かまぼこ博物館

かまぼこ博物館
by http://yoyakulab.net/experience/suzuhiro.php
いつも食べているかまぼこは一体なぜ板についているのか、そしてどうやって作られるのかといった謎が解決する施設です。かまぼこ以外にも竹輪も作れたりするので(予約必須)子供から大人までワクワクが止まらないスポットです!

観光マップで見る
Google Mapで見る

【 住所 】神奈川県小田原市風祭


神奈川のSNS映えスポットリスト
インスタ映え笑い・ネタ
定番スポット全スポット

おすすめ記事
yokohamamiyagepic神奈川・横浜の人気のお土産屋ベスト20!
インスタ映え【徹底解説】インスタ映えとは?意味や写真の特徴と撮り方。カフェやスイーツも女子に人気
インスタ映え47都道府県【47都道府県別】インスタ映えするベスト・フォトジェニックスポット


かまぼこ博物館 公式ページ

「かまぼこ」だけの博物館!小田原「かまぼこ博物館」

「かまぼこ」といえば、お正月に食べるものやお弁当のすき間を埋めるおかず、他にはお酒のおつまみといった、どちらかといえば脇役の立場。

普段はなかなか注目されることも少ない存在です。

でも、そんな「かまぼこ」が主役になったミュージアムがあるんです!

それが「かまぼこ博物館」。名前だけを聞くととても地味な施設かと想像しますが、こちらは工場見学やかまぼこの歴史だけでなく、かまぼこ作りの体験や、これまでにないかまぼこの味わい方も提案する、総合フードミュージアムなのです!

かまぼこ博物館とは?

かまぼこ博物館は、大手かまぼこメーカーである「鈴廣」が運営を行う企業博物館。

鈴廣の本店や小田原の地元食材を使った地産地消のバイキングレストラン、お土産などが購入できる市場などが一体になった「かまぼこの里」の一施設として1996年にオープン。

かまぼこ博物館では、かまぼこそのものだけでなく、かまぼこには欠かせない存在である「かまぼこ板」や、かまぼこの栄養素、かまぼこグッズなどを取り扱い、全国でも珍しい珍しい施設として大きな人気を集めています。

かまぼこ博物館へのアクセスは?

かまぼこ博物館があるのは神奈川県小田原市。公共交通機関を利用する場合には、JR東海道新幹線または小田原駅よりタクシーで約10分、箱根登山鉄道の「風祭駅」とは直結しています。

箱根登山バス、伊豆箱根バスを利用する場合には「風祭停留所」下車すぐとなっています。

車を利用する場合は、箱根口インターチェンジから国道1号線経由、または山崎インターチェンジから国道1号線経由となります。

かまぼこ博物館を含むかまぼこの里では300台規模の無料駐車場が完備されているので、車での利用も便利です。

小田原は東京から約50分、箱根芦ノ湖や熱海までも約40分でアクセスできるため、箱根観光の途中に組み込むのも便利です。

なお、かまぼこ博物館の営業時間は9:00から17:00まで。年末年始など臨時に休館となる場合もあるので、訪問の際にはあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

かまぼこ博物館の見どころは?

かまぼこのすべてが揃ったかまぼこ博物館には、かまぼこファンならずとも楽しめる施設が揃っています。

ここではかまぼこ博物館の見どころを紹介していきましょう。

充実の体験メニュー
かまぼこ博物館の目玉のひとつは「かまぼこ・ちくわ」の手作り体験。初心者でもきちんとしたかまぼこやちくわが作れるように、経験豊富な職人さんが一緒になって作業を手伝ってくれます。

かまぼこ専用の包丁、すり身、かまぼこ板などが用意されているため、誰でもすぐに体験できます。まず手作り体験がスタートすると、職人さんがすり身を板に乗せる実演を行ってくれます。

見ているととても簡単そうにみえますが、これがなかなか上手く行かない!大人でもつい夢中になってしまいます。なんとか板の上にすり身を乗せたら、つぎは蒸しの工程。こちらは機械にお任せなので、あとは上手く行くように祈るのみです。

またさらに難しいのが「ちくわ」。こちらはまず魚のすり身をまな板に広げてしっかりと空気を抜いた後、竹の棒に巻き付けていくのですが、これがとても難しい!普段はどうやってちくわができているのかということを意識する機会はめったにありませんが、手作りのちくわができる過程を体験できることは、ちょっと感動的。

包丁を使って上手くできない場合には、手で巻き付ける方法も教えてもらえるため、誰でもきちんとちくわの形にすることができます。

かまぼこの蒸し上がりには70分ほどかかりますが、ちくわは15分ほどで焼き上がり。もちろん持ち帰っても構いませんが、焼き立てのちくわは格別の味わい。ぜひその場で試食することをオススメします。

かまぼことちくわの手作り体験は水曜日以外毎日開催。初回は9:30で、その後約1時間20分おきに一日5回開催されています。参加料は1500円となっていますが、小田急の箱根フリーパスや1日乗車券とことこ切符などを提示すると、参加料が割引になる場合もあります。ちくわだけの手作り体験は水曜日のみ実施。こちらは初回9:30スタートで、約1時間おきに一日6回開催されています。参加料は500円です。どちらの体験も40名限定となっていて、非常に人気があるため、興味がある人はまず、博物館のカウンターで予約をすることをオススメします。

なお、手作り体験の予約や空席状況の確認などは電話やホームページからも可能なので、確実に体験したいという人にはこちらがおすすめです。

かまぼこやちくわなどの手作り体験と同様に人気があるのは、「あかかま」の手作り体験。あかかまとは、魚のすり身を揚げたもので、こちらでは用意された5~6食材の中から好みのものを選んですり身に加え、好きな形に整えて揚げるオリジナルのあかかま作りが体験できます。もちろん、自分で作ったオリジナルのあかかまは、揚げたてが食べられます。

こちらは毎日開催となっていて、9:30の初回から約1時間おきに一日6回開催。一回の体験時間も30分と、とても気軽に参加できるため人気です。体験料は1000円。ただし、こちらは各回の定員が24名となっているため注意しましょう。こちらも電話やホームページなどからも予約が可能となっています。

料理に興味のある人に人気なのが「オリジナル板わさ」づくりの体験。板わさはかまぼこにわさびを添えただけのシンプルな食べ物ですが、こちらでは板わさの新しい楽しみを提案しています。

自分で型を抜き、ステンシルシートを使って装飾を施したかまぼこに、チーズやオリーブオイルやドレッシングなどをトッピングすると、かまぼこに対する考え方が180度変わるかも?

こちらは毎週土曜日のみの開催で、初回の10:00から約1時間間隔で一日6回開催。参加料は1000円となっています。こちらの体験は週に一度のうえ、定員も各回24名となっているため、予約は必須かも?さらにレアな体験は「伊達巻パフェづくり」。こちらは伊達巻にあんこやクリーム、フルーツソースなどを組み合わせてオリジナルの「伊達巻パフェ」を作る体験です。

素材にも伊達巻だけでなく、シフォンケーキやコーンフレーク、トッピングにはアイスやジェラート、抹茶パウダーなどが揃っているため、びっくりするほど本格的なパフェがつくれます。こちらは毎週土日限定で開催、初回10:00から約2時間間隔で一日4回開催されます。参加料は1000円。定員は各回10名限定なので、こちらも要予約かもしれません。

実は実力派のアートスペース
かまぼこ博物館で見逃せないのは、博物館2階にある「かまぼこ板絵美術館」。かまぼこ板絵とは、かまぼこを食べ終わったあとの板を使った絵のことですが、こちらではそのかまぼこ板絵を数多く展示。

たかがかまぼこ板と侮るなかれ。こちらの常識や固定観念をはるかに超える作品が展示されています。単なる絵だけではなく、まるで彫刻のような立体作品や、有名作家の作品なども展示されているため、かまぼこ博物館を訪れるときには、ぜひこちらの美術館も見学するとよいでしょう。

ミュージアムショップが楽しい!
博物館の楽しみといえば「ミュージアムショップ」ですが、かまぼこ博物館の場合もなかなかのもの。こちらでは、「かまぼこキーホルダー」や、かまぼこ型携帯クリーナーといった脱力感あふれるかまぼこグッズだけでなく、かまぼこ作りに使用されている上質な塩や水といったものも販売されています。

家庭でかまぼこを楽しみたいという人にもおすすめです。「かまぼこ博物館」を見たあとは、近くレストランでかまぼこを楽しんだり、箱根の地ビールを味わったり、「鈴廣蒲鉾本店」で季節に合わせた細工かまぼこを満喫したり…。箱根や小田原に出かけるときには、ぜひ訪れたいスポットです。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More
*出所記載のないページ内のInstagram画像は、Instagram社の利用規約及びライセンスに基づきシステムが自動抽出して表示しております。詳細はInstagram社の利用規約等をご確認ください


SNSでの口コミ(みんなの反応)
SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

happyうんこの聖地は小田原のかまぼこ博物館です

あたし、メリーさん。今かまぼこ博物館にいるの……

思ったよりもちゃんと観光できた。かまぼこ博物館はあと5時間ぐらいは滞在したかった…。 pic.twitter.com/rFHfTC1r9L

ツイッターメディア

大久保「皆さんが、かまぼこ博物館行きたいと言うなら、僕は喜んで着いていきますよ!」 廣田「なんで俺たちが、かまぼこ博物館楽しめると思ってんの?」

@frontamisa ぜひぜひ(^^) 生命の星・地球博物館は、鈴廣かまぼこの里や箱根と合わせて、お時間のある時に。こちらも迫力ある展示ですので(^^)

かまぼこ博物館とか行きたい....

かまぼこ博物館…気になる…片道2時間半位あれば行けるのか…中々に近いな。

かまぼこキーホルダー欲しすぎる /体験がいっぱい!「かまぼこ博物館」 | 鈴廣かまぼこの里 箱根のお土産が買える小田原・箱根の観光スポット kamaboko.com/sato/sp/detail…


ツイートフェイスブックシェアLINEで送る
友達にも教えよう

tgesui
属性 蔵前水の館
東京23区で唯一、実際に使われている下水道の中を見学できる施設。地下30mにある直径6.25mの巨大下水道管は圧...
be-rituku
属性 ベーリック・ホール
1930年に建築されたイギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅。スパニッシュスタイルを基調とした建物で、内部の...
nadiax1
属性 VACANT
レトロな赤い壁に「1998」と描かれた壁が目を引くレンタルスペース。多用途なスペースを保持し、展覧会、...


写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


おすすめ記事
絵島淡路島に行くなら見逃せないSNS映えスポット7選!
hoshinoojisama_yunchanfc箱根観光のお勧めスポット41選!
pika1020_simei長崎観光のおすすめスポット57選!人気の名所を全紹介!
katsuonamabushi高知県で見逃せないお土産ベスト19!
syoukaibasi佐賀観光の外せない定番スポット13選

地図から探す 地図から探す



マップに戻る
スポット情報拡充申請

INSTAGRAM
SNAPLACEが運営するSNS映えスポットを紹介するInstagramアカウント。「#snaplace」を付けて写真を投稿して頂くと、素敵なものをアカウントや弊社メディアでご紹介。