ポートディスカバリー【ディズニーシー】の魅力を徹底調査

ポートディスカバリーの夜景

ポートディスカバリーは、20世紀初頭の時代の過去の人々が理想の未来を描いた、時空を超えた未来のマリーナをテーマにしたエリアです。このエリアには停泊している潜水艇があったり、海や海洋生物を研究するための海洋生物研究所があります。他のエリアとは違った建物や雰囲気が魅力の一つです。ポートディスカバリーを象徴している湾の名前をホライズン湾といいます。潜水艇による海底レースが開催されていて、出走しようとしている潜水艇もあります。

このエリアにある「ホライズンベイ・レストラン」の天井には、前の年に海底レースで優勝した潜水艇が飾られています。また、湾の水面からは、時々水泡が上がってくることが確認でき、この辺りに潜水している潜水艇がいることが分かります。知らないと、見逃してしまうようなことがこのポートディスカバリーにはたくさんあるようです。




ポートディスカバリーにあるアトラクション

ポートディスカバリーには、エリアのモチーフに沿ったアトラクションがあります。ディズニーシーのアトラクションの魅力は、アトラクション自体がおもしろいということはもちろん、それに秘められたバックグラウンドストーリーがあることですよね!待ち時間や利用制限についても詳しくご紹介していきます☆

アクアトピア

アクアトピア

アクアトピアは、ウォーターヴィークルと呼ばれる三人乗りの乗り物に乗って、どこに進むか予測不可能な水上コースを進むアトラクションです。渦巻きの周りをくるくると回転したり、時折急停止したりするのですが、動きが予測できないということや激しい回転があるので乗り物酔いしやすいアトラクションなので、苦手な人は注意した方がよさそうです。

そんなアクアトピアは、2016年にクローズしてしまったアトラクション「ストームライダー」と関係しているアトラクションなのです。ストームライダーが完成したことをお祝いしたフェスティバルを開催した際に、研究者達が普段は研究中のウォーターヴィークルを一般公開して人々に楽しんでもらおうとしたものがアクアトピアです。知らなかった方も多いかと思いますが、このアクアトピアにもバックグラウンドストーリーが存在していたのですね!

アクアトピアの見どころポイント

アクアトピア

アクアトピアの見どころポイントをご紹介していきます☆アクアトピアは、海側とパーク側といった2つのコースが存在します。2つのコースはライドが進むルートやコースが全く違うものとなっています。所要時間は2コースとも同じです。また、それぞれのコースにはそれぞれの魅力があります。アクアトピアはそこまで長い待ち時間も存在しないアトラクションなので、時間に余裕がある方は2つとものコースを体験してみてもいいかもしれませんね♪ちなみに、どちらのコースを選んでも待ち時間は大差ありませんのでご安心を♪

そして、実は夏限定で「びしょ濡れコース」というものに変更されています。普段のアクアトピアは水上を走行しますが、激しく水がかかることはありません。どうしても水上を走行しているため、ちょっぴり水しぶきが飛んでくることはあります。しかし、このびしょ濡れコースは動きが予測不可能なのに加えて、どこからいつ放水されるのかということも予測不可能なのです。結構容赦なく水がかかりますので、濡れたくないという方は、レインコートを準備して乗車した方がよさそうです。

水がかかると言ったところで、アトラクションでそこまで水がかかることはないだろうと思っている方は甘いですよ☆場所によっては顔面にかかることもありますので、心の準備が必要です!このびしょ濡れコースが行われているのは、7月中旬から9月の始め頃なので、気になる方はぜひ体験してみて下さいね☆

また、アクアトピアは夜になるとライトアップされて、とても幻想的な姿を現します。昼間とは全く違った景色をみることができるため、まるで別世界かのように感じるはずです。アクアトピアは身長制限がないため、昼間は家族連れのゲストが多いです。しかし、夜になると小さなお子様がいる家族連れのゲストはかなり少なくなるため、デートで訪れるのもおすすめです☆ライトアップにより、ロマンチックな雰囲気をかもちだしているアクアトピアで、恋人との甘い時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

アクアトピアの待ち時間について

アクアトピアの待ち時間は、平日だと10分から20分前後、週末や祝日などの混雑日には20分から40分ほどです。アクアトピアはファストパス対象のアトラクションではないため、スタンバイで乗車するしか方法はありませんが、待ち時間は他のアトラクションに比べて多くありません。ですから、ファストパスを収得したアトラクションやショーなどの合間に、立ち寄ることができるかと思います。

また、アクアトピアの待ち時間が短くなる時間帯や状況をご紹介します!ズバリ、待ち時間が短くなる時間帯は、夜20時以降です。ディズニーシーから帰宅するゲストは、大きく分けて3パターンの時間帯があります。

1つめは夕方に帰宅するパターンです。夕方に帰宅するゲストは、小さなお子様連れの方や家族連れのゲストが多いです。2つめはハーバーショーが終了した時間帯なので、夜の20時頃です。ここでも家族連れや次の日に仕事があるゲストが徐々に帰宅を始めます。また、帰宅をしなかったとしてもエントランスから近いエリアに集まっていることが多いです。というのも、エントランスから最も近いエリア、メディテレーニアンハーバーでお土産を購入しているゲストが多いんです。

なので、ポートディスカバリーやロストリバーデルタ、アラビアンコーストやマーメイドラグーンなどのディズニーシーの奥にあるエリアは、基本的に夜の20時を越えるとゲストの数が一気に少なくなります。この時間帯になると、アクアトピアの待ち時間は5分から10分ほどになることが多いです。運がよければ、ほとんど待ち時間がないということもありますよ☆

さらに、もう1つアクアトピアが空く状況があります。アクアトピアは完全屋外アトラクションです。そのため、雨の日や悪天候時には待ち時間が短くなる傾向にあります。待ち列は屋根がついていますが、屋外であることには変わりないので、激しい雨が降っている場合は濡れてしまいますので注意しましょう!ちなみに、先ほどご紹介した夏限定のびしょ濡れコースが行われている時は、そもそもアトラクションでびしょ濡れになってしまうので、雨の日でも関係なく混んでいますよ!

雨の日や悪天候時にアクアトピアに乗車する場合は、できるだけレインコートを着用して風邪を引かないように注意しましょう!また、屋外であることに加えて水上を走行するアトラクションなので、夜は特に風が冷たいです。冬などの寒い時期に乗車する際は温かい服装をするように心掛けましょう☆

☆アクアトピアの概要☆

タイプ:ライド
対象:身長制限なし、1人で安定して座っていられない方はご利用不可
所要時間:約2分半
定員・収容人数:3名
雨の日:×




ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

エレクトリックレールウェイ

アメリカンウォーターフロントとポートディスカバリーを結ぶ、のんびりディズニーシーの景色を楽しめる電車です。駅はアメリカンウォーターフロントとポートディスカバリーの二か所にあります。ちょっぴり歩くことに疲れた時やのんびりと景色を見たい人が利用することが多いかと思います。

エレクトリックレールウェイのバックグラウンドストーリー

実はエレクトリックレールウェイにはあまり知られていないバックグラウンドストーリーが存在するのです。アメリカンウォーターフロントの舞台は1912年頃ですが、ポートディスカバリ―は過去の人々が思い描いた架空の未来です。つまり、この電車は時空を超えてやってきているということです。

アメリカンウォーターフロントの駅の壁には、過去の人々が思い描いた未来の絵が飾られています。その絵は、ポートディスカバリー駅周辺の実際の様子のようなものを描かれたものになっています。なんとも不思議で魅力的な話ですよね。このストーリーを知ってから、ぜひエレくトリックレールウェイに乗車してみて下さいね。きっと時空を超えてタイムスリップしているなんて!と不思議でワクワクする気持ちになること間違いなしですね!

エレクトリックレールウェイの待ち時間について

エレクトリックレールウェイ

エレクトリックレールウェイの待ち時間についてをご紹介します♪平日だと、10分から15分、週末や祝日などの混雑日には15分から30分ほどの待ち時間が発生することが多いです。早い時には、5分程度の待ち時間で乗車できることもあります。エレクトリックレールウェイは、ポートディスカバリーとアメリカンウォーターフロントを行き来している移動型のアトラクションなので、少し歩き疲れて一休みしたいという方が利用することが多いです。

ポートディスカバリーとアメリカンウォーターフロントはすぐ隣のエリアですが、アメリカンウォーターフロントはとても広いエリアなので、隣のエリアといえど歩くとなると結構な時間がかかります。そもそもディズニーシーはディズニーランドと違って、通り抜けできる日や近道が少ないため全てのエリアを徒歩で移動するとなるとかなり距離があり、もちろんそのぶん時間もかかります。そんな時に便利なのが、エレクトリックレールウェイやディズニーシートランジットスチーマーなどの移動型アトラクションなんです。

もともと待ち時間が少ないアトラクションなので、特別待ち時間が少なくなったり多くなったりすることはあまりありません。アトラクション内は完全に屋内なので雨の日でも安心して利用することができます。ゆったりとディズニーシーの景色を見ることができるので、歩いてパークを散策するのも楽しいですが、こういった移動型のアトラクションを利用してみるのもまた違った景色を見ることができるのでおすすめですよ☆

☆ディズニーシー・エレクトリックレールウェイの概要☆

タイプ:ライド、移動、周遊
対象:身長制限
所要時間:約2分半
定員・収容人数:42名
雨の日:◎

ニモ&フレンズ・シーライダー【ファストパス対象】

ニモ&フレンズ・シーライダー

ニモ&フレンズ・シーライダーは私たちゲストは、海で暮らす生き物と同じサイズに縮むことができる潜水艇「シーライダー」に乗り込みます。ディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ドリー」に登場するキャラクターたちと同じ目線で、海の世界を冒険することができます。色々なパターンがあり、毎回登場するシーンやキャラクターが変わるので、何度でも楽しめるアトラクションです♪

さらにただ映像を見るだけではなく実際に水がかかったり、本当に泳いでいる感覚を味わうことができます。なんでも私たちゲストが、乗り込む潜水艇はその時に出会った魚たちと同じ大きさや同じ泳ぎ方に変化したりする最新型の潜水艇なのです。そのため、海の生き物たちは潜水艇のことを同じ魚だと思い込み、仲間に入れてくれます。ニモやドリーなどの海の仲間たちと、旅に出かけて様々なシチュエーションを体験することができます☆映画「ファインディング・ドリー」や「ファインディング・ニモ」に登場したたくさんのキャラクター達と一緒に、海の世界での旅を楽しみましょう♪

ニモ&フレンズ・シーライダー待ち時間について

ニモ&フレンズ・シーライダーは、ファストパス対象アトラクションなので、できるだけファストパスを使用して乗車することをおすすめします。子供から大人まで幅広い年代から大人気のアトラクションなので、待ち時間は週末や祝日の混雑時で60分前後は見た方がよいでしょう。平日は30分ほどですが、パークの混雑状況によってはそれ以下で乗車することができる時もあります。

また、家族連れが多い昼間の時間帯は混雑していることが多く、春休みやゴールデンウィークなどの長期休暇中はどうしても学生のゲストが多くなってしまうため、普段よりも待ち時間が長い可能性が高いです。さらに、ニモ&フレンズシーライダーは屋内アトラクションとなっているため、雨の日や悪天候時にも待ち時間が長くなってしまうことがあります。ちなみにアトラクションは完全に屋内ですが、待ち列は屋根がある屋外なので雨が激しく降っている場合は、少し濡れてしまう可能性もあります。なので、できるだけレインコートなどを着用してから並ぶようにしましょう。

ニモ&フレンズ・シーライダーのファストパスについて

ニモ&フレンズデコレーション

ニモ&フレンズシーライダーは、ファストパス対象のアトラクションです。それでは、ファストパスが終了してしまうことが多い時間帯をご紹介します。ディズニーシーの人気アトラクションのファストパスは、早くから終了してしまうことが多いです。例えばソアリンファンタスティックフライトやトイストーリーマニアなどは開園の1時間後にはすでに終了してしまっている可能性がとても高いです。他にもタワーオブテラーやセンターオブジアースは午前中のうちに終了してしまいます。

人気アトラクションのファストパスが揃って終了してしまうとなれば、どのアトラクションのファストパスから収得すればいいのか、と迷ってしまう方も多いかと思います。さらにはファストパスを取得できなければ、今紹介したどのアトラクションも待ち時間がかなり長いですよね。なので、できるだけ前もってパークに訪れる前にどのアトラクションのファストパスから収得するかや、どのエリアから回るかということを決めておくことをおすすめします。

ここで本題ですが、ニモ&フレンズシーライダーのファストパスは午後に入っても残っている可能性が高いです。パークに訪れる時間にもよりますが、優先順位は2番目以降でも大丈夫だと思います。混雑状況によっては午後15時くらいまで残っていることもありますよ♪また、ファストパスを取得するのを後回しにして、もし終了してしまった場合でも、ニモ&フレンズシーライダーは夜になると待ち時間が一気に短くなるので、そのタイミングを狙えば10分ほどの待ち時間で乗車できることもあるので、覚えておきましょう!

☆ニモ&フレンズ・シーライダーの利用制限☆

・身長90㎝に満たない方はご利用できません。
・乗り物に一人で座って安定した姿勢を保っていられない方はご利用になれません。
・妊娠中の方はご利用をご遠慮ください。

☆ニモ&フレンズ・シーライダーの概要☆

タイプ:ライド
所要時間:約5分
定員・収容人数::1キャビンにつき122名
雨の日:○




ポートディスカバリーにあるレストラン!ホライズンベイ・レストラン

ホライズンベイ・レストラン

ホライズンベイ・レストランは、ポートディスカバリーにあるグリルドビーフやハンバーグなどを提供しているレストランです。人々の理想で作られた未来の世界ポートディスカバリーに、時空を越えてやってきたゲストたちをもてなすために作られたレストランなんだそうです。もともとヨットクラブだった場所を改装して作られたんだそう。

ホライズンベイ・レストランは、もともとはディズニーキャラクターダイニングと言って、ミッキーやミニーがテーブルにあいさつに来てくれるサービスがあるレストランでした。事前予約なしの当日でも入ることが可能だったため、とても大人気のサービスだったのですが、2019年7月8日をもって終了してしまいました。

キャラクターダイニングが行われていた時は、そちらだけがプライオリティ・シーティング対象でした。ですが、今はホライズンベイ・レストラン自体がプライオリティ・シーティング対象のレストランへと変更されています。ボリューミーな料理とその種類の多さからも、とても人気のレストランなので注意が必要です!ぜひ、プライオリティ・シーティングを有効活用しましょう♪

プライオリティ・シーティングは、レストランを利用する1ヶ月前から受付が開始されます。公式アプリから予約が可能となっているので、前もって利用日が決まっている場合はできるだけ早く受付をすることをおすすめします。人気のレストランは早くから予約が埋まってしまいますので注意しましょう。

そんなホライズンベイ・レストランのメニューを少しご紹介します♪

☆グリルドビーフ、和風ソース1840円
☆ハンバーグ、デミグラスソース1280円
☆チキンのオーブン焼き、グレイヴィーのオレンジソース1150円
☆サーモンのグリル、タコとイカのトマトソース1150円

他にもスープやサラダ、キャラクターモチーフの可愛いデザートが用意されていますよ♪特におすすめなのが“ベリーハッピー”ラズベリームースケーキ 1630円です。お値段は高めですが、このケーキはミニーマウスモチーフになっていて、とても可愛いんです!女の子のお誕生日のお祝いにピッタリのケーキですよ♪

ホライズンベイ・レストランにはお子様メニューも用意されているので、小さなお子様連れの方にもおすすめのレストランとなっています。さらに、イベントや季節ごとによってのメニューも販売されることが多いレストランなので、その時期にしか食べることができないメニューもぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

☆ホライズンベイ・レストランの詳細☆

サービスタイプ:バフェテリアサービス
座席数:テラス席を含む約500席

ポートディスカバリーにあるレストラン!ベイサイド・テイクアウト

ベイサイド・テイクアウトメニュー

ニモ&フレンズ・シーライダーのすぐ近くにあるお店です。隣はホライズンベイ・レストランです。お店同士が繋がっているように見えますが、入口は別なので間違えないように注意しましょう!映画「ファインディング・ニモ」をモチーフにしたメニューが販売されているお店で、色鮮やかな珍しいフードを食べることができますよ♪写真映えにもぴったりなフードがたくさん販売されているので、ぜひ可愛い写真を撮ってみてくださいね☆

そんなベイサイド・テイクアウトのメニューはこちらです♪

☆寿司ロール(シュリンプ&チキンカツ)
1本 550円

こちらは寿司ロールなのですが、とても色鮮やかで可愛いらしい見た目になっています。お米の部分にはカラフルなふりかけみたいなものがかかっています。ニモ&フレンズ・シーライダーの近くにあるお店だからなのか、このベイサイド・テイクアウトには海に関係のあるフードが多いんです!

☆ニモ&フレンズ・チュロス(オレンジ)
1本 400円

ニモをイメージして作られたオレンジ味のチュロスです。実はこのチュロスは、ここベイサイド・テイクアウトでしか食べられないんです♪ニモの模様をイメージした柄のチュロスになっていますよ♪パークフード定番のチュロスがこんなにもおしゃれに仕上がっている1品です☆

☆ベイサイド・テイクアウトの詳細☆

サービスタイプ:カウンターサービス
座席数:約80席

ポートディスカバリーにあるお土産ショップ!ディスカバリーギフト

ディスカバリーギフトグッズ

ディスカバリーギフトはポートディスカバリーの真ん中に立っているお土産ショップです。ポートディスカバリーのお土産ショップでは一番大きなお店となっていて、ニモ&フレンズシーライダーに登場する海の仲間たちのグッズがたくさん販売されています☆ニモ&フレンズシーライダーと関わりのあるグッズも販売されているので、アトラクションを体験した記念に、ぜひ持ち帰ってみてはいかがでしょうか?

ディスカバリーギフトではニモ&フレンズシーライダーのグッズ以外にも、フェイスタオルや充電器などのすぐに使えるグッズや、カチューシャやファンキャップなどの身につけグッズも多数販売されています。また、季節によってはカイロや冷却パックなども販売されているので、必要に応じて利用してみてくださいね☆アクアトピアに乗車する際に必要な場合があるレインコートや、突然の雨にも安心な傘などの雨具なども販売されている、便利なお店ですよ♪

最後に

ディズニーシーにあるエリア「ポートディスカバリー」の魅力をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ポートディスカバリーは、アメリカンウォーターフロントのケープコッドエリアに住んでいた人々が、思い描いた理想の未来をテーマにして作られたエリアなので、最新技術をふんだんに使ったアトラクションが多いです!これからの未来にはこのポートディスカバリーにあるアトラクションのような、技術を使った機械や乗り物が実際の世界でも登場することがあるかもしれませんね♪まだ見ぬ未来を想像しながら、ポートディスカバリ―での楽しい時間を過ごしてみてくださいね☆




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す