養寿院

養寿院
by https://www.jalan.net/kankou/spt_11201ag2130009548/kuchikomi/0001683561/
寛元元年(1243年)に河越太郎重頼の曾孫となる河越経重が開基し、大阿闍梨円慶法師が開山した天台宗の寺院でした。天文4年(1535年)に曹洞宗に改めた後は、江戸時代は川越城主の庇護のもとに栄えて、今の菓子屋横丁一帯は元々は養寿院の門前町として賑わいました。養寿院には、川越経重が新日吉山王社に納めた国の重要文化財に指定されている銅鍾や河越太郎の墓と伝えられる五輪塔、川越城の七不思議の一つとされている堀川夜討の戦乱の場面をえがいた一双の屏風画のうち酒井重忠が寄進した半双があります。

観光マップで見る
Google Mapで見る

【スポット】養寿院
【 住所 】川越市元町2-11-1
【アクセス】東武バス:小江戸名所めぐりバス T11|札の辻 徒歩3分。イーグルバス:小江戸巡回バス E15|菓子屋横丁 徒歩2分




SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

橋本 翔は、兵庫県尼崎市開明町にある、法華宗本門流の大本山。塔頭が六院ある(本教院、一乗院、恵運院、養寿院、本成院、尭運院)。

さみだれの あとに出でたる 玉の井は 白坪なるや 一宮かは(第62番札所・天養山 観音院 宝寿寺)

川越養寿院地蔵菩薩:地蔵尊の頭部を表現した石仏。菓子屋横丁の裏手すぐのところに所在する。江戸時代には御朱印十石を賜るなど、曹洞宗の古刹といわれていた。板東八平氏の一つ秩父氏の出の河越太郎重頼の曾孫にあたる経重が、1244年に開基し… twitter.com/i/web/status/1…

六十二番  天養山観音院 宝寿寺 御詠歌   さみだれのあとに出でたる玉の井は白坪なるや一の宮かは    伊予の国(愛媛県)#shikokuhenro #followmeJP


埼玉のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事


ツイートフェイスブックシェアLINEで送る
友達にも教えよう

takeshitadori
属性 竹下通り
日本のカワイイ文化発祥の地。プチプラなファッショングッズから個性的なお店まで並び毎日数多くの日本人や観...
enoshimasuizokukan
属性 新江ノ島水族館
新江ノ島水族館は右手に富士山、左手に江ノ島、目の前には相模湾が広がるという絶好のロケーションに位置し、...
大輦
属性 大輦
ソース味のスープに紅ショウガや青のりが乗せられた、まるで飲む焼きそばみたいな風貌をもつこちらのラーメン...

写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


地図から探す 地図から探す



マップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。