ラスコーの洞窟壁画

ラスコーの洞窟壁画
by https://en.wikipedia.org/wiki/Lascaux
フランス西南部ドルドーニュ県のモンティニャック村の洞窟の中で、1940年に村の少年によって偶然発見された、人類最古の絵画とされる壁画で、2万年前の後期旧石器時代にクロマニョン人によって描かれたと言われています。洞窟の全長は200m、地下に枝分かれした洞窟があり、大空間には馬・山羊・牛などの動物が、赤土・木炭などを材料とした塗料と、動物の毛や木の枝をブラシにして描かれています。1948年から一般公開されましたが、観光客の吐く二酸化炭素による劣化で1963年に閉鎖され、現在は圧巻のレプリカが人気のラスコー2、遠隔地での展示が可能なラスコー3、2016年にオープンしたレプリカ洞窟のラスコー4が公開されています。

周辺の類似スポットを地図で見る

【スポット】Lascaux/ラスコーの洞窟
【 住所 】Lascaux, 24290 Montignac
【アクセス】TGV「Gare Montparnasse」→「Bordeaux St Jean」下車→乗換 TER「Bordeaux St Jean」→「PERIGUEUX」下車→乗換 TER「PERIGUEUX」→「CONDAT LE LARDIN」下車→バスまたはタクシー乗換
【営業時間】8:00~10:00-18:00~21:30(季節により随時変更)。閉館日:1/7-1/21
【 料金 】大人/13€、13歳未満/往復8.5€




SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

セブさん良いな〜。ラスコーの洞窟壁画を彷彿とさせる。

『世界の教養365』毎日19時に配信してます! 今日は「ラスコー洞窟の壁画」是非見てください^^ youtu.be/YaJ-iL_XsGM

【2月19日まで|国立科学博物館】 世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜 普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/303 pic.twitter.com/EYJ0ygJj2A

ツイッターメディア

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

日本史は1mmもわかんないし西洋史も殆ど知らないアリナ先輩に西洋美術史を任せるとラスコーの洞窟壁画から抜け出すのに三ヶ月は掛かるし、現代美術になると回を追う毎に補修内容が無限に増え続け、結局ゴーギャンのタヒチ旅行の話で時間切れとなった(ゴーギャンまで行けたのは偉い)

「ベアルン伯の紋章の牛はラスコー洞窟の壁画が由来」というエイプリルフールネタが今更ながら思い浮かんでしまった。来年使うかもしれない

ラスコー洞窟の壁画は、現在知られている最古の芸術作品の一つである。 見つかったのはフランス中部にあるモンティニャックという場所で、1940年に洞窟に入った四人の少年が見つけたらしい。 洞窟の内部は部屋がいくつもあり、1万500… twitter.com/i/web/status/1…

[教]「ラスコー洞窟の壁画」フランス中部の村、モンティニャックの近くで発見された。1万5000年前に描かれた動物の絵が1500点ある。1948年に一般公開されたが、来客が多く劣化したため閉鎖。今は洞窟から200m離れた場所に実物大のレプリカがある。

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

ラスコー洞窟の壁画(三日目)|倉下忠憲 @rashita2 #note note.com/rashita/n/nedd…

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

ヴェゼール渓谷のモンティニャック村から二キロの距離にあるラスコー洞窟は、壁画を持つ先史時代洞窟のうち、最も美しく、また最も豊かな洞窟であるが、ことはそれだけに止まらない。それは人間と芸術に関する、始原期から私達のもとにまで達したはじめての有形の徴でもあるのだ。『ラスコーの壁画』

【ラスコー洞窟】 ・フランス中部、15~17000年前の芸術作品(壁画)、目的は不明だが、動物を正確に書くことで動物の数や動きをコントロールできると考えた? ・動物の絵を歪曲画法(横の顔に正面の角)、点や線などの象徴的意味を持… twitter.com/i/web/status/1…

(∪´ω`)ラスコー洞窟の壁画に描かれてるやつが3スレ目あたりだよ。

ヴェゼール渓谷のモンティニャック村から二キロの距離にあるラスコー洞窟は、壁画を持つ先史時代洞窟のうち、最も美しく、また最も豊かな洞窟であるが、ことはそれだけに止まらない。それは人間と芸術に関する、始原期から私達のもとにまで達したはじめての有形の徴でもあるのだ。『ラスコーの壁画』

【2月19日まで|国立科学博物館】 世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜 普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/303 pic.twitter.com/EYJ0ygJj2A

ツイッターメディア

ラスコー洞窟の井戸の場面、インドネシアの洞窟壁画。どちらも鳥の頭のような人が描かれているのは偶然か?単に人間の顔、頭を普通に描いたつもりの絵を我々が深読みしてしまっているだけなのか?

1868年に南フランスで発見され古生物学者ルイ= ラルテによって研究された、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに洞窟壁画を残した化石人類は何か

【2月19日まで|国立科学博物館】 世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜 普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/303 pic.twitter.com/EYJ0ygJj2A

ツイッターメディア

洞窟壁画と言えば世界史で習ったラスコーとかアルタミラが有名だけど、北海道のフゴッペ洞窟に是非行きたい! 有翼人はやっぱり宇宙人的なアレなんだろうか?? twitter.com/gwai_here/stat…


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。