合コン1位、ナンパ1位の県はどこ?47都道府県別3000人デートきっかけ調査

スナップレイスでは日本全国47都道府県に在住の10代~60代男女・約3,000人に、過去に一番多かったデートに発展する出会いのきっかけとそのエピソードについてヒアリングを行いました。その結果をすべて公開します。

47都道府県別にデートのきっかけの比率を全て公開していますので、都道府県別の特徴がわかります。リアルでの出会いが多い県から、マッチングアプリやSNSでの出会いが多い県など様々な特徴がわかりました。

また、出会いのきっかけの多さのランキングTOP3の都道府県も公開しています。さて皆さんの県はどのような結果になったのでしょうか?

さらにスナップレイスでは、全47都道府県別におすすめのデートスポットも調査済みですので、ぜひ合わせてご確認ください。

デートのことならスナップレイスのデート調査で全てがわかります。




47都道府県別3000人デートきっかけ調査について

調査期間と調査方法

47都道府県別3000人デートに関する調査は、2019年12月に10代~60代の男女3,000人を無作為に抽出してスナップレイスが行いました。性別、年齢、おすすめのデートスポット、デートに誘った相手と出会ったきっかけで最も多かったもの、デートへの誘い方・誘われ方についてネットリサーチの方法により調査を行いました。

調査対象3000人の属性

ネットリサーチにより回答のあった3,000人の属性は女性が72%、男性が28%と女性の回答がやや多くなっています。また、年齢は20代が45%、次に30代が35%、40代が15%となっています。ヒアリングは全47都道府県の居住者に対して行いました。

47都道府県別3000人デートきっかけ調査の対象

デートのきっかけ別都道府県ランキング

都道府県居住者別にデートのきっかけとしての手段(複数選択)をヒアリングし、その結果をランキングしています。最も多く選択された都道府県のTOP3をきっかけ別に発表します!あなたの都道府県はどこかにランクインしているでしょうか?

合コンでの出会いTOP3
合コンでの出会いが多い1位は群馬県、2位は愛知県、3位は三重県という結果になりました。合コンが多いということは、身近な近いコミュニティではなく職業や年齢が異なる人との出会いを探している人が多いといえるかもしれません。身近な出会いから一歩踏み出した出会いを求めている人が多いのではないでしょうか。

ナンパでの出会いTOP3
ナンパでの出会いが多い1位は熊本県、2位は福岡県、3位は沖縄県となりました。女性が多い福岡県が2位にランクインしました。

マッチングアプリでの出会いTOP3
マッチングアプリでの出会いが多い1位は滋賀県、2位は愛媛県、3位は岡山県となりました。スナップレイスでは東京や大阪などの都市部がランクインすると想定していましたが、東京や大阪は他の出会いのきっかけなども豊富なことからマッチングアプリの比率は低くランクインならずとなりました。

関連記事:デートアプリとマッチングアプリの徹底比較!恋活と婚活、ユーザー層と出会い方のコツを解説

SNSでの出会いTOP3
SNSでの出会いが多い1位は京都府、2位は福井県、3位は兵庫県となりました。なんと京都がSNSでの出会いが他の都道府県よりも多くなっており、リアルな付き合いだけでなく、ネット上でのコミュニティから出会いを探す人が多いのかもしれません。

職場・学校での出会いTOP3
職場・学校での出会いが多い1位は奈良県、2位は鳥取県、3位は鹿児島県となりました。身近な関係からデートにつなげている人が多い県となります。

習い事での出会いTOP3
習い事での出会いが多い1位は沖縄県、2位は新潟県、3位は静岡県となりました。習い事という共通点からデートに繋げている人が多く、こういった件で習い事をする際には出会いも探すことができるかもしれません。


日本全国のデートのきっかけ割合

デートのきっかけとして最も多かったものを選んでもらった結果を全てまとめると、下記の通りとなりました。3人に1人はやはり職場・学校と、身近な関係からデートに繋げていることが多いことがわかりました。次いで友人・知人の紹介も18%と高い比率を占めています。

その次に割合が高いきっかけがなんとマッチングアプリとなっており、マッチングアプリをきっかけにデートをしている人が12%と、合コンの約9%を上回る結果となりました。合コンよりもマッチングアプリの方がデートありきでの出会いとなるため、デートのきっかけとしてはハードルが低くなっているのかもしれません。

関連記事:デートアプリとマッチングアプリの徹底比較!恋活と婚活、ユーザー層と出会い方のコツを解説

さらに特出すべきはSNSは合計すると6.3%で合コンの次にデートのきっかけとなっているということです。特にTwitterだけではなく最近ではInstagramをきっかけにデートにつながっている方もいるようです。

一方、昔の主流であったお見合いなどは0.1%となっており、デートのきっかけとしての比率は大変低くなっています。

日本全国のデートのきっかけ割合

47都道府県別のデートのきっかけ割合

次に47都道府県別のデートのきっかけ割合(最も多かった一つを選択)を見てみましょう。身近な出会い(職場・学校、友人・知人の紹介、部活・サークル、バイト)の比率が多い順に並んでいます。

グラフを見ると身近な出会いからデートにつながる可能性が高いのが岩手県、宮城県、長崎県、宮崎県、奈良県の順で多くなっています。一方、身近な出会いの比率が少ないのが熊本県、徳島県、福岡県、岡山県、群馬県となっております。意外な結果となっているのではないでしょうか?

是非皆さんの出身地も確認してみてくださいね。グラフはクリックで拡大できます。

47都道府県別のデートのきっかけ割合


47都道府県別のリアルな声

ここでは47都道府県別に実際のデートのきっかけのエピソードを抜粋してご紹介します。各都道府県ごとにどのような出会いがあったのか、覗いてみましょう。

マッチングアプリのpairs

愛知県

41才女性:会社の先輩に誘われて5人対5人の飲み会に参加をしました。その飲み会に参加した人皆んなで、連絡先を交換しました。その飲み会に参加をしていた人の中で自分のタイプの人と意気投合をしたので、後日ライン電話をしたり、ラインを何回かしました。それから約1週間後に、2人で遊びに行こうと相手からライン電話で誘われました。

青森県

37才女性:友達の知り合いで、4人などでいつもご飯やお酒を飲みに行って、いろんな話をしていました。ある時、水族館に話題になったのですが、わたしだけ行った事がありませんでした。その後に、2人で水族館に行こうと誘って貰いました。そこで、告白をされ付き合うことになりました。
今では、結婚して初デートの場所に子供を連れて行っています。

秋田県

28才女性:マッチングアプリで彼と知り合い、実際にあってみようということにメッセージ上でなったため、お食事を2回ほどした。話も合い、意気投合したため、付き合ってみないか?という告白をされたので付き合った。その後、彼がもっている車でデートしたい。と誘われたため、私もドライブが好きなので一緒に音楽を聴きながら、お弁当をもってすきなところへ行っている。

石川県

32才女性:同じ職場で私から好きになり、最初は何人かで飲み会に行ったりカラオケに行ったりと少しずつ距離を近づけて行きました。しばらくしてバレンタインのお返しに一緒にご飯に行こうと向こうから誘われて、それが初めて2人きりで出かけるきっかけとなった日となり、結果的に付き合うことになった日でした。そして現在の旦那です。

茨城県

43才男性:僕は、高校の1年生の時、盲腸で入院していました。僕の病室に来る若い女性の看護師さんがいました。毎日、顔を合わせるので、だんだんと仲良くなり、退院するころには仲良く話もするようになっていました。退院の際にお礼を言いました。その際にデートに誘いました。その時の返事は、OKでした。その当時の看護師さんが、今までずっとサポートしてくれています奥さんです。

岩手県

27才女性:友人にいい人がいると紹介され、何度かラインや電話でやりとりをしました。そのあと、よかったら一緒にごはん食べに行こうと誘われました。仕事がお互い休みの日に彼が美味しいとおすすめのお店にごはんを食べに行きました。初対面で緊張しましたが、話も弾み、ごはんを食べながら色々話した後時間があったので雑貨屋や本屋などお店を見て回りました。

愛媛県

52才女性:出会いのきっかけとなった合コンの翌週に、ちょうど花火大会がありました。最初は合コンのメンバーみんなで「花火に行こう」と盛り上がっていたのですが、スケジュールを確認すると行けない人が続々と。一旦は、「じゃあ、この話はお流れだね」となっていたのですが、解散の時にこっそり耳元で「二人だけで花火行かない?」と言われました。それが初デートのお誘いでした。

大分県

41才女性:コンパで連絡先を交換し、相手より「ご飯食べに行こう」とLINEで誘われる事が多かったです。私も飲みに行くのが好きでしたから、どの彼氏ともそう言った状況が初デートだったと思います。ただ違ったのは現在の主人、初デートは釣りでした。5号地に釣りに行こうと最初に会ったコンパで約束して、半月後にはそれを実行しました。釣果は稚鯛が2匹でしたけど。。

大阪府

29才女性:もともと友達も一緒に大勢で飲みに行く友達でした。そこから、ラインをするようになり、今度二人で飲みにいこうと誘われて飲みに行きました。ちゃんとしたデートは3回ほど飲みに行ったあとに、映画に誘われてデートをしました。それまでは、友達として飲みに行っている感じでしたが、映画に行ってからは恋愛感情ももつようになりました。

岡山県

26才女性:仲良くなって話をしていたら、ラーメンがお互いに好きだということがわかりました。彼が、美味しいラーメン屋さんを知っているから今度食べに行こうと誘われました。その場では了解したものの、お酒も飲んでいたので、実行されないだろうなと思っていたら、翌日、仕事終わりに連絡がきて、きちんと連れて行ってくれました。

沖縄県

28才女性:友達の友達と飲みに行った席で意気投合し、みかん狩りしたいなーの一言から盛り上がっていき、地元なので詳しいとゆうことで、連れて行こうか?案内するよ!と、言われました。飲み会の中で連絡先交換はせず、社交辞令で言ったのかな?なんて思っていたら友達からその相手に連絡先教えていいか?と聞かれ、ラインでやりとりするようになり、いつ行くかー?とすぐにラインがきて、みかん狩り、ネオパークと美ら海水族館へいきました。

香川県

32才女性:テニスの社会人サークルで出会った人で、相手はテニス経験者で私は素人だったので、テニスを教えてほしいと伝え個人的にレッスンしてもらう約束をしました。テニスの後にご飯食べに行く流れにしました。サークルでは会うがなかなか2人だけで会う機会がもてなかったのでどうにか2人になりたかったからです。

鹿児島県

26才女性:当時は中学生で、周りに付き合っているのがばれるのがはずかしくて、私の1番好きな小説に手紙を挟んでやり取りしてました。ある日その手紙に、週末部活がない日に水族館に行こうと書いてありました。その年の学校の写生大会で水族館の周辺に行った時に、中に入ってみたいと私が話していたことを覚えていてくれたのだととても嬉しくなりました。

神奈川県

48才女性:結婚まで考えていた失恋したうえに失職して落ち込んでいた時、ペットショップで可愛いハムスターを見つけた。飼おうかどうか悩んでいた時、当時の友人で恋人無し、動物好きだけど仕事の都合で飼えず、一人で寂しい生活をしていた現在の夫を「可愛い動物見に行こう!」と誘った。それがキッカケとなり、今度は逆にペットショップへ誘われ、ハムスターを二人で面倒見ようと交際を開始したのはいい思い出。

岐阜県

27才女性:相手と趣味の話をしていた際に、車が好きで、運転することも好きだと聞きました。私は運転が苦手なので、色んな所へ行けるのが羨ましいと話しました。そうしましたら、自分がどこへでも連れてってくれると言ったので、当時行ってみたかった場所を提案してみたら、連れてってくれることに。冗談まじりで話したので、まさか本当に連れてってもらえるとは驚きでしたが、楽しいデートをすることができました。

京都府

41才女性:お互いラーメン好きだったので、軽いノリで仕事終わりにラーメン行こう!から始まり、晩ご飯に誘われるようになりました。それから徐々に、オシャレなカフェやレストランに連れて行ってくれるようになり、デートっぽくなっていきました。結局、いつからがデートだったのか分からずじまいでした。それも彼の策略だったかもしれません笑

熊本県

32才女性:通っていたジムのインストラクターの男性と仲良くなり、会話が増えていきました。それから、美味しそうなお店の話になり、インストラクター数名と会員数名でご飯を食べに行きました。それから、居酒屋に行ったり、カラオケに行ったりして何度か遊びました。そんな中で、今度は二人でご飯を食べに行かないかと誘っていただき、初めて二人でデートをしました。

群馬県

37才男性:バイトの初日に自分が一目惚れしてしまい、その日に告白した子をスノーボードデートに誘いました。まだ、返事も聞いてなかったので滑り終わった後、もう一度、告白をやり直してみるとOKの返事をもらえてうれしかったです。その後に、二人で近くのパスタの店で夕食をして家まで送り彼女を車から降ろした後、一人でにやけながら帰りました。

高知県

34才女性:学生時代のバイト先の店長に、休憩中二人きりになったタイミングで誘われました。雑談していて、当時は自分が県外にあまり出たことがないという話から、「それじゃあ連れて行ってあげる、どこ行きたい?」というようなフランクな感じでした。もともと好感を抱いていた方でしたし、雑談からの流れで遊びに行きたいなら連れて行ってあげるよ、いやなら断っていいし、という雰囲気で話してくれました。

33才男性:お互い動物が好きと言うこともあったのですがたまたま読んだ高知新聞の記事で全国動物園ランキングでのいち動物公園が2位だということを知り全国的に評価が高い事を知りました。そこでこの記事の事を伝えてお互い中学生の時以来行ってないねと言う話になりそれじゃあ一緒に行ってみないかと誘ってデートする流れになりました。

埼玉県

42才女性:毎朝いつも同じ時間に会う他校の先輩が好きになり、クリスマスやバレンタインなどイベント毎に勝手にプレゼントと手紙を送っていて、数年経ったくらいにいきなり自宅に電話がかかってきて、あの時は余裕がなかったんだけど、あの時のお礼に良かったら一緒に出かけたりしませんか?とお誘いがあり、半ば強引に日にちを設定され行くことになった。

佐賀県

43才女性:私自身、とても甘い物好きだったこともあり、その情報を何処かで聞きつけた彼が、県内のお菓子どころのリサーチなどをした結果、小城市内へ初デートすることになりました。小城市は日本有数の羊羹の産地、私がそのデートを断る理由はありませんでした。結局、彼の作戦勝ちだったのかもしれません。11月下旬にある、羊羹祭りに行ったのですが、いろんな店舗のイチオシの羊羹を試食しながら買い物が出来て、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

佐賀県

23才女性:前から好きだった人を勇気を出して告白し、デートまでこぎつけました。手を繋ぐとか出来なくて二人で並んで歩いてるたけですっごく嬉しかったです。二人で洋服を見たり、アクセサリーを見たり、彼にとっては退屈だったかも知れないけど一緒にいてくれただけでも、その一日がとても特別な時間に感じられて凄く幸せだったのがいい思い出です。

滋賀県

28才男性:マッチングアプリにてマッチングしたあと、相手の趣味や住んでいる所の話などをして、大体一週間程度話が続き盛り上がってきた所で、一度会って話してみたいから食事でもどうですかとお誘いした。
その後、日にちや場所のやり取りをして、相手の好きな食べ物や住んでいる場所に合わせて、相手に極力負担をかけないような場所選びをした。

静岡県

43才男性:私はコンビニでアルバイトしている時に、買い物に来た女性です。コンビニのそばに住んでいた彼女は毎日の様に来店してました。彼女が来るたびに多少の話をするようになり、思い切って食事に誘いました。彼女も初めはビックリしておりましたがOKしてもらう事が出来ました。食事にの際に次の食事の約束。数回後には告白、付き合う事になりました。その彼女は、今の奥様です。

島根県

35才女性:職場の同期で、入職時に3週間の研修があり、そこで同じ班になりました。最初はお互いただの同期としか思っていませんでしたが、グループワークやグループ発表などの話し合いを通して、価値観が似ていることや、相手を尊敬できることに気がつき、研修が終了して、1カ月程経った休日にご飯を食べに行こうと初デートに誘われました。

千葉県

42才女性:こんど帰省する時にいとこにお土産買って帰らないとなんだけど、小さい女の子がいてどんなのがいいかなぁ?という話になり、あれこれ例をあげたもののじゃぁどこに行けば買えるかなどらちが明かなくなり、じゃぁ良かったら一緒に来てもらえませんか?と言われ一緒に行くことに。でも買い物以外に食事したりゲームセンターに寄ったり実質デートになった。

東京都

31才女性:友人主催のカフェの貸し切りイベントで出会いました。その場では、あんまり話ができませんできたが、帰り際に周りにいた人達でFacebookで繋がる事になりました。次の日、自分から昨日は楽しかった、ありがとうとお礼のメッセージを送ってメッセージのやりとりをすることになり、その流れで初デートに誘ってもらいました。

徳島県

39才女性:最初は偶然知人と一緒にいたというだけで彼を紹介され、なんとなくお互いを意識しあうようになり、話をするようになっていました。彼はその頃口ひげを生やしていて、私は口ひげが好きでなかったので、「剃ったら?」と適当な気持ちで言うと、次に話をした時に自分の誕生日が近いので誕生日に剃ると言うので、「私はその方が好き」と答えていました。数日後に剃った顔を見せてくれたときに初めてデートに誘われ、「ドライブに行こう!」と誘われ、そこから彼氏彼女になりました。

栃木県

27才男性:行きつけのバーで”新人バーテンダー”だと”紹介された彼女のかわいさに惹かれました。通う頻度を上げ、毎回彼女の気を惹くようなネタをもっていき、彼女の笑顔が見たいがためにトーク術も学びました。彼女とは共通点もたくさんあり、是非ともお店ではなくプライベートでの彼女を見てみたいと思い、通い詰めた先に初デートのお誘いをしました。

鳥取県

44才女性:たまたま誘われて行った飲み会に来ていた相手が気に入ってくれ、2人でたくさん話しました。その後にLINEを交換し、終わってから今日はお疲れ様からLINEが続き、今度2人で飲みに行かない?と誘われました。嫌いなタイプではなかったので、2人で飲んでみるのもいいかなと思い始めていたので、日程調整して会う日にちを決めました。

富山県

40才女性:友人の結婚式二次会で出会いました。その時に「気が向いたら連絡ください」と連絡先を貰ったのですが、しばらく放置してて。でもなんとなく気になったので、日があいたのですが連絡したら「ご飯どうですか?」と誘われ、ご飯にいくことに。その時は付き合う・付き合わない関係なく会ってご飯を食べるだけですが、思った以上に話が盛り上がって、ご飯後にお茶をしに行くことに。お茶をしてその日はお別れしたのですが、日に日に気になってきて、LINEしたら「またご飯行きたいです」と相手に言われ、即効「私もです!」でとんとん拍子に話が進み、2回目のご飯へ。その日からお付き合いが始まりました。

関連記事:デートアプリとマッチングアプリの徹底比較!恋活と婚活、ユーザー層と出会い方のコツを解説

SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す