アートの島「直島」で見つけたオシャレなお土産9選

「直島」で見つけたオシャレなお土産
出所:https://naoshima.net/omiyage/info/

香川県でアートの島として人気の「直島」。瀬戸内海に浮かぶ小さな島で、島の中の至るところに現代アートが溶け込んでいて、島全体がまるで美術館のようになっています。

草間彌生さんの作品「かぼちゃ」が展示されている島、といえばピンと来る方も多いのではないでしょうか。「直島」は海外の方にも人気で、とある雑誌に「死ぬまでに行きたい場所」として取り上げられたこともあるんですよ。今回は、そんな直島で人気のお土産9選をご紹介します。




1、人気No.1お土産はコレ!「直島マカロン」

直島マカロン
出所:https://naoshima.net/foods/detail/?lang=ja&foods_id=45

宮浦港フェリー乗り場のすぐそばにある「海の家なおしま」内にある「カフェおうぎや」。「直島マカロン」は「カフェおうぎや」で人気No.1の商品です。

カラフルなビジュアルが可愛いのでお土産にぴったりです。食べ応えもばっちりなサイズ感もうれしいですね。いちご、抹茶、ココア、きなこ、かぼちゃの5種類のフレーバーがあります。

「直島マカロン」の基本情報

・名称: カフェおうぎや「直島マカロン」
・住所:香川県香川郡直島町2249-40(海の駅なおしま内「カフェおうぎや」)
・アクセス:宮浦港フェリー乗り場から徒歩すぐ
・営業時間: 11:00~19:00(12月~2月は18:00まで)
・定休日: なし
・電話番号:090-3189-0471
・料金: 税込み450円

公式ページ

2、定番人気お土産と言えば!「アカガネ」

アカガネ
出所:https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370103/37000875/dtlphotolst/smp2/

昭和38年創業のお菓子屋さん「イワタコンフェクト」。ここで昔から人気なのが「アカガネ」というお菓子です。大正5年創設の三菱マテリアル直島製錬所の「あかがね」高炉にちなんで作られた直島を代表するお菓子なんですよ。

ホロホロとした食感のおまんじゅうの中に白あんが入っていて、プレーンとココア味の2種類のフレーバーがあります。パッケージもレトロで可愛らしく、見た目のインパクトもばっちりです。

「アカガネ」の基本情報

・名称: イワタコンフェクト「アカガネ」
・住所:香川県香川郡直島町2310~1、海の駅なおしま内「直島楽市」
・アクセス:宮浦港フェリー乗り場から徒歩すぐ
・営業時間:8:00~20:00
・定休日:なし
・電話番号: 087-892ー3179
・料金: 税込み250円(2個入)、税込み1,300円(10個入)

食べログページ

3、ばらまきお土産にも!「SOLASHIO塩クリーム大福」

SOLASHIO塩クリーム大福
出所:https://marusin.ocnk.net/

「SOLASHIO塩クリーム大福」は、直島産の天日塩「SOLASHIO」入りの白あんとクリームを柔らかくて軽い食感のお餅で包んだクリーム大福です。

「SOLASHIO」の特長であるまろやかな塩味により、あんことクリームの甘さを引き立ててているけれども、後味さっぱり、という何個でもペロッと食べられちゃうおいしさです。9個入りで650円程度とお求めやすい価格でもあり、個包装なのでばらまきお土産にもぴったりですよ。

「SOLASHIO塩クリーム大福」の基本情報

・名称: マルシン「SOLASHIO塩クリーム大福」
・住所:香川県香川郡直島町2249-40 海の駅なおしま内「直島楽市」
・アクセス:宮浦港フェリー乗り場から徒歩すぐ
・営業時間: 9:00~18:00
・定休日: なし
・電話番号: 087-892-2299
・料金:税込み648円(9個入)

公式ページ




4、食べ物以外のお土産といえばコレ!「直島銭湯 I♥湯のオリジナルロゴ入りタオル」

直島銭湯 I♥湯のオリジナルロゴ入りタオル
出所:https://www.facebook.com/benesse.artsite/photos

アートの島「直島」ならではの銭湯「直島銭湯 I♥湯」。アーティストの大竹伸朗が手がける美術施設で、実際にお風呂に入ることができます。

お風呂に浸かりながらアートの世界にも浸れる「I♥湯」、ここのオリジナルタオルがポップでオシャレなので、お土産にもぴったりなんですよ。さまざまなカラーがあって、1枚300円なので、お土産として手軽に渡しやすいですね。

「直島銭湯 I♥湯のオリジナルロゴ入りタオル」の基本情報

・名称: 直島銭湯 I♥湯「直島銭湯 I♥湯のオリジナルロゴ入りタオル」
・住所:香川県香川郡直島町2252-2
・アクセス:直島宮ノ浦港より徒歩2分
・営業時間: 13:00~21:00
・定休日: 月曜日(祝日の場合開館、翌日休館)
・電話番号: 087-892-2626
・料金: 税込み300円

公式ページ

5、インスタ映えするお土産「モネのレシピのはちみつクッキー&ラズベリージャム」」

モネのレシピのはちみつクッキー&ラズベリージャム
出所:https://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

日本の有名な建築家である安藤忠雄氏が設計した美術館「地中美術館」。クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が常設展示されています。この「地中美術館」の中にあるミュージアムショップ「地中ストア」は、「地中美術館で体感した感覚を、日常生活でも再認識できる商品を提供する場所」をテーマにしていて、オリジナルグッズや、建築やアートに関する関連書籍が揃っています。

その中でも、美食家として知られ、料理上手だったモネのレシピに基づいて作られた「モネのレシピのはちみつクッキー&ラズベリージャム」が人気の商品です。パッケージにもモネのアートが描かれていて、インスタ映えするので、アート好き、オシャレなもの好きな女子へのお土産にもぴったりです。ティータイムのインスタ用写真を彩ってくれること間違いなしですよ。

「モネのレシピのはちみつクッキー&ラズベリージャム」」の基本情報

・名称: 地中ストア「モネのレシピのはちみつクッキー&ラズベリージャム」」
・住所:香川県香川郡直島町3449-1 地中美術館内
・アクセス:宮浦港からバスで15分
・営業時間: 10:00~18:00(10月~2月は17:00まで)
・定休日: 月曜日休館(祝日の場合開館、翌日休館)
・電話番号: 087-892-3755
・料金::税込み540円(モネのレシピのはちみつクッキー)、税込み648円(モネのレシピのラズベリージャム)

公式ページ

6、甘いものが苦手な人にも!「直島ののり」

直島ののり
出所:https://kagawa.uminohi.jp/information/%E7%9B%B4%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%B5%B7%E8%8B%94%E3%81%8C%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8/

瀬戸内海でとれた海苔は、直島を代表する特産品のひとつです。中でも、初摘みの一番海苔だけの商品は、直島限定!焼き海苔や味付けのり、つくだ煮、とバリエーションもさまざまなので、お好みのものをどうぞ。甘いものが苦手な人へのお土産にもぴったりですね。

「直島ののり」の基本情報

・名称: 直島ののり
・住所:香川県香川郡直島町2249-40(海の駅なおしま内「直島楽市」)
・アクセス:宮浦港から徒歩すぐ
・営業時間: 9:00~18:00
・定休日: なし
・電話番号: 087-892-2299
・料金: 税込み500円




7、アートを持って帰ろう!「草間彌生グッズ」

草間彌生グッズ
出所:https://naoshima.net/

現代アートを体感できる「直島」を象徴するアートとして人気の作品が、草間彌生さんの「南瓜(黄かぼちゃ)」や「赤かぼちゃ」。この「南瓜(黄かぼちゃ)」や「赤かぼちゃ」モチーフのグッズが、直島内では数多く販売されています。

直島限定のグッズもあるので、ここでしか買えないもの、というプレミア感もあり、お土産として最適ですよ。

「草間彌生グッズ」の基本情報

・名称: 「草間彌生グッズ」
・住所:海の駅なおしま、ベネッセハウス ミュージアム、ふるさと海の家 つつじ荘ショップ等
・料金: 税込み300円(赤かぼちゃの缶バッチ)

公式ページ

8、日持ちするお土産と言えば!「SOLASHIO(ソラシオ)」

SOLASHIO(ソラシオ)
出所:https://naoshima.net/omiyage/info/

直島は、縄文時代から製塩が行われてきた塩の島。「SOLASHIO(ソラシオ)」は、完全天日塩で、手間暇かけて作られています。普通の塩よりミネラルも豊富で、しっかりと凝縮されているのに優しい味で、お料理やスイーツの味を引き立ててくれます。

お料理好きな方へのお土産にもぴったりですね。そして、塩なので日持ちするので、安心して持って帰れます。

「SOLASHIO(ソラシオ)」の基本情報

・名称: 太陽塩製造所「SOLASHIO(ソラシオ)」
・住所:海の駅なおしま内「直島楽市」、ベネッセハウスショップ、ミュージアムカフェショップ、直島生協本店、本村L&Aショップ等
・料金:税込み500円(90g袋入)、税込み500円(65g瓶入)

公式ページ

9、可愛いのにコスパも良い!「恋忘れ貝もなか」

恋忘れ貝もなか
出所:https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370103/37000875/dtlphotolst/smp2/

イワタコンフェクトのお菓子からもうひとつご紹介します。「恋忘れ貝もなか」は、直島に立ち寄った崇徳上皇が読んだ歌にちなんで作られたお菓子。リアルな貝の形をしていて、お土産に渡すと、ちょっと歓声が上がる一品です。

しかし、2個で300円とお求めやすい価格なので、見た目のインパクトで考えるとコスパの良いお土産でしょう。

「恋忘れ貝もなか」の基本情報

・名称: イワタコンフェクト「恋忘れ貝もなか」
・住所:香川県香川郡直島町2310~1、海の駅なおしま内「直島楽市」
・アクセス:宮浦港フェリー乗り場から徒歩すぐ
・営業時間:8:00~20:00
・定休日:なし
・電話番号: 087-892ー3179
・料金:税込み300円 (2個)、税込み1,500円 (10個)

食べログページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す