哲学の道

哲学の道
photo by @ma_ko_rinn
「日本の道百選」にも選ばれた約1.6kmの散歩道。こちらの名前の由来は有名哲学者である西田幾太郎などがこの道を歩きながら思考にふけっていたことから名づけられました。偉人たちが歩いた道を辿って同じように物思いにふけりたくなるスポットです!

周辺の類似スポットを地図で見る

【 住所 】京都府京都市左京区鹿ケ谷西寺ノ前町81 周辺


Wikipediaページ

哲学の道を散策しよう!おすすめコースや見どころまとめ

「哲学の道」とはどんな道?

哲学の道は、京都府は京都市左京区にあり、日本の道100選にも選出されました。

この道の始まりは永観堂付近の熊野若王子神社前、「若王子橋」です。

そこから琵琶湖疏水に沿って進み、銀閣寺西は「銀閣寺橋」の辺りまで、約2km続く散策路です。

そこまで大きな道ではなく、どちらかと言えばこじんまりとしています。

道の脇には様々な樹木が植えられていて、春になれば美しく桜の花びらが舞い、秋になると見事な紅葉の景色を見る事ができます。

哲学の道の名前の由来は、かつて哲学者達がこの道を散策しながら哲学談義をしていた事からついたのではないかと伝わっています。

そんな哲学の道には見どころが沢山あります、おすすめ散策コースを幾つかご紹介しましょう。

営業日時・利用料金

哲学の道は散策路ですから、いつでも出入りが可能ですので、営業時間等はありません。

しかし哲学の道周辺の寺院や店舗を利用する際には、それぞれ決められた拝観・営業時間があります。

また、哲学の道を散策する事自体に料金がかかる事はありませんが、こちらも哲学の道周辺の寺院・店舗によって利用料金が異なります。

どの寺院や店舗へ立ち寄るか、事前に決めておいて予めその寺院や店舗が空いている日時に出かけましょう。

アクセス方法

哲学の道付近には、残念ながら最寄り駅がありません。

例えば京都駅から徒歩で哲学の道へ向かおうと思っても、1時間以上はかかってしまうでしょう。

一番おすすめなアクセス方法はバスです。

京都駅から「市バス5系統」で行く場合は、乗り場は「京都駅バスターミナルA1乗り場」です。

「17系統」バスに乗る場合は「京都駅バスターミナルA2乗り場」からです。

どちらかのバスに約30分程乗って、「銀閣寺道バス停」で下車します。

「銀閣寺道バス停」から交差点まで進んで、交差点を渡ったら哲学の道はもうすぐそこです。

または、京都駅の「京都駅バスターミナルD1乗り場」から「市バス100系統」のバスに40分程乗って、「銀閣寺前バス停」で降りるという方法もあります。

この場合は「銀閣寺道バス停」からよりも1~2分程早く、哲学の道へ到着できます。

車でのアクセスも徒歩と同様におすすめしません。

京都は道が狭い事が多い上に、観光地は駐車場が終日満車である事が多いからです。

京都駅周辺で車を停めておいて、そこからバスでのアクセスが一番楽でしょう。

哲学の道について注意点

春は特に混雑する

哲学の道が一番混雑するのは、桜の綺麗な春です。

4月中は特に哲学の道へお花見に行く人が多く、終日混み合っています。

哲学の道自体は約2kmと長いのですが、道の横幅はあまり広く造られていません。

その為、結構人でごった返していて、なかなか前へと進みにくいのです。

ゆっくり散策するのであればお花見シーズンを避けるといいでしょう。

どうしてもお花見シーズに哲学の道へ行きたいという場合は、満開時期を少し過ぎた散り際に行くか、平日に行く事をおすすめします。

コースを決めておかないと時間が足りない

哲学の道は2km、ゆっくり歩いて30分程の距離の道です。

真っ直ぐ道なりに進んでいくだけならば、迷ったりもしないでしょう。

しかし哲学の道の周辺には寺院やお店が色々と揃っていて、その全てを観て周ろうと思ったらなかなか時間が足りません。

ここからここまでを観る、ここは絶対に行くというように、予め観たいスポットを決めておく事をおすすめします。

哲学の道おすすめ散策コース

哲学の道周辺には様々な観光スポットが点在しています。

ただ単に哲学の道を真っ直ぐと歩くよりも、そういった観光スポットにも立ち寄りながら散策してみましょう。

哲学の道も含めたおすすめ散策コースをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

①南禅寺~銀閣寺までお手軽世界遺産コース

スタート地点は「南禅寺」、こちらの寺院は京都三大門1つでもある「三門(重文)」があります。

その三門へ上がると京都市内を一望する事ができるので、晴れている日には是非お立ち寄りください。

「南禅寺」から「永観堂」へ行くと、そこでは「みかえり阿弥陀」と呼ばれる阿弥陀如来立像を拝観する事ができます。

まるで本当にこちらを振り返って肩越しに見つめているような姿は必見です。

「永観堂」から次に「哲学の道」へ入ります、ここもゆっくりと歩いてみましょう。

春は人混みが激しいのですが、紅葉の秋はまだあまり人もそこまで多くありません。

「哲学の道」より「銀閣寺」へ行き、世界遺産のわびさびを感じてみましょう。

こちらのコースは基本的な世界遺産を抑えたコースなので、京都や哲学の道へ初めて行く方におすすめです。

因みに「哲学の道」では、天候が良い日に可愛い猫の姿を見る事ができます。

どうやら飼い猫のようですが、台の上で寝ていたりととっても愛らしい姿を眺める事ができますよ。

②インクライン~哲学の道まで半日散策コース

スタート地点は「蹴上(けあげ)インクライン」です。

「蹴上インクライン」とは傾斜鉄道の事で、明治から昭和の一時代に実際に使用されていました。

今ではそこは跡地として残されているのですが、とても珍しい場所なので是非行ってみましょう。

通常だったら入る事のできない「線路内」を歩いて散策が可能です。

「蹴上インクライン」から「南禅寺」へ行き、参拝後に「哲学の道」を通ります。

立ち寄る箇所は少ないものの、しかし「蹴上インクライン」自体がとても長い道のりですから、半日はかかるでしょう。

写真撮影が趣味である、という人には堪らない景色です。

おすすめの季節は何といっても春、桜の舞う中の「蹴上インクライン」はとても素敵ですよ。

しかし夏は木々の緑が、秋は紅葉、そして冬には枯れ木と雪の景色も合いますので、他の季節の散策もおすすめです。

③天授庵~銀閣寺までの世界遺産じっくりコース

スタート地点は「天授庵」です。

「天授庵」では本堂前庭、書院南庭というそれは見事な庭園を鑑賞する事ができます。

そこから水路閣をくぐって階段を上がれば「南禅院」、そして次は「南禅寺」へと進みましょう。

「南禅寺」から「永観堂」へ、「永観堂」は紅葉の永観堂と呼ばれる程の、京都でも屈指の紅葉の名所です。

秋に京都は哲学の道付近へ行く事があれば、是非こちらもお立ち寄りください。

「永観堂」からは「哲学の道」へと入り、そこから「法然院」へと進みましょう。

「法然院」は「哲学の道」から少しだけ離れた場所にある寺院ですから、観光シーズンでもあまり人がいません。

人混みに疲れたら「白砂壇」を眺めながらゆったりとしてみるのもいいでしょう。

「法然院」で休憩をしたら、次は「銀閣寺」へ行き、そこでこのコースは終了です。

観光スポットを複数周るコースですが、それぞれの観光スポットが近い場所にありますから、観終わるまでにそんなに時間はかかりません。

じっくりと寺院を眺めていても、半日あれば周りきる事ができるでしょう。

ちょっと番外編!哲学の道周辺のおすすめカフェ

哲学の道周辺には寺院や世界遺産だけではなく、お洒落なカフェもあります。

例えば哲学の道を30分かけて歩いて疲れたなという時に、おすすめカフェで休憩するのもいいでしょう。

いくつか人気カフェをご紹介するので、是非お立ち寄りください。

①よーじやカフェ銀閣寺店

銀閣寺からすぐの所にあるカフェです。

よーじやと言えば油とり紙で有名なので、名前だけでも聞いた事のある人は多いと思います。

こちらのカフェには庭園があり、見事な庭園を眺めながらお抹茶や美味しいパフェを頂けます。

②Pomme

真っ赤な屋根が可愛らしいケーキ屋さんです。

林檎を使ったケーキがとっても美味しく、そして店内もどこかフランスの雰囲気漂うお洒落な店舗です。

テラス席もありますから、天気の良い日はそこで食べるのもおすすめです。

哲学の道からも近い場所にありますから、休憩がてら立ち寄ってみてください。

③ゴスペル

銀閣寺のすぐ近くにある洋館、こちらは実はカフェとして利用する事ができるのです。

京都という和の雰囲気漂う地にあるものの、しかし大正モダンな洋館が上手くその場にマッチしています。

一歩足を踏み入れると店内は時代が遡ったような、とても素敵な空間になっています。

ケーキも美味しいのですが、カレーも絶品です。

哲学の道をゆっくり歩いてリフレッシュ!

哲学の道周辺にはまだまだ見どころが沢山あります。

今まで哲学の道へ行った事がないという方は、是非一度おすすめのコースを巡ってみましょう。

何度か哲学の道へ立ち寄った事があるという方も、まだ巡っていないコースがあれば是非お試しください。

周辺にはご紹介した以外にも素敵なお店が揃っていますから、1日中楽しめますよ。

[wdi_feed id=”675″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

俺の……俺の『哲学者への道』が……全部なくなってる……なんでだ……なんでだああああああっ!! #bot

先週末の京都・哲学の道、桜が満開で花びらが綺麗に舞っていました。 youtu.be/n0DKJr2OtLE

先週、哲学の道に行ったんだけど、満開でした。もう散ってるかな? pic.twitter.com/wtB2w4Ivne

ツイッターメディア

早乙女「「お前は見られている」が宗 教。「見られていなくても」が道 徳。「どう見ているか」が哲学。「見えているものは何か」が科 学。「見えるようにする」のが数 学。「見ることが出来たら」が文 学。「見えている事にする」のが統 計学。「見られると興奮する」のが変 態」

「競馬で1万円稼ぐのは簡単だが、1000円稼ぐのは難しいのである」 byストミー この哲学を解き明かせば桜花賞の勝利の道がみえてきます。

風車の道という戦い方、考え方、行動の仕方、哲学を作っている。初代風車の弥七を元に。

えっちな映画を見るデートもすごくエロかったですが、久しぶりやな早く逢いたかったってとりあえず喫茶店に入って目の前の人をぼーっと眺めながら予定してた哲学の道お散歩行くか、でもこの人可愛いな早く抱きしめたいな押し倒したいな、この珈琲美味しいなってデートが結局一番エロかった気がします。

高橋龍雄「木村君は、帝大哲学選科出の秀才で、東洋倫理史の著は夙に高評であり、世人はこの道に於て前途を嘱目したのである」|木村鷹太郎氏を弔ふ49

日本の哲学、割と武士道ベースなの?

中国哲学には道(タオ)という言葉があります。ぼくの名前の由来です。人の道に背いて生きようという意味をこめて、おたと名乗ることにしました(嘘)

ワカメ「お兄ちゃん怖い……」 サザエ「どうしちゃったのよ……」 波平「昔のカツオに戻ってくれ……」 道を誤って哲学科を選んだカツオ「不可能だね。ラッセル曰く過去とは既に消滅した幻想であり我々は現在しか認識し得ず、従って昔の僕など存在しないんだ」 タラちゃん「興味深いですぅ」

@intro_mrmr 哲学の道のめっちゃ近くに住んでた💓いいよなぁ😻😻

徒歩圏内の近所に桜が咲いているから、土曜日にサンドイッチ作って見に行こうって話している。 お花見会場みたいな場所じゃないし、去年行った時も人がまばらだったから、鴨川等間隔みたいに過ごせば問題ないはず!w 鴨川言ってたら久々に京都行きたくなった…哲学の道歩きたい…

@cozmoj9 花びらが浮かんでますね。 素敵な写真をありがとうございます。 春の哲学の道は行ったことがありません。 こんなに桜が綺麗だったのですね。 春にも行かなければ!です。 🤗

@yasube0862 観光地はどこもがらがらでした。 哲学の道の桜です。 普段は大混雑してますがね(笑) こんな京都は見たことありませんね。 pic.twitter.com/PrUE52j3j7

ツイッターメディア

この道は哲学の道ー間違いない

「格物致知の解釈……道理を外側の事物に向かって求めるのは誤りであり、聖人の道は自分の中にあるのだという真理……山中の賊を敗るは易く、心中の賊を敗るは難し」amzn.to/g72hCi「革命哲学としての陽明学」

@char1080 しかし「水道哲学」は共産主義への道であるからにして冷戦終了とともに既に地に落ちていたのではないかという仮説が・・・。

車で夕方の哲学の道行ってきたんだけど、未だかつて無いくらい人が居なかった。 pic.twitter.com/qoMm2HviHe

ツイッターメディア

@teruyasuNo4 散歩、健康にも思索にも良いですね。てるやすさんの哲学の道はどんな散歩道なのでしょう。 今日は近所の海まで行きました。砂浜では家族連れが楽しく縄跳びしたりしてて。 ことさら自然のありがたさを感じます。

南老子はこう言った。「精神的な方向に向かうのは間違いないでしょう。しかし、東洋でも西洋でも精神性に至るこの道はかつての道とは違うものになるでしょう。新しい精神的な道です。それは、自然科学と哲学を組み合わせたものになるでしょう」P143 #theoryu

⛳️哲学の道③ テレワーク日、昼休みの散歩。 桜はだいぶ葉桜、だけどいつのまにかイロハモミジはふっさふさの黄緑、そしてドウダンツツジが次々に白い芽を出している。 花木が健康にすくすくと育つ姿に、けっこう勇気づけられます。… twitter.com/i/web/status/1…

染井吉野は散り続けていますが、遅咲きの桜が咲きはじめています。 紫色で小さい花の長寿桜。花の大きい八重桜。桜花苑の山桜。 場所: 哲学の道 (Philosopher's Path) instagram.com/p/B-wWqO4AwQW/…

イギリスの哲学者 フランシス・ベーコン 「人生は道路のようなものだ 一番の近道は、大抵一番悪い道だ 」 #nhk #news #follwome #sougoufollow

#進撃の巨人』 立場の違いなど人物描写が巧みで毎回息を呑みます。 裏切りに心を痛め続けた人物が裏切り者の立場になってしまう。 兼ねてから、相反する他者の道を後追いする展開が多々見受けられます。 描き手の人生観や哲学が滲み出てる作品は良いものですね。

選べ ①今すぐ着ぐるみから出してくれと頼む ②雪平ふらのの『素』に関する記憶が、脳内から消去される ※ついでに、パソコン内の『哲学者への道』フォルダも消去される

251 「科学革命」の時代の空気のなかで、先ず<感覚論>を研究しており、やがて<経験論哲学>の研究を経て抽象的な分析思考を記号化し、それらを論理大系化する道を開いた。toxandoria.hatenadiary.jp/entry/2020/03/…

京都哲学の道、スカーフ屋TSU・BA・KIさんの布マスク届いたー! 桜柄、淡い優しい色でとってもかわいい😍 付け心地もすごく良くて、紐が柔らかくて耳がいたくならないのと 肌なじみの良い素材が気持ちいい。。 あと息苦しくない❣️… twitter.com/i/web/status/1…

@1zi4pun 完璧なまでの哲学的な回答。感服に値します。 死とは生。この言葉の奥深さはまるでマリアナ海溝の如し。自分の幸福を満たしかつ他人の幸福も願う生き方をすればそれこそ生に価値を見出せるのですね。つまり最大多数の最大幸福の… twitter.com/i/web/status/1…

そうだ、哲学の道に行こう

哲学者は面倒だなと思われているかもしれないし、そのなかで参加しやすいように周りのひともたくさん気遣ってくれているのは感じるんだけど、リモートワークによってワークとライフのバランスが崩れるのは避けたい。そして動画や音声以外の同時的=現前的な会議以外にも道はあるように思うのだが。

3月末、墓参りのあと、哲学の道で撮った京都の桜。 この時はまだ、日本中がこんなことになるとは思いませんでした。 今年は桜開花後、寒い日が続いたので、長い間桜を楽しめるハズだったのに、残念😢。 pic.twitter.com/1qHiPPb8co

ツイッターメディア

『世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。 その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。ひたすら進め。』 ――フリードリヒ・ニーチェ(哲学者/ドイツ)

遊王子「でもさでもさ、哲学に限らず、古今東西の名言とか格言って、パンツに関係したのが結構多いよね」 甘草「いや、一つも思いつかないんだが……」 遊王子「全ての道はパンツに通ず、とか」 甘草「言わねえよ! イタリアの首都は下着じゃねえよ!」

法然院 京都 哲学の道から少し離れたところにある、数奇屋造りの茅葺の山門が印象的な寺院。 インスタグラムのフォローもお願いします❗️ instagram.com/kbookmark pic.twitter.com/iU5yDyxvhI

ツイッターメディア

昨日の銀閣寺前です。桜が満開の哲学の道。門前の商店街もガラガラ。1985〜88年の古都税以来だと、地元の方々は仰っています。(誠) pic.twitter.com/zDMXxHzyXI

ツイッターメディア

京都のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事





写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。