【2020】東京のドライブスポット20選♡夜景・観光名所や人気上昇中の行楽地も!

東京ドライブスポット
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000188796/activity/l0000120AF/

世界中から高いブランド力を持つ都市として認知されている「東京」。数多くの観光客を迎える日本の玄関としても魅力があり、歴史的な名所や緑あふれるドライブスポットなどが結集しています。

今回は、そんな都内でドライブを楽しみたい方向けに、日帰り観光やプチ旅行、夜景デートなどに最適なおすすめ観光スポットを取り揃えました。夜の運転が苦手な初心者ドライバーさんにとっても、安心安全なスポット情報が満載ですよ!




1.お台場海浜公園

お台場海浜公園
photo by miiiya___000

フジテレビ本社ビルのほか東京ビックサイトなどの大型レジャー施設を有する、東京随一の観光エリア・お台場。中でも、東京湾を望むように広がるお台場海浜公園は、定番の人気デートスポットです。夏場の潮干狩りやウォータースポーツを楽しんだり、園内の緑溢れるテラスでのランチタイムを満喫したりと、心身のリフレッシュにも最適。

日没後は、目先に架かるレインボーブリッジや高さ12.5メートルの自由の女神像がライトアップされ、幻想的な夜景に目を奪われるでしょう。都会らしい街の営みや夜空の輝き、水辺の情景が何層にも合わさって、格好のフォトスポットに様変わりします。

【 住所 】〒135-0091 東京都港区台場1
【アクセス】首都高速1号台場線/台場出口より都道482号線を直進
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 読み方 】おだいばかいひんこうえん
【公式サイト】http://www.tptc.co.jp/park/01_02

もっと見る

2.東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジ
出所:https://www.kouwan.metro.tokyo.lg.jp/kanko/gatebridge/

東京ゲートブリッジは東京湾を一望できる全長2,618mのトラス橋で、レインボーブリッジと並ぶ夜景の名所となっています。見る角度によって橋梁の表情が異なり、斜めからの眺望がまるで顔を突き合わせた2頭の恐竜に見えることから、「恐竜橋」とも呼ばれます。

ドライブデートの場合はよそ見運転とならないよう、橋のたもとにある「若洲キャンプ場」などから、イルミネーションに照らされるゲートブリッジを楽しむのがおすすめです。

【 住所 】〒136-0083 東京都江東区若洲
【アクセス】首都高速湾岸線/新木場ICより約4km
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 読み方 】とうきょうゲートブリッジ
【公式サイト】https://www.kouwan.metro.tokyo.lg.jp/kanko/gatebridge/

3.葛西臨海公園

葛西臨海水族園
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_13123cc3320040660/

臨海公園には、バーベキュー広場や大観覧車、ホテル、展望レストランなどの園内施設が充実しています。そのほか水族館・鳥類園などの見どころや、春から夏にかけて賑わう水遊び場、自然豊かな散策路があり、楽しみ方は季節によっても盛りだくさん。

首都高速湾岸線にほど近く、お子様連れのビギナードライバーやはじめてのドライブデートにもぴったりのリゾートスポットですよ。

【 住所 】〒134-0086 東京都江戸川区臨海町6−2
【アクセス】首都高速湾岸線/葛西IC下車すぐ
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 読み方 】かさいりんかいこうえん
【公式サイト】http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/

もっと見る




4.六本木ヒルズ

六本木ヒルズ
photo by @nanapapa521

洗練された東京のビジネス街でありながら、華のあるおしゃれスポットとしても人気を集めているのが六本木エリア。そんな街を象徴する六本木ヒルズには、展望台をはじめ、映画館や美術館、レストラン、ショッピングストアなどの商業施設が取り揃っています。

「東京シティービュー」のスカイデッキからは高層ビル群や富士山などを眺望でき、時間帯によって変わる大都会のドラマを存分に見て楽しむことも可能です。

【 住所 】〒106-6108 東京都港区六本木6−10−1
【アクセス】首都高速「渋谷」「霞が関」「飯倉」「芝公園」出口下車 10分
首都高速「外苑」出口下車 15分
【営業時間】ショップ 11:00〜21:00 レストラン 11:00〜23:00
【 料金 】東京シティービュー 一般1,800円
学生(高校・大学生) 1,200円
子供(4歳~中学生) 600円
シニア(65歳以上) 1,500円
【 読み方 】ろっぽんぎヒルズ
【公式サイト】http://www.watpho.com/th

もっと見る

5.東京タワー

東京タワー
photo by @m_9095t

オレンジ色に灯る東京のシンボルとして、夜空に君臨するのが東京タワーです。定番の夜景スポットでありながら、季節の街並みや日々の天気によって観賞の趣きが異なり、それこそが根強い人気の理由となっています。ドライブデートの雰囲気にも合い、スカイツリーに次ぐ地上333mからの絶景には定評があります。

【 住所 】 〒105-0011 東京都港区芝公園4−2−8
【アクセス】首都高速都心環状線/芝公園出口より7分
【営業時間】9:00~23:00(最終入場22:30)
【 料金 】大人(高校生以上) 1,200円
子供(小中学生) 700円
幼児(4歳以上) 500円
【 読み方 】とうきょうタワー
【公式サイト】https://www.tokyotower.co.jp/

もっと見る

6.マクセル アクアパーク品川

マクセル アクアパーク品川
photo by @lezyne_caad10

音と光と映像で魅せる水族館として異彩を放っているのが、ここアクアパーク品川です。注目のドルフィンパフォーマンスは、季節や昼夜で演出が異なり、非日常の世界を体感することができます。

光と音で創るショータイムや美しい水槽の中の情景が同水族館の持ち味となり、訪れる家族連れからカップルまでを盛り上げ、魅了します。可愛らしい海の生きものと息を呑む美しさ、臨場感を楽しむなら、目的地はアクアパーク品川で決まりです!

【 住所 】 〒108-8611 東京都港区高輪4−10−30 品川プリンスホテル内
【アクセス】首都高速中央環状線/五反田出口下車
【営業時間】10:00~22:00(最終入場21:00)
【 料金 】大人(高校生以上) 2,300円
小・中学生 1,200円
幼児(4歳以上) 700円
【 読み方 】マクセル アクアパークしながわ
【公式サイト】http://www.aqua-park.jp/aqua/

もっと見る

7.東京都庁

東京都庁

新宿駅周辺の人気夜景スポットであり、かつ無料の展望室を利用できるのが東京都庁です。地上202mの高さからは都内の絶景やランドマークはもちろんのこと、晴れた日には富士山までを一望できるかもしれません。カフェ・バーが併設されているため、ロマンチックな雰囲気を醸し出したいドライブデートにはうってつけです。

【 住所 】 〒163-8001 東京都新宿区西新宿2−8−1
【アクセス】首都高速4号新宿線/新宿IC下車
【営業時間】9:30~23:00(最終入場22:30)
【 料金 】無料
【 読み方 】とうきょうとちょう
【公式サイト】http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/

もっと見る




8.コニカミノルタプラネタリア TOKYO

コニカミノルタプラネタリア TOKYO
出所:https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/information/

コニカミノルタプラネタリア TOKYOとは、2018年12月に有楽町でオープンした最新鋭の多目的プラネタリウム施設です。宇宙を体感できるVRアトラクションや有名アーティストとのコラボ作品、生演奏とともに楽しむプラネタリウムなどが話題を集め、新時代のエンターテイメントとなっています。

未来的なデサインのドーム空間やチェアシートまでが気分を盛り立ててくれて、今までになかった没入感と一体感に驚いてしまいますよ。

【 住所 】 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2−5−1 9F
【アクセス】JR・東京メトロ有楽町駅からすぐ
【営業時間】10:30~22:00(最終受付21:00)
【 料金 】プログラムにより異なる
【 読み方 】コニカミノルタプラネタリア とうきょう
【公式サイト】https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/

9.よみうりランド

よみうりランド
出所:https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/ASPP0200.asp?hidSELECTPLAN=a0plx&hidSELECTCOD1=09190&hidSELECTCOD2=001

こちらは絶叫マシーンや大観覧車、ゴーカートなどの幅広いアトラクションが楽しめるファミリー遊園地です。屋外プールやアイススケートリンクといった季節ごとのイベントのほか、ジュエルイルミネーションやショーなども開催されます。園内がカラフルにライトアップされる夜は、優美で大人な世界をめいっぱい体感させてくれるでしょう。

【 住所 】 〒206-8725 東京都稲城市矢野口4015-1
【アクセス】首都高速4号線中央高速/稲城IC直結 稲城大橋より約2km
【営業時間】9:30~20:30
【 料金 】入園料 大人(18歳~64歳) 1,800円
中高生 1,500円
小学生・シニア(65歳以上) 1,000円
未就学児(3歳以上~小学生未満) 1,000円
【 読み方 】よみうりランド
【公式サイト】http://www.yomiuriland.com/

もっと見る

10.浅草寺

浅草寺
photo by @tatsu5123

「雷門」や「浅草観音」で著名な東京都内最古の寺院・浅草寺。年間3千万人の観光客により日々混雑している名観光地で、年間を通じて開催される行事イベントも、まさに必見の価値ありです。日没後は雷門・宝蔵門・本堂・五重塔がライトアップされ、昼間の様相が変わることも、同寺が人々に決して飽きられない理由の一つです。

【 住所 】 〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
【アクセス】首都高速6号向島線/駒形IC下車
【拝観時間】4月~9月:6:00~17:00
10月~3月:6:30~17:00
【 拝観料 】無料
【 読み方 】せんそうじ
【公式サイト】http://www.senso-ji.jp/

もっと見る

11.羽田空港

羽田空港
出所:https://www.jalan.net/news/article/200945/

まるでテーマパークのように賑わう空の玄関口が、東京の羽田空港です。離着陸する飛行機を眺めることのできる展望デッキからプラネタリウム、キャラクターショップやグルメまで、あらゆる遊び場を提供してくれます。

ドライブスポットとしての楽しみ方は多様にあり、家族でプチ旅行気分を楽しむのも、カップルで大人なデート気分を演出するのも自由。第1・第2ターミナル、国際線ターミナルと、エリアごとの展示コーナーを比べ楽しんでみては?

【 住所 】〒144-0041 東京都大田区羽田空港
【アクセス】高速湾岸線/空港中央出口下車
【運用時間】24時間
【 料金 】施設により異なる
【 読み方 】はねだくうこう
【公式サイト】https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/

もっと見る

12.国営昭和記念公園

昭和記念公園
photo by @shin_s_k

東京ドームの約40倍を誇る広大な敷地には、季節の花々や緑が溢れ、今もなお都会のオアシスとして存在する国営公園です。レインボープールやドックラン、フットサルコートなどのアクティビティが充実し、気持ちのいい汗を流すことができます。

そのほか日本庭園やこもれびの里、盆栽苑を訪れ、シックなひとときを過ごすのもよさそう。バーベキューやレストラン、カフェ、茶屋といったグルメにも事欠きません。

【 住所 】〒190-0014 東京都立川市緑町3173
【アクセス】中央自動車道/国立府中ICより8km
【営業時間】3/1~10/31 9:30~17:00
11/1~2/末日 9:30~16:30
4/1~9/30の土・日・祝 9:30~18:00
【 料金 】入園料 大人(15歳以上) 450円
小人(小中学生) 無料
シルバー(65歳以上) 210円
【 読み方 】こくえいしょうわきねんこうえん
【公式サイト】http://www.showakinen-koen.jp/

もっと見る

13.日原鍾乳洞

日原鍾乳洞
photo by @sdcsdc.e718

日原鍾乳洞は、東京の西多摩郡奥多摩町日原にある全国有数の鍾乳洞です。東京都指定の天然記念物で、山岳信仰が根強く残る神聖な洞穴が広がっています。特徴的な模様の岩肌やつららのようにぶら下がる鍾乳石は、まさに自然が創った芸術そのもの。ライトアップされた空間では、さらなる幻想的な景観と壮大な歴史の趣きをスナップに収めることができます。

【 住所 】〒198-0211 東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
【アクセス】中央高速八王子ICから国道411号を約90分
【営業時間】4/1~11/30 8:00~17:00
12/1~3/31 8:30~16:30
【 料金 】大人(高校生含む) 800円
中学生 600円
小学生 500円
【 読み方 】にっぱらしょうにゅうどう
【公式サイト】http://www.nippara.com/nippara/syounyuudou/syounyuudou.html

もっと見る




14.都立桜ヶ丘公園 ゆうひの丘

都立桜ヶ丘公園 ゆうひの丘
出所:http://www.city.tama.lg.jp/0000000392.html

東京多摩エリアの中でも知名度の高い夜景鑑賞スポットが、都立桜ヶ丘公園ゆうひの丘です。やや牧歌的な公園の雰囲気と夜景の美しさがマッチし、階段やベンチからの眺望と写真撮影を楽しむことができます。芝生に寝転がりながら星空を眺め、静かで落ち着いた時間を過ごすのもよさそうです。

【 住所 】〒206-0021 東京都多摩市連光寺3-25
【アクセス】桜ヶ丘公園駐車場から徒歩約8分
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 読み方 】とりつさくらがおかこうえん ゆうひのおか
【公式サイト】http://www.city.tama.lg.jp/0000001541.html

15.高尾山

高尾山
出所:http://komekami.sakura.ne.jp/archives/3125/dsc_1117

古くは修験道の霊山とされ、現代までに数多くの登山者を生み出してきた高尾山。都心からのアクセスが良好な上、初心者向きのハイキングコースでは気軽に登山を楽しむことができます。

点在するパワースポットや名物グルメ、山頂からの絶景と、どれも見逃せない高尾山ならではの要素ばかり。日帰り温泉の「京王高尾山温泉 極楽湯」も、目的地リストに加えておきたいものです。

【 住所 】〒193-0844 東京都八王子市高尾町
【アクセス】中央自動車道八王子JCT経由/圏央道高尾山IC下車
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 読み方 】たかおさん
【公式サイト】https://www.takaotozan.co.jp/

もっと見る

16.勝どき橋

勝どき橋
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000188796/activity/l0000120AF/

勝どき橋は、隅田川の最も下流に架かる、国内でも少数の可動橋(跳開橋)です。周辺には築地市場や築地本願寺、月島などの有名スポットがあり、交通量が非常に多くなっています。また夜間のライトアップでは、橋のアーチ部分がグリーンに彩られる一方、水平部はブルーに光り輝きます。

【 住所 】〒104-0045 東京都中央区築地築地6丁目/勝どき1丁目
【アクセス】勝どき駅から直線距離で440m
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 読み方 】かちどきばし

もっと見る

17.奥多摩湖

奥多摩湖
出所:https://www.okutama.gr.jp/site/sightseeing/

豊かな自然が望めるドライブコースを好む場合は、奥多摩エリアを選ぶといいでしょう。東京の奥深くに眠る人造湖・奥多摩湖に向かうまでの道順では、山々の眺望や季節の草花を目の当たりにすることができ、爽やかな空気にも満たされます。

ハイキングやピクニック、キャンプを楽しむのもいいですし、絶景を主役に2人で語り合うドライブデートも捨てがたいですね。

【 住所 】〒198-0223 東京都西多摩郡奥多摩町原5
【アクセス】奥多摩駅から青梅街道国道411号線を約15分
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 読み方 】おくたまこ
【公式サイト】https://www.okutama.gr.jp/site/sightseeing/

もっと見る

18.東京ミッドタウン日比谷

東京ミッドタウン日比谷
出所:https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/

こちらは2018年3月29日に開業し、日本初の出店やユニークな店舗が相次いでいる大型複合施設です。ショッピングをはじめ、芸術文化やエンターテインメントが凝縮し、大人が積極的に楽しむことのできる工夫がなされています。6階の「パークビューガーデン」からのスマートな景色も醍醐味の一つです。

【 住所 】〒100-0006 東京都千代田区有楽町1−1−2
【アクセス】首都高速道路/霞ヶ関出口より約5分
【営業時間】11:00~21:00
【 料金 】施設により異なる
【 読み方 】とうきょうミッドタウンひびや
【公式サイト】https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/




19.東京スカイツリー

東京スカイツリー
photo by @riku4230

今や都内の絶対的な行楽スポットに数えられるのが、東京スカイツリーです。地上634mの高さから大都会を360度見渡すことができる体験には、驚きと感動で胸が一杯になるでしょう。展望回廊でのイベントやタワーの足元にある「すみだ水族館」、プラネタリウム、東京ソラマチなどの見どころが数多く出揃っています。

【 住所 】〒131-0045 東京都墨田区押上1−1−2
【アクセス】首都高速都心環状線/駒形出口より8分
【営業時間】8:00~22:00(最終入場21:00)
【 料金 】当日セット券 大人(18歳以上) 3,100円
中人(中・高生) 2,350円
小人(小学生) 1,450円
【 読み方 】とうきょうスカイツリー
【公式サイト】http://www.tokyo-skytree.jp/

もっと見る

20.Circus Outdoor TOKYO

Circus Outdoor Tokyo
出所:http://circusoutdoor.com/

Circus Outdoor TOKYOは、2018年3月にオープンした豪華で贅沢なグランピング施設です。「何もしないことをする」をテーマとし、ラグジュアリーなテントに泊まりながら、シェフ自慢のコース料理をいただくなど、夢のような時間を手にすることができます。

奥多摩エリアならではの絶好のロケーションに心が癒やされるとともに、いつまでも記憶に残るアウトドア体験が実現するでしょう。

【 住所 】〒198-0225 東京都西多摩郡奥多摩町川野290−1
【アクセス】JR奥多摩駅から25分
【営業時間】15:00(チェックイン)~翌10:00(チェックアウト)
【 料金 】宿泊プランにより異なる
【 読み方 】サーカス アウトドア トーキョー
【公式サイト】http://circusoutdoor.com/




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す