日枝神社

日枝神社
photo by @sk___uka923
階段にかかった千本鳥居が珍しいこの神社。お猿さんと関係があることでお守りもお猿モチーフのものが多く可愛らしいです。

おしゃれで少し気の強いアヤコ
日枝神社は、赤い鳥居のトンネルがフォトジェニックでおしゃれ。春の桜と山王祭も素敵。赤坂駅から徒歩3分で行けるよ。
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
日枝神社は、歴史と文化が融合した神社。宝物殿ギャラリーや伝統芸能が楽しめる。溜池山王駅から徒歩3分で便利だね。
冷静沈着な猫のニャンタ
日枝神社は、静かで落ち着いた雰囲気の中で歴史を感じる場所。結婚式も多く行われ、庭園も美しい。車でのアクセスも良好です。
周辺の類似スポットを地図で見る

日枝神社の基本情報


【ふりがな】ひえじんじゃ
【 住所 】東京都千代田区永田町2丁目10番5号
【アクセス】赤坂駅から徒歩で3分、溜池山王駅から徒歩で3分、国会議事堂前駅から徒歩で5分、赤坂見附駅から徒歩で8分
【営業時間】4月~9月午前5時~午後6時、10月~3月午前6時~午後5時
【 料金 】無料


公式ページ

日枝神社の概要

日枝神社は、東京都千代田区永田町に位置する歴史ある神社です。鎌倉時代に創建され、江戸時代には徳川家康により江戸城の守り神として崇拝されました。現在も皇居の守護神として広く信仰されています。毎年6月に行われる「山王祭」は、日本三大祭の一つで、多くの参拝者が訪れます。

日枝神社の楽しみ方

日枝神社では、四季折々の美しい風景と共に、豊かな歴史と文化を楽しむことができます。まず、境内に入ると、赤坂見附駅側の稲荷参道に連なる赤い鳥居が迎えてくれます。この鳥居のトンネルは、フォトジェニックなスポットとして人気があります。

参道を進むと、日枝神社の本殿が現れます。本殿は荘厳で美しく、参拝することで心が洗われるような感覚を味わえます。神猿像や、宝物殿ギャラリーには、江戸時代から続く貴重な文化財が展示されており、歴史の重みを感じることができます。

毎年6月に行われる「山王祭」は特に見どころです。この祭りでは、約500名が王朝装束を身にまとい、東京都心を練り歩く「神幸祭」が行われます。壮大な行列と華やかな装束は、まさに圧巻です。また、境内では伝統芸能の公演やさまざまな催し物が行われ、訪れる人々を楽しませます。

日枝神社の境内には、参拝者がくつろげるベンチや、美しい庭園もあり、季節ごとの花々が咲き誇ります。特に春の桜や秋の紅葉は見事で、多くの写真愛好家が訪れます。さらに、日枝神社は結婚式場としても人気があり、多くのカップルがここで挙式を行っています。

日枝神社へのアクセス

日枝神社は、東京都千代田区永田町2-10-5に位置しています。最寄り駅は、東京メトロ千代田線「赤坂駅」の2番出口から徒歩約3分、または南北線・銀座線「溜池山王駅」の7番出口から徒歩約3分です。東京メトロ丸ノ内線「国会議事堂前駅」からも徒歩約5分でアクセス可能です。近隣にはコインパーキングもあり、車でのアクセスも便利です。

東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。