臼杵磨崖仏

臼杵磨崖仏
by https://www.jalan.net/kankou/spt_44206af2170020533/
平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻され、九州初の国宝に指定された石仏群です。隠れ地蔵とも呼ばれる山王山石仏、日本の石仏の中でも最高傑作と呼ばれる中尊の大日如来が彫られた古園石仏、豊かな表情をたたえるホキ石仏第二群など、見事な石仏に圧倒されます。臼杵石仏公園を挟んだ向かい側には鎌倉時代後期に造られた宝篋印塔、満月寺などの見どころもあります。

おしゃれで少し気の強いアヤコ
臼杵磨崖仏、インスタ映え間違いなし!歴史と自然が融合した絶景スポットよ。行く価値あり!
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
臼杵磨崖仏、歴史好きにはたまらない場所だね。彫刻のディテールがすごくて、見ていて飽きないよ。
冷静沈着な猫のニャンタ
臼杵磨崖仏は国の重要文化財で、平安時代から鎌倉時代にかけて作られた石仏群です。
周辺の類似スポットを地図で見る

臼杵磨崖仏の基本情報


【スポット】臼杵磨崖仏
【ふりがな】うすきまがいぶつ
【 住所 】大分県臼杵市深田804-1
【アクセス】JR日豊本線 臼杵駅 タクシー約10分
【最寄り駅】臼杵駅
【営業時間】8:30~17:00(最終入場16:30)
【 料金 】大人550円、高校生300円、小中学生200円
【クーポン】公式ウェブサイトにて割引クーポンあり


臼杵磨崖仏の概要

臼杵磨崖仏(うすきまがいぶつ)は、大分県臼杵市深田に位置する日本有数の石仏群です。平安時代から鎌倉時代にかけて彫られたとされる約60体の石仏が、臼杵市の山中に点在しています。特に有名なのは、国宝に指定されている「大日如来像」や「阿弥陀如来像」で、その精巧な彫刻技術と保存状態の良さが訪れる人々を魅了します。

臼杵磨崖仏の楽しみ方

臼杵磨崖仏を訪れる際の楽しみ方は多岐にわたります。まず、石仏群の見学は必須です。臼杵磨崖仏は四つのエリアに分かれており、それぞれに異なる特徴を持つ石仏が配置されています。特に「大日如来像」や「阿弥陀如来像」は、その精巧な彫刻技術と保存状態の良さで一見の価値があります。これらの石仏は、平安時代から鎌倉時代にかけて彫られたもので、当時の仏教文化や彫刻技術を感じることができます。

次に、臼杵磨崖仏の周辺を散策するのもおすすめです。石仏群が点在する山中は自然豊かで、四季折々の風景を楽しむことができます。春には桜が咲き誇り、秋には紅葉が美しい景色を作り出します。自然の中で静かに石仏を眺めることで、心が癒されることでしょう。

また、臼杵磨崖仏の近くには「臼杵石仏資料館」があり、ここでは石仏に関する詳しい情報や歴史を学ぶことができます。資料館では、石仏の制作過程や修復の様子を紹介する展示があり、より深く臼杵磨崖仏について理解することができます。

さらに、臼杵市内には多くの観光スポットやグルメも楽しめます。臼杵市は「臼杵ふぐ」で有名で、新鮮なふぐ料理を堪能することができます。また、歴史的な街並みが残る臼杵城下町を散策するのもおすすめです。古い町並みや寺院、神社を巡りながら、臼杵の歴史と文化に触れることができます。

最後に、臼杵磨崖仏を訪れる際には、ガイドツアーに参加するのも一つの楽しみ方です。地元のガイドが詳しく解説してくれるため、石仏の歴史や背景をより深く理解することができます。ガイドツアーは事前予約が必要な場合があるので、訪れる前に確認しておくと良いでしょう。

臼杵磨崖仏は、歴史と自然が融合した魅力的な観光スポットです。石仏の美しさと臼杵市の豊かな自然、そして地元の文化を存分に楽しむことができるでしょう。

臼杵磨崖仏へのアクセス

臼杵磨崖仏へのアクセスは、JR臼杵駅からバスで約20分です。臼杵駅から「臼杵石仏前」行きのバスに乗り、「臼杵石仏前」バス停で下車すると、徒歩約5分で到着します。また、車で訪れる場合は、大分自動車道の臼杵ICから約10分の距離にあります。駐車場も完備されているので、車でのアクセスも便利です。

大分のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。