香港観光の厳選30スポット!思わず行きたくなるオススメがたくさん

香港ディズニーランド
photo by @gogo.hiroya

日本からもほど近くアクセスしやすいのが魅力の香港。「100万ドルの夜景」で知られるこの小さな小さな島は、夜景はもちろんのことですが、その他の観光スポットもとても豊富です。また、ショッピングスポットやグルメスポットなども充実しており、日帰りや1泊2日の強行軍で香港に訪れる日本人も多くいます。
そんな魅力的な香港ですが、短期間の滞在という方が多いのも事実です。外せないおすすめの香港観光スポットを30選厳選したのでご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!




1.ビクトリア・ピーク

香港と聞いて多くの人がイメージする光景がきらびやかな夜景ではないでしょうか。有名な「100万ドルの夜景」が望めるスポットが「ビクトリア・ピーク」です。高層ビルが立ち並ぶ摩天楼の夜景が見えるビクトリア・ピークは香港を訪れるほとんどの観光客が足を運ぶという世界的にも有名すぎるスポットです。

ビクトリア・ピークは夜景を展望できるスポットの名称で「太平山」にあります。太平山は香港島の中では最も高い山です。ビクトリア・ピークにはショッピングモールと展望台などの複合施設であるピーク・タワーの他にも、レトロな中国の雰囲気を感じるような獅子亭展望台もあります。香港旅行では外せない、いつでも観光客で賑わっている人気の観光スポットです。

実はこの「100万ドルの夜景」。訪れてみてわかるのは、毎日インスタ映えするような素晴らしい夜景が見られるというわけではないということ。大都市特有のスモックの影響で、キレに見える日はほとんどありません。運試しのつもりで一度は訪れたい、香港を代表する観光スポットです。

■基本情報
名称:ビクトリア・ピーク
住所:香港山頂道山頂
アクセス: 中環(セントラル)花園道(ガーデンロード)のピーク・トラム駅から10分
営業時間:ピークトラム営業時間/7:00-24:00。
入場料:無料

2.スカイテラス428

ビクトリア・ピークのピークトラム駅と直結しているのが「ピーク・タワー」。そのピーク・タワーの頂上にある展望デッキが「スカイテラス428」です。スカイテラス428は、その名の通り標高428mに位置し360度のパノラマを堪能できる展望デッキです。

スカイテラス428は、世界三大夜景の100万ドルの夜景が見ることのできるビクトリア・ピークの中でも特に高い位置にあります。絶景中の絶景が望めるので観光客の多くが押し寄せるような人気の観光スポットです。ビクトリア・ピークからも美しい夜景は望めますが、更に高いスカイテラス428から見渡せる夜景は、それこそ一生の思い出に残るようなスポットと言うことができます。

■基本情報
名称:スカイテラス428
住所:香港山頂道山頂
アクセス: 中環(セントラル)花園道(ガーデンロード)のピーク・トラム駅から10分
営業時間:月曜-金曜/10:00-23:00、土日・祝日/8:00-23:00
入場料:大人HK$52、子供・シニアHK$ 26
HP:https://www.thepeak.com.hk/en

3.シンフォニー・オブ・ライツ

香港の100万ドルの夜景をさらに何十倍も楽しめるような「シンフォニー・オブ・ライツ」。香港政府挙げてのイベントであるシンフォニー・オブ・ライツは、香港の夜空を光と音で楽しませてくれるライトショーです。ビクトリア・ハーバー沿いのビルなどが含まれ「世界最大の光と音のショー」が約10分行われます。なんと毎晩20時に行われているので、観光客にも大人気です。

ギネスブックにも認定されているショーを見るには、尖沙咀プロムナードやスターフェリーの船上から見るのもおすすめです。香港の夜を美しく彩るシンフォニー・オブ・ライツを見るには、早い時間から見る場所を探して場所を確保しておくのがおすすめです。

■基本情報
名称:シンフォニー・オブ・ライツ
住所:香港島九龍島
アクセス:香港島九龍島の両側
営業時間:毎夜20:00から約13分間
入場料:無料
HP:https://www.tourism.gov.hk/symphony/eindex.html




4.彌敦道(ネイザンロード)

「彌敦道(ネイザンロード)」は「24時間眠らない街」と言われるまさに香港の目抜き通り。レストランや様々なお店が立ち並ぶ通りで、香港らしさがギュッと凝縮されたような通りです。あまりにも有名なのでテレビや雑誌などで見たことがある方もいらっしゃることでしょう。高級品を扱うショップから激安な品を扱うショップまで揃うという香港の有名スポットです。

ショッピングだけでなく散策も楽しめますし、宿泊費の高い香港の中では比較的格安のホテルも無数に存在します。まさにどのクラスの観光客にも人気の、観光スポットです。

■基本情報
名称:彌敦道(ネイザンロード)
住所:九龍彌敦道
アクセス:メトロMTR荃灣線尖沙咀駅からすぐ
営業時間:24時間
入場料:無料

5.男人街(ナンヤンガイ)

「男人街」は、香港で楽しめるナイトマーケットがある通りです。地図上では「廟街」という表示になっていることが多いですが、女人街に対して男性向けのアイテムが多いことから「男人街」という通称がついていることでも知られています。

衣類や小物などが並び散策している通りですが、屋台も多くあるので地元のローカルフードを求めて訪れる地元の人はもちろんのこと、観光客の姿も多くあります。香港の熱気を感じるようなスポットですので、香港に滞在中一度は訪れてみるのがおすすめです。

■基本情報
名称:男人街(ナンヤンガイ)、または廟街(ミュウガイ)
住所:九龍油麻地廟街 
アクセス:メトロMTR荃灣線 觀塘線油麻地駅C出口またはE出口よりすぐ
営業時間:17:00以降(店舗によって異なる)
入場料:無料

6.女人街(ニョニンガイ)通菜街(トンチョイガイ)

香港には「男人街」があれば、もちろん「女人街」もあります。女人街は昼頃から露店は開き始めますが、賑わいを見せるのは夕方から夜です。靴や雑貨、衣類などの女性用品の露店がぎっしり並び、お値段もチープなものが多いのでショッピングが楽しいスポットです。お祭りが開催されているような活気がある通りなので値段交渉しながら地元の人と触れ合うのもおすすめです。週末にもなると人が多く溢れかえる人気の観光スポットです。

ただし、人ごみに紛れてスリや置き引きなどの被害を多く見聞きするスポットでもあります。くれぐれも貴重品管理だけは気を付けた上で、エキサイティングな女人街の散策を楽しみましょう。

■基本情報
名称:女人街(ニョニンガイ)、または通菜街(トンチョイガイ)
住所:九龍旺角通菜街
アクセス:メトロMTR荃灣線旺角駅D3出口から徒歩1分
営業時間:15:00-24:00(店舗によって異なる)
入場料:無料

7.香港ディズニーランド(ホンコンディズニーランド)

香港ディズニーランド
photo by @gogo.hiroya

香港旅行の目的の一つに、「香港ディズニーランド」を挙げる方も多いのではないでしょうか。世界各地にあるディズニーランドですが、時差や距離が日本とほど近い香港のディズニーランドは、特に日本人観光客にとっては人気のスポットです。
東京ディズニーランドと比較すると規模などは小さく、こじんまりしているので一日で回りやすいという魅力があります。また、東京ディズニーランドのようには混雑していないのも魅力の一つですよ。日本にはないグッズを探してみるのも面白いかもしれませんね。

■基本情報
名称:香港ディズニーランド(ホンコンディズニーランド)
住所:香港大嶼山香港迪士尼樂園
アクセス:ディズニーランド・リゾート線終点ディズニーリゾート駅すぐ
営業時間:10:00-21:00
入場料:スタンダードチケット大人HK$619、子供(3-11歳)HK$458 
HP:https://www.hongkongdisneyland.com/ja/

もっと見る

8.重慶大廈(重慶マンション)

「重慶大廈(重慶マンション)」はゲストハウスやレストラン、ショップがごちゃごちゃと入った巨大なビルです。映画の「恋する惑星」で有名になりましたが、日本人のバックパッカーには作家の沢木耕太郎の紀行小説「深夜特急」のドラマ版の舞台となったことで有名なスポットです。

巨大な重慶大廈にはインドやパキスタン、あるいはアフリカ系をはじめとした様々な人種が出入りし、香港にいながらにして異世界を感じるような場所です。少々危険な香りもするような場所なのですが、活気があるのでその魅力ははかりしれず訪れる観光客が絶えないスポットです。

■基本情報
名称:重慶大廈(重慶マンション)
住所:尖沙咀彌敦道36-44號
アクセス:メトロMTR尖沙咀駅G出口より徒歩3分
営業時間:店舗により異なる
入場料:無料

9.黄大仙(ウォンタイシン)

香港にお寺は数多くありますが、その中でも「黄大仙」は特に有名な道教のお寺として知られています。1921年建設の赤と金の派手さが印象的。参拝に来る地元の人の他にも、外国人観光客も多く訪れています。

正式には「嗇色園黄大仙廟」と呼ばれています。「嗇」とは「節約、物を大切にせよ」を表し「色」は「好きなもの、人間の欲」を表しています。「薔色」は「欲望を抑えて初診に戻って訓練する」という意味があるとされています。境内の奥には占いできる場所がたくさんあります。気軽に試せるので観光に訪れた際に、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

■基本情報
名称:黄大仙(ウォンタイシン)
住所:九龍黄大仙竹園村2
アクセス:メトロMTR観塘線黄大仙(ウォンタイシン)駅B2出口よりすぐ
営業時間:7:00-17:00
入場料:無料

10.香港歴史博物館(ホンコンレキシハクブツカン)

香港の歴史を知るにはもってこいの観光スポットが「香港歴史博物館」です。香港歴史博物館は歴史、文化、風土、自然などの展示がされていたり、英国から中国に返還されるまでの香港についても知ることができます。内容がとても充実している博物館なので観光客にも人気のスポットです。また、お土産売り場も充実しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

■基本情報
名称:香港歴史博物館(ホンコンレキシハクブツカン)
住所:九龍尖沙咀漆咸道南100
アクセス:メトロMTR荃湾線尖沙咀(チムサーチョイ)駅B2出口より徒歩5分 
営業時間:10:00-18:00、火曜休
入場料:大人HK$10、学生・シニアHK$5、水曜無料

11.天壇大仏(テンダンダイブツ)

世界最大級の大仏がここ香港にあるのはご存知でしょうか。「天壇大仏」は、標高520mの昂坪高原(ゴンピン)に鎮座しています。台座を含め高さ34mあり、重さは200トン以上あるという巨大な大仏です。目の前にしたらその迫力に圧倒されることでしょう。

曲線が美しい三日月のような眉が印象的な大仏ですが、台座の中にも展示があるので中に入ることも可能です。天壇大仏を観光するには「昂坪360」という全長5.7kmのケーブルカーに乗車します。ケーブルカーからの絶景も楽しめるおすすめのスポットです。

■基本情報
名称:天壇大仏(テンダンダイブツ)
住所:香港大嶼山昂平寶蓮禅寺
アクセス:メトロMTR東涌駅B出口を出てケーブルカーの昂坪360乗車、所要時間約25分
営業時間:10:00-17:30
入場料:無料

12.寶蓮寺(ポーリン寺)

天壇大仏を訪れたら、大仏の奥にある「寶蓮寺(ポーリン寺)」にもぜひ足を運んでください。寶蓮寺は1924年に建設された有名なお寺で、観光客にも人気のスポットです。地元の参拝客が訪れるカラフルな中国式のお寺です。大仏よりの周りよりも観光客が少ないので、一息つきながらゆっくりと観光できるのが魅力のスポットです。

■基本情報
名称:寶蓮寺(ポーリン寺)
住所:香港大嶼山昂平寶蓮禅寺
アクセス:MTR東涌駅B出口を出てケーブルカーの昂坪360乗車、所要時間約25分
営業時間:天壇大仏10:00-17:30、寶蓮寺10:00-18:00
入場料:無料

13.心経簡林(ハート・スートラ)

香港一のパワースポットとして人気の観光スポットが「ハート・スートラ(心経簡林)」です。儒教、道教、仏教の経である般若心経の一節が彫り込まれている38本のモニュメントがあります。無限大を示す8の字形に配置されており、とても神秘的な光景が広がっています。

世界最大の天壇大仏から山道を徒歩でアクセスすることになるので、天壇大仏とポーリン寺と合わせてセットで回るのがおすすめです。歩きやすい靴や服装で訪れるのがおすすめです。

■基本情報
名称:心経簡林(ハート・スートラ)
住所:香港新界離島区大嶼山昂坪
アクセス:MTR東涌駅B出口を出てケーブルカーの昂坪360乗車、所要時間約25分。下車すると天壇大仏がありますが大仏からは徒歩20分ほど。
営業時間:昂坪360の運行時間
入場料:無料

14.尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)

香港の中でも一二を争うほど有名な観光スポットが「尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)」。香港を訪れるなら迷わず足を運んでほしいスポットです。

昼でも夜でも地元の人や観光客で賑わっており、香港島のビル群が見渡せる絶景スポットです。香港の夜を光で楽しめるイベント「シンフォニー・オブ・ライツ」を見るにも最適な場所でもあります。散策して歩くにも気持ちがいいので、おすすめのスポットです。

■基本情報
名称:尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)
住所:尖沙咀東部海濱公園
アクセス:MTR尖沙咀より徒歩すぐ
営業時間:24時間
入場料:無料

15.バードガーデン(雀鳥花園)

世界一の人口密度を誇る大都会香港。この場所で鳥のさえずりが響き渡るスポットがあるのは少し驚きですよね。「バードガーデン」は、香港の鳥好きな人が集まるエリアとして知られていますが、観光客にも人気のスポット。中国の雰囲気を感じるような鳥かご専門店や色鮮やかな鳥に圧倒されることでしょう。鳥好きな人にはぜひ訪れてほしい観光スポットです。鳥自慢をしている鳥愛好家たちの姿もほほえましく、香港の癒しのスポットでもあります。

■基本情報
名称:バードガーデン(雀鳥花園)
住所:九龍太子園圃街雀鳥花園 
アクセス:メトロMTR荃灣線太子駅B1出口より徒歩5分
営業時間:7:00-20:00
入場料:無料




16.九龍公園(カオルーンパーク)

「九龍公園」は香港を代表する繁華街の「尖沙咀」の中にある広大な面積を誇る公園です。フラミンゴが生息している池や、展望台、中国庭園などあり、広々とした中でゆっくりと観光できるスポットです。また、朝は太極拳をしている地元の人がいたりするので香港らしい光景を見ることができるのも魅力の一つです。香港の喧騒に疲れたら立ち寄ってリラックスできるようなおすすめのスポットです。

■基本情報
名称:九龍公園(カオルーンパーク)
住所:九龍油尖旺区尖沙咀柯士甸道22號
アクセス:メトロMTR尖沙咀駅A1出口から徒歩1分
営業時間:5:00-24:00
入場料:無料

17.蘭桂坊(ランカイフォン)

蘭桂坊(ランカイフォン)は中環に位置し、多国籍な雰囲気のバーやレストランが並んでいるスポットです。昼間よりも夜の方が賑わっており、欧米系の人も多いので香港でありながら香港とは思えないようなスポットです。ビアフェスティバルが開催されていたり、クリスマスなどのイベントもあり、週末は観光客も多く訪れる人気のスポットです。

 
■基本情報
名称:蘭桂坊(ランカイフォン)
住所:香港中西區雲咸街
アクセス:メトロMTR荃湾、港島線中環(セントラル)駅D1出口より徒歩約5分
営業時間:24時間
入場料:無料

18.浅水湾(レパスルベイ)

香港で最も美しいビーチと言われている有名なビーチが「浅水湾(レパルスベイ)」です。レパルスベイは英国の軍艦「HMSRepulse」が停泊していたことが名前の由来になっており、名作映画「慕情」の舞台としても有名です。

現在は海に面してヨーロッパのリゾート地をイメージさせるような雰囲気のスポットで、美しいビーチとして観光客の人気を集めているスポットです。

■基本情報
名称:浅水湾(レパスルベイ)
住所:香港南区淺水湾
アクセス:中環巴士總站(セントラルバスターミナル)より赤柱(スタンレー)行きバス6番、6A番、66番、6X番線乗車。所要時間約30分
営業時間:24時間
入場料:無料

19.文武廟(ブンブビョウ)

香港の中で最も古いと言われている道教のお寺が「文武廟(ブンブビョウ)」です。下町の雰囲気が漂う賑やかなエリアに位置している文武廟ですが、お寺自体の空間は静かに佇んでいるような雰囲気を醸し出しています。文武廟は上から吊るされた渦巻きの線香が有名なスポットでもあり、祈りに訪れる人もいますが、観光客にも人気で国内外から観光客が訪れるスポットです。

■基本情報
名称:文武廟(ブンブビョ
住所:香港上環荷李活道126
アクセス:メトロMTR港島線上環(ションワン)駅A2出口より徒歩約10分
営業時間:8:00-18:00
入場料:無料

20.キャット・ストリート(摩羅上街)

香港の上環にある「摩羅上街」は、通称キャット・ストリートと呼ばれている通りです。骨董品ショップが立ち並ぶ通りで、香港のネオン街とはまた一味違った雰囲気が楽しめるスポットです。骨董品や少々マニアックな品などが並んでいるので、古いグッズが好きな人にはたまらないスポットです。少し変わった品物や掘り出し物が見つかるかもしれません。

■基本情報
名称:キャット・ストリート(摩羅上街)
住所:香港上環摩羅上街
アクセス:メトロMTR港島線上環(ションワン)駅E2出口約10分
営業時間:11:00-18:00
入場料:無料

21.マダムタッソー蝋人形館(香港杜莎婦人蝋像館)

View this post on Instagram

@shining_micaがシェアした投稿

「マダムタッソー蝋人形館」はビクトリア・ピークにある、ピークタワー内にあります。世界各地にマダムタッソー蝋人形館はありますが、一度も行ったことのない方やビクトリア・ピークに行く際にはぜひ立ち寄ってみるのがおすすめ。ブルース・リーや、ハリウッドスター、ミュージシャンなどの有名人の蝋人形がとても精巧に作られています。リアルに作られている蝋人形はまるで本物のよう。一度に世界的なスター達に会えた気分になる観光スポットです。

■基本情報
名称:マダムタッソー蝋人形館(香港杜莎婦人蝋像館)
住所:香港山頂道山頂128ピークタワー内
アクセス:中環(セントラル)花園道(ガーデンロード)のピーク・トラム駅から10分
営業時間:10:00-22:00
入場料:大人HK$240、子供HK$170

22.スカイ100

「スカイ100」は香港の絶景が眺められる人気の観光スポット。香港で最も高い高層ビルの世界貿易センター(通称ICC)の100階にある展望デッキがスカイ100です。香港の屋内の展望台の中では最も高い場所にあるスカイデッキ100からは、香港の高層ビル群やビクトリアハーバーなどの絶景を360度見渡すことができるスポットです。週末は混みあいますが、平日は比較的空いているので訪れるなら平日がおすすめです。

 
■基本情報
名称:スカイ100
住所:香港九龍柯士甸道西1号環球貿易広場100階
アクセス:メトロMTR東涌(トンチョン)線、エアポートエクスプレス九龍(カオルーン)駅C出口直結
営業時間:10:00-21:00
入場料:大人HK$169、子供HK$128 

23.クイーンズロードイースト(皇后大道東)

「クイーンズロードイースト」は英国のビクトリア女王にちなんで付けられた通りです。歴史的建造物があったり、家具屋街などあるので、香港の古き良き時代を感じるような雰囲気の通りで、どこか懐かしいような感じがするスポットです。近年ではおしゃれな雰囲気のカフェやショップなども増えてきていることもあり観光客の人気を集めており、散策が楽しいスポットです。

■基本情報
名称:クイーンズロードイースト(皇后大道東)
住所:香港湾仔皇后大道東
アクセス:メトロMTR港島線金鐘(アドミラルティ)駅F出口からすぐ
営業時間:24時間
入場料:無料

24.大澳(タイオー)

観光客が気兼ねなく訪れることが出来る漁村が「大澳(タイオー)」。古くから続いている小さな漁村ですが、近年は観光地化されていることもあり、観光に訪れる人もいるスポットです。路上には貝柱やエビ、するめなどの乾物が並び、その場で特産品が味わえるようなグルメスポットというのも魅力的です。アクセスはいいとは言えませんが、香港中心部から日帰りで訪れることができる人気を集めている観光スポットです。

■基本情報
名称:大澳(タイオー)
住所:香港新界大嶼山大澳
アクセス:東涌(トンチョン)線東涌駅から大嶼山バス11番に乗り大澳(タイオー)停留所で下車すぐ
営業時間:日没に閉店
入場料:無料

25.威靈頓街(ウェリントンストリート)

香港の中環エリアはビジネス街として知られていますが、大通りから少し裏に入ると現れるのが「威靈頓街(ウェリントンストリート)」です。この通りはB級グルメ店が立ち並んでいることで知られています。庶民的なB級グルメが手軽に味わえ、ワンタン麺や餃子、ラーメン屋などが立ち並んでいます。中環エリアで働くサラリーマンで行列が出来るようなスポットですが、もちろん観光客にも人気。老舗レストランもあるので、高級な料理から庶民派の料理まで香港グルメをたっぷりと味わえるスポットです。 

■基本情報
名称:威靈頓街(ウェリントンストリート)
住所:香港中環威靈頓街 
アクセス:メトロMTR荃灣線、港島線中環駅D1出口から徒歩5分
営業時間:24時間
入場料:無料

26.1881 ヘリテージ

1881ヘリテージは、1881に建設された香港警隊前水警総部として使われていた建物を後に改装したショッピングモールです。英国の統治時代の雰囲気が漂っている美しいコロニアル建築が特徴的で、建築物文化遺産にも認定されていることから観光客が多く訪れています。

ショッピングモール自体は少々高級品が多いのですが、建築物を見るために訪れるだけでも価値があるような魅力的な観光スポットになっています。

 
■基本情報
名称:1881 ヘリテージ
住所:九龍尖沙咀広東道2A號
アクセス:メトロMTR荃灣線尖沙咀(チムサーチョイ)駅L6出口から徒歩1分
営業時間:店舗により異なる
入場料:無料
HP:http://www.1881heritage.com/

27.ソーホー(SOHO)

「ソーホー(SOHO)」と聞くとニューヨークやロンドンをイメージしますが、香港にもソーホーがあるのをご存知でしょうか。香港のソーホーもデザイナーやアーティストのアトリエがあり、流行の拠点として人気を集めています。

その範囲は広くはないのですが、周辺はおしゃれな多国籍レストランや雑貨店などが多く並び、どこに入ろうか迷ってしまうほど。流行やおしゃれに敏感な地元っ子や観光客に人気のスポットです。

■基本情報
名称:ソーホー(SOHO)
住所:中環伊利近街・士丹頓街 
アクセス:メトロMTR港島線、荃湾線の中環駅駅から徒歩15分
営業時間:店舗により異なる
入場料:無料

28.海港城(ハーバー・シティ)

香港を旅行中にショッピングも楽しみたいという方には必見の観光スポット。九龍の尖沙咀にある「海港城(ハーバー・シティ)」は香港最大級という巨大なショッピングモールです。ハーバー・シティにはなんと700店舗もあり、ホテルや映画館まで入っています。ブランド品からカジュアル品まで何でも揃う便利なショッピングモールは地元の人のみならず、観光客も訪れる人気のスポットです。もちろんレストランも豊富なのでショッピングの途中で食事もできますよ。じっくり見て回るのであれば一日あっても足りないようなスポットです。

 
■基本情報
名称:海港城(ハーバー・シティ)
住所:九龍尖沙咀廣東道3-27號
アクセス:メトロMRT荃灣線尖沙咀(チムサーチョイ)駅A1出口から徒歩5分 
営業時間:10:00-22:00
入場料:無料
HP:http://www.harbourcity.com.hk/en/

29.天后廟(ティンハウミュウ)

「天后廟」は九龍島の油麻地に位置する有名な道教寺院です。1865年に当時の天后廟が建てられましたが1874年に風災で壊れてしまったことから、場所を移動し1890年に現在の場所に新しく建てられました。

天后廟の北は廟北街、南は廟南街と名付けられ、古くから人々に愛されてきました。大きな長い渦巻の線香が吊るされているのが印象的で、一週間ほど燃えるという線香は、最後まで燃えると願いが叶うと言われています。線香は旅行者でも奉納できるので願いを込めてみてはいかがでしょうか。ノスタルジックな雰囲気のお寺なので旅行者にも人気の観光スポットです。

■基本情報
名称:天后廟 (ティンハウミュウ)
住所:九龍油麻地廟街眾坊街 
アクセス:メトロMTR油麻地駅(ヤウマテイ)駅C出口より徒歩4分
営業時間:9:00-17:00
入場料:無料

30.赤柱(スタンレー)

赤柱(スタンレー)は香港島最南端に位置する小さな半島です。かつてのイギリス植民地時代は漁村でしたが、後に外国人が住む高級住宅地になりました。現在は海辺に欧米風の建物が並び、おしゃれなレストランやカフェなどが連なっています。

バスターミナルから少し坂を下るとスタンレーマーケットがあり、様々な商品が並んでいるのでお土産選びにも最適なスポットです。海辺でのんびりとした時間を過ごしたりショッピングを楽しんだりできる観光スポットです。

■基本情報
名称:赤柱(スタンレー)
住所:香港島南区赤柱
アクセス:中環(セントラル)の交易廣場(エクスチェンジ・スクエア)バスターミナルから260番線または6X番線で約35分
営業時間:スタンレーマーケットは夕方6時頃まで
入場料:無料

香港の観光スポットを一挙30選ご紹介しましたが、いかがでしたか?こんな小さな島にも関わらず、香港には香歴史的建造物などの観光スポットだけでなく、市場などでグルメも楽しめるようなスポットが豊富にありますね。

ここでご紹介した内容を参考にして頂いて、ぜひ次回の旅は香港を選んでみてはいかがでしょうか。




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す