根津美術館

根津美術館
photo by @chibi_maruchan59
まるで京都に来たかと思うほど、日本の伝統文化を感じられる美術館ということで「外国人観光客が選ぶ行ってよかった美術館」にて1位を獲得しました。また、日本庭園も都会の喧騒を忘れさせてくれる素敵な時間が過ごせられると思います!

周辺の類似スポットを地図で見る

根津美術館の基本情報


【 住所 】東京都港区南青山6−5−1
【アクセス】地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 〈表参道〉駅下車 A5出口(階段)より徒歩8分/B4出口(階段とエスカレータ)より徒歩10分/B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より徒歩10分、都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 〈南青山6丁目〉駅下車 徒歩5分
【営業時間】午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)展示室 / ミュージアムショップ /庭園 / NEZUCAFÉ 休館日:月曜日・展示替期間・年末年始ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日
【 料金 】[特別展]一般1300円、学生(高校生以上)1000円 [企画展]一般1100円、学生(高校生以上)800円

根津美術館
が含まれる観光マップ



公式ページ
公式Twitterページ

表参道にある大人たちの都会のオアシス「根津美術館」ってどんなところ?

東京都内には多くの美術館があります。中でも根津美術館は、表参道というおしゃれに敏感な人も多く集まる流行最先端スポットに位置しながら、本格的な庭園を持つしっとりとした趣きある美術館のひとつ。そんな都会のオアシスのような「根津美術館」を紹介します。

根津美術館ってどんなところ?

根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた根津嘉一郎氏による日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、展示するためにつくられました。

山梨県に生まれ、若い頃から古美術に興味を持っていた喜一郎氏は、明治29年(1896)東京に本拠を移すと、実業家、政治家として活躍する一方で茶の湯にも傾倒するようになり、美術品の収集にもより夢中になりました。

そしてそのコレクションを「衆と共に楽しむ」ことが初代嘉一郎の願いでした。その遺志を継いだ二代目根津嘉一郎が、昭和15年に財団を創立し、翌年根津美術館を開館するに至りました。

平成18年から3年半をかけた大規模な新創工事で、以前の新館を建物免震の収蔵庫への改築、新たな展示館(本館)の建築なども行われました。

財団設立当時は4,643点だった所蔵品の数は、平成28年3月末の時点で、7,420件に。中には、国宝7件、重要文化財87件、重要美術品94件が含まれています。

根津美術館の基本情報

開館時間

午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
展示室 / ミュージアムショップ /庭園 / NEZUCAFÉ

休館日

月曜日・展示替期間・年末年始
ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日

所在地

〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1

TEL

03-3400-2536

入園料

特別展
一般:1300円(1100円)
学生【高校生以上】:1000円(800円)

コレクション展
一般:1100円(900円)
学生【高校生以上】:800円(600円)
*( )は20名以上の団体
*小・中学生以下は無料。
*受付で障害者手帳を提示すると、ご本人様と同伴者1名様まで、団体料金にて入館できます。

荷物が多い場合は、1FまたはB1Fにロッカーがあるので利用しましょう。各階へ行くエレベーター、ベビーベッド、車椅子用トイレも完備されているので、どなたでも心地よく鑑賞することができます。

根津美術館へのアクセス

公共交通機関を使って根津美術館へは地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線〈表参道〉駅下車、いちばん近いA5出口から徒歩約8分です。A5出口を出たら右へ。ブランドショップが並ぶみゆき通りをずっと進み、根津美術館前交差点を渡った場所にあります。また、バスでも行くことができます。駐車場も9台まで止めることができます。

所在地
〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1

TEL
03-3400-2536

地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線〈表参道〉駅下車
A5出口(階段)より徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行
〈南青山6丁目〉駅下車 徒歩5分

趣きのある建物について

2009年に作られた本館は、現代日本を代表する建築家隈研吾氏のよって設計されました。和の家屋を彷彿させる大屋根が特長です。


地上2階・地下1階の3階の構造で、延べ床面積は約4000㎡。エントランスからホール、そこから続くスペースには、絵画・書蹟、青銅器、茶の湯の美術など6つのギャラリーがあります。しっとりとした大人の雰囲気の中で、鑑賞できる空間になっています。

また作品の鑑賞に適した調光を可能にする最新技術を取り入れているそうで、光の明暗だけでなく、太陽のような白い光から和ろうそくの暖かな光まで実現できる照明を用い、作品にも鑑賞者にも快適な施設になっています。

2009年のロゴも刷新

根津美術館の現在のロゴは、ドイツ人デザイナー、ペーター・シュミット氏によって2009年に新しくデザインされたもの。中国漢時代の碑文から採字した隷書体の館名、英語のNEZU MUSEUM、頭文字のNとMを意匠化したシンボルマークには、「燕子花図」をはじめとする屏風や竹のイメージが重ねられているそうです。

和の伝統を感じさせながらモダンな印象のあるロゴは、いまのそしてこれからの根津美術館そのもの。世界のすぐれたデザインに贈られるレッド・ドット・デザイン賞を受賞しています。

選りすぐりのコレクション

根津美術館では、国宝7件、重要文化財87件、重要美術品94件をふくむ7,420件(平成28年3月末の時点)を所蔵。ジャンルは絵画、書蹟、彫刻、金工、陶磁、漆工、木竹工、染織、武具、考古と多岐にわたり、日本・東洋古美術を中心に幅広い作品が所蔵されています。

また初代根津嘉一郎氏が茶の湯をたのしむなかで集めた茶の道具の数々もコレクションされています。また、初代嘉一郎没後に購入された作品、篤志家から寄贈された作品も多数。私立美術館でここまで作品寄贈が多いのは珍しいらしく、根津美術館への信頼の高さを表しているといえます。

気になる展覧会はホームページでチェック

根津美術館では、1,2ヶ月ぐらいの期間で展示内容が変わります。そのどれもが大人が満足できる一流のものばかり。テーマ展示や見られるNEZUコレクションもそれに合わせて入れ替わります。

「今度これ行こう」と思っていても、いざ行こうと思った時には終わっていたなんてことがないよう、ホームページでスケジュールをチェックしておきましょう。根津美術館は、毎回展覧会をお知らせするポスタービジュアルも素敵です。ぜひそちらもチェックしてみてください。

オアシスのような庭園

世界のブランドショップが集まる流行最先端スポットにありながら、日本的な本格庭園を持つのも根津美術館の良さ。入館者なだ誰でも自由に散策することができる、まさに都会のオアシスです。

石畳を進むとここが東京の真ん中とは思えないほどの景観。初代根津嘉一郎氏は、作り込みすぎずなるべく自然の状態を好んだようで、深山幽谷の趣のある庭園に田舎家風の建物や茶席を作り、「庭園講評会」を開いたりもしたそう。そんな初代の想いを引き継いだ緑豊かな庭園になっています。

鑑賞後はカフェでひとやすみ

庭園内にあるNEZUCAFEは、ずっと居たくなる心地よさ。大きなガラス越しに庭園の緑を眺めることができます。

オリジナルブレンドのコーヒーの他、スイーツやパイ、サンドイッチ、ニース風サラダなど、美術館のカフェではめずらしいくらいメニューも大充実。ここを目的に訪れてもいいぐらいです。美術鑑賞や散策の合間に、とっておきの時間を過ごすことができます。

最後はミュージアムショップもチェック

展覧会図録や所蔵コレクションの絵葉書などの定番アイテムはもちろん、根津美術館らしいオリジナルグッズもそろいます。

コレクション同様、洗練された大人なラインナップで家のインテリアにもなじみそうなものが多いです。「燕子花図」や根津美術館の新しいキャラクター、古代中国の青銅器「双羊尊」をモチーフにしたものなどが、人気の様子。来館の記念に、ぜひのぞいてみましょう。

茶室の貸し出しも

根津美術館では、庭園内の4席の茶室の貸し出しも行っています。表参道の庭園でお茶会なんて、きっと根津美術館だけではないでしょうか。お茶会以外にもいろいろな使い方ができそうです。

表参道で優雅なひと時を味わうなら「根津美術館」へ

ファッションの街、表参道にあるオアシスみたいな大人の場所。お買い物のついでに立ち寄れるアクセスの良さも魅力です。

表参道で最先端の流行に触れた後はぜひ根津美術館へ。いまとは異なる時代に生まれた、日本や東洋の美しい芸術品に触れてみませんか。

目と頭に心地よい疲れを感じたら、庭の緑をながめながらひとやすみ。最後は、チェックしておいた人気のレストランでディナーを。

一日を通して一流に触れる、これって表参道での理想的な過ごし方かもしれません。


根津美術館のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

@shinoshinomeme マジか、帰っちゃうんですね。なんというか、大阪の万博記念公園と同じくらい気持ちの良い場所だと思ってます。太陽の塔は3回くらい行きましたが、記念館も、2〜3回行ってますね。そういえば俺が記念館に行った… twitter.com/i/web/status/1…

【Art】 将軍家の襖絵 (根津美術館/終了) 将軍家とて木造のお屋敷住まいの室町時代。焼き討ちされたら跡形もなく… その説明に「そおよねぇぇぇ」(納得) 本展は芸事用の別邸に残った屏風から当時の襖絵を想像する催し。 墨絵からや… twitter.com/i/web/status/1…

根津美術館行ってきた。撮れ高えぐい。 pic.twitter.com/gfIucZTVSD

ツイッターメディア

【12月17日〜2023年2月5日|表参道】企画展「遊びの美」根津美術館で - 蹴鞠や歌合、狩猟など、“文化としての遊び”を日本美術から紹介 fashion-press.net/news/96444

昼間の書きかけのやつ、何の気なしに『表参道』って書いたけどあの人たちどこに行くんだろうね。 ヒルズのクリスマスツリーか、根津美術館あたり?? 種蒔きは出来たしあれをベースにちょっと、せりざーさんの話をしたいけど……… 年明けまで付き合ってくれる人はよろしくね🙂🙃🙂💦

#共用施設 が凄すぎる⁉️ #ザ・ライオンズ上野の森】 根津駅より徒歩2分❗️ 19階建てマンション🏙️ ■モダン風エントランスホール ■ワインセラー・ソファテーブル付きラウンジ ■広々とした和風庭園 ■上野の森美術館などの入… twitter.com/i/web/status/1…

根津美術館以外どこに行ったのかぜんぜんわからないばーのんさん、そういうところも好きだよ😉

KISSxxxx愛蔵版3巻。@konnoshotenさんで購入。 もちろん匂いも嗅ぎましたよ。 楠本先生と上條先生の神対談、じっくり読みたいと思います♡ 根津の弥生美術館の「線と言葉・楠本まきの仕事」展もいよいよ今月25日まで!… twitter.com/i/web/status/1…

@texhnolyzation ありがとう!! 山種も根津もやってなさそうだから国立新美術館を目指すわ!

@Audio_Nagi 個人的おすすめは山種美術館 日本画がたくさんあってめちゃくちゃいい(ワンチャン閉まってるかも) 表参道あるいて根津美術館いくのもいいし、歩くと少し遠くなるけど国立新美術館なら間違いない

根津美術館の前に歌手のA.I.いた。 コーラ飲んだら良いことありそうだから練習後買お

「企画展 遊びの美」根津美術館(東京・南青山)で12月17日(土)から。 歌合や蹴鞠、乗馬、弓矢など文化としての遊びの諸相を館蔵の絵画や古筆、屏風を中心に紹介します。新春を迎えるにふさわしい、華やかな金屛風の競演が楽しめます。… twitter.com/i/web/status/1…

@aiksmlovelove @naoya02639337 根津美術館とか(チャールズ国王陛下のお気に入り)(♡´∀`)

本日スヌーピーで吹っ飛ばした理性を根津美術館の庭で拾い上げてまたスヌーピーで吹っ飛ばしていました 今年一番楽しい週末が終わっちゃってさみしいさみしい pic.twitter.com/sQcf3rXeGc

ツイッターメディア

先週のTOKYO MUSIC SHOWで南青山の岡本太郎さんの…って話が出ていたけど、前通った記憶があったので調べてみたらやっぱりそうだった。 骨董通りが好きで、昔は良く行っていたのですが、この日は糸井重里さんのTOBICHIに行… twitter.com/i/web/status/1…

誕生日は根津美術館行きましたよ(連日渋谷笑)

光悦会と並び称される数寄者の会の大師会、HPあったのね。 すごい道具が出てくる雲上人のお茶会として時々お稽古で耳にするけど、役員みるともう、すごい。 会長 根津公一:根津美術館館長、東武百貨店社長 理事 戸田博:谷松屋戸田商店1… twitter.com/i/web/status/1…

『芸術新潮』12月号の特集で紹介している2023年美術展から、まだ主催者発表がない2件をメモしました。このほかに同特集では「宗教美術」として、東博・京博・奈良博の特別展に加え、根津美術館と相国寺承天閣美術館の企画展まで紹介しているのに、なぜか →

@bonkoi2011 根津美術館は以前からお伺いしたいと思っておりました😊 静嘉堂文庫美術館では曜変天目を拝見したいと思っております✨

弥生美術館に行って参りました。 楠本まき展 カラーの表紙で使われたイラストに、かなりの思い入れを、勝手に感じて帰って来ました。 興味ある方は、良いかと。 帰り、根津神社⛩にも寄ってきた。御利益を🤲 pic.twitter.com/8AK0CIY6hL

ツイッターメディア

せっかく弥生美術館に行ったので、根津、千駄木あたりをブラブラ。ル・クシネでちょうどシューが焼き上がりだったので、その場でクリーム絞ってもらって歩きながら食べた。

根津美術館と静嘉堂文庫美術館へお伺いしたいと思っています💕 日帰りで行こうかなぁ🤔

@chilime twitter.com/nezumuseum/sta… 根津美術館には小川破笠の作で、このような漆芸品もありますよ。

【季節】 東京は南青山にてプチ紅葉狩り。 根津美術館のお庭を散歩するの☺️スキ~ 日本の古い絵画を観た後だと 水に浮かぶ落ち葉も粋に見えちゃう。 pic.twitter.com/4lsdbLQw5p

ツイッターメディア

ちなみに根津美術館の企画展、むちょむちょよかったんですが、表参道をのろのろ歩いてる時に見つけて入った太田記念美術館の企画展もぎたんぎたんによくて、久しぶりに有意義な呼吸をしました これものちほどかべうちします😚そしてこれは閑静な街… twitter.com/i/web/status/1…

妻に連れられて根津・弥生美術館で開催中の「線と言葉・楠本まきの仕事展」へ。私は上條淳士派でちゃんと履修していないのだが素晴らしさはよく分かった。懐かしくも不変… pic.twitter.com/jVrZ0ch1kl

ツイッターメディア

本日午後は子どものころにお庭の小川でザリガニ取りに夢中になった、根津美術館のカフェ打ち合わせ。 併せて特別展示「将軍家の襖絵」を鑑賞させて頂きました。圧巻です。 こちらの美術館は所蔵品に数々の見応えがあります。 さらに庭園は紅葉が… twitter.com/i/web/status/1…

根津美術館にいってました pic.twitter.com/b7nNXGQzJz

ツイッターメディア

ブログを更新しました。 kasaiya.co.jp/blog/2022/12/p… 表参道、根津美術館へ着物でお出かけしています。 ランチは、INTERSECT BY LEXUS - TOKYO… twitter.com/i/web/status/1…

@asassmile2 根津美術館?なんて素敵な場所を選んだんでしょう。小さいけれどお庭がキレイですよね。✈️😺😷🌷🌷

根津美術館にて某茶会 大師会かと思うくらいのフルスイングのお道具の数々に頭沸騰してますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ pic.twitter.com/cGzolXZT3R

ツイッターメディア

駆け込みで根津美術館にも行けました!襖絵が各将軍のお部屋の間取り?とともに展示してあるので、彼らの生活 をぐっと近くに感じられる。 あとお庭がすてき…!晩秋を堪能致しました。 pic.twitter.com/SU4YaNjP6p

ツイッターメディア

根津美術館の庭園って行くたびに、こんなとこあったっけ、って思うくらい印象変わるよね。 #nezumuseum pic.twitter.com/Djbxp5mDnc

ツイッターメディア

企画展「遊びの美」根津美術館で - 蹴鞠や歌合、狩猟など、“文化としての遊び”を日本美術から紹介 - fashion-press.net/news/96444 pic.twitter.com/hSWg0l8Y7X

ツイッターメディア

東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。