Rubenshuis(ルーベンスの家)

Rubenshuis(ルーベンスの家)
by https://www.facebook.com/Rubenshuis/photos/a.138908919507690/2910790235652864/?type=3&theater
17世紀にフランドルバロックの画家として活躍したルーベンスが、修業時代を終えマントヴァ公の宮廷画家としてイタリア滞在後に住んだ建物です。1610年から1640年に没するまでの29年間住み続け、フレミッシュ・ルネッサンス様式の建物を自ら設計してイタリア風に改装しています。ルーベンスの没後荒れ果てていた邸宅を1937年に市が買い上げ、終戦後再建されて市立博物館として現在に至ります。この家で2000点に及ぶ作品が生まれ、館内には彼の作品も展示されています。

周辺の類似スポットを地図で見る

Rubenshuis(ルーベンスの家)の基本情報


【スポット】Rubenshuis(ルーベンスの家)
【ふりがな】るーべんすのいえ
【 住所 】Wapper 9-11, 2000 Antwerpen
【アクセス】Antwerpen Meir Metroから徒歩5分
【最寄り駅】Antwerpen Meir Metro
【営業時間】10:00〜17:00
【 料金 】10€


公式ページ


Rubenshuis(ルーベンスの家)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

子どもたちは耳鼻科。 30分程並んで受付。 一旦家に戻って、洗濯干して朝食の片付けして…。 三連休初日の午前九時過ぎ時点で、だいぶ疲れた…。 ルーベンスの絵が見える…👼


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。