Kungliga slottet(ストックホルム宮殿)

Kungliga slottet(ストックホルム宮殿)
by https://sv-se.facebook.com/kungligaslotten/photos/a.2079240275460090/2080297702021014/?type=3&theater
1523年にグスタフ1世下でスウェーデン王国として独立した王室の執務室として現在も使われている公邸です。16~17世紀にかけて築城されルネサンス様式、バロック様式へと改築され現在では7階建て600室以上の部屋を持つヨーロッパ最大級の規模を誇ります。宮殿内の一部は一般公開されており豪華な居室、インテリア、コレクションを見学することも可能。また、内部には宝物殿や礼拝堂、博物館もありこちらも見学することができます。

周辺の類似スポットを地図で見る

Kungliga slottet(ストックホルム宮殿)の基本情報


【スポット】Kungliga slottet(ストックホルム宮殿)
【ふりがな】すとっくほるむきゅうでん
【 住所 】Slottsbacken 1, 111 30 Stockholm
【アクセス】ストックホルム中央駅から徒歩10分
【最寄り駅】ストックホルム中央駅
【営業時間】10:00~16:00
【 料金 】160SEK


公式ページ


Kungliga slottet(ストックホルム宮殿)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

(並)観光地にもなっているスウェーデン国王が住むストックホルム郊外の宮殿は○○○○○○○ホルム宮殿?→「ドロットニング」ホルム宮殿

【008】〈地理〉 その名にはスウェーデン語で「王妃の小島」という意味がある、バロック様式の美しさから「北欧のヴェルサイユ宮殿」と形容されることもある、スウェーデン・ストックホルム郊外のローベン島にあるスウェーデン王室が住む宮殿は何?

【連想】①スカンセン野外博物館 ②メーラレン湖 ③ビルカ遺跡 ④ドロットニングホルム宮殿  ストックホルム

(並)観光地にもなっているスウェーデン国王が住むストックホルム郊外の宮殿は○○○○○○○ホルム宮殿?→「ドロットニング」ホルム宮殿


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。