青梅鉄道公園

青梅鉄道公園
鉄道開業90周年記念事業に作られた鉄道車両を保存展示している公園。蒸気機関車や鉄道が有り迫力抜群です。また室内には鉄道のパノラマコーナーもあり鉄道好きには是非ともお勧めします。
【ふりがな】おうめてつどうこうえん
【 住所 】〒198-0041 東京都青梅市勝沼2−155
【アクセス】JR青梅駅から徒歩15分
【営業時間】3月~10月10時~17時30分(入園は17時まで)・11月~2月10時~16時30分(入園は16時まで)休館日:月曜日(国民の休日・振替休日の場合は開園し、火曜日休園)
【 料金 】100円(小学生以上)
【 画像 】https://www.facebook.com/oumerailpark/

もっと見る

浅草地下街

浅草地下街
日本最古の地下街商店街。レトロな内装とディープな雰囲気漂うお店が立ち並ぶ姿は、浅草の観光地エリアと一線を画した独特なオーラを放っています。人気のお店はカレーソース焼きそばが有名な「福ちゃん」で観光客からも人気です。また自称日本一と謳う「カットセブン」も有名で、700円で散髪が出来るということから地元の方からも親しまれています。浅草の思い出にカットをしてもらうのも良いですね!
【 住所 】〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目1−1
【アクセス】東京メトロ銀座線の浅草駅6番・8番出口直結
【営業時間】店舗により異なります。
【 画像 】@snaplace_insta

もっと見る

Bayside Marketplace(ベイサイド・マーケットプレイス)

Bayside Marketplace(ベイサイド・マーケットプレイス)
開放感あるショッピングモールで、モール内にはカフェやレストラン、お土産屋さんなど多くのショップで賑わっています。特に飲食店が多いので食べ歩きしながらショッピングを楽しむことができるというのも特徴。いかにも南国といった活発なマーケットで、バンドの生演奏や音楽がさまざまな場所で流れています。ベイサイド・マーケットプレイスからはクルーズも出港しているため、ここだけでもマイアミの海を満喫できるおすすめスポットです。
【スポット】Bayside Marketplace(ベイサイド・マーケットプレイス)
【ふりがな】べいさいど・まーけっとぷれいす
【 住所 】401 Biscayne Blvd, Miami, FL 33132
【アクセス】COLLEGE-BAYSIDE駅からすぐ
【最寄り駅】COLLEGE-BAYSIDE駅
【営業時間】 月~木10:00〜22:00、金~土 10:00〜23:00、日 11:00〜21:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://www.instagram.com/baysidemarketplace/

もっと見る

Pelican Harbor Seabird Station(ペリカンハーバー・シーバード・ステーション)

Pelican Harbor Seabird Station(ペリカンハーバー・シーバード・ステーション)
1980年に設立された、病気やケガを負い孤立してしまった野生動物を助けて保護する活動をしている施設です。2019年には創立40周年を迎えるこの団体の実績は大きく、今までに30000を超える数の動物たちを保護してきました。保護の中にはリハビリも含まれているので、野生に帰った後も生活できるようにしているそうです。彼らは非営利慈善団体のため、活動費の寄付を募っています。そのため、施設への入場は無料になっていますがいくらか寄付をして野生動物の保護に貢献してみてはいかがでしょうか。
【スポット】Pelican Harbor Seabird Station(ペリカンハーバー・シーバード・ステーション)
【ふりがな】ぺりかんはーばーしーばーどすてーしょん
【 住所 】1279 79th Street Causeway, Miami, FL 33138
【アクセス】Pelican Harbor Drバス停から徒歩3分
【最寄り駅】なし
【営業時間】9:00〜17:00
【 料金 】寄付
【 画像 】https://www.instagram.com/seabirdstation/

もっと見る

Bass Museum(バス美術館)

Bass Museum(バス美術館)
現代アート美術館で、マイアミらしい趣のあるアール・デコ調の外観をしています。1930年代に建てられた図書館を利用していて、1964年のリニューアルオープン後に国家歴史登録財にも指定されている歴史ある建物です。館内はとても個性的な現代アートが数多く展示されていて、現在はコンテンポラリーアートを中心とした展示が楽しめます。写真映えするフォトスポットとしても人気ですが、名前からイメージする乗り物のバスの美術館ではないので注意してくださいね。
【スポット】Bass Museum(バス美術館)
【ふりがな】ばすびしゅつかん
【 住所 】2100 Collins Ave, Miami Beach, FL 33139
【アクセス】マイアミ空港からシャトルバスで約35分
【最寄り駅】なし
【営業時間】10:00~17:00(月・火曜日は休館)
【 料金 】10ドル
【 画像 】https://thebass.org/

もっと見る

New World Center (ニューワールド・センター)

New World Center (ニューワールド・センター)
2011年1月25日にオープンしたニューワールド交響楽団の新キャンパスです。フランク・ゲーリーによって設計され、聴覚だけでなく視覚的な部分も重要視されているので、今までにないクラシック音楽のコンサート体験が出来るという特徴があります。客席は最大756席で、少ない座席数でオーケストラに適した空間にするため50フィートの高さがあります。最新の機器を使用しながら新しいジャンルの音楽を体験できる最新スポットです。
【スポット】New World Center (ニューワールド・センター)
【ふりがな】にゅーわーるどせんたー
【 住所 】500 17th St, Miami Beach, FL 33139
【アクセス】マイアミ空港からシャトルバスで約30分
【最寄り駅】なし
【営業時間】10:00〜17:00
【 料金 】公園により異なる
【 画像 】https://www.nws.edu/new-world-center/

もっと見る

Miami Beach(マイアミビーチ)

Miami Beach(マイアミビーチ)
リゾートビーチとして有名な観光都市で、青い海とビーチの美しさなどから世界中の観光客が訪れる定番スポットです。エリア内の様々な場所にパブリックアートが飾られていて、アート作品を楽しめるという特徴もあります。マイアミビーチ沿いには、「マイアミビーチトロリー」という無料のバスが走っているのでアクセスもしやすく安心。マイアミビーチで夕日を見て、たくさんのレストランなどが立ち並ぶアール・デコ歴史地区でディナーというのもおすすめです。
【スポット】Miami Beach(マイアミビーチ)
【ふりがな】まいあみびーち
【 住所 】Miami Beach, FL
【アクセス】マイアミ空港からシャトルバスで約30分
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/マイアミビーチ/

もっと見る

Mt. Pinatubo(ピナツボ火山)

Mt. Pinatubo(ピナツボ火山)
1991年に20世紀における最大規模の大噴火を引き起こした火山として知られています。1噴火するまでは周辺の人々にもほとんど知られていない、地味な火山でしたが、噴火前に1745mあった標高は、噴火後に1486mまで低くなっています。さらに噴火で陥没を起こしたところに雨水が溜まり、今では美しいカルデラ湖が作られています。今では観光名所になっていて、トレッキングツアーが盛ん。注意してほしいのは、6月から12月の雨季は登山には不向きです。
【スポット】Mt. Pinatubo(ピナツボ火山)
【ふりがな】ぴなつぼかざん
【 住所 】Botolan, Zambales
【アクセス】ダオ・バスターミナルよりベースキャンプまで1時間弱
【最寄り駅】なし
【 料金 】ツアーにより異なる
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ピナツボ火山/

もっと見る

Honda Bay(ホンダ湾)

Honda Bay(ホンダ湾)
白い砂浜と美しいサンゴ礁に囲まれたスポットです。アクティビティが楽しめ、1番人気はアイランドホッピング。アイランドホッピングはハンガーボートと呼ばれる船に乗り、島めぐりするツアーです。ホンダ湾内の島々を巡りながら島ごとの自然を味わうことができます。ビーチ遊びやシュノーケル、ランチ、散策、写真撮影など楽しみ方は様々。色とりどりの魚を見るためにも、出かける際にはマスクとスノーケルを準備するのがおすすめです。
【スポット】Honda Bay(ホンダ湾)
【ふりがな】ほんだわん
【 住所 】Honda Bay
【アクセス】プエルトプリンセサより船で20~30分
【最寄り駅】なし
【 料金 】ツアーにより異なる
【 画像 】https://www.elnidoparadise.com/booking/public-tours/puerto-princesa-public-tours/honda-bay-island-hopping-tour/

もっと見る

Hundred Islands National Park(ハンドレッドアイランズ国立公園)

Hundred Islands National Park(ハンドレッドアイランズ国立公園)
穴場リゾートとして知られるようになったスポットで、123の大小の島が点在しています。島を形作るサンゴ礁と石灰岩は長い年月をかけて浸食され、まるできのこのような丸っこい形が特徴です。この島で最も眺望が良いとされているのが、ガバナース島、最も賑わっているケソン島では宿泊できるキャンプサイトやコテージのほか各種アクティビティの拠点にもなっています。観光地化されている島はたった3島のみで、後はほとんど未開同然の無人島なので手付かずの自然を満喫することができます。
【スポット】Hundred Islands National Park(ハンドレッドアイランズ国立公園)
【ふりがな】はんどれっどあいらんずこくりつこうえん
【 住所 】51 Boulevard St, Lucap, Alaminos, Pangasinan
【アクセス】アラミノス市街地からトライシクルで約15分
【最寄り駅】なし
【 画像 】http://tourism-philippines.com/hundred-islands-national-park/

もっと見る

Chocolate Hills(チョコレートヒルズ)

Chocolate Hills(チョコレートヒルズ)
1,268から1,776にも及ぶ丘が楽しめる絶景スポットです。人工的な工作がないにもかかわらず、全て30mになっているという特徴があります。どのような経緯でこのような形になったのかはいまだに解明されていません。そんな不思議なスポットですが、乾季に入ると草が刈れて茶色になっていきます。その色と形がチョコレートのようであることからこのような名前になりました。反対に雨季は緑色なので、抹茶チョコレートヒルズとも呼ばれています。
【スポット】Chocolate Hills(チョコレートヒルズ)
【ふりがな】ちょこれーとひるず
【 住所 】Carmen-Sagbayan-Bacani Road, Sagbayan, Bohol
【アクセス】タグビララン港よりバスで2時間前後
【最寄り駅】なし
【営業時間】6:00~18:00
【 料金 】50ペソ
【 画像 】http://www.chocolatehills.net/

もっと見る

Fort San Pedro(サンペドロ要塞)

Fort San Pedro(サンペドロ要塞)
スペイン統治時代に建築されたフィリピン最古かつ最小の三角形の稜堡式要塞です。スペイン統治の影響を一番最初に受けた場所でもあり、それを物語る建物として知られています。この要塞は初期のスペイン人入植者にとっての中心的な拠点でした。やがてフィリピン入植の拠点地となり、フィリピン全土を統治するまでになりました。内部はフィリピンの歴史に纏わる展示物をおいた展示コーナーがあり、2階には当時配置されていた大砲などが展示されています。
【スポット】Fort San Pedro(サンペドロ要塞)
【ふりがな】さんぺどろようさい
【 住所 】A. Pigafetta Street, Cebu City, 6000 Cebu
【アクセス】セブ第1港より徒歩10分
【最寄り駅】なし
【営業時間】8:00〜19:00
【 料金 】50PHP
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%BB%E3%83%96-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88-2008612/

もっと見る

Seafari Resort Oslob(オスロブ)

Seafari Resort Oslob(オスロブ)
野生のジンベイザメが集まる場所として人気のスポットです。ジンベイザメウォッチングをすることも可能で、ボートからジンベイザメを餌付け見学や、実際にスノーケリング装備をして水中から直接ジンベイザメを観察することができます。9割の人がジンベイザメと遭遇出来ると言われているため、世界中から多くの人が集まっています。目の前に広がるエメラルドグリーンの海では、優雅に泳ぐウミガメに出会える可能性も高いのでぜひチェックしておきたいスポットの一つです。
【スポット】Seafari Resort Oslob(オスロブ)
【ふりがな】おすろぶ
【 住所 】Natalio Bacalso Avenue, Oslob, 6023 Cebu
【アクセス】セブ市内よりバスで3時間
【最寄り駅】なし
【 料金 】ツアーにより異なる
【 画像 】https://www.facebook.com/pages/category/Government-Organization/Oslob-Municipal-Government-283189462139447/

もっと見る

Kawasan Falls(カワサン滝)

Kawasan Falls(カワサン滝)
高さ40メートルとセブ島最大の滝で、「世界の美しい滝100選」にも選ばれた実績もあります。知名度・人気度ナンバーワンを誇っていて、大小様々な滝を見れるというのも特徴的。滝の水は透明度が高い上に、色がエメラルドグリーンなので見ているだけで幻想的な雰囲気を楽しめると評判です。また、見るだけでなくアクティビティも楽しめるのも魅力のひとつ。滝行は中でも1番人気で、竹で編まれたイカダで滝をくぐるという一風変わった滝行が楽しめます。
【スポット】Kawasan Falls(カワサン滝)
【ふりがな】かわさんたき
【 住所 】Badian, 6031 Cebu
【アクセス】セブ市内からバスで3~4時間
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】45ペソ
【 画像 】https://www.kawasanfalls.net/

もっと見る

Magellan’s Cross(マゼランクロス)

Magellan’s Cross(マゼランクロス)
ポルトガル・スペインの探検家マゼランが1521年にフィリピンのセブ島に到着した時に打ち込んだ十字架のことです。その十字架が打ち込まれた場所はフィリピンで最初にキリスト教徒となった王と王女、そして400人の臣下が洗礼を施されたスポット。そのため本物の十字架には奇跡の力があると信じられていて、観光客が記念品としてこの十字架を切り取ることがありました。今では保護されていますが、マゼランの死後本物の十字架は破壊されたか紛失したため今ではレプリカになっています。
【スポット】Magellan’s Cross(マゼランクロス)
【ふりがな】まぜらんくろす
【 住所 】P. Burgos St, Cebu City, Cebu
【アクセス】セブ第1港より徒歩12分
【最寄り駅】なし
【営業時間】8:00~18:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b8/Cebu_magellans_cross.jpg?uselang=ja

もっと見る

HANA・BIYORI(ハナビヨリ)

HANA・BIYORI(ハナビヨリ)
「花」と「デジタル」を融合したプロジェクションマッピングショーなど新感覚ヱンターテインメント型植物園。ショーだけではなく吊るされたフラワーシャンデリアや花の壁などフォトジェニックスポットも満載です。園内にはカワウソやアクアリウムなどがあり他にはない植物園となっています。
【 住所 】東京都稲城市矢野口4015-1
【アクセス】「京王よみうりランド駅」より徒歩約10分
【営業時間】9:30〜17:00 ※時期により変動
【 料金 】大人(中学生以上):1,200円、小人(3歳〜小学生):600円
【 画像 】@mild.087

もっと見る

Santo Niño Church(サントニーニョ教会)

Santo Niño Church(サントニーニョ教会)
スペイン統治下の1565年建造された、フィリピン最古の教会のひとつです。マゼランがファナ女王に贈った、サント・ニーニョ像(幼きイエス像)が納められています。この像は戦火の中でも無傷だったことから、セブの守護神として崇拝されるようになりました。セブ島がフィリピンでのキリスト教の始まりの地だったため、この教会はフィリピンでのキリスト教発祥の地として多くの人に愛されています。毎年1月に行われる、「シヌログ」という祭りでは特に賑わいを見ることができます。
【スポット】Santo Niño Church(サントニーニョ教会)
【ふりがな】さんとにーにょきょうかい
【 住所 】Santo Nino Chapel Lane, Cebu City, Cebu
【アクセス】セブ第1港より徒歩12分
【最寄り駅】なし
【営業時間】5:00〜21:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://santoninodecebubasilica.org/

もっと見る

Cebu Metropolitan Cathedral(セブメトロポリタン大聖堂)

Cebu Metropolitan Cathedral(セブメトロポリタン大聖堂)
スペイン植民地時代の1595年に建てられた、最古級のキリスト教会です。太平洋戦争中に戦禍に巻き込まれて損壊してしまいましたが、修復を経て現在の姿になっています。大聖堂の中はバロック調造りで、イエス・キリスト像や聖母マリア像もあります。セブで最も権威を持つ聖職者のセブ大司教が在籍していて、権威のある教会として有名です。地元住民の間でこの教会に願い事をすると叶うと信じられていて、結婚式場にも人気なスポットになっています。
【スポット】Cebu Metropolitan Cathedral(セブメトロポリタン大聖堂)
【ふりがな】せぶめとろぽりたんだいせいどう
【 住所 】6000 Mabini St, Cebu City, Cebu
【アクセス】オーシャンジェットフェリーターミナルより徒歩8分
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】https://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_Cebu_Metropolitan_Cathedral.jpg

もっと見る

Cebu Provincial Detention and Rehabilitation Center(セブ刑務所)

Cebu Provincial Detention and Rehabilitation Center(セブ刑務所)
踊る刑務所があると話題のスポットです。もともとは受刑者の更生を目的にダンスカリキュラムを導入したのですが、その踊りがあまりに素晴らしいということで観光スポットになっています。常時訪問できるわけではなく、毎月最終土曜日にダンスパフォーマンスショーの見学が可能です。だいたい5〜6曲の、素晴らしいダンスが楽しめます。撮影も問題なく、一緒に踊ることまでできるという、ちょっと変わった体験ができるスポットです。
【スポット】Cebu Provincial Detention and Rehabilitation Center(セブ刑務所)
【ふりがな】せぶけいむしょ
【 住所 】173 Maria Christina Ext St, Cebu City, Cebu
【アクセス】刑務所が運行するシャトルバスを利用するかもしくはツアーを申し込む
【最寄り駅】なし
【営業時間】毎月最終土曜日
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/セブ刑務所/

もっと見る

Tubbataha Reefs Natural Park(トゥダハ岩礁海中公園)

Tubbataha Reefs Natural Park(トゥダハ岩礁海中公園)
パラワン島の東の岩礁と珊瑚礁を保護する目的で設置された海中公園です。1993年にフィリピン初のユネスコの世界遺産に登録され、2009年に登録範囲を拡大しトゥバタハ岩礁自然公園になりました。公園には2つの岩礁と広大なサンゴ礁の1つで構成されていて、とりわけサンゴ礁については東南アジア最大級の規模をもつことが知られています。世界中からダイバーが集まるダイビングの聖地になっていて、他にも各種マリンアクティビティが可能です。
【スポット】Tubbataha Reefs Natural Park(トゥダハ岩礁海中公園)
【ふりがな】とぅばたはがんしょうかいちゅうこうえん
【 住所 】tubbataha reefs natural park
【アクセス】プエルト・プリンセサより船で9時間
【最寄り駅】なし
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/パラワン島/

もっと見る

Rice Terraces of the Philippine Cordilleras(コルディエーラの棚田群)

Rice Terraces of the Philippine Cordilleras(コルディエーラの棚田群)
天国へ昇る階段とも比喩され、20,000kmを越えるとも言われている棚田です。1995年にユネスコの世界遺産に登録され、その規模は世界最大級と言われています。古来より住んでいるイフガオ族が先祖代々、2000年以上にわたって受け継いできた文化景観です。紀元前1000年~紀元前100年から造成し、ほとんどが手作業で作られました。それだけの長い年月にわたってイフガオ族を養ってきた持続可能な農業という産業遺産でもあります。
【スポット】Rice Terraces of the Philippine Cordilleras(コルディエーラの棚田群)
【ふりがな】こるでぃえーらのたなだぐん
【 住所 】Tappiya Falls Trail, Banaue, Ifugao
【アクセス】マニラ市内より車で10時間
【最寄り駅】なし
【 料金 】ツアーにより異なる
【 画像 】https://whc.unesco.org/en/list/722/

もっと見る

Beach Road(ビーチロード)

Beach Road(ビーチロード)
4㎞にも連なるホワイトビーチに沿っている道です。道沿いにはお土産店やバー、レストラン、マッサージ店などが多く集まっています。再オープンによりビーチルールができ、現在はビーチに物を置くことやビーチでの飲食、喫煙も禁止されています。しかし、ビーチサイドのレストランやバーのテラス席では、ホワイトビーチを楽しみながらの食事が可能です。大通り沿いにあるモールとホテルの複合施設「ステーションX」は、おしゃれなカフェやレストラン、プールバーなどがありビーチとは違った雰囲気を楽しめます。
【スポット】Beach Road(ビーチロード)
【ふりがな】びーちろーど
【 住所 】Banwa it Malay, Lalawigan ng Aklan
【アクセス】キャグバン埠頭港より車で10分前後
【最寄り駅】なし
【営業時間】店舗により異なる
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ホワイトビーチ%20フィリピン/

もっと見る

White Beach(ホワイトビーチ)

White Beach(ホワイトビーチ)
環境対策のため2018年に半年間閉鎖され、再オープンしたことでも話題のビーチリゾートです。海外旅行メディアのベストビーチの常連として名を連ねる美しいビーチで、島の西海岸に4kmにも渡る白砂が特徴。石ひとつ転がっていないのでそこから奇跡のビーチとも呼ばれ、遠浅でエメラルドグリーンの海は多くの人を魅了しています。ボラカイ島は長さ7㎞の島で、距離が長いのでステーション1~3に区画分けされています。美しいビーチが評判なのがステーション1と3、最も賑わっているのがステーション2になります。
【スポット】White Beach(ホワイトビーチ)
【ふりがな】ほわいとびーち
【 住所 】Banwa it Malay, Lalawigan ng Aklan
【アクセス】キャグバン埠頭港より車で10分前後
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ホワイトビーチ%20フィリピン/

もっと見る

Burnham Park(バーナムパーク)

Burnham Park(バーナムパーク)
太平洋戦争が勃発する前のアメリカ統治時代につくられた公園で、33ヘクタール、東京ドーム7個分の広さに及ぶ広大な大きさがあります。散歩やサイクリング、公園の中央部にあるバーナムラグーンという人造湖ではボートを楽しむことが可能です。公園内にある「Panagbenga tree」という場所は、園内最大の写真スポット。このツリーはシーズンによって装飾が毎回変わるので、この公園に来る楽しみの1つです。広いカフェスペースも完備されているので、運動に疲れたらご飯も楽しめます。
【スポット】Burnham Park(バーナムパーク)
【ふりがな】ばーなむぱーく
【 住所 】Jose Abad Santos Dr, Baguio, 2600 Benguet
【アクセス】バギオから徒歩10分
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】https://m.facebook.com/Burnham-Park-Baguio-City-259896021382611/

もっと見る

Mines View Park(マインズ・ビュー・パーク)

Mines View Park(マインズ・ビュー・パーク)
標高1500mの高地のバギオという町にある避暑地です。フィリピン屈指のビュースポットのひとつで、多くの人が集まっています。名前にあるマインズとは英語で鉱山を意味していて、ここから見下ろせるアメリカ統治時代に栄えた鉱山に由来しています。ここでは壮大な美しい景色だけでなく、この地域に古来から暮らしている先住民族の衣装を試着することも可能。お土産屋さんや馬と写真を撮れたりと若い人にも人気のスポットです。
【スポット】Mines View Park(マインズ・ビュー・パーク)
【ふりがな】まいんずびゅーぱーく
【 住所 】Mines View Observation Deck, Mines View, Baguio, Benguet
【アクセス】バギオ市内から車で20分前後
【最寄り駅】なし
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/バギオ/

もっと見る

Corregidor(コレヒドール島)

Corregidor(コレヒドール島)
スペイン統治時代から要塞の島として重要な防衛拠点になっていたスポットです。米西戦争でアメリカが勝利してアメリカ統治になってからもその重要性は変わらず、太平洋戦争中はここで激しい戦闘が日米両軍で繰り広げられた日本にも馴染み深い場所。広さ9平方㎞の島には、日本軍が自決したマリンタトンネルや米軍将校用の映画館跡、兵舎跡や太平洋戦争記念館などがあります。日本人戦没者の慰霊碑あり、日本人にもぜひ訪れてほしいスポットです。
【スポット】Corregidor(コレヒドール島)
【ふりがな】これひどーるとう
【 住所 】Corregidor Island
【アクセス】マニラ港からフェリーに乗って乗船時間約1時間15分。
【最寄り駅】なし
【 料金 】ツアーにより異なる
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/コレヒドール島/

もっと見る

ハーモニカ横丁

ハーモニカ横丁
戦後のヤミ市から生まれた横丁で約100店ものお店が並んでいます。特にハシゴ酒をしたくなる飲み屋さんが多く、店員さんやお客さんとの距離も近くなるお店の作りなので思わぬ出会いがあるかも!?
【 住所 】〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目1−1 ハモニカ横丁内
【アクセス】JR吉祥寺駅西改札口からすぐ
【 画像 】https://musashino-kanko.com/area/kichijouji/harmonica_street/

もっと見る

三井アウトレットパーク 多摩南大沢

三井アウトレットパーク 多摩南大沢
コーチやナイキなど国内外の人気ブランド100店舗のお店が並ぶアウトレットモール。南フランスプロヴァンスをテーマにした建築で、おしゃれな雰囲気となっています。ペットと一緒に入れるお店も多く、子連れにも優しい施設が揃っているので家族連れにも安心なショッピングスポットです。
【 住所 】東京都八王子市南大沢1-600
【アクセス】京王南大沢駅から直結
【営業時間】ショップ10:00~20:00、レストラン11:00~22:00、スーパーマーケット10:00~21:00 不定休
【 料金 】入場料なし
【 画像 】https://www.staff-b.com/list/build/mitsuioutletparkminamiosawa/

もっと見る

日本サッカーミュージアム

日本サッカーミュージアム
2002年のFIFAワールドカップ日韓大会の開催を記念して作られた展示施設。日本サッカーの歴史がたっぷりと紹介された施設で、貴重なトロフィー、カップ、メダルやユニフォームなどが展示されています。またここでしか買えないオリジナルグッズ販売されていて、サッカー好きにはたまらない観光スポットです。
【 住所 】〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目10-15 JFAハウス内
【アクセス】JR「御茶ノ水駅」から徒歩約7分、都営バス「湯島一丁目」バス停から徒歩2分
【営業時間】平日 13:00〜18:00 土日祝 10:00〜18:00  休館日: 月曜日
【 料金 】大人 550円、小・中学生 300円
【 画像 】https://www.jfa.jp/football_museum/

もっと見る

People’s Park in the Sky(ピープルズパーク・イン・ザ・スカイ)

People’s Park in the Sky(ピープルズパーク・イン・ザ・スカイ)
マルコス政権時代にアメリカの要人を招くために建設を開始したのが始まりとされる、定番ビュースポットです。要人を招く計画は敢え無く断念されましたが、まもなく一般向けに開放されることになりました。見所はタール火山やタール湖、タガイタガイの街並みが360度のパノラマで一望できるところです。入場後もしばらくは傾斜のある道なので、追加料金を払ってジープニーという乗合ジープに乗って頂上を目指すこともできるので安心して観光が楽しめます。
【スポット】People's Park in the Sky(ピープルズパーク・イン・ザ・スカイ)
【ふりがな】ぴーぷふずぱーくいんざすかい
【 住所 】Tagaytay - Calamba Rd, Tagaytay, Cavite
【アクセス】バクララン駅から車で1時間程度
【最寄り駅】バクララン駅
【営業時間】8:00~17:00
【 料金 】30PHP
【 画像 】https://www.facebook.com/Peoples-Park-in-the-Sky-278123756158392/

もっと見る

Taal Lake(タール湖)

Taal Lake(タール湖)
周囲82.5km、面積234.2㎢の世界最小の火山を囲んでいる湖です。標高700mの高地にあるので、平均気温23℃と気温はマニラやフィリピン全体平均に比べても低いのでとても過ごしやすいという特徴があります。乗馬クラブなどがあり湖を見下ろしながら周遊する道路も整備されているので、安心して楽しむことが可能です。タール湖にはフィリピン人家庭の食卓によく出てくるティラピアやバグスも棲息していて、ティラピアはフィリピンで一番美味しいと言うフィリピン人も多くいます。
【スポット】Taal Lake(タール湖)
【ふりがな】たーるこ
【 住所 】Taal Lake
【アクセス】マニラから車で2時間程度
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】1200PHP~1500PHP
【 画像 】http://www.taalvolcano.org/history/

もっと見る

Bulkang Taal(タール火山)

Bulkang Taal(タール火山)
タール湖に浮かぶ火山で、世界最小の火山として知られています。火山活動も活発で、史上34回の噴火歴がありフィリピンで2番目に活発な火山です。2020年に、43年ぶりに再び噴火したことでも有名。タリサイ市からボート下船後は山道をしばらく登り、登頂すると火山火口に再び湖が現れます。これは火口湖で、湖の中にさらに湖があるという世界的に極めて珍しい湖です。湖の中に緑色の湖がある景色は他ではなかなか見ることができない、絶景スポットとして人気です。
【スポット】Bulkang Taal(タール火山)
【ふりがな】たーるかざん
【 住所 】Taal Volcano
【アクセス】タリサイ市よりチャーターボートでアクセス
【最寄り駅】なし
【 料金 】50ペソ
【 画像 】http://www.taalvolcano.org/itinerary-taal-volcano/

もっと見る

Enchanted Kingdom(エンチャンテッドキングダム)

Enchanted Kingdom(エンチャンテッドキングダム)
フィリピンでは最大規模のテーマパークで、実際にマスコットが魔法使いであることも関係して「魔法の国」とも呼ばれています。アトラクションの種類は全部で30ほどで、1日で全部網羅するのは難しいくらい。園内は7つのエリアに分かれていて、それぞれテーマがあり子どもから大人まで楽しめます。人気なアトラクションとしてEKストリーム、ドッジェム、スペースシャトル、リオグランデラピッズなどがあります。中でもリオグランデラピッズは、1番激しいアトラクションなのでスリルを楽しみたい人におすすめ。
【スポット】Enchanted Kingdom(エンチャンテッドキングダム)
【ふりがな】えんちゃんてっどきんぐだむ
【 住所 】RSBS Boulevard San Lorenzo South, Santa Rosa, 4026 Laguna
【アクセス】マニラより車で1時間弱
【最寄り駅】ヒル・プヤット駅
【営業時間】不規則に変わるためHP参照を推奨
【 料金 】800ペソ〜
【 画像 】https://www.instagram.com/ek_philippines/

もっと見る

Star City(スターシティ)

Star City(スターシティ)
フィリピンで人気を集めている遊園地のひとつで、年間300万人もの人々が集まっています。施設そのものはそれほど新しくはないですが、小さな子どもから大人まで楽しめるスポットです。40以上もの数のあるアトラクションの中で最も人気なのが、フィリピンにはない冬を体験できるスノーワールド。そしてスターシティの一番の目玉の絶叫系アトラクションのスターフリスビーです。遊園地のほとんどの施設は室内あるので、夏のマニラで最高の避暑地になっています。
【スポット】Star City(スターシティ)
【ふりがな】すたーしてぃ
【 住所 】CCP Complex, Sotto Corner Jalandoni Street, 1300 Roxas Blvd, Pasay
【アクセス】ヴィトクルーズ駅より車で5分
【最寄り駅】ヴィトクルーズ駅
【営業時間】16:00~22:30
【 料金 】70PHP〜
【 画像 】https://www.instagram.com/starcity_ph/

もっと見る

Cultural Center of The Philippines(フィリピン文化センター)

Cultural Center of The Philippines(フィリピン文化センター)
1969年に当時の大統領夫人だった、イメルダ夫人によって建設された文化センター。左右対称のモダンなデザインのファサードが特徴で、マニラのランドマークのひとつになっています。CCPコンプレックスという略称で呼ばれることが多く、現在はフィリピンの文化・芸術の発信地として親しまれています。芸術と文化をプロモートするため、中には博物館やアートギャラリー、劇場、オペラなどがあり、フィリピン文化を存分に味わえる施設になっています。
【スポット】Cultural Center of The Philippines(フィリピン文化センター)
【ふりがな】ふぃりぴんぶんかせんたー
【 住所 】CCP Complex, Roxas Blvd, Malate, Pasay, 1307 Metro Manila
【アクセス】ヴィトクルーズ駅より徒歩16分
【最寄り駅】ヴィトクルーズ駅
【営業時間】9:00~18:00
【 料金 】30ペソ
【 画像 】https://web.archive.org/web/20110709132704/http://www.culturalcenter.gov.ph/

もっと見る

The Rizal Shrine(リサール記念館)

The Rizal Shrine(リサール記念館)
フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールが、1896年12月30日にスペイン当局によって処刑される直前まで幽閉され遺書を書いた場所といわれている建物です。館内には、彼の多彩な経歴を物語る多くの遺品が展示されています。室内の壁には白井勢似子という日本女性の肖像画があり、それはホセ・リサールが1888年に日本に立ち寄って恋に落ちた女性と言われています。国民的英雄である彼が、どんな人物だったかの知ることの出来るスポットです。
【スポット】The Rizal Shrine(リサール記念館)
【ふりがな】りさーるきねんひ
【 住所 】Fort Santiago, General Luna St, Intramuros, Manila, 1002 Metro Manila
【アクセス】ユナイテッドネーション駅から車で10分程度
【最寄り駅】ユナイテッドネーション駅
【営業時間】月曜日13:00~17:00、 火〜日曜日9:00~18:00
【 料金 】無料
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Rizal Park(リサール公園)

Rizal Park(リサール公園)
マニラ市内の定番観光スポットの1つでもあり、メトロ・マニラのヘソともいえる緑豊かな公園です。広大な敷地内にはリサール記念像のほか、日本庭園や中国庭園も整備されています。公園の名前の由来となった人物はホセ・リサールという人で、スペイン統治下のフィリピンにおける独立運動の象徴となった人物。公園の入り口にはその功績をたたえて銅像が立っています。昼はツーリストや地元の人たちで賑わっていますが、人通りが少ない夜は近づかないほうが無難です。
【スポット】Rizal Park(リサール公園)
【ふりがな】りさーるこうえん
【 住所 】Ermita, Maynila, 1000 Kalakhang Maynila
【アクセス】ユナイテッド・ネーション駅より徒歩8分
【最寄り駅】ユナイテッド・ネーション駅
【営業時間】5:00〜21:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/リサール公園/

もっと見る

National Museum of the Philippines(フィリピン国立博物館)

National Museum of the Philippines(フィリピン国立博物館)
教育、科学、文化においてフィリピンで重要な役割を担う国立博物館です。先史以前から現代までの書跡、絵画、工芸、考古などの所蔵品が展示されています。もともとは図書館として利用される計画でしたが、1921年に建物が完成するとしばらくの間は議場として使われました。太平洋戦争中に大破してしまいましたがその後再建され、現在の姿に至ります。先史以前の出土品やスペイン占領時代に造られた美術品、現代アートなどフィリピンのダイナミックでユニークな文化遺産を見ることができるスポットです。
【スポット】National Museum of the Philippines(国立博物館)
【ふりがな】こくりつはくぶつかん
【 住所 】Padre Burgos Ave, Ermita, Manila, 1000 Metro Manila
【アクセス】Central Terminal駅から徒歩15分
【最寄り駅】Central Terminal駅
【営業時間】10:00~17:00
【 料金 】無料
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Palasyo ng Malakanyang(マラカニアン宮殿)

Palasyo ng Malakanyang(マラカニアン宮殿)
1750年にスペイン人貴族の夏の別荘地として建設されたところから始まり、現在ではフィリピンの大統領官邸として利用されている宮殿です。それまでは米国が総督府として使用していて、1935年に入るとフィリピン初代の大統領がマラカニアン宮殿に入居し今日まで至ります。国の最高権力者の建物ですが、敷地内のマラカニアン博物館は常に見学可能。歴代大統領の残した功績や過去の選挙活動の資料など、これまでの歴史が分かる建物です。
【スポット】Palasyo ng Malakanyang(マラカニアン宮殿)
【ふりがな】まらかにあんきゅうでん
【 住所 】Malacañan Palace, JP, Kalayaan Hall, 2/F Jose Laurel St, San Miguel, Manila, Metro Manila
【アクセス】Legarda駅から歩いて15分
【最寄り駅】Legarda駅
【営業時間】8:00〜17:00
【 料金 】20PHP
【 画像 】http://malacanang.gov.ph/

もっと見る

Malate Church(マラテ教会)

Malate Church(マラテ教会)
1762年のイギリスとスペインのマニラを巡る攻防でイギリス軍の本拠地となった教会です。スペインに受け継がれるイスラム様式とバロック建築の影響を受け設計されていて、現存の建物は修復されてから1世紀経過しています。見所は教会内の母子像で、苦しむ子を抱き慰める母子像は市内の母親にとって象徴的な存在です。中でも難病を患った子を持つ母親たちが、ここでご利益を願う場面を多く目にすることになります。祈りを邪魔することのないように気をつけて見学しましょう。
【スポット】Malate Church(マラテ教会)
【ふりがな】まらてきょうかい
【 住所 】2000 M. H. Del Pilar St, Malate, Manila, 1004 Metro Manila
【アクセス】キリノ駅より徒歩15分
【最寄り駅】キリノ駅
【 料金 】無料
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Baclaran Market(バクラランマーケット)

Baclaran Market(バクラランマーケット)
フィリピンで一番大きいといわれるマーケットで、衣料品や食料品、花、家庭用品ほか何でも購入ができます。特にバクララン教会周辺はにぎやかで、水曜市や日曜市の混雑ぶりはまるでラッシュ並み。フィリピンの人々の生活を、かいま見ることができるスポットです。あらゆるものが考えられないほどの安さで手に入るので、お土産選びにもぴったり。しかし、市場周辺は時折スリも出没するので、なるべく明るいうちに訪れるのがおすすめです。
【スポット】Baclaran Market(バクラランマーケット)
【ふりがな】ばくららんまーけっと
【 住所 】Taft Ave Ext, Baclaran, Pasay, Metro Manila
【アクセス】バクララン駅から徒歩3分
【最寄り駅】バクララン駅
【営業時間】店舗により異なる
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Manila Ocean Park(マニラオーシャンパーク)

Manila Ocean Park(マニラオーシャンパーク)
2010年にオープンした、東南アジア最大級とも言われる水族館です。1万匹以上の生物を展示していて、サメや回遊魚などの大物から、かわいい海岸生物まで見ることができます。なかでも25mにもおよぶトンネル型の水槽は圧巻で、頭上を悠々と泳ぐサメやエイや銀色に光るアジの大群もいたりと迫力満載。他にも人懐こいサメやエイと遊べるプールや、人魚のコスチュームを身に着けて泳ぐアトラクションなどもあり、子どもから大人まで楽しめるスポットです。
【スポット】Manila Ocean Park(マニラオーシャンパーク)
【ふりがな】まにらおーしゃんぱーく
【 住所 】Quirino Grandstand, 666 Behind, Ermita, Manila, 1000 Metro Manila
【アクセス】リサール公園より徒歩14分
【最寄り駅】United Nations Avenue駅
【営業時間】月〜金10:00~20:00、土日9:00~20:00
【 料金 】699ペソ〜
【 画像 】https://www.manilaoceanpark.com/

もっと見る

San Agustin Museum(サンアグスティン博物館)

San Agustin Museum(サンアグスティン博物館)
フィリピン最古の教会であるサン・アグスティン教会に隣接する博物館で、 宗教的な美術品の宝庫として知られています。博物館は1973年に僧院を改造し、キリスト教美術を中心に展示しています。なかでも、聖者を描いた高さ2メートルほどの絵画は圧巻の迫力。他にも木彫りの像など様々な美術品が展示されていて、2階は吹き抜けから教会の1階を見下ろすことができます。天井は模様が刻印されているように見えますが、実はトロンプ・ルイユという騙し絵になっているという面白い仕掛けもあるスポットです。
【スポット】San Agustin Museum(サンアグスティン博物館)
【ふりがな】さんあぐすてぃんはくぶつかん
【 住所 】General Luna St, Intramuros, Manila, 1002 Metro Manila
【アクセス】セントラルターミナル駅から徒歩10分ほど
【最寄り駅】セントラルターミナル駅
【営業時間】8:00~18:00
【 料金 】200ペソ
【 画像 】https://museosanagustin.com/

もっと見る

San Agustin Church(サンアグスティン教会)

San Agustin Church(サンアグスティン教会)
フィリピン最古の教会のひとつとして知られている、バロック様式で建てられた教会です。1度目は中国の海賊により、2度目は木材作りだったため火災によって崩壊したという歴史があり、約20年近くかけて今ある石創りの建物になりました。1994年にユネスコの世界遺産に登録され、16世紀・17世紀に起こった大きな地震にも耐えて今の姿を残しています。東南アジアで数少ないキリスト教徒が多数派を占める国でぜひ見ておきたいスポットです。
【スポット】San Agustin Church(サンアグスティン教会)
【ふりがな】さんあぐすてぃんきょうかい
【 住所 】General Luna St, Manila, 1002 Metro Manila
【アクセス】セントラルターミナルより徒歩10分
【最寄り駅】セントラルターミナル駅
【営業時間】8:00~12:00、13:00~17:00
【 料金 】無料
【 画像 】Google Street View

もっと見る

क़ुतुब मीनार(クトゥブ・ミナール)

क़ुतुब मीनार(クトゥブ・ミナール)
1200年ごろに奴隷王朝の建国者であるクトゥブッディーン・アイバクによって建てられた、高さ72.5mの五層からなる世界で最も高いミナレットです。建築当初は100mの高さがありましたが、天災などで何度か壊れ修復を繰り返すうちに現在の高さになりました。1993年に世界遺産に登録されていて、ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混在した様式となっています。赤砂岩や大理石がグラデーションを描いて天に伸びるさまは、青空に映えてとても美しいと評判です。
【スポット】क़ुतुब मीनार(クトゥブ・ミナール)
【ふりがな】くとぅぶみなーる
【 住所 】Seth Sarai, Mehrauli, New Delhi, Delhi
【アクセス】クトゥブ・ミナール駅から徒歩15分
【最寄り駅】クトゥブ・ミナール駅
【営業時間】日の出から日没
【 料金 】500ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/クトゥブ・ミナール/

もっと見る

Hari-ki-Pairi(ハリ・キ・パイリー)

Hari-ki-Pairi(ハリ・キ・パイリー)
インドを流れるガンジス川で、聖なる河ガンジスの源流となっているためヒンドゥー教における聖地として考えられているスポットです。信者たちの沐浴風景を見ることができ、夕方からはプジャーという祈りが始まり、毎日行われているにも関わらず多くの信者が集まっている地元の雰囲気を感じることが可能です。信仰心や人々のエネルギーに驚いてしまうほど。その様子を見るために訪れる観光客も多く、観光スポットとしても人気があります。
【スポット】Hari-ki-Pairi(ハリ・キ・パイリー)
【ふりがな】はりきぱいりー
【 住所 】Hari-ki-Pairi
【アクセス】ハリドワール駅から徒歩25分
【最寄り駅】ハリドワール駅
【営業時間】24時間
【 料金 】お布施が必要
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ガンジス川%20ハリドワール/

もっと見る

Agonda Beach(アゴンダビーチ)

Agonda Beach(アゴンダビーチ)
インドの印象とは違って、とても静かでリラックスできるビーチです。マリンスポーツなどは少ないですが、広いビーチには人もまばらでただのんびりと過ごすことが出来ます。コテージも多くあり、ヨーロッパからの観光客がバカンスで訪れるような観光スポットです。インドの喧騒に少し疲れた際などに立ち寄ると、間違いなく癒されるスポットです。夕日も綺麗に見れるので、恋人や夫婦で訪れればロマンチックな雰囲気を楽しめおすすめ。
【スポット】Agonda Beach(アゴンダビーチ)
【ふりがな】あごんだびーち
【 住所 】Agonda, India
【アクセス】ゴア空港からタクシーで1時間半
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/インド%20ゴア/

もっと見る

भारताचे प्रवेशद्वार(インド門)

भारताचे प्रवेशद्वार(インド門)
1911年の英国植民地時代に、ジョージ5世夫妻のインド訪問を記念して建立された巨大な門です。グジャラート様式で作られていて、建物の高さ26mの玄武岩のアーチが特徴。今では多くの人が訪れる、ムンバイのシンボルとも言える観光スポットです。21世紀はじめ3回のテロ攻撃を受けていることもあり、入口でのセキュリテイチェックが必要で、混んでいることもあります。しかし、ムンバイを訪れるならぜひ訪れておきたい観光スポットです。
【スポット】भारताचे प्रवेशद्वार(インド門)
【ふりがな】いんどもん
【 住所 】Apollo Bandar, Colaba, Mumbai, Maharashtra
【アクセス】チャーチゲート駅より徒歩25分
【最寄り駅】チャーチゲート駅
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/インド門/

もっと見る

The Dakshineswar Kali Temple(ダクシネーシュワル・カーリー寺院)

The Dakshineswar Kali Temple(ダクシネーシュワル・カーリー寺院)
1855年にラーニー・ラーシュマニーにより建立された、ヒンドゥー教の寺院です。凹型の大きな外壁と横一列に並ぶ12のシヴァ聖堂に囲まれた中庭の中に、9つの尖塔をつけたカーリー聖堂があり美しい形をしているのが特徴。シヴァ聖堂の端の先に位置する凹型の外壁の北西の端には、ラーマクリシュナが長年過ごした部屋もあります。インド人観光客がとても多く、フーグリー川では沐浴する人の姿も見ることが可能なスポットです。
【スポット】The Dakshineswar Kali Temple(ダクシネーシュワル・カーリー寺院)
【ふりがな】だくしねーしゅわるかーりーじいん
【 住所 】Dakshineswar, Kolkata, West Bengal
【アクセス】Dakshineswar駅より徒歩8分
【最寄り駅】Dakshineswar駅
【営業時間】5:00〜22:00
【 料金 】無料
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Tagore House(タゴール・ハウス)

Tagore House(タゴール・ハウス)
インドを代表する詩人として知られる、ラビンドラナート・タゴールの生家です。アジアで最初にノーベル文学賞を受賞したことで知られており、ここでは多くの写真や遺品を展示し、彼の生涯を辿ることが出来ます。ラビンドラナート・タゴールは日本に5回来日したことがあり、その際の写真などもここで見ることができます。日本でも数多くのファンがいて、ファンにはたまらないスポットです。日本とインドとの友好関係に大きな礎を築いた人物の1人でもあります。
【スポット】Tagore House(タゴール・ハウス)
【ふりがな】たごーるはうす
【 住所 】6/4, Dwarakanath Tagore Lane, Kolkata, West Bengal
【アクセス】Girinish Park駅から徒歩15分
【最寄り駅】Girinish Park駅
【営業時間】10:30~17:00
【 料金 】150ルピー
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Kali Temple(カーリー寺院)

Kali Temple(カーリー寺院)
コルカタで一番有名なヒンドゥー寺院で、ヒンドゥー教の有名な女神「カーリー」を祀っているお寺です。カーリーは破壊と殺りくを好む「暗黒の女神」と呼ばれている神で、ベンガル地方で強く信仰されています。朝はヤギの首をはねて、カーリーに捧げる儀式があります。かなり衝撃的なシーンなので覚悟を決めていかなければならないスポットです。グロテスクなシーンが苦手な人は特に気をつけてください。しかし、インド人のヒンドゥー教への信仰心がわかるようなスポットの一つです。
【スポット】Kali Temple(カーリー寺院)
【ふりがな】かーりーじいん
【 住所 】Dakshineswar, Kolkata, West Bengal
【アクセス】カーリー・ガート駅から徒歩15分
【最寄り駅】カーリー・ガート駅
【営業時間】5:00〜20:00
【 料金 】無料
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Mother House(マザー・ハウス)

Mother House(マザー・ハウス)
ノーベル平和賞を受賞した、マザーテレサが1952年に「死を待つ人の家」を設立したのが始まりのスポットです。マケドニア出身で恵まれた家庭で育った彼女は、周囲の反対を押し切って修道女としてインドで活動を始めました。貧しい人々のために全てを捨てて身を尽くし、マザー・テレサが晩年を過ごした場所としても知られています。死後に葬られた場所でもあり、博物館としての役割や観光以外にもボランティアを募集しています。教科書では学べない多くのことを知ることができるスポットです。
【スポット】Mother House(マザー・ハウス)
【ふりがな】まざーはうす
【 住所 】54A, Acharya Jagadish Chandra Bose Rd, Ripon Street, Kolkata, West Bengal
【アクセス】ハウラー駅から車で20分ほど
【最寄り駅】ハウラー駅
【営業時間】8:00~12:00、15:00~18:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/インド-コルカタ-カルカッタ-4915971/

もっと見る

फ़तेहपुर सीकरी(ファテープル・シークリー)

फ़तेहपुर सीकरी(ファテープル・シークリー)
ムガル帝国第3代皇帝アクバルによって建設された都市で、グジャラート地方での戦いに勝利したことから「勝利の都」という意味がつけられています。インド伝統の建築様式とイスラム建築が取り入れられた建築群で、その美しさから世界遺産にも登録されました。約5年の歳月をかけ建設されましたが、水源の確保が困難だったことなどからたったの14年でその役目が終わったという歴史があります。アーグラーから日帰りできる人気の観光スポットです。
【スポット】फ़तेहपुर सीकरी(ファテープル・シークリー)
【ふりがな】ふぁてーぷるしーくりー
【 住所 】Fatehpuri Sikri, Agra
【アクセス】アグラ市街から車で40分ほど
【最寄り駅】なし
【営業時間】9:00~18:00
【 料金 】500ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ファテープル・シークリー/

もっと見る

महाबोधी मंदिर(マハーボディ寺院)

महाबोधी मंदिर(マハーボディ寺院)
約2500年前にお釈迦様が悟りをひらいてブッダとなった場所にある寺院です。古い煉瓦構造建築様式の1つで、高さ52メートルの9層からなる建物。2002年にユネスコ世界遺産にも登録されていて、「悟りの木」と呼ばれる菩提樹を見ることが可能です。この菩提樹の下で釈迦が49日間瞑想して、悟りをひらいたと言われています。敷地内では様々な国の人たちが修行をしていて、世界中から観光客が訪れる人気の観光スポットです。ブッダガヤの大菩提寺と呼ばれることもあります。
【スポット】महाबोधी मंदिर(マハーボディ寺院)
【ふりがな】まはーぼでぃじいん
【 住所 】Bodh Gaya, Bihar
【アクセス】ガガヤ駅からはオートリキシャなどで20分
【最寄り駅】ガガヤ駅
【営業時間】5:00~21:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://whc.unesco.org/en/list/1056/

もっと見る

Tikse Gompa(ティクセ ゴンパ)

Tikse Gompa(ティクセ ゴンパ)
城砦のように見える勇壮な姿が楽しめる、チベット仏教のゲルク派の僧院です。複雑な形状をしていて、山の斜面に白い僧坊の群れが積み重なるようにして建ち並び、頂上には臙脂と黄色に塗られた本堂の建物があります。15世紀半ばに建てられ、現在100名ほどの僧が修行をしている立派なゴンパです。1980年に造られたという新しいお堂の真ん中に鎮座するチャンパ大仏像は、高さ15メートルもあり、ラダック最大の大きさを誇ります。
【スポット】Tikse Gompa(ティクセ ゴンパ)
【ふりがな】てぃくせごんぱ
【 住所 】Leh Manali Hwy, Thiksey, Jammu and Kashmir
【アクセス】レー市内からバスで30分
【最寄り駅】なし
【営業時間】6:00~18:00
【 料金 】30ルピー
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Dalai Lama’s Residence & Kalacha Temple(ダライ・ラマ法王公邸とチベット寺院)

Dalai Lama’s Residence & Kalacha Temple(ダライ・ラマ法王公邸とチベット寺院)
インドのチベットとも言えるスポットで、1959年にダライ・ラマ14世がインドに亡命し「チベット亡命政府」を樹立した場所です。ダラムサラの最大の観光スポットとして人気で、日本人にも馴染みの深いダライ・ラマ法王の邸宅があります。ダライ・ラマはモンゴルの称号で、「大海」を意味していて観音菩薩の化身と信じられています。世界中から観光客が集まりますが、静かで穏やかな時間を過ごせるようなスポットです。問答をする修行僧や五体投地して静かに祈るチベットの人々の姿が見られます。
【スポット】Dalai Lama's Residence & Kalacha Temple(ダライ・ラマ法王公邸とチベット寺院)
【ふりがな】だらいらまほうおうこうていとちべっとじいん
【 住所 】Temple Rd, Dharamsala 176219, India
【アクセス】マクロード・ガンジのバスターミナルより徒歩15分
【最寄り駅】なし
【営業時間】4:00~20:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/チベット%20寺院/

もっと見る

अजंता(アジャンター石窟群)

अजंता(アジャンター石窟群)
1819年に虎狩りしていたイギリス人士官が偶然発見したという石窟群です。断崖550mにわたりくりぬかれて築かれていて、大小30ある石窟はインド最古の仏教石窟寺院群として知られています。世界遺産にも登録されていて、世界中から注目される有名な観光スポットです。1000年以上の時をジャングルに埋もれていたため保存状態も良いのが特徴で、仏教説話に題材をとった見事なレリーフや色彩豊かな壁画を見ることが出来ます。 
【スポット】अजंता(アジャンター石窟群)
【ふりがな】あじゃんたーせっくつぐん
【 住所 】Maharashtra 431117
【アクセス】アウランガバードからバスで2時間半
【最寄り駅】なし
【営業時間】9:00~17:30
【 料金 】500ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/アジャンター石窟群/

もっと見る

Ellora caves(エローラ石窟群)

Ellora caves(エローラ石窟群)
世界遺産にも登録されている、インド発祥の異なった3つの宗教の遺跡として世界的にも有名なスポットです。仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の寺院群が1か所に集合しているという、他にはなかなかない特徴があります。岩を掘って作られた石窟寺院群で、第1~12窟までが仏教石窟群、第13~29窟がヒンドゥー教石窟、第30~34窟がジャイナ教石窟です。特におすすめなのは第16窟のカイラーサナータ寺院で、エローラ石窟群最大の見どころスポットと言われています。
【スポット】Ellora caves(エローラ石窟群)
【ふりがな】えろーらせっくつぐん
【 住所 】Ellora Cave Rd, Ellora, Maharashtra
【アクセス】セントラルバススタンドからバスで45分
【最寄り駅】なし
【営業時間】6:00~18:00
【 料金 】500ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/エローラ石窟群/

もっと見る

Dashashwamadh Ghat(ダシャーシュワメード ガート)

Dashashwamadh Ghat(ダシャーシュワメード ガート)
ガンジス川の聖地の一つとして有名な場所で、多くあるガートの中でもメインガートと呼ばれています。ガードとは、巡礼者で賑わう沐浴場ですが、それと同時に世界中から観光客も集まる人気の観光スポットという一面もあります。熱心に沐浴する人もいれば、その隣で洗濯をしている人もいる現地の人の様子を見ることも可能。朝は日の出を見る人も多く、ガンジス川には観光客専用のボートも多く浮かんでいます。夕方にはプジャという祈りの儀式も行われるので、ヴァラナシを訪れる人は必ず一度は立ち寄るスポットです。
【スポット】Dashashwamadh Ghat(ダシャーシュワメード ガート)
【ふりがな】だしゃーしゅわめーどがーと
【 住所 】Dashashwamedh Ghat Rd, Ghats of varanasi, Godowlia, Varanasi, Uttar Pradesh
【アクセス】ゴードウリヤ交差点から徒歩10分
【最寄り駅】ヴァラナシ・ジャンクション駅
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ガード%20インド/

もっと見る

Khajuraho Group of Monuments(カジュラーホーの寺院群)

Khajuraho Group of Monuments(カジュラーホーの寺院群)
世界遺産に登録されている建造物で、ヒンドゥー教とジャイナ教の寺院が数多く存在しているスポット。天女像やミトゥナ像と呼ばれる男女交合像の彫刻で有名で、「エロティシズムの彫刻」という特徴があります。見ているのが恥ずかしくなってしまうような彫刻も多くありますが、芸術性や彫刻のクオリティはとても高いです。いずれも豊穣祈願が込められていると考えられていて、このようなエロティシズムの彫刻が世界遺産になるのは世界的にも珍しいスポットのひとつ。
【スポット】Khajuraho Group of Monuments(カジュラーホーの寺院群)
【ふりがな】かじゅらーほーのじいんぐん
【 住所 】Khajuraho Airport Area, Khajuraho, Madhya Pradesh
【アクセス】カジュラホ駅から車で15分ほど
【最寄り駅】カジュラホ駅
【営業時間】日の出から日没
【 料金 】500ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/カジュラーホー/

もっと見る

ਹਰਿਮੰਦਰ ਸਾਹਿਬ(黄金寺院)

ਹਰਿਮੰਦਰ ਸਾਹਿਬ(黄金寺院)
1604年に完成したその名の通り、黄金色に輝いている神聖な寺院です。シク教徒にとっては最も尊い巡礼地で、総本山として知られているスポット。ハリマンディル・サーヒブとも呼ばれ、異教徒であっても歓迎して受け入れてくれる穏やかな雰囲気が特徴。ルールを守れば観光客でも入りやすいので安心です。通常の昼の様子と、ライトアップされた夜とでは全く異なった表情を見せるのも人気に秘訣。どちらの様子もぜひ見てみて欲しいスポットです。
【スポット】ਹਰਿਮੰਦਰ ਸਾਹਿਬ(黄金寺院)
【ふりがな】おうごんじいん
【 住所 】Golden Temple Rd, Atta Mandi, Katra Ahluwalia, Amritsar, Punjab
【アクセス】アムリトサル駅から徒歩30分(無料シャトルバスあり)
【最寄り駅】アムリトサル駅
【営業時間】3:00~22:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/黄金寺院/

もっと見る

Leh Khar(レー王宮)

Leh Khar(レー王宮)
伝統的なチベット族の暮らしや習慣が今も残っている、ラダック地方で唯一の町と言えるスポットです。16世紀のラダック王国時代に築かれ、王宮の廃墟がそびえています。平均標高3500mを超える山岳地帯で、レーの象徴とも言える旧レー王宮は高台に位置しているのでレーの旧市街のどこにいてもその姿を見つけることが可能です。チベットのラサにあるポタラ宮殿は、このレー王宮をモデルに造ったと言う説があります。この町を基点にしてゴンパ(チベット寺院)を見に行くのがもおすすめ。
【スポット】Leh Khar(レー王宮)
【ふりがな】れーおうきゅう
【 住所 】Namgyal Hill, Leh, Jammu and Kashmir
【アクセス】レー旧市街より徒歩20分
【最寄り駅】なし
【営業時間】日の出から日没
【 料金 】200ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/レー%20インド/?pagi=2

もっと見る

The Lamayuru Monastery(ラマユル・ゴンパ)

The Lamayuru Monastery(ラマユル・ゴンパ)
「月世界」と言われるような険しく荒涼とした風景が広がる地域にある、ラダック最古で最大のチベット仏教僧院の一つです。いつ崖崩れが起きるかわからないようなスリル満点の悪路を何時間も走ると、険しく切れ込む谷に突如現れる薄黄色い生クリームを流し込んだような不思議な景観が特徴。ラマユル・ゴンパは僧侶がいる僧院で、その周囲の風景はまさに秘境と言えるようなスポットとして知られています。この世のものとは思えないような別世界を楽しみたい人にぴったりのスポットです。
【スポット】The Lamayuru Monastery(ラマユル・ゴンパ)
【ふりがな】らまゆるごんぱ
【 住所 】B.P.O Khaltse, Ladakh, Leh, Jammu and Kashmir
【アクセス】レー市内からバスで5時間程度
【最寄り駅】なし
【営業時間】6:00~20:00
【 料金 】50ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ラダック%20インド/

もっと見る

Pangong Tso(パンゴン湖)

Pangong Tso(パンゴン湖)
アジア最大の汽水湖で、標高4250mの位置にある塩湖としては世界でも最も高い場所にあります。塩湖ですが冬は1mに及ぶ厚い氷が張るほどで、結氷期間は一年のうち半年ぐらい。天空の湖と呼ばれ、湖の青さが美しすぎて圧巻されるスポットとして人気が出ています。周囲を4000~6000m級のヒマラヤの山々で囲まれ映画のロケ地にもなるほど美しく、アクセスはしにくいですがぜひ一度は訪れておきたいおすすめのスポットです。
【スポット】Pangong Tso(パンゴン湖)
【ふりがな】ぱんごんこ
【 住所 】Pangong Tso,Jammu kashmir
【アクセス】レーから車で5時間程度
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】ツアーにより異なる
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/パンゴン湖/

もっと見る

SL広場

SL広場
新橋駅のシンボルともいえるSLが展示されているのが、「SL広場」です。新橋を代表する場所であることから待ち合わせ場所として利用されるだけでなく、テレビ中継などが行われる場所としても有名です。12:00、15:00、18:00には汽笛も鳴ります。
【 住所 】〒105-0004 東京都港区新橋2丁目7
【アクセス】JR新橋駅西口からすぐ
【営業時間】24時間
【 料金 】無料

もっと見る

すみだ江戸切子館

すみだ江戸切子館
墨田区認定のすみだ工房ショップで常時約350点の江戸切子作品が展示されています。江戸切子作家が作り上げた逸品から日常使いしやすい江戸切子まで購入も可能です。簡単な江戸切子製作体験も出来るので、世界で一つだけの自分が作った江戸切子も手に入りますよ。
【 住所 】〒130-0012 東京都墨田区太平2丁目10−9
【アクセス】錦糸町駅からスカイツリーの見える方へ徒歩7分
【営業時間】10:00 ~ 18:00 休館日:日・祭日及び夏季休暇・年末年始休暇
【 料金 】入場無料。大人の江戸切子体験は4,000円(消費税別)
【 画像 】http://www.edokiriko.net/index.html

もっと見る

Patwon ki Haveli(パトウォン キ ハヴェリー)

Patwon ki Haveli(パトウォン キ ハヴェリー)
ハヴェリーと呼ばれる貴族や富豪が住んでいる邸宅です。その中でももともとはイスラム教徒の伝統技術で、豪華なフレスコ画が細やかに描かれている装飾彫刻の美しさが特徴のおすすめのスポットです。長い歴史と高いレベルを持ったインド芸術、匠の技を感じることができます。現在ではホテルになっているものも少なくなく、一つ一つが繊細なので見ごたえがありじっくりと楽しむことができます。豪華さの桁違いに驚く人の多い観光スポットです。
【スポット】Patwon ki Haveli(パトウォン キ ハヴェリー)
【ふりがな】ぱとうぉんきはゔぇりー
【 住所 】No. 3127, near Mahaveer Bhawan, Jaisalmer, Rajasthan
【アクセス】ジャイサルメール城塞から徒歩10分
【最寄り駅】ジャイサルメール駅
【営業時間】9:00~18:00
【 料金 】250ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ジャイサルメール/

もっと見る

Sam Sand Dune(サム砂丘)

Sam Sand Dune(サム砂丘)
42kmの大きさを誇る広大な砂丘で、キャメルサファリをする人が多くいます。日帰りもツアーもありますが、1泊から2泊の砂漠の旅を楽しむのがおすすめ。見渡す限りの地平線が広がり、夜はキャンプファイヤーや星空を堪能できます。サンセットをゆっくり楽しむのもおすすめなので、ぜひ自分にあったツアーを見つけてみてください。ジャイサルメール近くにあり比較的アクセスもしやすいので、砂丘を目当てに世界中から観光客が集まるような観光スポットです。
【スポット】Sam Sand Dune(サム砂丘)
【ふりがな】さむさきゅう
【 住所 】Sam Sand Dune
【アクセス】ジャイサルメールからはジープなどで移動
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】ツアーにより変動あり
【 画像 】https://samsanddunes.com/ssd/

もっと見る

हवा महल(ハワー・マハル)

हवा महल(ハワー・マハル)
1799年にこの土地を治めていたラージプートの王サワーイー・プラタープ・シングによって建設され、窓がたくさん並ぶ奥行きがなく薄い建物の造りが特徴。ピンク色をした砂岩を外壁に用いた5階建ての建造物で、953の小窓から宮廷の女性たちが自らの姿を外から見られることなく、街の様子を見ること出来るようになっています。現在は内部にも入ることが可能で、フォトジェニックでかわいらしい外観は観光スポットとしてとても人気です。
【スポット】हवा महल(ハワー・マハル)
【ふりがな】はわーまはる
【 住所 】Hawa Mahal Rd, Badi Choupad, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan
【アクセス】ジャイプル駅から車で15分
【最寄り駅】ジャイプル駅
【営業時間】9:00〜16:30
【 料金 】50ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ハワー・マハル/

もっと見る

आमेर क़िला(アンベール城)

आमेर क़िला(アンベール城)
マハラジャにより1592年から建設が始められ改築を経て完成し、2013年には世界文化遺産に登録されました。中に入るとマハラジャの財力や権力が一目でわかるような豪華絢爛さが楽しめるのが魅力。ジャイプルの郊外から北東11kmにある宮殿で、宮殿後ろの山上にジャイガル城砦あり、隠れた通路でつながっているのも特徴的です。お城へは名物の象に乗って向かうこともできるので、マハラジャ気分で観光してみるのもおすすめ。
【スポット】आमेर क़िला(アンベール城)
【ふりがな】あんべーるじょう
【 住所 】Amer fort, amer road, Devisinghpura, Jaipur
【アクセス】風の宮殿からバスで20分
【最寄り駅】Chandpole駅
【営業時間】8:00~17:30、18:30〜21:15
【 料金 】500ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/アンベール城/

もっと見る

मेहरानगढ़ का किला(メヘラーンガル砦)

मेहरानगढ़ का किला(メヘラーンガル砦)
太陽の城砦という意味があり、インド最大の城砦のひとつ。ジョードプルの町に都を移したラトール・ラージプート族の藩王ラーオ・ジョーダにより、1459年に建設が始まりました。120mの高さの丘の上にそびえたつ36mの城砦で、青く塗られた建物が印象的な街を見下ろせます。日本で人気の漫画「ONE PIECE」のモデルなったと言われる場所で、日本人観光客にとってはとても有名な観光スポットです。日本語音声ガイドの貸し出しがあるので、安心して観光ができます。
【スポット】मेहरानगढ़ का किला(メヘラーンガル砦)
【ふりがな】めへらーんがるとりで
【 住所 】No. 3127, near Mahaveer Bhawan, Jaisalmer, Rajasthan
【アクセス】ジョードプル駅からリキシャなどで15分
【最寄り駅】ジョードプル駅
【営業時間】9:00~17:00
【 料金 】400ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/メヘラーンガル/

もっと見る

Jaisalmer Fort(ジャイサルメール城塞)

Jaisalmer Fort(ジャイサルメール城塞)
ラージプート族の統治者である、ラワル・ジャイサルによって1156年に岩山に築かれた城塞都市です。現在は小さな町ですが、かつてはインドと中央アジアを結ぶ交易の中継地点として栄えました。パキスタンとの国境までおよそ100kmという砂漠に位置しています。城塞内には黄金のような色をした建物が立ち並んでいて、朝日や夕焼けなど町が黄金に染まるのも非常に美しいので必見。エレガントなスタイルと緻密な装飾も見応えがあり、ゴールデンシティと呼ばれるのも納得の観光スポットです。
【スポット】Jaisalmer Fort(ジャイサルメール城塞)
【ふりがな】じゃいさるめーるじょうさい
【 住所 】near Gopa CHOCK, Khejer Para, Manak Chowk, Amar Sagar Pol, Jaisalmer, Rajasthan
【アクセス】ジャイサルメール駅から徒歩で15分程
【最寄り駅】ジャイサルメール駅
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】http://www.tourism.rajasthan.gov.in/jaisalmer.html#jaisalmer-fort

もっと見る

Agra Fort(アーグラー城)

Agra Fort(アーグラー城)
ヤムナー川のそばに建つ、1565年から10年の歳月かけて建設されたムガール帝国の歴代皇帝の居城です。この地方でとれる赤砂岩を使用して造られているので、赤い城壁が特徴的。別名「レッド・フォート」とも呼ばれ、親しまれています。しかし、城内は白大理石も多用されているので、外観とは違った魅力も楽しめるスポットです。タージ・マハルを造ったシャー・ジャハーンが幽閉され一生を終えた「囚われの塔」という塔もあります。
【スポット】Agra Fort(アーグラー城)
【ふりがな】あーぐらーじょう
【 住所 】Rakabganj, Agra, Uttar Pradesh
【アクセス】アーグラー・フォート駅から徒歩8分
【最寄り駅】アーグラー・フォートえき
【営業時間】日の出から日没まで
【 料金 】550ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/アーグラー城/

もっと見る

ताज महल(タージ・マハル)

ताज महल(タージ・マハル)
ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルを埋葬する場所として作られたスポットです。1653年に完成し、深い愛情と悲哀に包まれた霊廟はイスラム建築の至宝として1983年に世界遺産に登録されています。完璧なまでのシンメトリーと、彫刻や装飾など細部まで美しい建物で、完成時には28種類の宝石が散りばめられていました。訪れる人を魅了する、インドの代表的な観光スポットです。
【スポット】ताज महल(タージ・マハル)
【ふりがな】たーじまはる
【 住所 】Dharmapuri, Forest Colony, Tajganj, Agra, Uttar Pradesh
【アクセス】アーグラー駅から徒歩30分
【最寄り駅】アーグラー駅
【営業時間】日の出から日没まで。金曜休み
【 料金 】1,100ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/タージマハル/

もっと見る

लाल क़िला(ラール・キラー)

लाल क़िला(ラール・キラー)
インド史上最大で最後のイスラム王朝だったムガール帝国の皇帝シャー・ジャハーンの居城です。皇帝シャー・ジャハーンはアーグラーにあるタージ・マハルを造った人物でもあります。1639年から9年をかけて1648年に完成し、赤砂岩を使った城壁の赤い色が特徴。世界遺産にも登録されていて、スケールの大きさといい、ムガール帝国の権力を感じることが出来る迫力のあるスポットとして人気です。内部はモスクや広場などがあり、観光客だけでなく地元の人のくつろぐ姿も見ることができます。
【スポット】लाल क़िला(ラール・キラー)
【ふりがな】らーるきらー
【アクセス】Chandi Chowk駅から徒歩15分
【最寄り駅】Chandi Chowk駅
【営業時間】日の出から日没。月曜定休
【 料金 】500ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/インド%20世界遺産/

もっと見る

City Palace(シティパレス)

City Palace(シティパレス)
マハラジャと呼ばれる旧藩王のサワーイー・ジャイ・シング2世によって、18世紀に建てられた宮殿です。後継者により増築がなされ現在の姿となっており、ラジャスタンの様式とイスラム王朝であるムガールの様式が融合した独創的な美しさが特徴。200年以上にわたり王族の住居と、ジャイプール王国の行政の中心としての役割を果たしていました。訪れた際は、ぜひ優美なデザインや外壁にびっしりと施された細やかな彫刻にも注目してみてください。
【スポット】City Palace(シティパレス)
【ふりがな】してぃぱれす
【 住所 】Tulsi Marg, Gangori Bazaar, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan
【アクセス】Hawa Mahalから徒歩約3分
【最寄り駅】Chandpole駅
【営業時間】9:30~17:00
【 料金 】300ルピー
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/シティパレス/

もっと見る

Gunung Leuser National Park(グヌン・レウセル国立公園)

Gunung Leuser National Park(グヌン・レウセル国立公園)
世界自然遺産にも登録されている、国立公園として人気のスポットです。園内には「オランウータン・ビューイングセンター」という、餌付けが見学できるツアーがあるのが特徴。ここでは身体的・精神的に傷ついたオランウータンを適切に保護していて、最終的には森に戻す取り組みが行われています。オラウータン以外にも希少動物のスマトラゾウやサイ、世界最大の花として有名なラフレシアなども見ることができる貴重なスポットです。
【スポット】Gunung Leuser National Park(グヌン・レウセル国立公園)
【ふりがな】ぐぬんれうせるこくりつこうえん
【 住所 】Gunung Leuser National Park, Bukit Lawang
【アクセス】メダンからバスで3時間
【最寄り駅】なし
【営業時間】7:00~15:00(オランウータン・ビューイングセンター)
【 料金 】月~土曜日 150000ルピア 日曜日 225000ルピア
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/スマトラ島/

もっと見る

Mount Sibayak(シバヤ山)

Mount Sibayak(シバヤ山)
スマトラ島有数の高原リゾート地「ブキティンギ」周辺にある、標高2095mの山です。ブキティンギ自体の標高が2,000m前後のため、登山と言っても日帰りで十分帰ってこれるトレッキングコースなので初心者でも安心して山登りが出来ます。現地発着のオプショナルツアーに参加するのがおすすめで、ガイド付きのオプショナルツアーを利用したほうが安心です。個人で参加する方は、コースには矢印などの目印がないので注意してくださいね。
【スポット】Mount Sibayak(シバヤ山)
【ふりがな】しばややま
【 住所 】Sempajaya, Kec. Berastagi, Kabupaten Karo, Sumatera Utara
【アクセス】メダンからバスで2時間程度
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】入山料としてRp5,000
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Danau Toba(トバ湖)

Danau Toba(トバ湖)
広さ1,145平方キロメートル以上、水深は450メートルもある東南アジアで最大の湖です。また、世界で最も深い湖のひとつとして知られています。巨大なクレーター湖の中心には、シンガポールと同じくらいの大きさの島が存在。毎年夏の時期の1週間は「トバ湖フェスティバル」が行われていて、スマトラ島の伝統芸能だけでなく各種マリンスポーツの大会などがあります。観光客だけでなく地元の人々にとっても、この地域の一大イベントです。
【スポット】Danau Toba(トバ湖)
【ふりがな】とばこ
【 住所 】Danau Toba
【アクセス】メダンからバスで5時間程度
【最寄り駅】なし
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/トバ湖/

もっと見る

Trusmi(トゥルスミ)

Trusmi(トゥルスミ)
ロウで生地を染色して様々なデザインを作る、インドネシアを代表する染色工芸「バティック」を楽しみたい人におすすめのスポット。バティック工房が数多く並んでいるジャワ島の街チルボンの観光ストリートです。チルボンのバティックはインドネシア内でも品質が良いことで有名で、週末にはジャカルタから観光バスが訪れるほど。お店のほとんどが店舗兼自宅というシステムのため、営業時間が決まっていないお店も多いのです。そのため確実に楽しみたい人は週末がおすすめ。
【スポット】Trusmi(トゥルスミ)
【ふりがな】とぅるすみ
【 住所 】JL. Dr. Sudarsono Gg Bisuri
【アクセス】チルボン中心部から車で20分前後
【最寄り駅】なし
【営業時間】8:00~19:00(店舗により異なる)
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/バティック/

もっと見る

Museum Konferensi Asia Afrika(アジア・アフリカ会議博物館)

Museum Konferensi Asia Afrika(アジア・アフリカ会議博物館)
1955年にアジア・アフリカの首相たちが集まった、第一回が行われた会議室として有名です。インドネシアのスカルの大統領、中華人民共和国の周恩来首相、インドのネルー首相、そしてエジプトのナセル大統領が中心となり、第三世界のトップが集結しました。この会議でアジア・アフリカ諸国に反帝国主義、反植民地主義を軸とした連帯感が生まれました。館内には当時の主要国の偉人の写真や資料が展示されていて、歴史に興味のある方にはおすすめのスポットです。
【スポット】Museum Konferensi Asia Afrika(アジア・アフリカ会議博物館)
【ふりがな】あじあ・あふりかかいぎはくぶつかん
【 住所 】Jl. Asia Afrika No.65, Braga, Kec. Sumur Bandung, Kota Bandung, Jawa Barat
【アクセス】ジャカルタからバスで約3時間
【最寄り駅】なし
【営業時間】8:00~16:00(曜日によって異なる)
【 料金 】無料
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Taman Impian Jaya Ancol(アンチョール・タマン・インピアン)

Taman Impian Jaya Ancol(アンチョール・タマン・インピアン)
インドネシアで1番のアミューズメント施設です。遊園地とディズニーランドがセットになったような、子どもから大人まで幅広い年代の方が楽しめるのが特徴。この施設の人気はウォータースライダー付きの「アトランティス・ウォーター・アドベンチャー」というプールです。また、アシカなどのショーがある水族館もあり、全て回るには一日かかります。注意して欲しいのは、園内のほとんどの施設は屋外にあることです。熱中症対策はしっかりして遊んでくださいね。
【スポット】Taman Impian Jaya Ancol(アンチョール・タマン・インピアン)
【ふりがな】あんちょーるたまんいんぴあん
【 住所 】Ancol, Kec. Pademangan, Kota Jkt Utara, Daerah Khusus Ibukota Jakarta
【アクセス】ジャカルタ市内中心部から車で約30分
【最寄り駅】なし
【営業時間】8:00~18:00
【 料金 】Rp25,000
【 画像 】https://www.instagram.com/ancoltamanimpian/

もっと見る

Jakarta Chinatown(ジャカルタ・チャイナタウン)

Jakarta Chinatown(ジャカルタ・チャイナタウン)
世界各国に広がる中華系の街が、イスラム教徒が多いジャカルタにも存在します。中華料理の屋台が数多く並んでいて、インドネシア国内とは思えない雰囲気が楽しめるスポットです。中華料理はもちろんですが、ぜひおすすめしたいのが漢方。お店で簡単なカウンセリングを行ってくれ、自分の症状に合う漢方を調合してくれます。ぜひ一度、自分にぴったりの漢方を作ってもらってください。自分へのお土産にはもちろんですが、お土産としても重宝されますよ。
【スポット】Jakarta Chinatown(ジャカルタ・チャイナタウン)
【ふりがな】じゃかるたちゃいなたうん
【 住所 】Jl. Pancoran No.4, Glodok, Kec. Taman Sari, Kota Jakarta Barat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta
【アクセス】コタ駅から徒歩10分
【最寄り駅】コタ駅
【営業時間】店舗により異なる
【 料金 】無料
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Monumen Nasional(モナス)

Monumen Nasional(モナス)
高さ132mのインドネシアの独立の象徴として建てられた塔です。今ではジャカルタ市内のシンボル的存在になっていて、人気の観光スポット。内部にはレベーターがあり、炎のレリーフの下部にある展望台に昇る事ができます。大パノラマが眼下に広がる展望台には、ジャカルタ市内を眺望することが可能。底部の内部はインドネシアの歴史博物館になっています。週末は特に込み合うので、スケジュールに余裕を持った計画を立ててください。
【スポット】Monumen Nasional(モナス)
【ふりがな】もなす
【 住所 】Gambir, Kecamatan Gambir, Kota Jakarta Pusat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta
【アクセス】ガンビル駅からすぐ
【最寄り駅】ガンビル駅
【営業時間】8:30~22:00
【 料金 】Rp5,000
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Prambanan Temple Compounds(プランバナン寺院)

Prambanan Temple Compounds(プランバナン寺院)
860年頃に当時の王朝によって建設され、ヒンドゥー教と仏教の2つの宗教にまつわる寺院で構成されています。1991年には世界遺産登録され、正式名称は「プランバナンの寺院群」。天を突くような仏塔が特徴で、高さ47mのシヴァ神、ブラフマ神、ヴィシュヌ神の3つの石像は必見です。2006年のジャワ島地震で甚大な被害を受けましたが、現在はほぼ修復されています。インドネシアを訪れたら必ず見たい遺跡の1つとして知られているスポット。
【スポット】Prambanan Temple Compounds(プランバナン寺院)
【ふりがな】ぷらんばなんじいん
【 住所 】Jl. Raya Solo - Yogyakarta No.16, Kranggan, Bokoharjo, Kec. Prambanan, Kabupaten Sleman, Daerah Istimewa Yogyakarta
【アクセス】ジョグジャカルタ空港から車で約30分
【最寄り駅】なし
【営業時間】6:00~17:00
【 料金 】25USドル
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/プランバナン寺院/

もっと見る

Masjid Istiqlal(イスティクラル・モスク)

Masjid Istiqlal(イスティクラル・モスク)
イスラム教の寺院で、インドネシア国立モスクとも呼ばれています。現代的な建築様式が特徴の巨大モスクで、17年の建造工事を経て1978年に完成しました。モスクには7つの入り口があり、それぞれがイスラム教の7つの天国を象徴しています。東南アジア最大規模のイスラム教施設だけあって、見学に当たっての規律もとても厳格。靴を脱いだり、手荷物は全て手荷物預け所に預けなければならなかったりするのでマナーと節度を守って観光をしてください。
【スポット】Masjid Istiqlal(イスティクラル・モスク)
【ふりがな】いすてぃくらるもすく
【 住所 】Jl. Taman Wijaya Kusuma, Ps. Baru, Kecamatan Sawah Besar, Kota Jakarta Pusat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta
【アクセス】クマヨラン駅から徒歩15分ほど
【最寄り駅】クマヨラン駅
【営業時間】4:00~21:00
【 料金 】無料
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Taman Mini Indonesia Indah(タマンミニ・インドネシアシアター)

Taman Mini Indonesia Indah(タマンミニ・インドネシアシアター)
多様な文化で成り立つ、インドネシアを凝縮したテーマパークです。国内の多種多様な島の民族文化を広大な敷地で再現していて、島々によって異なる衣装や住居様式などを実際に見ることが可能。100ヘクタールある園内には、バスやケーブルカーも走っていて、自転車やバイクのレンタルも出来るので気楽に楽しめます。日本人にとってはマイナーな島にも触れることのできる貴重な施設で、大人から子供まで楽しめる観光スポットです。
【スポット】Taman Mini Indonesia Indah(タマンミニ・インドネシアシアター)
【ふりがな】たまんみんいんどねしあしあたー
【 住所 】Jakarta, East Jakarta City
【アクセス】ジャカルタ市内中心部からクで約30分
【最寄り駅】なし
【営業時間】7:00〜22:00
【 料金 】入園料 15000ルピア 博物館やバードパークは別途入場料が必要
【 画像 】https://www.instagram.com/ilovetamanmini/

もっと見る

Ragunan Zoo(ラグナン動物園)

Ragunan Zoo(ラグナン動物園)
インドネシアに生息する貴重な動物たちと、約300種類もの生物を見ることができる動物園です。アフリカンゴリラをはじめとする霊長類コーナーが人気。ボルネオ島産のオランウータンや、インドネシア特有のコモドドラゴンが生き生きと生活している姿は必見です。入場料が格安で1日遊べるので、子ども連れにもぴったりの観光スポット。また、園内には専用バスも走っているので、歩いて回るのが大変という方も安心して楽しむことができます。
【スポット】Ragunan Zoo(ラグナン動物園)
【ふりがな】らぐなんどうぶつえん
【 住所 】Jl. Harsono RM No.1, Ragunan, Kec. Ps. Minggu, Kota Jakarta Selatan, Daerah Khusus Ibukota Jakarta
【アクセス】ジャカルタ市内中心部から車で約50分
【最寄り駅】なし
【営業時間】7:30~16:00
【 料金 】Rp4,500
【 画像 】https://ragunanzoo.jakarta.go.id/language/en/

もっと見る

Gunung Bromo(ブロモ山)

Gunung Bromo(ブロモ山)
標高は2,329m活動が活発なことで知られている、北東約30kmに位置する火山です。日の出・日の入りにかかる時間帯のトレッキングがおすすめ。他では見ることができない絶景を楽しむことが出来ます。山頂のお鉢巡りをするトレッキングコースは観光客だけでなく、地元のインドネシア人観光客にも人気のスポットです。山頂には小さな山小屋があり、コーヒーなどの飲み物も楽しめます。現在は火山活動も落ち着いて改善されていますが、訪れる際には十分な情報収集をしてください。 
【スポット】Gunung Bromo(ブロモ山)
【ふりがな】ぶろもざん
【 住所 】Area Gn. Bromo, Podokoyo, Tosari
【アクセス】チェロモ・ラワン村まで車で120分
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】入山料としてRp250,000
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ブロモ山/

もっと見る

Toyabungkah(トヤブンガ温泉)

Toyabungkah(トヤブンガ温泉)
バリ島北部の景勝地「バトゥール湖」の湖畔沿いに湧くこの温泉で、源泉に湖の水が混ざることで適温で楽しむことができます。ローカル色が強い場所ですが、施設内は綺麗なので心配しないでください。ロッカーやシャワー、タオルの貸し出しもあるので手ぶらでも安心です。日本と違うのは、バリ島の温泉は何処も水着着用が必要になります。また、外気が涼しいので上がると寒さを感じることもあるので、保温にも気をつけてくださいね。
【スポット】Toyabungkah(トヤブンガ温泉)
【ふりがな】とやぶんがおんせん
【 住所 】Central Batur, Kintamani, Bangli Regency, Bali, インドネシア
【アクセス】ウブドから45分程度
【最寄り駅】なし
【営業時間】7:00~19:00
【 料金 】Rp150,000
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Museum Le Mayeur(ル・メイヨール博物館)

Museum Le Mayeur(ル・メイヨール博物館)
ベルギー人画家ル・メイヨールが、1946~1958年の間住んでいた住居兼アトリエです。現在は89点の彼の絵画が展示された博物館になっています。グラスマットやハードボード、キャンバスやトリプレックスと呼ばれる3枚合板などに描かれた油絵など、迫力ある筆使いを見ることができます。建物全体も当時の調度品や彫刻をそのまま残しているので、絵画に詳しくない方でも昔のバリ島の住まいの雰囲気を体感できることでおすすめのスポットです。
【スポット】Museum Le Mayeur(ル・メイヨール博物館)
【ふりがな】るめいよーるはくぶつかん
【 住所 】Jl. Hang Tuah, Sanur Kaja, Kec. Denpasar Sel., Kota Denpasar, Bali
【アクセス】デンパサール国際空港から車で約60分
【最寄り駅】なし
【営業時間】8:00~15:30、金曜日8:30〜12:30
【 料金 】Rp10,000
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Museum Bali(バリ博物館)

Museum Bali(バリ博物館)
バリを代表する博物館の一つで、4つの建物にバリ島の歴史や儀式などの展示がされています。建物自体がバリ建築様式とバリ独特の風水に則って建てられた建物というのも特徴。館内には歴史的な発掘品や象牙の装飾品、さらにはバリ芸能や芸術に興味のある方にはたまらない仮面や伝統衣装、バティックなどの展示品が充実しています。バリ島の伝統や風俗、歴史を肌で感じることのできる貴重な博物館なので、ぜひ訪れてみて欲しいスポットです。
【スポット】Museum Bali(バリ博物館)
【ふりがな】ばりはくぶつかん
【 住所 】Jl. Mayor Wisnu No.1, Dangin Puri, Kec. Denpasar Tim., Kota Denpasar, Bali
【アクセス】デンパサール国際空港から車で約50分
【最寄り駅】なし
【営業時間】月~木8:00~16:00、金 8:30~12:30
【 料金 】Rp10,000
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Gang poppies(ガン・ポピーズ)

Gang poppies(ガン・ポピーズ)
クタの路地で最も有名な路地で、パンタイクタ通りとレギャン通りを繋いでいます。「ガン」とは路地よりももっと小さい道のことを意味していますが、タクシーが通ったりするので注意が必要です。東南アジアでも有数のバックパッカー向けエリアで、レストランやお土産物などの物価は他エリアより若干安いと言われています。両替も比較的レートが良い両替商が多いので、旅の合間にちょっと立ち寄ってみるのもおすすめのスポットです。
【スポット】Gang poppies(ガン・ポピーズ)
【ふりがな】がんぽぴーず
【 住所 】1 & 2 Gg poppies, kuta
【アクセス】デンパサール国際空港から車で約15分
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Waterbom(ウォーターボム)

Waterbom(ウォーターボム)
ウォータースライダーをメインとしたウォーターパークです。約4haの広大な敷地には、時速70kmで急斜面を駆け落ちるウォータースライドや、約250mもの流れるプールなど各種アクティビティが目白押し。10種類以上のウォータースライダーの中には、子ども用もあるので小さなお子さま連れでも安心して楽しめます。他にも、屋台やマッサージ施設もあり家族みんなが楽しめるスポット。パーク内の半分以上が緑に覆われていて、自然と一体となっているのも魅力のひとつです。
【スポット】Waterbom (ウォーターボム)
【ふりがな】うぉーたーぼむ
【 住所 】Jl. Kartika Plaza, Tuban, Kuta, Kabupaten Badung, Bali
【アクセス】デンパサール国際空港から車で約15分
【最寄り駅】なし
【営業時間】9:00~18:00
【 料金 】455,500
【 画像 】https://www.instagram.com/waterbombali/

もっと見る

Borobudur(ボロブドゥール遺跡)

Borobudur(ボロブドゥール遺跡)
8世紀後半から9世紀前半にかけて建立されたと言われる、世界最大級の仏教遺跡です。インドネシア内で最も有名な観光スポットのうちの一つとして知られていて、1991年に世界文化遺産に登録されました。 1814年イギリスのラッフルズ提督らに発見されるまで、1000年以上も森の中に埋もれていたという歴史もあります。見どころはなんと言っても繊細なレリーフの芸術。レリーフの順を追って想いを念ずることにより、心が清められて救済を受けることが出来るという習わしがあります。
【スポット】Borobudur(ボロブドゥール遺跡)
【ふりがな】ぼろぶどぅーるいせき
【 住所 】Jl. Badrawati, Kw. Candi Borobudur, Borobudur, Kec. Borobudur, Magelang, Jawa Tengah
【アクセス】ジョグジャカルタ空港から車で約60分
【最寄り駅】なし
【営業時間】6:00~17:00
【 料金 】25USドル
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ボロブドゥール遺跡/

もっと見る

West Bali National Park(バリ西部国立公園)

West Bali National Park(バリ西部国立公園)
バリ島の西側のほぼ半分の面積を占めるバリ島唯一の国立公園です。 1984年にその広大なエリア全体が自然保護地区に指定されました。ほとんどが500m級の熱帯雨林で大自然が残されています。公園内は珍しい野生動物の宝庫でもあり、バリの固有種で絶滅危惧に瀕している幻の鳥ジャラ・プティをはじめとする約200種類の野鳥が生息。公園内のエコツアーは単独ではなくガイド同行が義務づけられているので、とても興味深い話を聞くことが出来ます。
【スポット】West Bali National Park(バリ西部国立公園)
【ふりがな】ばりせいぶこくりつこうえん
【 住所 】West Bali National Park
【アクセス】デンパサール国際空港から車で約4時間
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】Rp20,000
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Pri Saren Agung(ウブド王宮)

Pri Saren Agung(ウブド王宮)
ウブドの中心部にある、かっての王政時代には政治経済の中心地だった場所です。現在も王族の子孫たちが暮らしていますが、一部は一般公開され当時の華やかな暮らしを見ることが可能。一般公開されているエリアでは伝統舞踊公演も行われ、正面にあるウブド市場とともにウブド観光の中心地となっています。特に「サダ・ブダヤ」というウブド王宮内でも中心的グループの公演がおすすめ。ウブドで最初に観光客向けに公演を行ったパイオニア的存在であり、日本でも公演を行うなどその実力は折り紙付きです。
【スポット】Pri Saren Agung(ウブド王宮)
【ふりがな】うぶどおうきゅう
【 住所 】Jl. Raya Ubud No.8, Ubud, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali
【アクセス】デンパサール国際空港より車で約90分
【最寄り駅】なし
【営業時間】19:30~
【 料金 】入場料無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ウブド/

もっと見る

Jati Luwih(ジャティルイ)

Jati Luwih(ジャティルイ)
バリ島を象徴する緑が一面に広がる景色が楽しめ、バリ島で最も美しい場所と言われています。 2012年にユネスコの世界遺産に認定されました。人口のほとんどが稲作農家で、ジャティルイ周辺の標高700メートル付近ということもあり、コーヒー豆やバナナの生産も盛ん。赤い米など少し変わったものも栽培しています。棚田が一番美しく見える場所には、レストランやカフェがあるのでゆっくりと風景を眺めながら食事をするのもおすすめです。
【スポット】Jati Luwih(ジャティルイ)
【ふりがな】じゃてぃるい
【 住所 】Village, Jl. Jatiluwih Kawan No.Desa, Jatiluwih, Penebel, Kabupaten Tabanan, Bali
【アクセス】ウブドから車で90分ほど
【最寄り駅】なし
【営業時間】24時間
【 料金 】Rp20,000
【 画像 】https://pixabay.com/ja/images/search/ライステラス/

もっと見る

Neka Art Museum(ネカ美術館)

Neka Art Museum(ネカ美術館)
バリ絵画のコレクターである、ステジャ・ネカ氏が所蔵する作品を展示する美術館です。バリの伝統絵画から、色鮮やかな現代アートまで数多くの作品が楽しめます。中でもアブドゥル・アジスの『惹かれあう心』は有名なので、どこかで見たことがある人も多いと思います。この美術館の展示にはすべて日本語での説明が表記されていて、受付でもらえる日本人用案内もあり安心。第1~第6までの展示館があるので、興味のある方は1日いても飽きないスポットです。
【スポット】Neka Art Museum(ネカ美術館)
【ふりがな】ねかびじゅつかん
【 住所 】Jalan Raya Sanggingan Campuhan, Kedewatan, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali
【アクセス】ウブド市内中心部より車で約10分
【最寄り駅】なし
【営業時間】9:00~17:00
【 料金 】Rp75,000
【 画像 】Google Street View

もっと見る

Monkey Forest(モンキーフォレスト)

Monkey Forest(モンキーフォレスト)
ウブドの南にある自然保護区の森です。名前の通り、森の中には600匹を超える野生のサルたちが保護されています。入口にはサルたちの餌となるバナナなどを売っていて、餌をあげることも可能です。観光客に慣れているサルは、近寄ってきて食べてくれます。時々、カバンやメガネなどを持っていこうとするサルがいることがあります。しかし、万が一凶暴なサルがいても、森の中には地元スタッフがいるので追い払ってくれるので安心してください。
【スポット】Monkey Forest(モンキーフォレスト)
【ふりがな】もんきーふぉれすと
【 住所 】Jl. Monkey Forest, Ubud, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali
【アクセス】デンパサール国際空港より車で約90分
【最寄り駅】なし
【営業時間】8:30~17:30
【 料金 】Rp50,000
【 画像 】https://www.monkeyforestubud.com/

もっと見る

ashiyanodaimon福岡のデートスポットまとめ!定番からちょっと変わったものまで
inhosakitenbo千葉のフォトジェニックな絶景スポットマップ
greenlandr熊本のデートスポットまとめ!定番からちょっと変わったものまで
パペルブルグまるでRPGの世界!?全国にある仰天「廃墟カフェ」「廃墟居酒屋」まとめ
gutetenbo愛媛のデートスポットまとめ!定番からちょっと変わったものまで
kachidokibashi「ロマンチック系女子」にオススメの東京デートスポット
akari__trip_olive香川のデートスポットまとめ!定番からちょっと変わったものまで
日    本
海    外