三井記念美術館

三井記念美術館
by https://www.jalan.net/kankou/spt_13102ae3302041242/kuchikomi/0004371805/
まるでヨーロッパにありそうなオシャレな建物は三井家が日本と東洋の名品を集めて展示した美術館。国宝や重要文化財も含まれ充実的な内容です!

周辺の類似スポットを地図で見る

【 住所 】東京都中央区日本橋室町2−1−1

三井記念美術館
が含まれる観光マップ



公式ページ

三井グリープの歴史に触れる和の美術館「三井記念美術館」

戦前の日本には、大富豪や実業家が築き上げたいくつかの財閥グループがありました。

その代表が三菱財閥と三井財閥。

三井記念美術館は、財閥である三井家が収集した美術品の収蔵と展示を行う美術館です。

丸の内の三菱一号館美術館が三菱グループの栄華をしのぶことのできる場所であるのと同じく、日本橋の三井記念美術館も戦前の財閥である三井家の栄光が残る場所と言えるでしょう。

三井記念美術館へのアクセスと基本情報

そんな三井記念美術館があるのは東京都中央区日本橋。

アクセスは東京メトロ銀座線または半蔵門線の三越前駅から徒歩一分です。

周辺には日本銀行や日本橋、日本橋三越本店といった明治の空気を感じられる歴史的な建築物から、コレド室町など最近のファッションスポットまで様々な施設があり、観光にも人気の一角になっています。

三井記念美術館の開館時間は午前10時から午後17時まで。入館は16時半まで可能です。

定休日は月曜日、または展示の入れ替え期間となるので、事前の確認を行ったほうがよいでしょう。

入館料は1000円ですが、特別展の場合には別途料金が必要なので、これも確認したほうがいいでしょう。

三井記念美術館は、他の美術館の中でもコンパクトなほうに分類され、ざっと見るだけだと30分程度で館内を一巡できますが、せっかく訪ねるのですから、時間をかけてゆっくりと見て回るとより美術館の神髄を楽しむことができるはずです。

三井記念美術館の見どころ

さて、まず美術館を訪問したときに注目してほしいのは建物です。

三井記念美術館は重要文化財である「三井本館」の最上階に設けられた施設。

その三井本館は1929年に竣工された建物で、設計は当時、アメリカの新鋭であったトローブリッジ・アンドリビングストン社が担当しました。

アメリカが最も繁栄した20年代という時代を反映した洋風建築で、映画などで見る古き良きニューヨークにそのままあったとしても不思議のない、クラシックでありながらどこかに新しさを感じるいかにもアメリカの建物です。

この建物は日本橋地区の中心的な存在として、国の重要文化財に指定されています。

そしてその中にある三井記念美術館に収蔵されているのは約4000点の美術品です。

その中には、国宝である円山応挙による六曲屏風「紙本淡彩雪松図」や、藤原定家「熊野御幸記」などが含まれていますが、三井記念美術館のメインともいえる収蔵物は茶道具。

その数は収蔵品の約半数にものぼるといわれ、その中には国宝が6点、重要文化財が75点も含まれています。

三井記念美術館では文化財の常設展は行っていないため、いつも目にすることができるとは限りませんが、骨董や茶道具に興味がある人、また興味を持っている外国人を案内するにはぴったりの場所と言えるかもしれません。

特に国宝「志野茶碗 銘卯花墻」や、本阿弥光悦による楽焼黒茶碗「雨雲」や、長次郎作の黒楽茶碗「俊寛」、「鸞天目茶碗」といった作品は海外で紹介される機会も多いことからゲストを連れて行くときっと喜ばれるはず。

展示室には織田信長の弟で茶人として活躍した織田有楽斎が建築した茶室「如庵」が再現されているのも三井記念美術館らしい展示の一つです。

「如庵」は明治の終わりに三井家が所有するようになった建物で、三井家の本宅があった麻布今井町に移築、その時には国宝に指定されてりいる由緒ある建造物です。

その後は大磯の三井家の別荘に移築、現在は愛知県に移築されている建物をそのまま再現したものです。

内部には季節に合わせた茶道具が取りそろえられ、日本の茶文化の深みを体験するとともに、このような建物を移築し保護した三井家の姿勢と財力を感じることができるでしょう。

刀剣類の収蔵品

また三井記念美術館には刀剣類の収蔵品が多いことも特徴のひとつ。

特に「短刀無銘正宗名物日向正宗」という刀剣は石田三成が所持していたもので、その後、関ケ原の合戦の際、東軍の水野日向守勝成がそれを分捕り自らの名を刻んだというもの。

そのほかにも由緒のある品々が収蔵されているので歴史ファンにとっても楽しめる場所といえるでしょう。

また一か所でこれほどの重要文化財に指定された刀剣を収蔵する美術館は専門美術館以外では極めて貴重ですので、訪れる際はぜひ心にとめて置くとさらに観覧が楽しめるでしょう。

聚楽第図屏風

さらに三菱記念美術館の名物ともいえるのが「聚楽第図屏風」。

これは豊臣秀吉が建設した聚楽第の繁栄を描いたもの54面という極めて巨大な屏風図で、日本の美術に詳しい人なら一度は目にしたいという作品です。

なかなか公開されることも少ないですが、公開のチャンスにはぜひ見逃さないようにしたいものです。

三井記念美術館では常設展は設けられていませんが、その代わりに企画展が充実しています。

特に三井家とのゆかりがある伝統芸能に関する展示や、三井家が実際に使用していた調度品や装飾品などは他の美術館ではなかなか見られないものばかりなので、ぜひスケジュールをチェックしておくといいでしょう。

ミュージアムショップ

さて、美術館といえばミュージアムショップですが、三井記念美術館ではこちらも充実しています。

オリジナルグッズでは、手ぬぐいやクリアファイルの定番のものの他、なんと円山応挙の「紙本淡彩雪松図」のミニチュアも販売。

なかなかしっかりした作りのもので、7333円と価格もしっかりしたものですが、ここでしか手にはいらないものなので、部屋に飾って眺めておきたいという人にはぴったりかもしれません。

さすがにそのお値段は、という人には、こちらも同じ屏風をモチーフにしたセンスも販売されているので、ぜひご覧になってはいかがでしょうか。

ミュージアムカフェ

美術館と言えばミュージアムショップ同様忘れてはいけないのがミュージアムに併設されているカフェですが、三井記念美術館のカフェは一風変わった存在。

他のミュージアムカフェではケーキセットやサンドイッチなどが一般的ですが、こちらで食べられるスイーツは和が中心。

「抹茶金時パフェ」や「白玉クリームぜんざい」「黒蜜きなこわらび餅」などどこかほっとできるメニューが並びます。

もちろん、合わせるのは玉露や緑茶。

もちろんケーキセットなども用意されていますが、やはり和の美術を堪能した後は和のデザートやお茶で楽しみたいという来館者の心を組んだメニュー構成です。

スイーツだけでなく、食事のメニューも充実していて、こちらもやはりそばやうどんといった和メニューです。

「岩中豚の角煮ご膳」「たらばガニの温寿司」など、しっかりとしたメニューもあるので、それを目的に訪ねる人も少なくないといいます。

ワークショップ

さらに三井記念美術館で見逃せないのは充実したワークショップ。

こちらも伝統工芸の鑑賞や体験など様々なメニューがあり、鑑賞するだけでは飽き足らない、新しい美術体験を楽しみたいという人、親子で美術体験をしてみたいというファミリーにはぴったりの場所です。

他の美術館とは少し変わった三井記念美術館ですが、周辺には現代の三井グループが建設した「日本橋三井タワー」などの高層ビルも立ち並んでいます。

三井記念美術館を出たあと、現代の高層ビルを眺めるというのも趣のある時間になるかもしれません。

また、同じ時期に財閥として君臨した三菱グループのホームである丸の内まで歩いても行ける距離なので、三井記念美術館を楽しんだ後は丸の内に移動して、三菱一号館美術館を訪問し、二つの美術館を比べてみるというのも、面白い東京観光になるかもしれません。

[wdi_feed id=”157″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

今年日向君と一緒に展示ですし加藤国広実装こないかなと思っていました ちょっと夢を見ていたい 三井記念美術館に行く予定を組んでいたのでその頃には諸々落ち着いているといいのですが

他の細川の刀で、晴思剣だったら、今、熊本の島田美術館で展示してる。6/22まで。 加藤清正関係で加藤国広なら、日向正宗と一緒に三井記念美術館で2020/11/21~2021/1/21まで展示。 片鎌槍だったら、去年の熊本県立美術館… twitter.com/i/web/status/1…

まんばちゃん弟刀実は多数! 個人的には布袋国広を実装して欲しい! 同じ足利鍛刀でまんばブラコン炸裂な感じでちょぎたんSECOMとか(*✧︎×✧︎*) 太刀サイズでまんばちゃんブラコンなら最高✨ 加藤国広は東京の日向君所蔵の三井記念… twitter.com/i/web/status/1…

三井記念美術館も多摩動物公園も休業継続か…休日よく行くところが悉く全滅…

もし、新刀剣が加藤国広なら、秋に日向くんと一緒に三井記念美術館で展示されるのねー 新刀剣じゃなくても国広の兄弟刀だし見に行けたらいいなぁ

三井記念美術館 なるほど、11月に加藤国広の展示ある…じ、実装されたら会いに行ける… mitsui-museum.jp/exhibition/sch…

加藤国広は、三井記念美術館(東京)で今年の11月21日から年をまたいだ1月27日まで開催予定の『国宝の名刀「日向正宗」と武将の美』で展示される予定…(展覧会の紹介文に登場している)

加藤国広は日本橋の三井記念美術館(だったはず…)で見たことある!

どちらも三井記念美術館所蔵だからよろしくな!!!!

慶長熊本かぁ。古今伝授もしかしたらと思ってたけどそんなに甘くないか。今まで太刀来たことなかったものね。加藤国広が来るなら、三井記念美術館の展示に間に合うし万々歳だね

もし加藤国広きたら三井記念美術館行こうぜ!!!!日向くんと今一緒にいるからぁ!!

三井記念美術館に加藤国広いますよー。 11月27日から日向正宗と一緒に展示されますのでー、是非見に行くといいですよー。 その頃にはコロナ騒動落ち着いてるといいね…。 国宝の名刀「日向正宗」と武将の美 museum.or.jp/sp/event_detai…

加藤国広はいま三井記念美術館所蔵だし、今年の冬に日向正宗も出る展覧会で展示予定ですわよ。

梅は三井記念美術館さん(日向くんが今いるとこ)で買った箸置き改造したやつだし、和装民はなんでも着物にぶちこみがち

日向政宗今年三井記念美術館に来ます!現地で会おう!

そういや、昨年の夏に三井記念美術館で開催された『日本の素朴絵』でも、みんな屁で邪気をはらってた! 屁って楽しいなぁ~(^^ twitter.com/Tk7jGbaXBHR9YV… pic.twitter.com/kkKHCQZY4n

ツイッターメディア

東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。