蔵前水の館

蔵前水の館
by http://www.gesui.metro.tokyo.jp/living/tour/guide/s-kuramae/
東京23区で唯一、実際に使われている下水道の中を見学できる施設。地下30mにある直径6.25mの巨大下水道管は圧巻ということで密かに人気の観光スポットです。特に夏場の臭さはこの世のものではないということで怖いもの見たさで訪れる人も多いんだとか。また施設内にはどうやって下水道が流れてくるのか、どうやって下水道を処理するのか学べるのでお子さんの社会見学の一環にもおすすめ!ただし、予約必須なのでその点はご注意ください。

SNS映えマップで見る

【 住所 】〒111-0051 東京都台東区蔵前2丁目1−8 北部下水道事務所敷地内
【アクセス】JR総武線 浅草橋駅から徒歩10分
【営業時間】9:00~16:30 休館日:土曜・日曜・祝日・年末年始
【 料金 】無料

蔵前水の館
が含まれる観光マップ



公式ページ
※見学希望の方は1週間前までに、電話にてお申し込みください。(申し込み先03-3241-0944)
※見学の所要時間は1時間程度
※地下30mまで階段を昇り降りするので歩きやすい格好で訪れてください



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

品川シーサイドで開催されている下水道フォーラムフェスタ2019で、東京23区のマンホールカードをもらいました 普段は平日のみ開館の蔵前水の館で事前に予約して見学した人のみ貰えるカードなので難易度が高く、土曜休日に貰えたのでラッキー… twitter.com/i/web/status/1…

#古舘実況語録 18「この東京の下町情緒が残る蔵前界隈。日中は蔵前橋から辺りを見渡しますと、都会のコンクリートジャングルを背景に隅田川が水を満々とたたえておりましたが、その川もに一瞬夏の日差しを浴びて、この国技館がシルエットとなって映し出されて参りました」1983.8.4


東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事



pakuchikaokao
属性 タイ屋台999
高さ約27cmに盛られたパクチーが衝撃的。パクチーは総重量約1kgと、伝説のパクチー鍋コースが人気。店名の999...
remlookup_1
属性 Lookupウォールアート
縦長のウォールアート。横にあるヤシの木を入れて撮影すると海外リゾートにいるようなおしゃれな写真が撮影で...
CAFE RAMBUTAN
属性 CAFE RAMBUTAN
エスニック料理が食べられるお洒落なカフェ。ランチタイム時に好きなメインを注文した人は約30種類 のパンが食...

写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。