中に広がってとっても美味しいんですよ。子供だけでなく大人もついつい飲み過ぎてしまうほどの美味しさだと評判!カルピスファンには一度は味わっていただきたい商品です。

■ 基本情報
・名称: カルピス 沖縄パイン(120ml×2本)
・料金: 659円(税込)
・公式サイトURL:https://www.calpis.co.jp/corporate/press/nr_00456.html

22.ソーキそば(琉球本舗)

沖縄を訪れた観光客が誰もが一度は食すのではないか…と思われる、ソーキソバ。しっかりとダシが聞いているのに、どこかさっぱりとした味わいにやみつきになる人も多いはず。沖縄を離れてソーキソバを作るのは至難の技ですが、これがあれば大丈夫!自分用のお土産としてもいいですね。

もちろん、ソーキ肉付なので、しっかりと食べ応えがありますよ!おだしもとっても美味しいので、最後まで飲み干してしまえる味です。

■ 基本情報
・名称: ソーキそば
・料金: 648円(税込)
・関連サイト:http://www.ryukyu-h.com/cat090000.html

23.アーモンド黒糖(仲宗根黒糖)

黒糖の優しい甘さと、アーモンドの香ばしさが絶妙にマッチにた味わいが、美味しくてクセになる味ですよ!お酒をおつまみとしてもいいですし、お子さんのおやつにも最適です。

お茶菓子にピッタリで、コーヒーとの相性も抜群の味わいになっています♪全て愛情をこめて手作りされていて、無添加!なので、子供にもやさしいお菓子に仕上がっています。黒糖のミネラルとアーモンドのビタミンもたっぷりと摂れる健康食とも言えます。

■ 基本情報
・名称:アーモンド黒糖
・料金: 120g 494円 (税込)
・関連サイトURL: http://nakasonekokutou.jp/SHOP/36516/71403/list.html

24.くるみ黒糖

アーモンド黒糖と同じ仲宗根黒糖のもう一つの絶品が「くるみ黒糖」です。黒糖のほのかな甘みが、くるみ本来の苦味と合わさることで他にはない味のハーモニーを生み出しています。アーモンド黒糖とセットでお土産にしたい名産ですね。

もちろん、こちらもお茶菓子としてや、お子さんのおやつにぴったり!美肌になりたい女性に必要な栄養素もたっぷりと含まれていますよ。

■ 基本情報
・名称: くるみ黒糖
・料金: 410円 (税込)
・関連サイトURL:http://nakasonekokutou.jp/SHOP/p09_4.html

25.ごはんの塩(塩屋)

海に囲まれた沖縄の名物といえば、「塩」です。ごはんの塩は、名前の通り ごはんにふりかけた食べるタイプのお塩なんですが、 これがホントにうまい!と評判なんです!白ご飯に振りかけるのはもちろん、おにぎりにもぴったりの味わいです。

ご飯以外には、 天ぷらの付け塩にしたり、スティックサラダをヘルシーにいただきたい時にも美味しく食べることができますよ。

■ 基本情報
・名称: ごはんの塩
・料金: 498円(税込)
・公式サイトURL:http://www.shop-ma-suya.jp/

26. 紅芋ガレット(御菓子御殿)

人気の紅芋タルトの姉妹品なのが、紅芋ガレッドです。甘い香りただようガレット生地で、紅芋餡を包んでいるので、外はカリッとした優しい食感なのに、中はしっとりとしたやさしい味わいに仕上がっています。中の紅芋餡はとっても口どけが良くて、さっと溶けていく瞬間に幸せを感じるという人が多いんですよ。

飲み込んだ後にはふわっと洋酒とアーモンドの香りがして、とっても優雅な気分になれるお菓子として評判です。

■ 基本情報
・名称: 紅芋ガレット
・料金:6個入り 702 円(税込)

27. 古酒泡盛酒ケーキ(沖縄農園)

ふわふわのケーキに、沖縄の地酒”泡盛”をたっぷりと含ませた上品な甘さのケーキが古酒泡盛酒ケーキです。泡盛の中でも三年以上熟成させた「古酒(くーす)」を使用しているので、味わいに深みがあって抜群の美味しさに仕上がっています。

泡盛・古酒の芳醇な薫りがお口いっぱいに広がるケーキとして人気があります。しっとりとやわらかく、まろやかな味わいが病みつきになります。お酒が苦手な人でも美味しくいただけます。

■ 基本情報
・名称: 古酒泡盛酒ケーキ
・料金: 330g 1080円(税込)

28. あぐー豚角煮(南都物産)

沖縄在来の「島豚あぐー」の脂肪分の少ないもも肉をじっくり煮込んで仕上げた「あぐー豚角煮」。とろけるような口当たりと旨みの強いあぐー豚本来の味を楽しめる一品です。一口食べるとうまみが口の中いっぱいに広がって絶品!

ご飯にもぴったりの味付けになっているので、夕食の一品としても利用できますよ。食べ物が大好きな友人に上げても喜ばれるお土産になります。

■ 基本情報
・名称: あぐー豚角煮(南都物産)
・料金: 250g 1,404円

29. ゴーヤDRY(ヘリオス酒造)

沖縄のビールといえばオリオンビールが有名ですが、それ以外にも沖縄ならではの 地ビールがあるんです!国際通りに店を構えているヘリオス酒造の地ビールはどれも絶品だと、ビール好きの間でも人気があります。

そんなヘリオス酒造のビールの中でも、沖縄感をたっぷりと楽しめるのがゴーヤDRY!ゴーヤの苦味がちょうどよくノドごしも抜群に良い味わいに仕上がっています。

■ 基本情報
・名称: ゴーヤDRY(ヘリオス酒造)
・料金: 330ml×6本 2,940円

30. タコライスせんべい(ナンポー通商)

沖縄の庶民派グルメとして人気があるのが、タコライス。現地でなら、美味しいタコライスを食べられますが、持ってかえることは残念ながらできませんよね。そんな時にぜひおすすめしたいのが、タコライスせんべいです。

タコライス風味の美味しいスナック菓子になっています。ビールのおつまみとしえ、おやつとして、そしてお土産としもおすすめです。

■ 基本情報
・名称: タコライスせんべい(ナンポー通商)
・料金:1袋  648円

31. 泡盛コーヒーリキュール(久米仙酒造)

コーヒー好きにぜひ一度は飲んでいただきたいのが、泡盛コーヒーリキュールです。名前の通り、泡盛から出来た新しい感覚のリキュールです。ちょっぴりお酒が苦手という人でも、美味しく楽しめる一品だと評判です。

沖縄県産黒糖が入っているので、甘みとコクがあり、キャラメル風味に仕上がっているので、女性でも美味しく楽しむことができます。

■ 基本情報
・名称: 泡盛コーヒーリキュール
・料金: 500ml 1,000円

32. 砂肝ジャーキー(祐食品)

元気な鶏の砂肝をじっくり乾燥させたのが、砂肝ジャーキーです。とっても硬そうな印象がありますが、実はほぐして食べられるんですよ。なので、小さなお子さんやお年寄りでも美味しく食べることができます。噛めば噛むほど、砂肝の味わいが出てきて病みつきになる味わいです。

砂肝は低カロリーなので、ダイエット中の女性にもおすすめです。もちろん、ビールにもぴったりの味わいになっています。

■ 基本情報
・名称: 砂肝ジャーキー(祐食品)
・料金: 1袋 160円程度~

33. 油みそ(わした)

沖縄産の豚肉を泡盛・砂糖・味噌で味付けした、沖縄の食卓で人気のお惣菜「油味噌(あんだんすー)」です。ご飯に乗せて食べたり、おにぎりの具材にピッタリの美味しさです。
また、野菜炒めの調味料として使うのもとってもおすすめなんですよ。

味噌に豚肉のうまみが詰まっていて、一口でも凝縮された味わいを感じることができます。甘めの味付けになっているのでお子さんも喜ぶ一品です。

■ 基本情報
・名称: 油みそ(わした)
・料金: 100g 162円

34. コンビーフハッシュ(オキハム)

オキハムのミニコンビーフハッシュは、厳選された牛肉とジャガイモを使った沖縄のロングセラーの人気商品です。チャンプルーはもちろん、洋風、中華風の料理にも幅広く使える使い勝手の良さは、主婦の強い味方にもなってくれる一品です。

袋をサッと切って、パッと使える便利な使いきりサイズになっているので、お土産としても利用することができますよ。

■ 基本情報
・名称: コンビーフハッシュ(オキハム)
・料金: 75g 190円

35. めんそーれタンブラー(スターバックス)

美味しいコーヒーが手軽に飲めるお店として、世界中にファンが多いコーヒーショップと言えばスターバックスですよね。

実は、沖縄のスターバックスには、めんそーれタンブラーという沖縄限定のタンブラーが販売されているんです。いつものスタバのイメージイラストが、なんと花笠をかぶったキャラクターに大変身しているんです。もちろん、シーサー柄などのタンブラーもありますよ。自分へのお土産としてもおすすめです。

■ 基本情報
・名称: めんそーれタンブラー
・料金: 1,330円

沖縄のお土産ランキングはいかがでしたでしょうか。

上位1~6位までは、やはり小分けにして、オフィスで同僚や友達に配りやすいお菓子系がランクインしていますね!ブルーシールのアイスクリームは現地に行ってコーンで自分で食べたいですよね!ちゅら玉ディズニーはお気に入りの女の子へのお土産BEST1になりそうですし、ハブカレーやのミミガージャーキーは、隠れた、沖縄名物と言っても過言ではないでしょう。

ちょっとした話題作りにも最適ですよね!個人的にはコーヒーとお酒が好きなので泡盛のコーヒーリキュールがどんな風味なのか興味津々になりました!





公式Facebook
その他のオススメ記事