台湾観光スポット30選!人気の観光スポットを一挙公開。初心者もリピーターも必見

彩虹眷村
photo by @where_is_coz

2泊3日の短い旅行でも十分に楽しむことができる台湾。日本からも1時間半~4時間と比較的短時間のフライトで行くことができます。沖縄などの人にとっては、東京に行くより近いという身近な感覚のある場所だと思います。日本人にとって人気の海外旅行先として親しまれていますよね。近年は台湾と日本各地を結ぶ便が増え、さらには格安の航空券も充実しており、台湾旅行に行ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。また、台湾には日本のコンビニやチェーン店が出店しており、日本が好きだという人も多くいます。日本人の観光客も多いため、日本語が通じる場所も多く、初めての海外だという方でも行きやすい場所です。

今回は、そんな台湾の定番観光地の紹介から離島の紹介まで行います。台湾に行くのが初めてという方も行ったことがあるという方も必見です。




1.台北101ショッピングモール

台北101ショッピングモール
photo by @cecchi_k

台北にある高層ショッピングモールです。その名の通り、フロアは101階あります。外から建物を見上げるとその高さにびっくりします。上品な雰囲気が漂う館内には、世界各国の高級ブランドやカジュアルブランドが数多く揃っており、ゆっくりとショッピングを楽しむことができます。さらに、ショッピングを楽しんでいて、お腹が空いた場合も安心。フードコートで、台湾料理や各国の料理を食べることができます。フードコートであれば、複数人であってもそれぞれが好きなお店を選んで食べることができますね。フードコートではありませんが日本人に大人気の鼎泰豊も出店していますので、美味しい小籠包も食べることができますよ。
また、89階には屋内展望台、91階には屋外展望台もあり、台北の街を眺めることができます。台北の街をいつもと違った視点から見ると新しい発見もあるかもしれませんね。

住所:台北市信義區信義路5段7號
アクセス:MRT台北101/世貿駅下車。出口4を出てすぐ。
営業時間:11:00〜21:30(日〜木)、11:00〜22:00(金土祝前)
入場料:展望台は、600元

もっと見る

2.九份老街

大人気のジブリ映画『千と千尋の神隠し』を思わせるような街並みが続く、九份老街。台湾観光では定番の人気スポットです。ガイドブックの表紙を飾る写真を見て台湾に行くなら一度は行ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。この九份老街では、様々なお土産買ったり、グルメを味わったりできます。「芋圓」や「魚丸」といった九份名物のグルメをぜひ楽しんでみてください。雑貨、パイナップルケーキなどの定番台湾土産を購入するのもいいですね。夕暮れ時には、明かりが灯りノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。また、建物やお店に目がいきがちですが周りの風景も綺麗なので、ぜひ風景も楽しんでください。注意点としては、九份は、雨が多い土地なので、雨具を持っていた方が良いかもしれません。

住所:新北市瑞芳區九份
アクセス:MRT忠孝復興駅のバス停から直通バスで1時間半。
営業時間:店により異なる。
入場料:なし

3.士林夜市

台湾でとても有名な夜市である「士林夜市」は、地元の人やたくさんの観光客が訪れ、賑わっています。台湾の美味しいグルメを食べ歩くことができるとても大きな夜市です。有名な「士林豪大大鶏排」のフライドチキンを食べることができるのもこの士林夜市。顔より大きなフライドチキンは定番!インスタに投稿するのも良しです。他にも、台湾の定番B級グルメやふわふわのかき氷などお腹いっぱいになるまで楽しんで台湾の夜の賑やかな雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

開店の時間は、お店により異なりますが、17:00頃よりちらほらと開店を始めます。

住所:台北市大東路、基河路周辺
アクセス:MRT劍潭駅より徒歩5分
営業時間:店により異なる。
入場料:なし




4.中正紀念堂

中正紀念堂の中正は、蒋介石(中華民国初代総統)の本名である蒋中正からきています。蒋介石が亡くなった後に蒋介石の追悼のために建てられました。蒋介石の遺品を見たり、功績を知ることができる「蒋公文物展視室」や蒋介石に関する書物などを扱う「中正紀念図書館」などもあり、蒋介石についての理解を深めることができます。

また、毎日9:00〜17:00までの間に1時間に1度、衛兵交代式が行われています。兵隊さんたちのパフォーマンスは見る価値ありです。

住所:台北市中山南路21號
アクセス:MRT中正紀念堂駅を出てすぐ。出口5が正門に近いです。
営業時間:紀念堂9:00〜18:00 紀念公園5:00〜24:00
入場料:無料

5.故宮博物院

台湾観光の大定番スポット「故宮博物院」は、世界の4大博物館の中にも数えられる国立の博物館です。およそ70万点の宝物が収蔵されているといわれており、その中から6000〜8000点の宝物が常時展示されています。展示されている物は、定期的に入れ替えが行われているため、初めての方もそうでない方も楽しむことができます。中でも、「肉形石」や「翠玉白菜」は、とても有名で海外の博物館へと出張していることもあります。すばらしいお宝の数々をじっくりと楽しんでみてください。お土産ショップでは、展示されているお宝に関連した商品が数多く販売されています。ボールペンや耳かきなど面白いものもあるので、じっくりとお土産を選んでみてください。

住所:台北市士林區至善路2段221號
アクセス:MRT士林駅からタクシーで約15分、バスの場合は、駅から225,304,紅30,小18,小19いずれかのバスに乗車し「故宮博物院前」で下車
営業時間:8:30〜18:30(金土は21:00まで)

6.龍山寺

この龍山寺は、もともと中国からの移民である漢民族の人々が建てたもので、台北の中でも歴史あるお寺です。多くの地元の人たちも参拝しています。柱や天井の細かな細工も見どころの一つです。学問、子宝、商売、恋愛など様々なたくさんの神様が祀られています。

参拝する際は、「龍門」と呼ばれる右手の入り口から入って、「虎門」と呼ばれる左手の出口から出るというのが決まりです。間違えないように注意しましょう。

縁結びの神様として有名な月下老人も祀られていますので、恋愛成就を望む方はぜひ訪れてみてください。売店ではお守りや数珠なども販売されています。

また、MRT龍山寺駅の地下街には、占いブースも並んでいます。台湾の占いに興味があるという方はついでに行ってみるといいですよ。

住所:台北市萬華區廣州街211號
アクセス:MRT龍山寺駅で下車。出口1より出ます。
参拝時間:6:00〜22:00
入場料:なし

7.淡水

この淡水と呼ばれる地域では、散歩をしながら食べ歩きや観光をしたり、お土産を買ったりとゆったり散歩をしながら楽しむことができます。お土産を探すなら、様々なお店が並ぶ淡水老街がおすすめです。淡水名物の魚酥や梅ジュースなどを味わうこともできます。その他にも歴史を感じる淡水礼拝堂周辺や夕日を楽しむことができるカフェなどもあります。自分に合った過ごし方で淡水を楽しんでみてください。また、フェリーに乗ってクルーズを楽しんだり、「漁人碼頭」や「八里」に行ってみたりするのもいいですよ。「漁人碼頭」は、デートスポットとしても人気の場所で夕焼けがとても綺麗でロマンチックな雰囲気を味わうことができます。

住所:台北市淡水區
アクセス:MRT淡水駅で下車
営業時間:店により異なる
入場料:なし

8.猫空ロープウェー

「猫空ロープウェー」という名前から、メルヘンな乗り物を想像した方もいるのではないでしょうか。動物の猫ではなく「猫空」は地名です。鉄観音茶の産地としてよく知られています。パンダが目玉の台北市立動物園がある動物園駅からロープウェーに乗ることができます。猫空駅までは、20〜30分程で到着します。床が透明なクリスタルキャビンが台数限定であり、猫空の景色を堪能できます。猫空駅に到着した後は、樟樹歩道を散歩したり、眺めを楽しんだりして楽しみましょう。

歩き疲れたら、カフェで休憩するのもいいですね。猫空には、猫のクッキーがのった人気のソフトクリームもあります。のんびりとした時間を過ごしてみてください。

住所:台北市猫空
アクセス:MRT動物園駅からロープウェーに乗車
営業時間:9:00〜21:00(火〜木),9:00〜22:00(金・祝前日),8:30〜22:00(土・祝),8:30〜21:00(日・祝日連休最終日)
料金:動物園駅〜猫空駅120元

9.三峡老街

赤レンガの街並みが続く三峡老街です。この赤レンガが並ぶ街並みは、日本統治時代に完成したといわれており、当時の名残を感じることのできる場所です。雑貨や食べ物などのお店が並び、お土産を購入することもできます。歴史を感じる街並みの中でゆっくりとショッピングを楽しむといいですね。また、「金牛角」というパンが売られています。クロワッサンのようなパンなのですが、日本人がイメージするクロワッサンよりも歯ごたえのある食感です。チョコレート、いちご、抹茶、バニラなど様々なフレーバーがあります。

住所:新北市三峡區
アクセス:台湾鉄道の鶯歌駅からタクシーで300元(料金)ほど
営業時間:店により異なる
入場料:なし

10.台北霞海城隍廟

迪化街の中にある廟で、「月下老人」という台湾で最も有名な縁結びの神様が祀られています。恋愛成就や出会いを求めてたくさんの人が参拝をするために訪れて居ます。参拝の方法には、細かい決まりがありますが日本語ができる人もいますので、参拝の方法がわからなくても安心です。月下老人の誕生日や旧正月、バレンタインデーには、特に多くの人が参拝に訪れ長蛇の列をなすこともあります。そのため、この時期は避けてお参りに行くがいいかもしれません。また、「月下老人」の他にも神様が祀られているので、参拝する際にはぜひ他の神様にもお参りをしましょう。

住所:台北市大同區迪化街1段61號
アクセス:MRT北門駅出口2より徒歩約10分
参拝時間:6:16〜19:47
入場料:なし




11.迪化街

老舗の問屋が続く迪化街は、漢方、乾物などの問屋で賑わっています。様々なドライフルーツや豆類、杏仁粉などお土産に良さそうなもの、高級食材であるフカヒレやアワビなどを乾燥させたもの、漢方薬など様々乾物や漢方薬を手に入れることができます。日本では、出会えない珍しい食材にも出会えるかもしれませんね。その他にも、雑貨やカフェ、布問屋などもありショッピングを楽しむことができます。旧正月の時期には、お正月の買い出しにたくさんの地元の人で賑わっていますよ。台北霞海城隍廟のお参りと合わせて観光してみてはいかがでしょうか。

住所:台北市大同區迪化街
アクセス:MRT北門駅出口2より約10分
営業時間:店により異なる
入場料:なし

12.台北市立動物園

広大な敷地の中に400種類以上というたくさんの動物がいます。1日かけてゆっくりと楽しむのもいいですね。「台湾で動物園?」と疑問に思うかもしれませんが、台湾ならではの動物との出会いもありますよ。また、この動物園の目玉はパンダです。日本では大混雑パンダ見物もこの台北動物園では、休日の混雑時以外では、整理券無しで見学できます。家族連れにもおすすめのスポットです。ショッピングや古跡、博物館では、退屈な子どもたちも動物園にくれば大喜びではないでしょうか。パンダ館のショップでは、パンダグッズを購入できますよ。たくさんの可愛らしい動物に癒やされます。

住所:台北市新光路2段30路
アクセス:MRT動物園駅出口1よりすぐ。
営業時間:9:00〜17:00(入園は16:00まで)、旧正月の大晦日は休園。その他、館によって休館日が異なりますのでご確認ください。
入場料:12歳以上60元、6歳〜12歳30元、6歳未満無料

13.台北戯棚

伝統芸能である京劇を楽しむことができる台北戯棚です。言葉を超えて楽しめるパフォーマンスなので、観劇という選択もいいのではないでしょうか。月・水・金曜日は約60分の上演、土曜日は約90分の上演です。オンラインでの予約が可能なので、事前に予約をしておけば、当日に慌てずに済みますね。京劇の上演の他、資料の展示なども行われています。ぜひ、伝統芸能にも触れて有意義な時間を過ごしてみてください。公式サイトでは、プログラムなども公開されています。日本語に対応しているので、台北戯棚を訪れる前には要チェックです。

住所:台北市中山北路2段113號3階
アクセス:MRT民權西路駅より徒歩6分
営業時間:20:00開演(月・水・金・土)
料金:550元(月・水・金・土)880元(土) 

14.宝覚寺

正式名称は宝覚禅寺という寺院。高さ30メートルという巨大な布袋様が参拝客を迎えてくれます。この布袋様を見て「あれ?」と思う方もいるのではないでしょうか。このニコニコと微笑んでいる布袋様は、七福神の一人として日本人にもよく知られていますよね。このお寺は、1927年に建立されたお寺です。当時の台湾はまだ日本に統治されていました。そのため、台湾で亡くなった日本人の共同墓地もこのお寺の中にはあります。日本人にとって、ゆかりのあるお寺ですね。優しく微笑む巨大な布袋様を拝みに訪れてみてはいかがでしょうか。

住所:台中市健行路140號
アクセス:台湾鉄道台中駅よりタクシーで10分
参拝時間:9:00〜17:00
入場料:なし

15.台中市役所

台中市役所の建物は、1911年に建てられ、行政機関などの建物として長い間使用されていました。しかし、1999年に起こった台湾中部大地震によって大きく損傷。2016年に2年に及ぶ第二期の修復工事が完了し、一般の人たちにも公開されるようになりました。過去には、行政機関などとして使用されてきた建物でしたが、現在では、飲食店が入り、レトロな空間を楽しめる観光地として愛されています。日本統治時代の名残を感じることができる歴史ある建物です。

住所:台中市民權路97號
アクセス:台湾鉄道台中駅から徒歩10分
営業時間:10:30〜20:30
入場料:なし

16.逢甲夜市

家族連れや学生、観光客などで賑わう台湾でも最大級の夜市です。逢甲商圏といわれるエリアで、台湾のB級グルメがたくさんあります。焼きたての胡椒餅や日船章魚小丸子(台湾のたこ焼き)、牛B糖葫蘆(フルーツの串刺し)などお祭り気分で楽しめます。基本的には年中無休で営業されていますので、毎日通って色んなものを食べてみるのも楽しいですよね。また、洋服や雑貨などのお店もあるので、いろいろと散策してみるといいでしょう。賑やかな台湾の夜を楽しんでみてください。

住所:台中市西屯區福星路~文華路~逢甲路周辺
アクセス:台湾鉄道台中駅、または高鉄台中駅からタクシーで約25分。路線バスもあり。
営業時間:店により異なる
入場料:なし

17.宮原眼科

宮原眼科
photo by @mizuu12

この宮原眼科は、1927年に宮原武熊という医師が開院した医院の建物を改装し再利用しています。宮原眼科という名前から「病院が観光地?」と思った方もいるのではないでしょうか。現在は、病院ではなくパイナップルケーキで有名な日出グループが商店として営業しています。パイナップルケーキや伝統菓子、台中名物の太陽餅などの他、宮原チョコレートや宮原特選茶といったお土産にぴったりの商品も販売されています。また、宮原眼科では、アイスクリームが有名です。

日本統治時代の名残が残る歴史を感じる店内でショッピングを楽しむことができますよ。パッケージのかわいい商品たちは、お土産にも喜ばれるのではないでしょうか。

住所:台中市中區中山路20號
アクセス:台湾鉄道台中駅から徒歩5分
営業時間:10:00~22:00
入場料:なし

もっと見る

18.彩虹眷村

彩虹眷村
photo by @where_is_coz

テレビ番組や雑誌などでもよく取り上げられるスポットです。ちなみに眷村とは、軍人村という意味です。そしてこの彩虹眷村は、その名のようにとてもカラフルなスポットとなっています。しかし、最初からカラフルだったわけではありません。きっかけは、住民であったおじいさんが灰色の壁にペンキで絵を描きはじめたことでした。これにより、カラフルで芸術的な村へと変化を遂げ、再開発で取り壊される予定だった村が、観光地としてたくさんの人々が訪れる場所となりました。元は軍人村だったとは思えない鮮やかな景観は、インスタ映え間違えなしです。ポストカードや傘などの記念品も購入できます。とても可愛らしいデザインなのでお土産として購入するのもありです。

住所:台中市南屯區春安路56巷
アクセス:台湾鉄道台中駅からタクシーで約30分
営業時間:住宅地です。早朝や夜間の訪問は控えましょう。
入場料:なし

もっと見る

19.神農街

View this post on Instagram

@d2368934がシェアした投稿

台南にある老街の一つです。ノスタルジックな雰囲気が漂う街並みを楽しむことができます。さまざまなお店やカフェが並びますが、特に猫好きにはたまらないのが肥猫故事館です。店内には、猫の写真の展示や猫のお菓子や雑貨など猫に関連する商品も販売されています。本物の猫にも出会うことができますよ。

この神農街の中には、お店やカフェだけでなく、廟もありますので立ち寄ってお参りするのもいいでしょう。また、夜には明かりが灯り、昼間とは違った雰囲気を感じることができるので、日が暮れる頃に訪れるのもおすすめです。

住所:台南市神農街
アクセス:台南駅から市バス88番に乗車、神農街水仙宮バス停にて下車。
営業時間:店により異なる
入場料:なし

20.烏山頭水庫

八田與一という日本人をご存知でしょうか。彼は、日本統治時代に台湾の農業の発展に尽力した日本人技師で、台湾では教科書に登場するほど、よく知られる存在です。この烏山頭水庫は、八田與一が設計したとても大きなダムです。現在の金額では約5000億円と言われるほどの大規模な工事が行われ、彼は台湾の人々、日本の人々とともにダムを完成させました。敷地内の八田與一記念館で彼の功績や当時の様子を知ることができますよ。

また、ダムの近くには八田與一の銅像も残っています。台湾の人々の八田與一への思いの強さと八田與一の台湾の人々への思いを知ることができるスポットです。八田與一の名前も知らなかったという方も一度訪れてみると彼の設計したダムの大きさに驚くでしょう。

住所:台南市官田區嘉南里68-2號 烏山頭水庫公園
アクセス:高鉄嘉義駅から車で約1時間20分
営業時間:6:00〜18:00
入場料:大人200元




21.花園夜市

台南最大と言われる夜市です。この花園夜市は、北部の夜市とは異なり、定休日があります。なぜなら、流動夜市だからです。流動夜市の屋台は、固定の屋台ではなく、いろいろな夜市で営業を行う形をとっています。同じ屋台が別の日には違う夜市にいるということもあるのです。台北の夜市を想像している方は不思議な感じがするかもしれませんね。花園夜市は、食べ物のエリアと買い物やゲームを楽しむエリアに分かれいますので目的に合わせて楽しめます。美味しいグルメや買い物を存分に楽しみましょう。

住所:台南市北區海安路三段與和緯路三段交叉口
アクセス:台鉄台南駅よりタクシーで10分〜15分
営業時間:木/土/日の18:00〜24:00
入場料:なし

22.台湾国立文学館

View this post on Instagram

@kn____3jpがシェアした投稿

台南の州庁として使われていた建物が現在では、国立の文学館として利用されています。日本統治時代の建物が多く残る台南ですが、この文学館もその一つです。「台湾文学の内なる世界」「古い建築の新たな生命」という平常展の他、特別展もあります。現在(2018年12月)行われているのは「拡張文学・デジタル職人特別展」という展示です。普段は触れることがない台湾の文学についての理解を深めましょう。また、13歳以上であれば本を閲覧できる図書館(身分証もしくはパスポートが必要)もあります。

また、カフェでは、コーヒーや軽食を味わうこともできます。台湾の文学を楽しんだあとは、このカフェでゆっくりと休憩をしてもいいですね。

住所:台南市中西區中正路1號
アクセス:台鉄「台南」駅徒歩約20分
営業時間:9:00~18:00(月曜日休館)
入場料:なし

23.台南孔子廟

台南にある孔子を祀った廟です。孔子は儒教の創始者として有名ですよね。孔子の教えを弟子たちがまとめた「論語」。「温故知新」などの言葉は、「論語」を読んだことがないという人でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。台湾各地にある孔子廟の中でも最も古い廟だといわれています。「儒教ってなんだ?」と思う方もいるかもしれませんが、敷地の中を回ることで、台湾の人々の信仰を知るきっかけとなるのではないでしょうか。

孔子は学問の神様でもあるため、学問成就のためにお参りするのもいいですよ。

住所:台南市中西區南門路2號
アクセス:台南駅から市バス2番または6番に乗車、建興國中バス停下車後徒歩約3分
営業時間:8:30~17:30
入場料:25元

24.大天后宮

台南にある媽祖廟です。媽祖とは海の守り神である女神で、たくさんの台湾の人々から信仰されています。この大天后宮は最高位の国家一級の古跡にも認定されていて台南ではとても有名な観光スポットです。。ご利益がすごいと様々な所から、たくさんの人がお参りに訪れています。また、この大天后宮の隣には、縁結びの神様として有名な月下老人が祀られた廟があります。月下老人といえば、台北の台北霞海城隍廟や龍山寺が浮かぶ方が多いと思いますがこの祀典武廟にも祀られています。大天后宮だけでなく、祀典武廟でもお参りしてみてください。恋愛が成就するかもしれませんよ。

住所:台南市永福路二段227巷18号
アクセス:台湾鉄道台南駅から、徒歩約20分。
参拝時間:6:00~21:00
入場料:なし

25.六合観光夜市

高雄の夜市の中で一番有名な夜市です。昼間は普通の通りですが18:00ぐらいになるとお店が出始め、夜市へと変化していきます。名前の通り観光夜市なので、観光客向けのお土産なども購入できるのがこの夜市の特徴です。高雄は港町なので、シーフードを使った食べ物を提供するお店も多くありますが、しっかり管理、調理されている食べ物を選び、体調を崩さないように気をつけてください。また、高雄の定番ドリンク木瓜牛乳(パパイヤミルク)の屋台もあります。食べ歩きやお土産の購入など、高雄の夜市を楽しみましょう。

住所:高雄市前金區六合二路
アクセス:KRT「美麗島」駅で下車徒歩2分
営業時間:店により異なる
入場料:なし

26.駁二芸術特区

駁二芸術特区
photo by @may84xoxo

駁二芸術特区は、蓬莱倉庫群エリア、大勇倉庫群エリア、大義倉庫群エリアと3つのエリアに分けられています。それぞれのエリアにオブジェなど様々な芸術作品が置かれていて面白い個性的な作品を鑑賞できます。写真を撮るのも面白いですよね。また、倉庫群という名の通り、倉庫が並んでおり、中では雑貨を売っていたり、カフェがあったりと買い物なども楽しむことができ、パイナップルケーキで有名な微熱山丘の店舗などもあります。のんびり過ごすことができ、家族連れでも楽しめるスポットです。

住所:高雄市鹽埕區大勇路1號
アクセス:KRT「鹽埕埔」1番出口下車。徒歩約5分。
営業時間:月~木 10:00~18:00/金~日 10:00~20:00
入場料:なし

もっと見る

27.蓮池潭

この蓮池潭という湖の周辺には、塔や寺院などがあり観光客が多く訪れます。中でも有名なのが「龍虎塔」というスポットです。大きな龍と虎の口が入り口と出口になっている塔です。入り口は龍の口、出口は虎の口ですので間違えないように気をつけてください。なぜなら、龍は一番良い動物、虎は一番悪い動物として考えられているためです。台湾の廟にお参りする際にも龍門から入り、虎門から出るという決まりがありますよね。龍の口から入った後は、塔に登って外を眺めたり、細工を見たりと楽しんで見てください。塔の上り下りで良い運動にもなるスポットですよ。

住所:高雄市左營區翠華路1435號
アクセス:高鉄左営駅からタクシーで10分弱
営業時間:8:00~17;00
入場料:なし

28.高雄市立歴史博物館

高雄の歴史を詳しく知ることができるスポットです。この歴史博物館の建物も日本統治時代に建てられたもので、当時は市庁舎として利用されていました。日本の建築物らしく、瓦屋根になっています。2004年には、市定古跡にも指定されました。常設展示、特別展の情報は、ホームページからも確認することができます。ホームページは日本語にも対応していますので安心です。展示の他にも、文献センターで資料を読むこともできます。(2日前までに要予約)。展示や資料から高雄や台湾への理解を深めるのもいいですね。

住所:高雄市鹽埕區中正四路272號
アクセス:高雄MRT鹽埕埔2番出口から徒歩3分
営業時間:9:00~17:00(月曜日休館)
入場料:なし

29.澄清湖

台湾の西湖とも呼ばれている有名な湖です。とても大きく美しい人工湖であり、蒋介石の別荘地でもありました。敷地はとても広いので、時間のない方はすべてをまわるのは難しいかもしれませんが、ゆっくりのんびりと散歩をしたい方にはとてもおすすめのスポットです。淡水館や塔、公園などもありますよ。また、チケットを購入してバーベキューを楽しむこともできるので、大人数で訪れてみんなでワイワイ自然の中で過ごすのもいいですよね。自然の中でゆっくりと癒やされてみてはいかがでしょうか。

住所:高雄市鳥松區大埤路32號
アクセス:高雄駅から60番の市内バスに乗車、「澄清湖」下車
営業時間:4月〜9月6:00~18:00。10月〜3月6:00~17:30
入場料:なし

30.美麗島駅

美麗島駅
photo by @may84xoxo

2012年にアメリカの旅行サイトで「世界で最も美しい駅」第2位に選ばれた美麗島駅です。駅構内の中央にある光のドームは、ドーム型に4500枚のステンドグラスが輝いています。4年半という長い年月をかけて作られたこのステンドグラスの美しさは人々を魅了します。1日3回11:00/15:00/20:00に行われる光のショーではステンドグラスの色が変化しさらに美しいです。(金土日17:00/土日19:00も追加されます。)また、この美麗島駅は、六合観光夜市の最寄り駅でもあるので、夜市へと出かける前に立ち寄ってみるのもいいですよ。

住所:高雄市新興區中山一路115號B1
アクセス:KRT美麗島駅下車
営業時間:6:00〜24:00
入場料:なし

もっと見る

番外編

ここからは、番外編です。台湾には、7つの離島がありますが、今回はその中でも3つの島について紹介していきます。台湾にはもう何度も訪れていて、本島とは違った台湾の離島を楽しんでみたいという方や台湾は初めてだけど、日本人の観光客が少ない離島に行ってみたいという方などはぜひご覧ください。

離島1.澎湖(ポンフー)

台湾のハワイとも呼ばれる離島です。台湾の人にも旅行先として人気の島です。台北の松山空港より国内線に乗り、約1時間で到着します。綺麗な海や美しい自然を楽しむことができます。牡蠣などの海産物や仙人掌アイスなどのグルメも有名です。また、観音亭や天后宮、篤行十村、二嵌など歴史的な観光スポットも多くあります。あまり大きな島ではないので、車やバイクを使って色んな観光地を巡ることができますよ。のんびりと自分のペースで楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、何日か宿泊するという方は、さらに離島である吉貝島や七美島などに足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。マリンスポーツを楽しむこともできますよ。真っ白い砂浜のビーチはとても感動します。

オンシーズンは4月〜9月で、オフシーズンは10月〜3月となっています。冬には、風が強くなります。オフシーズンには、観光船したり、お店が休業したりというようになるので、オンシーズンに訪れることをおすすめします。夏は、日差しが強いので、日焼け対策を忘れずに行いましょう。

アクセス:松山空港より国内線で約1時間。高雄空港などからも飛行機が出ています。

離島2.小琉球

台湾のリゾート地である小琉球という島です。珊瑚礁によってできている島で、歩いても2時間程で島が一周できてしまいます。ゆっくり時間のある方は歩いて、時間が惜しい方はバイクを借りて島をまわるのと良いでしょう。小琉球は、冬でもあまり寒くなく、穏やかな気候のため、1年を通して楽しむことができるという魅力があります。新鮮な海産物を味わったり、シュノーケリングで魚やウミガメを見たりすることもでき、夕方の海には沈んでいく美しい夕日を眺めることもできます。小さな島ですが、民宿もあるので、宿泊するのもいいかもしれませんね。

日帰りで楽しめる離島なので、宿泊する余裕はないという方でも気軽に行きやすい島でしょう。台湾本島はもう何度も観光したという方や台湾でリゾート気分を味わってみたいという方は、少し足を伸ばして小琉球に訪れてみてはいかがでしょうか。

アクセス:高雄の「東港碼頭」という港から船で30分程度

離島3.金門

金門島は、海岸から中国の福建省の街が見えるほど、中国にとても近い島です。そんな金門島は、中国内戦時には、最前線の島でもあったため激戦が繰り広げられました。その後、1992年に台湾国民はビザ無しでも訪問することができるようになり、1994年に外国人も足を踏み入れることができる島となりました。現在では、海軍の基地も一般開放されており、見学をすることができます。金門島にはその他にも、観光できるスポットがあり、民宿もあるので宿泊も可能です。台湾と中国の複雑な歴史を感じる島を訪れてみてはいかがでしょうか。

アクセス:台北より飛行機で50分ほど


台湾の観光スポットを30スポットと番外編として台湾の離島を紹介しました。旅行先としては、日本と桃園空港を結ぶ飛行機が一番多いため、台北が一番有名かもしれませんが台湾全土に渡って面白い観光スポットがたくさんあります。また、それぞれの地域の美味しいグルメや街並みや雰囲気を楽しむのも台湾旅行の魅力の一つです。一度の旅行では、全てを回ることはできませんが計画を立てて、台湾の観光スポットをたくさん巡ってみてください。中国語がわからなくて不安だという方は、まずは、台湾の中でもの日本人観光客の多い台北に行ってみてはいかがでしょうか。台湾の魅力にハマってしまうかもしれません。また、LCCや各航空会社の早割などを使うとお得に台湾旅行を楽しむことができますよ。

日本から近く、日本語を見かけることも多い台湾ですが、とはいってもやはり外国です。日本と異なる文化やマナーもあります(地下鉄の駅内で飲食禁止など)。また、台湾の祝日や正月は日本とは異なりますので、旅行の際には注意してください。その他にも日本とは異なるマナーなどにも要注意です。きちんと情報をチェックし旅行を楽しみましょう。




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す