ごんぎつねの里
童話「ごんぎつね」を作りだした童話作家・新美南吉氏の出身であり、物語の舞台にもなった場所。こちらでは、生家や記念館があり、9月頃からは約300万本もの彼岸花が咲き誇ることで有名です。
ごんぎつねの里
by http://woman.excite.co.jp/blog/sanpo/sid_2122708/

おしゃれで少し気の強いアヤコ
私、「ごんぎつね」あんまり覚えてなかったけど、友達が行く前に見せてくれた。ここはごんぎつねの舞台になったところだから、先に見ておいた方がいいよ
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
童話の世界って心が落ち着く。ここの彼岸花は地元の人が「ヒガンバナ百万本計画」で植えたみたいです。老後はここでのんびり彼岸花の本数を数えて暮らしたい
冷静沈着な猫のニャンタ
記念館の屋根には芝生が植えてあり、半分地下に埋まっているような建物になっていて、入口は地下一階にある。景観を崩さないように配慮されていて、約200万本の彼岸花が咲く様子は必見
観光マップで見る
「ごんぎつねの里」周辺の”見逃せない”スポット情報はこちら
Google Map


おすすめ記事
韓国旅行におすすめ!SNS映えする可愛い観光スポット42選
東京駅周辺の駅チカ観光スポット15選!徒歩15分圏内のおすすめスポット

【スポット】ごんぎつねの里
【ふりがな】ごんぎつねのさと
【 住所 】愛知県半田市岩滑西町1‐10‐1 周辺
【アクセス】名鉄河和線 半田口駅 徒歩17分
【最寄り駅】半田口駅
【営業時間】年中無休(記念館は9:30~17:30、休館日は月・第2火(祝日又は振替休日のときは開館し、その翌日が休館)・年末年始)
【 料金 】無料(記念館は210円、中学生以下無料)
【クーポン】なし

公式ページ

Load More

 

 



SNSでの口コミ(みんなの反応)
SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

新美南吉の里なら地元の学校の人間は何回も行ってるよ ごんぎつねの作者

@peace_tomi あのボリュームで1000円。ごんぎつねの里(新美南吉)がある半田市で『つれづれ』ってお店です。愛知県に来ることがあったら寄ってみて下さいね(^-^)/

@tetsuya_dgngy ごんぎつねの里とも呼ばれてて、時期になるとめっちゃ人が多いんだよね。 しんみりしちゃいそうだよね😅


ツイートフェイスブックシェアLINEで送る
友達にも教えよう

その他のおすすめ観光スポット
ジョジョカフェ スタープラチナザワールド
属性 ジョジョカフェ スタープラチナザワールド
人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」をコンセプトにしたバー。店内には所狭しとジョジョグッズに 溢れ、食事もジ...
和カフェ たらそ
属性 和カフェ たらそ
三河の海を望むローケーションにあるカフェ。人気のお店なので、比較的すいてるモーニングも行っているので、...
監獄IN食41房
属性 監獄IN食41房
雰囲気たっぷりの鉄格子に囲まれた監獄で食事を楽しむ居酒屋。こちらで開催されるホラーショーは各監獄へ死神...

写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る

おすすめ記事
コカ・コーラワールド(ラスベガス)体験レポ
価格の安い順!新宿のおすすめランチバイキング35選(1000円~5200円)
東京観光を雨でも楽しもう!おすすめ観光スポットベスト17
世界一大きなゴキブリに会いに行こう!害虫防除博識館ってこんなところ
大阪観光のおすすめ観光スポット60選・総合まとめ


面白いスポットを見つけよう!
写真から探す地図から探すテーマから探す