ラスコーの洞窟壁画

ラスコーの洞窟壁画
by https://en.wikipedia.org/wiki/Lascaux
フランス西南部ドルドーニュ県のモンティニャック村の洞窟の中で、1940年に村の少年によって偶然発見された、人類最古の絵画とされる壁画で、2万年前の後期旧石器時代にクロマニョン人によって描かれたと言われています。洞窟の全長は200m、地下に枝分かれした洞窟があり、大空間には馬・山羊・牛などの動物が、赤土・木炭などを材料とした塗料と、動物の毛や木の枝をブラシにして描かれています。1948年から一般公開されましたが、観光客の吐く二酸化炭素による劣化で1963年に閉鎖され、現在は圧巻のレプリカが人気のラスコー2、遠隔地での展示が可能なラスコー3、2016年にオープンしたレプリカ洞窟のラスコー4が公開されています。

周辺の類似スポットを地図で見る

ラスコーの洞窟壁画の基本情報


【スポット】Lascaux/ラスコーの洞窟
【 住所 】Lascaux, 24290 Montignac
【アクセス】TGV「Gare Montparnasse」→「Bordeaux St Jean」下車→乗換 TER「Bordeaux St Jean」→「PERIGUEUX」下車→乗換 TER「PERIGUEUX」→「CONDAT LE LARDIN」下車→バスまたはタクシー乗換
【営業時間】8:00~10:00-18:00~21:30(季節により随時変更)。閉館日:1/7-1/21
【 料金 】大人/13€、13歳未満/往復8.5€



ラスコーの洞窟壁画のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

【2月19日まで|国立科学博物館】 世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜 普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/303 pic.twitter.com/EYJ0ygJj2A

ツイッターメディア

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

ラスコーの洞窟壁画じゃん

さすがにピカソを絵が下手だと言う人はいないだろうが、じゃあモディリアーニは、シャガールは、アンリルソーは、ラスコー洞窟の壁画は、西原理恵子は、蛭子能収は上手いと自信を持って言えるか? 上手いんだよみんな抜群に

@magolor_wii フランス南西部にあるラスコー洞窟内の壁画。 紀元前……ウン世紀の、クロマニョン人のやつですね。 動物と人の狩猟生活の様子が描かれており、ある程度のストーリーと遠近法の使用が見受けられ、人類の芸術美観のは… twitter.com/i/web/status/1…

パクリ警察の浅はかさよ・・・。 ラスコー洞窟の壁画でも見てろ!

【2月19日まで|国立科学博物館】 世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜 普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/303 pic.twitter.com/EYJ0ygJj2A

ツイッターメディア

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

【2月19日まで|国立科学博物館】 世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜 普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/303 pic.twitter.com/EYJ0ygJj2A

ツイッターメディア

この手のハナシが出るたびに繰り返してんだけど、テニススクールのエロコーチみたいに手取り足取り親切丁寧に教えたら誰でも絵が描ける様になる…なんてあるワケないよ。 逆に言うとラスコーの原始人は誰にも教わらず見事な洞窟壁画を残したんだよ。

@kamezoya_kihei ちょっとラスコーの壁画調べてきたんですけど洞窟壁画らしく、個人的に好きな絵でした! 喜兵衛さんも珊瑚礁の海中散歩なんて、なんてロマンのある名前!

何とは言わないけどバイコーンはユニコーンと対をなすもので、純潔を汚す存在として知られている。 ちなみにかのラスコー洞窟壁画にはユニコーンと名付けられた一角獣の絵があるけども、実はよく見ると角は二本あるんですよね。 つまりユニコーンとバイコーンは…

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

【2月19日まで|国立科学博物館】 世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜 普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/303 pic.twitter.com/EYJ0ygJj2A

ツイッターメディア

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

ヴェゼール渓谷のモンティニャック村から二キロの距離にあるラスコー洞窟は、壁画を持つ先史時代洞窟のうち、最も美しく、また最も豊かな洞窟であるが、ことはそれだけに止まらない。それは人間と芸術に関する、始原期から私達のもとにまで達したはじめての有形の徴でもあるのだ。『ラスコーの壁画』

学生の頃、世界最古の美術はラスコー、アルタミラだった。今は1944年発見のショーヴェの洞窟壁画。紀元前3万1000年前後。古いね〜。呪術だけの目的らしく、すでにこの頃から画家らしき役割があったっぽいとかね。歴史は面白い。 #美術史 pic.twitter.com/fzs0Sj7EbU

ツイッターメディア

【2月19日まで|国立科学博物館】 世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜 普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/303 pic.twitter.com/EYJ0ygJj2A

ツイッターメディア

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

ヴェゼール渓谷のモンティニャック村から二キロの距離にあるラスコー洞窟は、壁画を持つ先史時代洞窟のうち、最も美しく、また最も豊かな洞窟であるが、ことはそれだけに止まらない。それは人間と芸術に関する、始原期から私達のもとにまで達したはじめての有形の徴でもあるのだ。『ラスコーの壁画』

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

【2月19日まで|国立科学博物館】 世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜 普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/303 pic.twitter.com/EYJ0ygJj2A

ツイッターメディア

創作とは、自分が生きた証を残すことでもある。ラスコー洞窟の壁画のように、人類が生きる限りずっと続いていくのでしょう。人類が滅んでも、多分調査に来たどこかの宇宙人が発掘する。そう思うとロマンじゃないですか?

はまおさんの全裸ライフハックツイ見て なんかラスコーの洞窟辺りに FEの子安族の壁画描いてそうとか 思ってしまった…


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。