Νάξος(ナクソス島)

Νάξος(ナクソス島)
聖なる島々「キクラデス諸島」の中で最も大きい島で、全能神ゼウスが育った島と伝えられているスポットです。古代ギリシャ時代から続く遺跡だけでなく、美しいビーチや白壁に青い窓枠の可愛らしい街並みなど独特の魅力が特徴。日本ではあまり知られていませんが、神話伝説が多く残っているスポットです。石畳の港町にはカジュアルな雰囲気のシーフードレストランやカフェ、多くのお土産物屋さんなどもあるのでグルメやお土産も充実しています。
【スポット】Νάξος(ナクソス島)
【ふりがな】なくそすとう
【 住所 】Νάξος
【アクセス】アテネ国際空港から飛行機で45分
【最寄り駅】なし
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%9A%84%E4%B8%AD%E5%BF%83%E9%83%A8-4807782/

もっと見る

Δήλος(デロス島)

Δήλος(デロス島)
古代ギリシャにおいて聖地とされた島で、ヘレニズム文化の宗教的・芸術的・商業的な中心地として栄えたスポットです。島遺跡が数多く残っており、歴史的にはデロス同盟が結ばれたことで知られています。キストン山麓に点在する古代住宅の遺跡はモザイク壁画など芸術的価値も高く、ディオニソスの家やクレオパトラの家などが有名です。ゼウスの愛人レトがアポロンとアルテミスを生み、紀元前5~3世紀にかけて建てられたアポロン神殿は島の観光名所になっています。
【スポット】Δήλος(デロス島)
【ふりがな】でろすとう
【 住所 】Delos 846 00
【アクセス】ミコノス島から1時間
【最寄り駅】なし
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3-%E3%83%87%E3%83%AD%E3%82%B9%E5%B3%B6-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88-%E5%83%8F-108560/

もっと見る

Ζάκυνθος(ザキントス島)

Ζάκυνθος(ザキントス島)
多くのファンがいるジブリ映画「紅の豚」の舞台となった、ナヴァイオ・ビーチで有名な島です。知る人ぞ知るスポットで、透き通るターコイズブルーの海と白砂の美しいビーチが島のいたるところで楽しめます。23の村で構成される小さな島ですが、毎年ヨーロッパ各都市から直行便で観光客が押寄せる人気リゾート地です。シップレックビーチを上から眺めれば、訪れた誰もが息をのむ青い絶景を見ることができます。この島に訪れたらぜひ見てほしい光景です。
【スポット】Ζάκυνθος(ザキントス島)
【ふりがな】ざきんとすとう
【 住所 】Ζάκυνθος
【アクセス】アテネ国際空港から飛行機で1時間程度
【最寄り駅】なし
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B6%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B9%E5%B3%B6-%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3-%E9%9B%A3%E7%A0%B4%E8%88%B9-1583094/

もっと見る

Ρόδος(ロドス島)

Ρόδος(ロドス島)
ドデカネス諸島に属すギリシャ共和国で4番目に大きな面積を持つ島です。紺碧の海と美しいビーチ、中世の街並みの融合を一度に楽しめるのが特徴。美しい中世都市は1988年世界遺産に登録され、石造りの街並みやモザイクが特徴の「騎士団長の館」、世界初のシナゴーグなど多くの観光要所があります。1309年に島を支配した聖ヨハネ騎士団が築いた城壁は長さ4㎞、高さ・厚さ10mと頑強で、11か所の石門と並んで中世ヨーロッパでも有名な鉄壁の要塞だったそうです。
【スポット】Ρόδος(ロドス島)
【ふりがな】ろどすとう
【 住所 】Ρόδος
【アクセス】サントリーニ島から船で8時間程度
【最寄り駅】なし
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B9%E5%B3%B6-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-4178231/

もっと見る

Κέρκυρα(ケルキラ島)

Κέρκυρα(ケルキラ島)
14世紀末から約400年間ヴェネツィア共和国に統治された歴史をもつ島です。「頂の都市」という意味を持つ「コルフ・タウン」の旧市街には、イタリアの洗練された建築物が残っていています。その優雅な雰囲気の街並みは世界遺産にも登録されています。日本ではまだ馴染みのない島ですが、ヨーロッパでは人気の高級リゾートとして有名。13世紀ビザンチン時代に作られたアンジェロカストロ城などの要塞や、ギリシャ神殿のようなヴラチェルナ修道院など観光スポットも多くあります。
【スポット】Κέρκυρα(ケルキラ島)
【ふりがな】けるきらとう
【 住所 】Κέρκυρα
【アクセス】アテネ国際空港から1時間程度
【最寄り駅】なし
【 画像 】http://www.visitgreece.gr/en/greek_islands/ionian_islands/corfu

もっと見る

Κρήτη(クレタ島)

Κρήτη(クレタ島)
広島県ほどの面積を持つギリシャ最大の島で、エラフォ二シのきめ細かい砂のビーチやレフカオリ山地が特徴。ミノア文明の代表的遺跡クノッソス宮殿などの観光スポットがあり、宮殿には王座の間、女王の間、劇場など1200室以上の部屋があります。他にもトレッキングコースがあるサマリア峡谷、ゼウスが生まれ育ったディクテオン洞窟、奇岩で有名なクルナス湖など自然の人気観光名所も多いスポットです。また、飲食や夜の散歩を楽しむオールド・ベネチアン・ハーバーと言う場所もあります。
【スポット】Κρήτη(クレタ島)
【ふりがな】くれたとう
【 住所 】Κρήτη
【アクセス】アテネ国際空港から飛行機で50分
【最寄り駅】なし
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%BD%E3%82%B9-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%BF%E5%B3%B6-165561/

もっと見る

下北線路街 空き地

下北線路街 空き地
線路跡地にできた「下北線路街 」にある広場。広場にはドラえもんにてジャイアンが歌唱をする時にステージとして利用するような土管が設置されています。広場ではステージが開催されたり、期間限定店舗が出店していたり、日々変化に富んだ催しが開催されシモキタの新たな観光スポットとして話題です。キッチンカーや飲食スペースもあるので食事や休憩をすることもできます。
【 住所 】〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目33−番 12号(付近:下北沢交番の隣
【アクセス】小田急線「下北沢駅」東口から、「下北沢交番」方面へ徒歩4分
【営業時間】9:30〜23:00 不定休
【 料金 】入場料無料
【 画像 】@rie_tabi

もっと見る

Μετέωρα(メテオラ)

Μετέωρα(メテオラ)
セサリア地方北端の奇岩群とその上に建設された修道院共同体で、1988年に世界遺産に登録されています。メテオラ修道院群の総称で、6つの修道院が現存した自然と歴史の複合遺産という特徴があります。美しいフレスゴ画が圧巻の「ヴァルラアム修道院」やカランバカの街を一望できる「アギオス・ステファノス修道院」、007の映画で使われた断崖絶壁の「アギア・トリアダ修道院」などが楽しめます。この修道院で最大なものは、1541年にアサナシオス修道士によって建てられた「大メテオロン修道院」です。
【スポット】Μετέωρα(メテオラ)
【ふりがな】めておら
【 住所 】Kalabaka 422 00
【アクセス】カランバカ駅からバスで20分
【最寄り駅】カランバカ駅
【営業時間】施設により異なる
【 料金 】9:00~施設により異なる
【 画像 】https://www.facebook.com/meteoratourontime/photos/a.1394198834207839/2361459374148442/?type=3&theater

もっと見る

Δελφοί(デルフィ)

Δελφοί(デルフィ)
オリーブ畑と遠くコリンティアコス湾を望むパルナッソス連山の麓に広がる遺跡で、アポロンの神託が行われていた聖域です。「アポロンの神殿」で行われた神託が有名になり、神殿は381年に破壊された後1893年に発掘が始まりアテナ女神の聖域と共に1987年に世界遺産に登録されました。遺跡から発掘された遺物の中には、世界最古の楽譜「デルポイのアポロン賛歌」や「青銅の御者像」、地球の中心とされていた「地球のへそ」などがあり近くのデルフィ考古学博物館に展示されています。
【スポット】Δελφοί(デルフィ)
【ふりがな】でるふぃ
【 住所 】Δελφοί
【アクセス】デルフィ考古学博物館前バス停から徒歩3分
【最寄り駅】なし
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%8D-%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3-%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB-5340713/

もっと見る

Θεσσαλονίκη(テッサロニキ)

Θεσσαλονίκη(テッサロニキ)
紀元前315年にマケドニア王カッサンドロスによって創建された港湾都市で、アテネに次ぐ第2の都市です。都市名は彼の妻テッサロニカの名前に由来しており、初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群が1988年世界遺産に登録されています。ギリシャ最大のバシリカ式教会堂「アギオス・ディミトリオス聖堂」も世界遺産に登録されており、15世紀建立のホワイトタワーはかつて刑務所として使われていました。今では白く塗装され博物館として歴史的遺物が展示されています。
【スポット】Θεσσαλονίκη(テッサロニキ)
【ふりがな】てっさろにき
【 住所 】Θεσσαλονίκη
【アクセス】アテネから電車で5時間30分
【 画像 】https://www.facebook.com/thessalonikitravel/photos/a.95971673327/10157698209253328/?type=3&theater

もっと見る

Άγιο Όρος(アトス山)

Άγιο Όρος(アトス山)
標高2033mの岩山で、20棟の修道院がある正教会の聖地です。「聖山」とも呼ばれ、8~9世紀頃から修道士がこの地に住み始め共同生活を送っています。今でも1400人の修道僧が暮らしており、1988年に世界遺産に登録されたスポットです。中でも「シモノス・ペトラ修道院」という海抜330mの崖の上にある修道院は必見で、眼下は海で要塞のような趣が楽しめます。この山は聖母マリアを守護聖人とするも1406年以降600年以上女人禁制ですが、湾岸500m遠方まで接近することが可能です。
【スポット】Άγιο Όρος(アトス山)
【ふりがな】あとすざん
【 住所 】Άγιο Όρος
【アクセス】テッサロニキからバスで2時間程度
【最寄り駅】なし
【 料金 】30€
【 画像 】http://odysseus.culture.gr/h/3/eh351.jsp?obj_id=2367

もっと見る

Σαντορίνη(サントリーニ島)

Σαντορίνη(サントリーニ島)
かつて大爆発を起こした火山が形成したカルデラ地形の一部で、その外輪山にあたります。涙が出るほど美しい夕日が見れるロマンチックな場所としても知られる、断崖に突き出したイア要塞は絶景スポットとして長打の列ができるほど人気。また、日本でも雑誌やCMでよく見る「ブルードーム」、紀元前1,500年頃の火山の大噴火によって埋もれてしまった街「アクロティリ遺跡」、紀元前9世紀頃から1,000年以上繁栄を続けた古代都市の遺跡などおすすめの観光スポットも多くあります。
【スポット】Σαντορίνη(サントリーニ島)
【ふりがな】さんとりーにとう
【 住所 】Σαντορίνη
【アクセス】アテネ国際空港からティラ空港まで30分程度
【最寄り駅】なし
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E5%B3%B6-%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-169239/

もっと見る

Αρχαία Αγορά Αθηνών(古代アゴラ(博物館))

Αρχαία Αγορά Αθηνών(古代アゴラ(博物館))
アクロポリス遺跡と並んでアテネ観光の目玉となっているスポットで、「人が集まる所」という意味を持つ遺跡群です。政治・経済・商業・文化の中心として紀元前6世紀頃から発展し、ソクラテスが広場で演説を行うなど民主主義の舞台となりました。遺跡の中で必見なのが、パンドラの箱で知られるテセウスの神殿。紀元前5世紀築でありながら7世紀から19世紀までギリシャ正教会として使われていたため、保存状態が良くほぼ当時の姿を楽しむことが出来ます。
【スポット】Αρχαία Αγορά Αθηνών(古代アゴラ(博物館))
【ふりがな】こだいあごらはくぶつかん
【 住所 】Adrianou 24, Athina 105 55
【アクセス】モナスティラキ駅から徒歩3分
【最寄り駅】モナスティラキ駅
【営業時間】火~日曜日8:00〜15:00、月曜日11:00〜20:00
【 料金 】8€
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%98%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9%E7%A5%9E%E6%AE%BF-%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%A2%E3%82%B4%E3%83%A9-1796430/

もっと見る

エコファームカフェ 632

エコファームカフェ 632
白色とグリーンを基調とした開放感あふれる雰囲気で自社農園で栽培した野菜を使った料理がいただけるカフェ。ランチ時には肉・魚がメインの日替わり料理やパスタセットが1,000円からいただけます。コーヒーも日替わりで、その日おすすめの自家焙煎コーヒーがおいしいと評判です。
【 住所 】東京都渋谷区神宮前6-32-10
【アクセス】JR「原宿」駅より徒歩7分。東京メトロ千代田線/副都心線「明治神宮前(原宿)」駅7番出口より徒歩2分。
【営業時間】[月〜日、祝日]10:00~21:00※フードのラストオーダー20:00、ドリンクのラストオーダー20:30 [Morning Time] 10:00~11:00 [Lunch Time]11:00~17:00 [Dinner Time]17:30~21:00 無休
【 料金 】ディナー2,000~¥2,999 、ランチ¥1,000~¥1,999
【 画像 】@harajuku_snaplace

もっと見る

Εθνικό Αρχαιολογικό Μουσείο(アテネ国立考古学博物館)

Εθνικό Αρχαιολογικό Μουσείο(アテネ国立考古学博物館)
ギリシャ各地で出土した展示品を集めた、ギリシャ美術に関するギリシャ最大の博物館です。1889年に建てられた古典様式の建物で、8000㎡のスペースに1万点以上展示されています。そのため館内は年代別や発掘遺跡別に56の分室に分類されており、入り口を入るとミケーネ文明、石器文明、キクラデス文明へと3部門に分かれていて年代順に楽しめます。ミケーネ遺跡から出土した「黄金の仮面」や海底からみつかった「馬上の少年像」、デロス島の「アフロディーテと牧神パンとエロスの像」など貴重なコレクションは必見です。
【スポット】Εθνικό Αρχαιολογικό Μουσείο(アテネ国立考古学博物館)
【ふりがな】あてねこくりつこうこがくはくぶつかん
【 住所 】28is Oktovriou 44, Athina 106 82
【アクセス】オモニア駅から徒歩10分
【最寄り駅】オモニア駅
【営業時間】月曜13:00~20:00、火曜~日曜9:00~16:00
【 料金 】10€
【 画像 】https://www.namuseum.gr/en/periodic_exhibition/oi-ametrites-opseis-toy-oraioy-2/

もっと見る

Αρχαιολογικός Χώρος Ολυμπίας(オリンピア古代遺跡)

Αρχαιολογικός Χώρος Ολυμπίας(オリンピア古代遺跡)
古代オリンピックが行われた場所で知られ、現在も数多くの遺跡が存在する古代都市です。遺跡には紀元前7世紀に建てられたゼウスの妻ヘラを祀った「ヘラ神殿跡」、紀元前470~460年に建てられた「ゼウス神殿」などがあります。松やオリーブの緑豊かで穏やかな場所にあり、1989年に世界遺産に登録されています。古代オリンピックの会場となった競技場は紀元前4世紀中期に作られ、幅30m、長さ192mのトラックには白い石のスタートラインが残っています。
【スポット】Αρχαιολογικός Χώρος Ολυμπίας(オリンピア古代遺跡)
【ふりがな】おりんぴあこだいいせき
【 住所 】Archaia Olympia 270 65
【アクセス】アテネバスターミナルからオリンピア古代遺跡までバスで5時間30分
【最寄り駅】なし
【営業時間】8:00~20:00
【 料金 】12€
【 画像 】http://odysseus.culture.gr/h/3/eh351.jsp?obj_id=2358

もっと見る

Μύκονος(ミコノス島)

Μύκονος(ミコノス島)
エーゲ海の代表的な観光地の一つで、カト・ミリやアノ・ミリなど7つの風車が島のシンボルマークとなっています。青い空、紺碧の海、白い壁の家々のコントラストが美しい「エーゲ海の白い宝石」と謳われる屈指の観光リゾート地でもあります。11世紀にイオニア人が住みつき、古代から富裕なデロス人の保養地として栄えてきました。白い壁の「パラポルティアニ教会」や青いドームの「セント・ニコラス教会」など観光スポットも豊多くあります。
【スポット】Μύκονος(ミコノス島)
【ふりがな】みこのすとう
【 住所 】Μύκονος
【アクセス】アテネ港からミコノス島まで4時間30分
【最寄り駅】なし
【 画像 】http://www.visitgreece.gr/en/greek_islands/mykonos

もっと見る

Αθήνα(アテネ)

Αθήνα(アテネ)
世界で最も古い都市の一つで、3500年の歴史を持っているギリシャ共和国の首都で最大の都市でもあります。アテナイ、スパルタなど強力な都市国家が栄えてプラトン、アリストテレスなどの哲学や芸術でも知られているエリアです。民主主義の発祥地として有名で、政治的、文化的功績はヨーロッパ文明の発達におおきな影響を及ぼしました。ヨーロッパの原点とも言われていますが、世界初のオリンピック開催地としても有名なスポットです。
【スポット】Αθήνα(アテネ)
【ふりがな】あてね
【 住所 】Αθήνα
【アクセス】アテネ国際空港から電車で40分程度
【最寄り駅】Athens
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3-%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%8D-%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%8E%E3%83%B3%E7%A5%9E%E6%AE%BF-4513852/

もっと見る

Ακρόπολη Αθηνών(アクロポリス遺跡)

Ακρόπολη Αθηνών(アクロポリス遺跡)
ギリシャの中でも最も有名な遺跡で、「高い丘の上の都市」という意味を持っている紀元前6000年頃の遺跡群です。その名の通り、巨大な石灰岩でできた海抜150mの断崖絶壁の上に建てられています。紀元前13世紀から神殿や城壁が築かれ、都市の要塞としての役割を持っていました。都市国家アテナイの最盛期には、パルテノン神殿など主要な建物が次々と完成していきました。百科事典にも登場する、世界史の原点となるような貴重な遺跡が集まる人気スポットです。
【スポット】Ακρόπολη Αθηνών(アクロポリス遺跡)
【ふりがな】あくろぽりすいせき
【 住所 】Athens 105 58
【アクセス】アクロポリス駅から徒歩10分
【最寄り駅】アクロポリス駅
【営業時間】8:00~20:00
【 料金 】20€
【 画像 】http://odysseus.culture.gr/h/3/eh351.jsp?obj_id=2384

もっと見る

Παρθενώνας(パルテノン神殿)

Παρθενώνας(パルテノン神殿)
現存しているギリシア古代建築では最高峰の技術を誇って建築された神殿の一つです。ドーリア式の神殿で合計46本の円柱が支えており、完成までに15年もの歳月を要したと言われている表面に施された装飾彫刻が特徴。アテナ市内どこからでも眺められる場所にあり、街の守護神アテナを祀って紀元前447~431年にかけて建てられました。柱一本一本の太さや間隔を精密に計算した建築技術は驚くべきもので、今でもこのような美しさを保つことができている芸術的なスポットです。
【スポット】Παρθενώνας(パルテノン神殿)
【ふりがな】ぱるてのんしんでん
【 住所 】Athens 105 58
【アクセス】アクロポリス駅から徒歩10分
【最寄り駅】アクロポリス駅
【営業時間】8:00~20:00
【 料金 】20€
【 画像 】http://odysseus.culture.gr/h/2/eh251.jsp?obj_id=912

もっと見る

Ωδείο Ηρώδου του Αττικού(イドロ・アティコス音楽堂)

Ωδείο Ηρώδου του Αττικού(イドロ・アティコス音楽堂)
斜面を利用して161年に建てられた約6000人を収容するローマ様式の野外音楽堂です。舞台裏の建物は3層構造になっており、1階部分正面には3つの入口と彫刻を飾るための8つのくぼみがあるのが特徴。政治家で貴族のイロド・アティコスが父の遺産を建設費に利用し、亡き妻を偲んで建てた建物です。古代には音楽の競演や朗読コンクール、ドラマの公演が行われていましたが、現在でも毎年アテネフェスティバルが開催されています。
【スポット】Ωδείο Ηρώδου του Αττικού(イドロ・アティコス音楽堂)
【ふりがな】いどろあてぃこすおんがくたい
【 住所 】Dionysiou Areopagitou, Athina 105 55
【アクセス】アクロポリス駅から徒歩5分
【最寄り駅】アクロポリス駅
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3-%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%8D-5308666/

もっと見る

Θέατρο του Διονύσου(ディオニソス劇場)

Θέατρο του Διονύσου(ディオニソス劇場)
紀元前325年にアクロポリスの麓に建てられた、ギリシャ最古の大型野外劇場です。紀元前6~5世紀ごろ座席も舞台も木製でしたが紀元前4世紀に石で再建され、その後ローマ皇帝ネロの時代に大改築が行われました。前舞台にはディオニソス神話の場面を表す浮き彫りがされています。約17000人収容した舞台では3大詩人のアイスキュロス、ソポクレス、エウリピデスの悲劇や、古代劇作家のアリストパネスの喜劇などが上演されていました。
【スポット】Θέατρο του Διονύσου(ディオニソス劇場)
【ふりがな】でぃおにそすげきじょう 
【 住所 】Mitseon 25, Athina 117 42
【アクセス】アクロポリス駅から徒歩5分
【最寄り駅】アクロポリス駅
【営業時間】8:00〜19:00
【 料金 】20€
【 画像 】http://odysseus.culture.gr/h/2/eh251.jsp?obj_id=10341

もっと見る

Kościół Wniebowzięcia Najświętszej Marii Panny(聖母マリア被昇天教会)

Kościół Wniebowzięcia Najświętszej Marii Panny(聖母マリア被昇天教会)
14世紀フランシスコ会によって建てられたゴシック様式の教会です。ゴシック様式の彫刻やバロックやロココ調の主祭壇、14世紀のフレスコ画、色鮮やかなステンドグラスなどそれぞれの時代を反映する芸術作品を観賞できるのが特徴。また、27mの高さを誇るヴォールト天井に描かれた星模様は是非見て欲しい光景の一つです。16~18世紀にはプロテスタント、その後再びカトリックの教会、そして現代と時代の流れとともに変化を遂げた教会で歴史を感じてみてはいかがでしょうか。
【スポット】Kościół Wniebowzięcia Najświętszej Marii Panny(聖母マリア被昇天教会)
【ふりがな】せいぼまりあひしょうてんきょうかい
【 住所 】Panny Marii 2, 87-100 Toruń
【アクセス】Toruń Miastoから徒歩20分
【最寄り駅】Toruń Miasto
【営業時間】7:30〜19:30
【 料金 】無料
【 画像 】https://www.torun.pl/en/node/153427

もっと見る

Dom Mikołaja Kopernika(コペルニクス博物館)

Dom Mikołaja Kopernika(コペルニクス博物館)
天文学者ニコラウス・コペルニクスの生家であり、現在は博物館になっています。外観はハンザ同盟都市風の建築様式で階段状の切妻止めが特徴的。内部はコペルニクス愛用のコンパスや地球儀なども展示されています。天文学史上最も重要な再発見とされる地動説を唱えた彼は、旧市庁舎前に銅像も飾られており街のシンボルにもなっています。1473年に生まれ富裕な家庭で育った彼の生家を見る事で、ポーランドの富裕層の生活も知ることができるスポットです。
【スポット】Dom Mikołaja Kopernika(コペルニクス博物館)
【ふりがな】こぺるにくすはくぶつかん
【 住所 】Mikołaja Kopernika 15, 87-100 Toruń
【アクセス】Toruń Miastoから徒歩20分
【最寄り駅】Toruń Miasto
【営業時間】10:00〜18:00
【 料金 】PLN17
【 画像 】https://muzeum.torun.pl/dom-mikolaja-kopernika/

もっと見る

Poznań(ポズナン)

Poznań(ポズナン)
ポーランドの都市で5番目に大きく、1番古いと言われている都市です。旧市街地にはルネサンス様式など多様な建築群が並んでいて、カラフルな旧市街広場や歴史的建物、おしゃれなカフェなど見所がたくさんある観光スポットです。 13世紀以降ハンザ同盟の活躍で交易都市として栄え、フランス、プロイセン、ドイツなどの支配を経てきました。ピンク色の壁がかわいい「ファラ教会」や旧市街広場に堂々とたたずむ建物「ポズナン旧市庁舎」、2016年に出来たショッピングモールなど幅広い楽しみ方が出来るエリアです。
【スポット】Poznań(ポズナン)
【ふりがな】ぽずなん
【 住所 】Poznań
【アクセス】ワルシャワから電車で3時間程度
【最寄り駅】Poznan Main Station
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9D%E3%82%BA%E3%83%8A%E3%83%B3-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E5%B8%82-%E5%BB%BA%E7%89%A9-85099/

もっと見る

Zamość(ザモシチ)

Zamość(ザモシチ)
イタリア留学から戻った貴族ザモイスキ公が、イタリア人建築家ベルナルド・モランドに依頼して造らせた理想郷です。何もなかった土地に1580年からわずか20年で完成したイタリア・ルネサンスの香りが漂う都市。その完成度と美しさから「ルネサンスの真珠」と呼ばれ、街は1992年に世界遺産に登録されています。宮殿・武器庫・聖堂参事会教会・市庁舎から広場に建ち並ぶ石造の集合住宅に至るまで、主要な建物のすべて再現している美しいエリアです。
【スポット】Zamość(ザモシチ)
【ふりがな】ざもしち
【 住所 】Zamość
【アクセス】ワルシャワから5時間
【最寄り駅】Zamość
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B6%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%83%81-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E6%B0%97%E5%88%86-1686923/

もっと見る

Miejsce Pamięci i Muzeum Auschwitz-Birkenau(アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所)

Miejsce Pamięci i Muzeum Auschwitz-Birkenau(アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所)
世界大戦の悲劇的な舞台となったポーランドで、忘れてならないナチスドイツの負の遺産として知られている収容所です。収容所はクラクフ郊外の第1収容所から第2のビルケナウ、第3のモノヴィッツと3か所あるのが特徴。こちらのスポットを指すのは第1と第2の2つの収容所で、無料バス見学できるので子どもからお年寄りまで安心して見学できます。館内には眼鏡や靴などの収容者の日用品から、織物にされた収容者の髪の毛の展示、大量虐殺に使われたガス室や焼却炉が公開されています。
【スポット】Miejsce Pamięci i Muzeum Auschwitz-Birkenau(アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所)
【ふりがな】あうしゅゔぃっつびるけなうきょうせいしゅうようじょ
【 住所 】Więźniów Oświęcimia 20, 32-603 Oświęcim
【アクセス】バス停Oświęcimから徒歩20分
【最寄り駅】クラクフ中央駅
【営業時間】7:30~19:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%842-3677763/

もっと見る

Kopalnia Soli Wieliczka(ヴィエリチカ岩塩坑)

Kopalnia Soli Wieliczka(ヴィエリチカ岩塩坑)
13世紀から700年以上続く世界最古の岩塩の採掘坑で、1978年に世界遺産に登録されています。全長300km、深さ327m、空洞の数は2000個以上ある大きな採掘坑で、見学できるのは深さ135mまで。見学コースには梯子やトロッコなどの実物を使った、採掘現場を再現した20以上の部屋が公開されています。深さ100mにある「聖キンガ礼拝堂」は床・階段・天井まで岩塩でできていてキラキラ輝く楽しめるスポットです。また、祭壇や壁に安全祈願のため掘られたレリーフは芸術作品なので必見です。
【スポット】Kopalnia Soli Wieliczka(ヴィエリチカ岩塩坑)
【ふりがな】ゔぃえりちかがんえんこう
【 住所 】Daniłowicza 10, 32-020 Wieliczka
【アクセス】 クラクフ中央駅からバスで30分程度
【最寄り駅】Wieliczka Rynek
【営業時間】9:00~17:00
【 料金 】45~64zł
【 画像 】https://www.kopalnia.pl/grupy-zorganizowane/szlak-pielgrzymkowy

もっと見る

Gdańsk(グダニスク)

Gdańsk(グダニスク)
997年にボレスワフ1世によって建設された街で、グダニスク湾を擁するポーランド最大の港湾都市です。ハンザ同盟による自由交易で16~17世紀に繁栄し、戦後再建された旧市街には美しい色合いの家々が立ち並んでいます。中心部にはオランダ・ルネサンス様式の「大武器庫」や、16世紀建立の旧市庁舎、17世紀からドゥーギ広場に立つネプチューン噴水など観光スポットも多くあるのも魅力のひとつ。また、ポーランドは世界一の琥珀産出国ですが、グダニスクは屈指の琥珀名産地でもあるので宝石やアクセサリーが手頃な値段で購入できます。
【スポット】Gdańsk(グダニスク)
【ふりがな】ぐだにすく
【 住所 】Gdańsk
【アクセス】ワルシャワ中央駅からグダニスク中央駅まで3時間程度
【最寄り駅】Gdańsk Main
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%82%B0%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AF-3531345/

もっと見る

Zamek w Malborku(マルボルク城)

Zamek w Malborku(マルボルク城)
かつて権勢を誇ったドイツ騎士団が13世紀に建造した、ゴシック様式の巨大な城にして要塞です。増築を繰り返し敷地面積21ha、総床面積25万㎡という巨大な城になりました。建物は高城、中城、下城の3つのエリアに分かれており、ゴシック様式の天井や8mのマリア像は必見。ヨーロッパの名城100選に選ばれ、1961年から巨大博物館として多くの観光客が訪れています。第2次世界大戦で半分以上が破壊されたものの、その後みごとに復元され1997年にはユネスコの世界遺産にも登録されています。
【スポット】Zamek w Malborku(マルボルク城)
【ふりがな】まるぼるくじょう
【 住所 】Starościńska 1, 82-200 Malbork
【アクセス】Malbork駅から徒歩15分
【最寄り駅】Malbork
【営業時間】9:00~20:00
【 料金 】39.50PLN
【 画像 】https://www.facebook.com/Muzeum.Zamkowe.w.Malborku/photos/a.238196515733/10158167392325734/?type=3&theater

もっと見る

Toruń(トルン)

Toruń(トルン)
第2次世界大戦中ナチスドイツに占領されたものの戦禍には遭わず、中世の街並みがそのまま残る美しい街です。石造りの古い街並みは1998年に世界遺産に登録されています。12世紀初期に要塞が1233年にドイツ騎士団によって城砦が築かれ、1280年にハンザ同盟に加入すると交易の中心都市として発展していきました。13~15世紀建造のトルン最古の教会「聖ヨハネ教会」やコペルニクス博物館やドイツ騎士団城跡など観光スポットも多くあります。
【スポット】Toruń(トルン)
【ふりがな】とるん
【 住所 】Toruń
【アクセス】ワルシャワ中央駅から2時間45分程度
【最寄り駅】Toruń Miasto
【 画像 】https://www.torun.pl/en

もっと見る

Zamek Królewski na Wawelu(ヴァヴェル城)

Zamek Królewski na Wawelu(ヴァヴェル城)
970年にポーランド王カジミェシュ3世によって建てられた王の居城です。ポーランド最大の城の1つで、中世・ルネサンス・バロック時代のほぼすべてのヨーロッパの建築様式を表しているという特徴があります。城は標高228mの小高い丘の上にあり、1978年世界遺産に登録されました。1930年に美術館として一般公開され、ルネサンスの美術品などを展示しています。ジグムント王が収集したフランドル様式の豪華なタピストリーや、16~17世紀の王宮を再現した王の収集品コレクションなどが楽しめます。
【スポット】Zamek Królewski na Wawelu(ヴァヴェル城)
【ふりがな】ゔぁゔぇるじょう
【 住所 】Wawel 5, 31-001 Kraków
【アクセス】中央市場広場から徒歩 15分
【最寄り駅】Wawel
【営業時間】火9:30~16:00、水~日9:00~17:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%95-%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-754660/

もっと見る

Kosciol Swietego Krzyza(聖十字架教会)

Kosciol Swietego Krzyza(聖十字架教会)
白を基調とした美しい教会で、ポーランドが生んだ偉大な作曲家ショパンゆかりの教会として有名。2つの尖塔と正面に十字架を背負ったキリスト像が目印で、本堂手前の石柱には液体入りの小さな壺に収められた「ショパンの心臓」が奉納されていることでも知られています。そのため今でもショパンファンの訪問が絶えないスポットになっています。教会内は豪華なパイプオルガンがあり、白い壁に輝く祭壇のコントラストはとても美しいと話題の場所です。
【スポット】Kosciol Swietego Krzyza(聖十字架教会)
【ふりがな】せいじゅうじかきょうかい
【 住所 】Krakowskie Przedmieście 3, 00-047 Warszawa
【アクセス】ワルシャワ中央駅から車で10分
【最寄り駅】ワルシャワ中央駅
【営業時間】6:00~22:00
【 料金 】無料
【 画像 】http://www.swkrzyz.pl/index.php/wirtualny-spacer

もっと見る

オリンピックミュージアム

オリンピックミュージアム
オリンピックの歴史が学べ、オリンピック種目にチャレンジ出来る国内唯一のオリンピック専門ミュージアム。オリンピックで使われた聖火台や過去に開催されたオリンピック名場面のVTR放映などオリンピックファンには大興奮間違いなしな施設です。また「オリンピックゲームス」のコーナーでは100mオリンピック記録保持者のウサイン・ボルト氏とバーチャルで競争をするなど一流アスリートの力を肌で感じられます。
【 住所 】〒160-0013東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号
【アクセス】東京メトロ銀座線外苑前駅から徒歩およそ5分
【営業時間】10:00~17:00 (最終受付16:00)休館日:月曜日(月曜が祝日または休日の場合、翌平日休館) 他、年末年始及び展示替期間等
【 料金 】2階有料エリアは一般500円、65歳以上400円です。高校生以下は学生証の提示で無料
【 画像 】https://dentsu-ho.com/articles/6825

もっと見る

アクアシティ

アクアシティ
約60店が集まったショッピングゾーン、映画館、アミューズメントパーク、ラーメン国技館、神社などが集まった巨大複合商業施設。自由の女神やレインボーブリッジを正面に見渡すロケーションでお台場観光をする時にも便利な施設です。
【 住所 】〒135-0091  東京都港区台場1-7-1
【アクセス】ゆりかもめ台場駅から徒歩1分
【営業時間】物販店舗 11:00~21:00、飲食店舗 11:00~23:00 定休日なし
【 画像 】https://www.aquacity.jp/

もっと見る

Muzeum Fryderyka Chopina(ショパン博物館)

Muzeum Fryderyka Chopina(ショパン博物館)
ショパンの遺品の展示などを通して、彼の功績を知ることのできる博物館です。バロックと新古典主義の豪華な西洋建築で、館内にはショパンが弾いたピアノや本人のデスマスク、手の銅像など7000点もの関連資料が展示があります。もともとは17世紀の貴族が建てた宮殿でしたが、戦後再建され2010年にショパン生誕200周年を記念してリニューアルオープンしました。世界最大のショパン博物館となっています。博物館の近くには「国立ショパン研究所」や、世界屈指の名門音楽大学「ショパンアカデミー」などもあるのでファンにはたまらないエリアです。
【スポット】Muzeum Fryderyka Chopina(ショパン博物館)
【ふりがな】しょぱんはくぶつかん
【 住所 】Pałac Gnińskich, 00-368, Okólnik 1, 00-368 Warszawa
【アクセス】Nowy Świat-Uniwersytet 駅から徒歩5分
【最寄り駅】Nowy Świat-Uniwersytet 駅
【営業時間】11:00~20:00
【 料金 】22PLN
【 画像 】https://www.facebook.com/1570915943228919/photos/a.1573599189627261/2585205601799943/?type=3&theater

もっと見る

Barbakan Krakowski(バルバカン)

Barbakan Krakowski(バルバカン)
城壁で囲まれた旧市街を守るため、1548年に造られた赤レンガ製のバロック様式の城門兼城壁です。火薬庫や牢獄として使われており、このような機能を有する要塞はヨーロッパでは3か所しか残っていない貴重なスポットの1つ。第二次世界大戦で破壊されてしまいましたが、1954年に復元され「ワルシャワ歴史地区」として世界遺産に登録されています。馬蹄形の円錐状の砦が特徴的な、インスタ映えスポットとして今では話題になっています。
【スポット】Barbakan Krakowski(バルバカン)
【ふりがな】ばるばかん
【 住所 】Basztowa, 30-547 Kraków
【アクセス】Cracow Main Railway Stationから徒歩7分
【最寄り駅】Cracow Main Railway Station
【営業時間】11:00〜18:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://www.facebook.com/muzeumkrakowa/photos/a.284880853494/10157723730468495/?type=3&theater

もっと見る

Kraków(クラクフ)

Kraków(クラクフ)
11世紀半ばから550年の長きにわたりポーランドの首都だった街です。第2次世界大戦の戦禍を逃れたため、中世の街並みがそのまま楽しめるのが特徴。13世紀に築かれた城壁は19世紀に一部取り壊され、現在は入り口の「フロリアンスカ門」「3つの塔」、煉瓦造りの「バルバカン」のみが残存しています。「ポーランドの京都」と呼ばれる美しい古都で、1978年に世界遺産に登録されました。また、14世紀にユダヤ人を保護する目的で建設されたガジミエシュ地区はユダヤ人街として栄え、毎年ユダヤ文化フェスティバルが開催されています。
【スポット】Kraków(クラクフ)
【ふりがな】くらくふ
【 住所 】Kraków
【アクセス】ワルシャワ中央駅さらクラクフ中央駅まで2時間半
【最寄り駅】クラクフ中央駅
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%95-polga-%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91-1665093/

もっと見る

Rynek Glowny(中央市場広場)

Rynek Glowny(中央市場広場)
ヨーロッパ最大級の広大な広場で、200m四方の敷地内に「旧市庁舎の塔」や「聖マリア教会」など歴史建造物が建ち並んでいます。また広場には「織物会館」という一際目を引く建物があり、19世紀には交易の中心として主役的な役割を果たした建造物の1つ。16世紀に一度崩壊しましたがルネサンス様式に再建され、中世の趣ある建物は今でも楽しめます。広場の大きさはもちろんですが、これらの歴史ある建造物の美しさと迫力は他ではなかなか見ることのできない光景です。
【スポット】Rynek Glowny(中央市場広場)
【ふりがな】ちゅうおうしじょうひろば
【 住所 】Rynek Główny, 31-422 Kraków
【アクセス】クラクフ中央駅から徒歩15分
【最寄り駅】クラクフ中央駅
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】http://www.krakow-info.com/rynek.htm

もっと見る

Kosciol Mariacki(聖マリア教会)

Kosciol Mariacki(聖マリア教会)
中央広場に立つ13世紀建立のゴシック様式の教会で、正式名称は聖母被昇天教会といいます。高さ80mの2つの塔「望楼」「鐘楼」が特徴的で、塔から街全体を一望することも可能。一見よく見かける教会の風貌を持っていますが、内部が想像を絶するほどの豪華絢爛でカラフル。ピンクやブルーを基調に細部まで細かい装飾や主祭壇のある空間は迫力満点。また、1477年から1489年にかけてクラクフ市民の出資で製作された国宝の祭壇画もあるので必見です。
【スポット】Kosciol Mariacki(聖マリア教会)
【ふりがな】せいまりあきょうかい
【 住所 】Podkramarska 5, 80-834 Gdańsk
【アクセス】クラクフ中央駅から徒歩13分
【最寄り駅】クラクフ中央駅
【営業時間】月~土11:30-18:00、日・祝14:00-18:00
【 料金 】10PLZ
【 画像 】https://www.facebook.com/KosciolMariacki/photos/a.1702296839780856/3185385611471964/?type=3&theater

もっと見る

Old Town Market Square(旧市街市場広場)

Old Town Market Square(旧市街市場広場)
旧市街の中心にある大きな広場で、第2次世界大戦末期に破壊された建物を忠実に再建したスポットです。あまりの忠実さから、今でも昔ながらの美しい街並みが楽しめるのが特徴。広場には蜂起45周年を記念して建てられた「ワルシャワ蜂起記念碑」や、14世紀のワルシャワの紋章として使われた人魚像があります。人魚像周辺にはカフェやレストラン、土産物店などが建ち並んでいます。300年以上の歴史があるレストランもあるので、街並みを眺めながらグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。
【スポット】Old Town Market Square(旧市街市場広場)
【ふりがな】きゅうしがいしじょうひろば
【 住所 】rynek Starego Miasta, 00-279 Warszawa
【アクセス】ワルシャワ中央駅から車で10分程度
【最寄り駅】ワルシャワ中央駅
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】https://www.facebook.com/poland.travel.jp/photos/a.113471462002466/2350203354995921/?type=3&theater

もっと見る

Zamek Królewski w Warszawie(ワルシャワ王宮)

Zamek Królewski w Warszawie(ワルシャワ王宮)
王の居城でもあった建物で、13世紀バロック様式の豪華絢爛な王宮です。緑の大理石と金色の柱頭の配色が壮麗な「大理石の間」や、金と白の配色が高貴な「宴会サロン」など美術館としての見所は満載。特に赤・金・白の配色が美しい「王座の間」はぜひ見てほしい美しさです。第2次世界大戦中にナチスドイツにより破壊されましたが、70年代後半から再建工事が始まり現在に至ります。館内には22人の歴代王の肖像画も飾られており、歴史を知ることのできるスポットにもなっています。
【スポット】Zamek Krolewski w Warszawie(ワルシャワ王宮)
【ふりがな】わるしゃわおうきゅう
【 住所 】plac Zamkowy 4, 00-277 Warszawa
【アクセス】旧市街市場広場から徒歩3分
【最寄り駅】ワルシャワ中央駅
【営業時間】10:00~18:00(季節により異なる)
【 料金 】30PLN
【 画像 】https://www.poland.travel/ja/%E9%83%BD%E5%B8%82/%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AF

もっと見る

Castle Square(王宮広場)

Castle Square(王宮広場)
街の中心にあり、ワルシャワ歴史地区散策の起点とされるスポットです。城壁とカラフルな家に囲まれているのが特徴で、広場に面して建つオレンジ色の旧王宮も楽しめます。広場中央に建つ像は、1596年に首都をクラクフからワルシャワに移したジグムント3世の像です。彼が王宮に住んでいた頃は「ヨーロッパで最も美しい宮殿の一つ」と称えられたほど。70年代後半からは博物館として美術品などが展示され、現在はイベント会場としても利用されています。
【スポット】Castle Square(王宮広場)
【ふりがな】おうきゅうひろば
【 住所 】plac Zamkowy, 01-195 Warszawa
【アクセス】ワルシャワ中央駅からバスで20分
【最寄り駅】ワルシャワ中央駅
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】https://www.poland.travel/ja/%E9%83%BD%E5%B8%82/%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AF

もっと見る

Warsaw(ワルシャワ)

Warsaw(ワルシャワ)
ヴィスワ川沿いにある小さな漁村が14世紀以降ハンザ同盟により栄え、城郭都市として旧市街が形成された街です。1429年には市庁舎が建てられ、1596年にはクラクフに代わりポーランドの首都になりました。第2次世界大戦で大きな被害を受けましたが、荒廃した旧市街を「煉瓦のヒビに至るまで」復元されています。1980年には「ワルシャワ歴史地区」として世界遺産に登録されました。他にも街には「王の道」や「文化科学宮殿」など観光スポットも多くある街です。
【スポット】Warsaw(ワルシャワ)
【ふりがな】わるしゃわ
【 住所 】Warsaw
【アクセス】ワルシャワ・ショパン空港からワルシャワ中央駅まで電車にて約25分
【最寄り駅】ワルシャワ中央駅
【 画像 】https://warsawtour.pl/en/1-day-in-warsaw/

もっと見る

Heilig Bloedbasiliek/Museum van de H.Bloedbasiliek(聖血礼拝堂・聖血博物館)

Heilig Bloedbasiliek/Museum van de H.Bloedbasiliek(聖血礼拝堂・聖血博物館)
ティエリー・ダルザスが十字軍遠征の際に持ち帰ったとされる、キリストの聖なる血が納められている教会です。上下2層構造の教会で上部の礼拝堂は色も鮮やかでとても豪華ですが、下の「聖バシリウス礼拝堂」はシンプルで地味な造り。キリストの遺体から流れ聖血に染まった布の切れ端が2000年以上保存され、チューブ状のガラスの箱に入っています。この箱は毎週金曜日のみ礼拝堂で拝観できるので、是非チェックしてみてください。
【スポット】Heilig Bloedbasiliek/Museum van de H.Bloedbasiliek(聖血礼拝堂・聖血博物館)
【ふりがな】せいけつれいはいどうせいけつはくぶつかん
【 住所 】Burg 13, 8000 Brugge
【アクセス】マルクト広場から徒歩10分
【最寄り駅】Bruges / Brugge
【営業時間】9:30〜12:00、14:00ー17:00
【 料金 】無料(博物館は2.5€)
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82-%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-2148364/

もっと見る

Oostende(オステンド)

Oostende(オステンド)
ベルギーの海岸沿いにある小さな街で、昔からベルギー王室の避暑地として有名なスポットです。8kmに伸びる砂浜ビーチが特徴で、海水浴やアルバート・プロムナード遊歩道での散歩が楽しめます。2度の世界大戦でドイツに占領され「大西洋の壁」が築かれた場所としても知られており、「大西洋の壁ミュージアム」では軍事関連のことも知ることができます。他にも街では海の近くに佇むネオ・ゴシック様式の壮麗な「聖ピーター&ポール教会」や「仮面の画家」としても有名なジェームズ・アンソールの博物館などがあります。
【スポット】Oostende(オステンド)
【ふりがな】おすてんど
【 住所 】Oostende
【アクセス】ブリュッセルから電車で1時間半程度
【最寄り駅】Oostende
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%89-%E8%9C%82-%E5%A4%9C-2346999/

もっと見る

Namur(ナミュール)

Namur(ナミュール)
2つの川と山に囲まれた美しい街で、「ムーズ川の真珠」とも呼ばれています。ローマ時代から続く要塞都市としてフランク王国時代には城砦が築かれ、城下町としても知られているスポットです。頂上からの街並みや美しい渓谷は絶景ですが、ムーズ川やサンブル川のクルージングツアーも人気。他にも、世界遺産に指定されたベルギーの鐘楼や、17世紀の貴族の館を改装したナミュール古典博物館など多くの観光スポットがあるエリアです。
【スポット】Namur(ナミュール)
【ふりがな】なみゅーる
【 住所 】Namur
【アクセス】ブリュッセルから電車で2時間程度
【最寄り駅】Namur
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%83%87%E3%83%AB-%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E9%81%BA%E7%94%A3-3611496/

もっと見る

Liège(リエージュ)

Liège(リエージュ)
交通の要所でワロン文化圏の中心都市です。中世には司教領として栄えた古都で、観光スポットも多く存在しています。ルネッサンス様式の「プランスエベック宮殿」や400年の歴史を刻むサン・ランベール広場にある「ペロンの噴水」、レニエ・ド・ユイが12世紀に制作されたベルギー7つの傑作の1つ「聖バルテルミー教会」など見どころ満載。また、日本がベルギーワッフルと呼ぶリエージュ式ワッフル発祥の地でもあるのでお土産にもおすすめです。
【スポット】Liège(リエージュ)
【ふりがな】りえーじゅ
【 住所 】Liège
【アクセス】ブリュッセル中央駅から電車で1時間半
【最寄り駅】Liège-Guillemins
【 画像 】https://www.facebook.com/liegeville/photos/a.129166657287239/1488466628023895/?type=3&theater

もっと見る

Ieper(イーペル)

Ieper(イーペル)
13世紀に毛織物産業で栄えた街で、「カンタベリー物語」にもベルギーの主要都市として登場しています。世界大戦で大きな被害を受けた街でもあり、世界史上初めて毒ガスが使用された場所としても有名です。グロート・マルクトにあるゴシック様式の華麗な繊維開館は戦争で破壊されたましたが、再建され今では高さ70m、49の鐘を持つ鐘楼と共に世界遺産に登録されています。この街には3年に1度行われる「ネコ祭」という祭があり、14世紀のベスト禍で犠牲になった猫を追悼するために始まったイベントとして知られています。機会があれば参加してみるのもおすすめです。
【スポット】Ieper(イーペル)
【ふりがな】いーぺる
【 住所 】Ieper
【アクセス】ブリュッセル中央駅から1時間程度
【最寄り駅】Ieper
【 画像 】https://www.facebook.com/toerismeieper/photos/a.505515849489809/3727574650617230/?type=3&theater

もっと見る

Gent(ゲント)

Gent(ゲント)
「1つに合流する」という意味を持つ、フランデレン地方の州都でベルギー第3の大都市です。花の栽培や園芸農業が盛んで、花の都市とも呼ばれています。そのため、5年に1度「ヘント・フロラリア」という国際フラワーショーが開かれるほど。旧市街には9~18世紀までフランドル伯爵家が支配した居城など歴史的建造物が多くあるのも魅力の1つ。ラシャの取引が行われた「ラーケンホール」や、ベキン会修道院群の小修道院など世界遺産に登録されている建物など観光スポットも充実しています。
【スポット】Gent(ゲント)
【ふりがな】げんと
【 住所 】Gent
【アクセス】ブリュッセルから30分
【最寄り駅】Gent St Pieters
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3-3643410/

もっと見る

Dinant(ディナン)

Dinant(ディナン)
断崖絶壁の岩山とムーズ川に囲まれた渓谷に佇む街です。11世紀に建てられた城砦には、ロープウェイか16世紀築の階段で上ることが可能。展望台からは壮大な自然とディナンの街並みを眺めることができます。街のランドマークとなっているノートルダム寺院は、2世紀に建立され丸型と劣塔の屋根が特徴。まるで絵画のような美しさを楽しめる街です。また世界的に有名なLeffeビールもこの町のレフ修道院で誕生しているのでビール好きにおすすめ。
【スポット】Dinant(ディナン)
【ふりがな】でぃなん
【 住所 】Dinant
【アクセス】ブリュッセルから電車で2時間程度
【最寄り駅】Dinant
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%B3-%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5-%E5%B7%9D-%E5%B8%82-4582862/

もっと見る

Markt(マルクト広場)

Markt(マルクト広場)
ブルージュ観光の中心で、広さ1ヘクタールの周囲に州庁舎やギルドハウスがひしめき合う広場です。ヨーロッパで最も美しい広場の一つと言われていて、1999年に世界遺産に登録された町のランドマークでもある鐘楼塔が楽しめます。他にもネオゴシック様式の西フランドル州庁舎や広場中央に立つ「黄金の拍車戦争」の英雄、ピーター・ド・コニングとヤン・ブレーデルの像も必見です。毎週水曜日にはチョコやレースなどベルギーならではの特産品が多く並ぶマルシェもあります。
【スポット】Markt(マルクト広場)
【ふりがな】まるくとひろば
【 住所 】Markt 20, 8000 Brugge
【アクセス】ブルージュ駅から徒歩20分
【最寄り駅】ブルージュ駅
【営業時間】24時間
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB-%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%88%E5%BA%83%E5%A0%B4-1546290/

もっと見る

Brugge(ブルージュ)

Brugge(ブルージュ)
中世の建物を縫うように運河が町を流れ、「北のベニス」と謳われる美しい町です。町の起源は9世紀に遡り、運河を通じて北海とつながり13世紀から14世紀にかけてハンザ同盟の中核都市として栄えました。15世紀後半に土砂で運河が埋まり衰退しましたが、19世紀末に詩人・作家のジョルジュ・ローデンバックの小説『死都ブルージュ』から運河が縦横に走り、石畳の町並みが多くの人々を魅了するベルギー有数の観光地になりました。町の中心には交易の舞台であった大きなマルクト広場と、隣接する行政の中心であった小さなブルグ広場があります。
【スポット】Brugge(ブルージュ)
【ふりがな】ぶるーじゅ
【 住所 】Brugge
【アクセス】ブリュッセル中央駅から電車で1時間
【最寄り駅】Bruges / Brugge
【 画像 】https://www.visitbruges.be/

もっと見る

Quartier Art Nouveau(アールヌーヴォー街)

Quartier Art Nouveau(アールヌーヴォー街)
ベルギーが発祥でヨーロッパを中心に発展した新しい芸術スタイルで、ブリュッセルとアントワープには代表する建築が多数残存しています。どれも個性的なスタイルで、どれ一つとして同じ家がないのが特徴。オフレイ通り500mにわたり当時の建築家達が芸術性を競い合った、ユニークなアールヌーボー建築がずらりと並んでいます。中には「向日葵の館」「白亜の宮殿」「四季の館」などと名付けられた美しい家々が建ち並び、1980年には景観保護地区に指定されました。
【スポット】Quartier Art Nouveau(アールヌーヴォー街)
【ふりがな】あーるぬーゔぉーがい
【 住所 】Korte Altaarstraat 19, 2018 Antwerpen
【アクセス】Berchem駅から徒歩5分
【最寄り駅】Berchem駅
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%97-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC-%E9%9B%B2-1665194/

もっと見る

Rubenshuis(ルーベンスの家)

Rubenshuis(ルーベンスの家)
17世紀にフランドルバロックの画家として活躍したルーベンスが、修業時代を終えマントヴァ公の宮廷画家としてイタリア滞在後に住んだ建物です。1610年から1640年に没するまでの29年間住み続け、フレミッシュ・ルネッサンス様式の建物を自ら設計してイタリア風に改装しています。ルーベンスの没後荒れ果てていた邸宅を1937年に市が買い上げ、終戦後再建されて市立博物館として現在に至ります。この家で2000点に及ぶ作品が生まれ、館内には彼の作品も展示されています。
【スポット】Rubenshuis(ルーベンスの家)
【ふりがな】るーべんすのいえ
【 住所 】Wapper 9-11, 2000 Antwerpen
【アクセス】Antwerpen Meir Metroから徒歩5分
【最寄り駅】Antwerpen Meir Metro
【営業時間】10:00〜17:00
【 料金 】10€
【 画像 】https://www.facebook.com/Rubenshuis/photos/a.138908919507690/2910790235652864/?type=3&theater

もっと見る

Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpen(アントワープ聖母大聖堂)

Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpen(アントワープ聖母大聖堂)
12世紀に建てられた小さな礼拝堂跡に完成した、ベルギー最大のゴシック様式の教会です。内部にはルーベンスの名画が4点飾られていて、美術館としての価値もあります。高さ123mに位置する鐘楼は47個の鐘で構成されるカリヨンがあり、1999年に「ベルギーとフランスの鐘楼群」として世界遺産登録されてました。町の守護聖人である聖母マリアに捧げられたもので、 着工から約170年の歳月をかけ1521年に完成しました。
【スポット】Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpen(アントワープ聖母大聖堂)
【ふりがな】あんとわーぷせいぼだいせいどう
【 住所 】Groenplaats 21, 2000 Antwerpen
【アクセス】グルーンプラッツ駅から徒歩2分
【最寄り駅】グルーンプラッツ駅
【営業時間】月~金曜日10:00-17:00、土曜日10:00-15:00、日・祝日13:00-16:00
【 料金 】6€
【 画像 】https://www.facebook.com/DeKathedraal/photos/a.574464345924678/1198598400177933/?type=3&theater

もっと見る

Galeries Royales Saint Hubert(ギャルリー・サンチュベール)

Galeries Royales Saint Hubert(ギャルリー・サンチュベール)
今から160年以上も前の1847年に造られた、アールヌーヴォー建築のアーケードでヨーロッパ最古の建物です。アーチ状のガラスの天井が特徴で、そこから差し込む光はとても美しいと多くの人を魅了しています。全長は約205メートルあり、老舗から現代までのファッションやグルメ関連のブティックが約50店舗軒を連ねています。また、ブティックだけでなく美しい小劇場や名映画を上映することで知られる映画館、世界一美しいと称えられる書店もあるのでチェックしてみてください。
【スポット】Galeries Royales Saint Hubert(ギャルリー・サンチュベール)
【ふりがな】ぎゃるりーさんちゅべーる
【 住所 】Galerie du Roi 5, 1000 Brussel
【アクセス】ブリュセル中央駅から徒歩5分
【最寄り駅】ブリュセル中央駅
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/galeries-royales%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%A5-1556562/

もっと見る

Manneken Pis(小便小僧)

Manneken Pis(小便小僧)
日本でも知られている放尿する少年の像であり噴水で、元々は15世紀に市内の飲料水の供給場として設置されたのが始まり。2度の盗難にあい、1619年にベルギーの彫刻家ジェローム・デュケノワによって作られたのが現在の像として残っています。屋外に設置されているものはレプリカで、本物は王の家の市立博物館に所蔵されています。小便小僧の衣装は「衣装博物館」に展示され、年に130回着せ替えを行っているので洋服を着た小便小僧に会えるかもしれません。
【スポット】Manneken Pis(小便小僧)
【ふりがな】しょうべんこぞう
【 住所 】Rue du Chêne 19 Bruxelles
【アクセス】ブリュッセル中央駅から徒歩7分
【最寄り駅】ブリュッセル中央駅
【営業時間】火~日曜日:10:00〜17:00
【 料金 】8€
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E5%B0%8F%E4%BE%BF%E5%B0%8F%E5%83%A7-%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC-1535118/

もっと見る

Musée Magritte(マグリット美術館)

Musée Magritte(マグリット美術館)
シュール・レアリズムの巨匠と称されるルネ・マグリットの美術館です。館内は時代ごとに作品が区分され、マグリットが撮影した自身の映像なども放映されています。250点以上の作品が展示されているだけでなくインタビューや手紙も残されていて、彼の神秘的な人柄を知ることもできるスポットです。ブリュッセル郊外にはマグリットが24年間暮らしたアトリエを再現した「ルネ・マグリット・ミュージアム」もあるので、美術館と併せて訪れてみてはいかがでしょう。
【スポット】Musée Magritte(マグリット美術館)
【ふりがな】まぐりっとびじゅつかん
【 住所 】Place Royale 1, 1000 Bruxelles
【アクセス】ブリュッセル中央駅から徒歩10分
【最寄り駅】ブリュッセル中央駅 
【営業時間】火~金曜日:10:00-17:00、土・日曜日:11:00-18:00
【 料金 】10€
【 画像 】https://www.musee-magritte-museum.be/en

もっと見る

Antwerpen(アントワープ)

Antwerpen(アントワープ)
ベルギー第2の大きさを誇る商工業の中心地でもある街です。街の中心にあるグローテ・マルクト広場には、16世紀築のルネサンス様式の市庁舎やギルドハウスが連なり観光要所としていつも賑わっています。また、世界遺産ノートルダム大寺院やルーベンスの家などの観光スポットも人気。日本アニメの「フランダースの犬」の舞台として有名ですが、ベルギーではお洒落な人や文化が集まる洗練された町として知られています。ダイヤモンド研磨の聖地としても知られていて、街にはダイヤモンド博物館でもあります。
【スポット】Antwerpen(アントワープ)
【ふりがな】あんとわーぷ
【 住所 】Antwerpen
【アクセス】ブリュッセルから電車で40分程度
【最寄り駅】アントワープ中央駅
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%97-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC-%E9%9B%B2-1665194/

もっと見る

Station Antwerpen-Centraal(アントワープ中央駅)

Station Antwerpen-Centraal(アントワープ中央駅)
国内外からの列車が発着する駅で、世界で最も美しい駅のひとつとも呼ばれています。建築家ルイ・ド・ラ・サンスリーが1895年から10年の歳月をかけて設計した駅舎は、大理石を使ったネオバロック様式の華麗な作りが特徴。長さ185m、高さ44mのプラットホームは、鉄とガラスを使った重厚なドーム型の屋根になっています。その美しさから「鉄道の大聖堂」と呼ばれるほどで、「陰謀のスプレマシー」や「名探偵ポワロ」など数々の映画やドラマのロケ地として使われたスポットです。
【スポット】Station Antwerpen-Centraal(アントワープ中央駅)
【ふりがな】あんとわーぷちゅうおうえき
【 住所 】Koningin Astridplein 27, 2018 Antwerpen
【アクセス】ブリュッセルから電車で40分程度
【最寄り駅】アントワープ中央駅
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%97-%E9%89%84%E9%81%93%E9%A7%85-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC-182057/

もっと見る

Grand-Place(グラン・プラス)

Grand-Place(グラン・プラス)
ブリュッセルの中心地にある大広場で、世界で最も美しい広場のひとつといわれています。横110m、縦70mと小さいながら、1998年にユネスコの世界遺産に登録されている町のメイン観光スポットです。広場には1402~1455年に建てられたフランボワイアン・ゴシック様式の市庁舎があり、高さ96mの塔がランドマークになっています。市庁舎の向かいにある「王の家」は市立博物館として公開されているので是非見てみてはいかがでしょうか。
【スポット】Grand-Place(グラン・プラス)
【ふりがな】ぐらんぷらす
【 住所 】Grand-Place
【アクセス】ブリュッセル中央駅から徒歩8分
【最寄り駅】ブリュッセル中央駅
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3-%E3%83%BB-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9-1017976/

もっと見る

Bruxelles(ブリュッセル)

Bruxelles(ブリュッセル)
紀元前2000年以上前の新石器時代からの歴史をもつ都市で、オランダ語で「沼の村」という意味があります。市立美術館 やベルギー漫画センター 、楽器博物館など80以上の美術館があり、芸術作品を堪能できるスポットです。美しい街並みは世界遺産にも登録されていて、ヨーロッパの主要機関が置かれる「ヨーロッパの首都」となっています。あまり大きくない街なので歩いても観光できますが、トラムやバスが使えればさらに便利です。
【スポット】Bruxelles(ブリュッセル)
【ふりがな】ぶりゅっせる
【 住所 】Bruxelles
【アクセス】ブリュッセル国際空港から市内へ車で25分
【最寄り駅】ブリュッセル中央駅
【 画像 】https://www.facebook.com/BXLvilledebruxelles/photos/a.10157104488557882/10157104505712882/?type=3&theater

もっと見る

Église Notre- Dame du Sablon(ノートルダム・デュ・サブロン大聖堂)

Église Notre- Dame du Sablon(ノートルダム・デュ・サブロン大聖堂)
1304年に射手組合(ギルド)の手で小さな礼拝堂が建てられたことから始まり、アントワープ聖母大聖堂に祀られていたマリア彫像が運ばれたことから多くの参拝者が集まるようになりました。1436年にゴシック様式に建て直され現在の姿に。外観はフランボワイアン・ゴシック様式ですが、内部にはバロック様式の説教壇が楽しめるのが特徴。輝くばかりの美しいステンドグラスや18世紀作のパイプオルガンなど見所が多いスポットです。
【スポット】Église Notre- Dame du Sablon(ノートルダム・デュ・サブロン大聖堂)
【ふりがな】のーとるだむでゅさぶろんだいせいどう
【 住所 】Rue des Sables, 1000 Bruxelles
【アクセス】Kleine Zavel駅からすぐ
【最寄り駅】Kleine Zavel
【営業時間】10:00〜18:00
【 料金 】無料
【 画像 】http://www.upbxlcentre.be/eglises/notre-dame-du-sablon/

もっと見る

Cathédrale des Sts Michel et Gudule, Bruxelles(サン・ミシェル大聖堂)

Cathédrale des Sts Michel et Gudule, Bruxelles(サン・ミシェル大聖堂)
9世紀に起源を持ち11世紀にロマネスク様式で建設され、アンリ1世の命で13世紀から300年の歳月をかけて建てられたゴシック様式の教会です。16世紀作のステンドグラスや、17世紀作のバロック様式の説教壇など美しい内装が楽しめます。また、1975年に44個のカリヨンを授かり、すでにあった6個の鐘とともに美しい音色を奏でています。1999年に現国王フィリップとマチルド王妃の結婚式が行われたことが記憶に新しいスポットです。
【スポット】Cathédrale des Sts Michel et Gudule, Bruxelles(サン・ミシェル大聖堂)
【ふりがな】さんみしぇるだいせいどう
【 住所 】Place Sainte-Gudule, 1000 Bruxelles
【アクセス】ブリュッセル中央駅から徒歩5分
【最寄り駅】ブリュッセル中央駅
【営業時間】7:30〜18:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://cathedralisbruxellensis.be/histoire/

もっと見る

Palais Royal(王宮)

Palais Royal(王宮)
ブラバント公爵の宮殿跡地に建てられ、1904年以降レオポルド1世と2世によりルイ16世様式に改装されました。現在は公式行事などに使われ、右翼にはベルギー歴史博物館も併設されています。貴重な絵画やタペストリーはもちろん「鏡の間」は必見。「ファーブル昆虫記」の作者の子孫ヤン・ファーブルが設計を手掛け、天井とシャンデリアは黄金虫140万匹の羽で覆われ緑の幻想的な空間を創り出しています。ベルギーの首都にある最も美しい建物の一つで、夏季に一般に無料で公開されるので気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。
【スポット】Palais Royal(王宮)
【ふりがな】おうきゅう
【 住所 】Rue Brederode 16, 1000 Bruxelles
【アクセス】ブリュッセル中央駅から徒歩10分
【最寄り駅】ブリュッセル中央駅
【営業時間】10:30〜17:00
【 料金 】無料
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC-%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB-%E5%AE%AE%E6%AE%BF-4056170/

もっと見る

the soho

the soho
世界最大級のSOHOマンションでカラフルなドアが印象的な建物です。『仕事』と『暮らし』を両立させるをコンセプトに、施設内にはワーキングや打ち合わせが出来る快適なスペースを有し、個室の生活環境スペースもあります。室内もおしゃれな雰囲気なのでクリエイティブ力が磨かれそうなマンションです。
【 住所 】〒135-0064 東京都江東区青海2丁目7−4
【アクセス】東京都臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)「東京国際クルーズターミナル」駅徒歩5分、「テレコムセンター」駅徒歩5分、「東京港湾合同庁舎前」バス停下車すぐ
【 料金 】70.62㎡(4名~6名程度)月額209,500 円(共益費込)※キャンペーン限定価格
【 画像 】@snaplace_insta

もっと見る

城山公園

城山公園
鳥羽城跡のある公園で標高40mの見晴らしが良い公園です。また伊勢湾を望むエリアには「ハートTOBA」を象ったオブジェがあり記念に写真を撮影するのにもお勧めです。春には多くの桜が咲くことからお花見の名所でもあります。
【 住所 】三重県鳥羽市鳥羽3-4
【アクセス】JR・近鉄「鳥羽駅」より、徒歩で約10分
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】@xx_moana0205

もっと見る

勝田駅 Rock

勝田駅 Rock
毎年8月に茨城・国営ひたち海浜公園にて「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」が開催されることを感謝してひたちなか市へロッキング・オン・ジャパン社が寄贈したロゴモニュメント。「Rockオブジェ」はフェスでも設置されていますが、このオブジェは常設型で何十年も耐久性があのが特徴的です。縦横2.7メートルの大きさで、人物と一緒に撮影をするとインパクト大な写真が撮影できます。ロックの聖地に訪れた記念に是非撮影してみてはいかがでしょうか?
【 住所 】〒312-0045 茨城県ひたちなか市勝田中央1−3
【アクセス】JR勝田駅東口からすぐ(テラスイン勝田の隣)
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】@425_szk

もっと見る

ONJUKU モニュメント

ONJUKU モニュメント
御宿海岸中央海水浴場にあるロゴオブジェ。御宿海岸あることを表すカラフルな「ONJUKU」の文字が目立つ作品となっています。オブジェの背景には海が有り、一緒に写真を撮影するとフォトジェニックな写真になること間違いなし!メキシコ・カンクンの「CANCUN」オブジェにも似ているので日本にいながらリゾートっぽい雰囲気を味わえるのも魅力的ですね。
【ふりがな】おんじゅくおぶじぇ
【 住所 】〒299-5106 千葉県夷隅郡御宿町須賀31御宿海岸中央海水浴場
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】@kanae_0506

もっと見る

マカロンシェリー

マカロンシェリー
まるで絵の世界に潜り込んだような2Dの店内装飾が話題のマカロンをメインとした焼き菓子店。マカロンはトゥンカロン風なぽってりとしたフォルムで、マーブル模様など華やかなビジュアルとなっています。マカロン以外にもパッケージに入ったメレンゲクッキーなどがあり手土産を選ぶのにもぴったりなお店です。
【 住所 】東京都葛飾区新小岩2-5-14
【アクセス】JR新小岩駅から308m
【営業時間】11:00~20:00 定休日:無休
【 料金 】¥1,000~¥1,999
【 画像 】@yu__pi00

もっと見る

Maastricht(マーストリヒト)

Maastricht(マーストリヒト)
マース川沿いのオランダ最古の都市で、欧州連合設立のマーストリヒト条約が締結された町として有名。オランダ最古のセルファース橋や最古の聖セルファース教会、ロマネスク様式が美しい聖マリア教会など歴史を感じることができるスポットが数多くあります。700年以上前にドミニコ会修道院の教会として建てられた建造物は、「ブックハンデル・ドミニカン」という本屋に改装され美しい本屋として観光名所になっています。郊外はオランダには珍しい田園の丘陵地帯が広がり、春になると美しい樹木が花を咲かせます。
【スポット】Maastricht(マーストリヒト)
【ふりがな】まーすとりひと
【 住所 】Maastricht
【アクセス】アムステルダム中央駅から2時間半
【最寄り駅】Maastricht
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%88-%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80-1164615/

もっと見る

Zwolle(ズヴォレ)

Zwolle(ズヴォレ)
中世の時代にハンザ同盟都市で栄えた都市で、修道院や大聖堂など中世の面影が色濃く残っているスポットです。14世紀建立のノートルダム大聖堂にあるペッパーポット塔は75mあり、町のランドマークになっています。15世紀建立のゴシック様式の聖ミカエル教会には世界的に有名な4段鍵盤のシュニットガーオルガンが、美しい書店の「ワーンデルス・イン・デ・ブローレン」などもあり観光スポットも充実しています。ズウォレの中心部は小さいので半日程度で全てを見ることができるので、気軽に立ち寄るのもおすすめです。
【スポット】Zwolle(ズヴォレ)
【ふりがな】ずゔぉれ
【 住所 】Zwolle
【アクセス】アムステルダム中央駅から1時間
【最寄り駅】Zwolle
【 画像 】https://www.facebook.com/visitholland/photos/a.10154012829110251/10163440440750251/?type=3&theater

もっと見る

Cheese town Gouda Edam(チーズの町(ゴーダ・エダム))

Cheese town Gouda Edam(チーズの町(ゴーダ・エダム))
オランダはチーズの産地として有名で、中でもゴーダとエダムは日本でも人気。ゴーダはほかにもワッフルやキャンドル、パイプの産地としても有名です。また、15世紀築の赤い木枠が美しい市庁舎のからくり人形や全長123mとオランダ一長い教会である「聖ヤン教会」の中世から残るステンドグラスなど観光スポットしてもおすすめ。エダムはかつて33の造船所が建ち並ぶ造船業の町として発展しましたが、17世紀以降の港湾業は衰退していきました。その後赤い小さなチーズボールで有名なエダムチーズの世界進出が町の経済を支えています。
【スポット】Cheese town Gouda Edam(チーズの町(ゴーダ・エダム))
【ふりがな】ちーずのまちごーだえだむ
【 住所 】ゴーダ:Gouda、エダム:Edam
【アクセス】ゴーダ:アムステルダム中央駅から電車で50分、エダム:アムステルダム中央駅から電車で30分
【最寄り駅】ゴーダ:Gouda、エダム:Edam
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%B8%82%E5%A0%B4-%E3%82%A8%E3%83%80%E3%83%A0-%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80-316445/

もっと見る

Alkmaar(アルクマール)

Alkmaar(アルクマール)
家畜や乳製品、穀物の集散地としての役割を果たしているスポットです。1365年に始まったチーズ市は今でも伝統的な商法で取引が行われていて、街の人気観光イベントになっています。4月~9月の毎週金曜日の午前中に開催されていて、2200個のホールチーズが並べられる様は日本では見ることのできない圧巻の光景。またこの街は教会オルガンの生産地としても有名で、聖ラウレンス大教会には「シュットガーオルガン」など世界的に有名なオルガン2基が設置されています。
【スポット】Alkmaar(アルクマール)
【ふりがな】あるくまーる
【 住所 】Alkmaar
【アクセス】アムステルダム中央駅から電車で40分
【最寄り駅】Alkmaar
【 画像 】https://www.kaasmarkt.nl/en/cheesemuseum-and-history-cheesemarket/ins-and-outs-of-the-cheesemarket/

もっと見る

Delft(デルフト)

Delft(デルフト)
ヨハネス・フェルメールやデルフト焼き陶器で世界中に知られているスポットです。デルフト工科大学もある学生の街で、運河沿いには新旧の教会や王室所縁の史跡、マルクト広場など観光スポットが目白押し。新教会には16世紀に暗殺されたウィレム1世やその子孫が眠り、高さ100mの塔からはロッテルダムやハーグまで見渡せます。日本の伊万里焼の影響を受けたといわれるデルフト焼きはこの地で生まれ、今でも手描きで絵付けを行う作業など職人技もじっくり見学が可能です。
【スポット】Delft(デルフト)
【ふりがな】でるふと
【 住所 】Delft
【アクセス】アムステルダムから電車で1時間ほど
【最寄り駅】Delft
【 画像 】https://www.facebook.com/VisitDelft/photos/a.372951346070409/3114850938547089/?type=3&theater

もっと見る

Mauritshuis(マウリッツハウス美術館)

Mauritshuis(マウリッツハウス美術館)
17世紀に造られたマウリッツ伯爵の私邸を改装した美術館です。美術館が林立する芸術の街デン・ハーグで一番有名な美術館で、フェルメールが残した30点の作品のうち3点がこの美術館に所蔵されていることで知られています。代表作である「真珠の耳飾りの少女」は連日多くの人が訪れる人気の作品です。他にも彼の生まれ故郷を描いた「デルフトの眺望」や「ディアナとニンフたち」なども必見。展示される絵画の質の良さだけでなく建物の美しさも高く評価されているスポットなので、ぜひ建物にも注目してみてください。
【スポット】Mauritshuis(マウリッツハウス美術館)
【ふりがな】まうりっつはうすびじゅつかん
【 住所 】Plein 29, 2511 CS Den Haag
【アクセス】デンハーグ中央駅から徒歩10分
【最寄り駅】デンハーグ中央駅
【営業時間】10:00〜18:00
【 料金 】15.5€
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B9-%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8-1013241/

もっと見る

Den Haag (デン・ハーグ)

Den Haag (デン・ハーグ)
オランダ第3の都市で、北海沿岸にビーチを持つ唯一の街です。女王の宮殿があることから「ロイヤルシティ」と呼ばれ、国際的な司法機関も多く設置されていることから「平和と司法の街」とも呼ばれています。街には13~17世紀に建てられた歴的建造物が建ち並んでいて、ブレイン広場やグローテ・マルクト広場にはレストランやカフェもあるのでゆっくりグルメも楽しめます。他にも「マウリッツハウス博物館」や「近代絵画の市立博物館」など芸術が楽しめるスポットも充実しているエリアです。
【スポット】Den Haag (デン・ハーグ)
【ふりがな】でんはーぐ
【 住所 】Den Haag
【アクセス】アムステルダム中央駅から45分程度
【最寄り駅】デン・ハーグ中央駅
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%87%E3%83%B3-%E3%83%BB-%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B0-%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80-993433/

もっと見る

Nijntje museum(ミッフィーミュージアム)

Nijntje museum(ミッフィーミュージアム)
ユトレヒト生まれの画家ディック・ブルーナが生み出したうさぎのミッフィーの博物館です。2016年にオープンしたこの博物館にはテーマが異なる10の部屋があり、ミッフィーと一緒にヴァーチャルな日常世界を体験できるようになっています。1940年代以降の表紙のミッフィー関連のポスターやポストカードの展示、世界各国語に訳されたミッフィーの絵本などもあるので大人から子供まで楽しめます。博物館だけでなく街の中にもミッフィーの像や信号機もあるので、街全体でミッフィーが楽しめるスポットです。
【スポット】Nijntje museum(ミッフィーミュージアム)
【ふりがな】みっふぃーみゅーじあむ
【 住所 】Agnietenstraat 2, 3512 XB Utrecht
【アクセス】ユトレヒト中央駅から徒歩20分
【最寄り駅】ユトレヒト中央駅
【営業時間】10:00〜17:00.
【 料金 】8.5€
【 画像 】https://www.facebook.com/nijntjemuseum/photos/a.530491107116825/1629487807217144/?type=3&theater

もっと見る

Utrecht(ユトレヒト)

Utrecht(ユトレヒト)
オランダ第4の都市で、8世紀から宗教の中心として栄えた街です。古い町並みと運河の組み合わせはとてもオシャレで、毎週土曜日には鐘の音が響きます。中世の街並みと鐘の音はロマンチックな雰囲気を楽しめると人気。また、街のランドマークでもあるドム塔は高さ112mあり、塔の上からはアムステルダムやロッテルダムまで見渡すことも出来ます。他にも世界遺産に登録されたシュローダー邸や聖マルティン大聖堂などの観光もあるスポットです。
【スポット】Utrecht(ユトレヒト)
【ふりがな】ゆとれひと
【 住所 】Utrecht
【アクセス】アムステルダム駅から30分
【最寄り駅】Utrecht Centraal Station
【 画像 】https://www.facebook.com/BezoekUtrecht/photos/a.587801451235425/3280930715255805/?type=3&theater

もっと見る

Museum Speelklok(オルゴール博物館)

Museum Speelklok(オルゴール博物館)
自動演奏をする楽器や時計、ロボットなどのコレクションを多数集めた博物館です。中世に建てられたゴシック様式の教会を改装して建てられていて、館内には数世紀以上伝わる自動演奏機会のコレクションが所蔵されています。コレクションの中には古いもので200年以上経ったものもありますが、専門家が全て定期的に調律しているので今でも自動で演奏が可能。45分間の無料見学ツアーもあり、ショー形式で映像と音楽、ライトアップされた展示作品も楽しめ子どもから大人まで楽しめるスポットです。
【スポット】Museum Speelklok(オルゴール博物館)
【ふりがな】おるごーるはくぶつかん
【 住所 】Steenweg 6, 3511 JP Utrecht
【アクセス】ユトレヒト駅から徒歩10分
【最寄り駅】ユトレヒト駅
【営業時間】10:00〜17 :00
【 料金 】13€
【 画像 】https://www.facebook.com/pg/MuseumSpeelklok/photos/?ref=page_internal

もっと見る

Keukenhof(キューケンコフ公園)

Keukenhof(キューケンコフ公園)
世界中から観光客が集まる世界最大の花の公園(フラワーパーク)です。32ヘクタールの広大な公園にオランダを代表するチューリップ800種類、700万本以上のヒヤシンスなど数多くの花が咲いています。約400年前にオランダで始まった球根栽培で発展したこの土地で、1949年に開催された国際球根展示会を機に開園しました。開花時期の3月~5月の2ヵ月の期間限定でしか開園していませんが、毎年100ヵ国以上から100万人の観光客が訪れる人気の観光スポットです。
【スポット】Keukenhof(キューケンコフ公園)
【ふりがな】きゅーけんこふこうえん
【 住所 】Stationsweg 166A, 2161 AM Lisse
【アクセス】スキポール空港からバスで40分
【最寄り駅】なし
【営業時間】8:00~19:30
【 料金 】19€
【 画像 】https://www.facebook.com/visitkeukenhof/photos/a.374739701635/10158268950711636/?type=3&theater

もっと見る

Cube House(キューブハウス)

Cube House(キューブハウス)
1880年代にオランダの建築家ピート・ブロムが設計した積み木のようなキューブ型の建築物です。建物が45度傾き、今にも倒れそうな奇抜な形が目を引くデザインになっています。この建物の中には住人いて、一部は見学用に一般公開されホテルになっている部分もあります。内部さすがに体が斜めになるということはありません。45度のガラス窓から通りを覗くのもなかなか興味深い経験ができます。ロッテルダムにある数々の現代建築やアートの中でも世界各国から注目を浴びている注目スポットです。
【スポット】Cube House(キューブハウス)
【ふりがな】きゅーぶはうす
【 住所 】Overblaak 70, 3011 MH Rotterdam
【アクセス】Blaak駅から徒歩3分
【最寄り駅】Blaak
【営業時間】10:00〜18:00
【 料金 】2.5€
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0-%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9-4465147/

もっと見る

Anne Frank Huis(アンネ・フランクの家)

Anne Frank Huis(アンネ・フランクの家)
アンネ・フランクの一家など8人が1942年から約2年間、ナチスの迫害から逃れるため隠れ家として住んでいた家を利用した博物館です。世界的ベストセラーとなった「アンネの日記」が書かれた家を当時の生活そのままに保存して一般公開しています。本棚でカモフラージュした回転ドアや屋根裏部屋などそのまま残っていて、アンネや家族の言葉が家の随所に書き記されています。平和を願うアンネのメッセージをしっかり受け取ることができるスポットです。
【スポット】Anne Frank Huis(アンネ・フランクの家)
【ふりがな】あんねふらんくのいえ
【 住所 】Westermarkt 20, 1016 GV Amsterdam
【アクセス】Westermarktから徒歩2分
【最寄り駅】Westermarkt
【営業時間】9:00〜22:00
【 料金 】9€
【 画像 】https://www.facebook.com/annefrankhouse/photos/a.140434316716/10155379452686717/?type=3&theater

もっと見る

Canal cruise(運河クルーズ)

Canal cruise(運河クルーズ)
アムステルダム中央駅周辺から多くの運行会社がクルーズプランを提供している運河の街ならではの楽しみ方の一つ。地上とは違い水上から眺める17世紀の街並みを見ながら、駅を中心に環状の運河が広がる美しい街を楽しむことができます。所要時間はほぼ1時間で、近年はサービスも多様化。ディナーやカクテル、チーズ&ワインやパンケーキなど、グルメクルーズも提供されています。体力に自信がある方は、ペダルボートをレンタルして漕ぎ進むことも出来るのでチェックしてみてください。
【スポット】Canal cruise(運河クルーズ)
【ふりがな】うんがくるーず
【 住所 】Prins Hendrikkade 25, Amsterdam
【アクセス】アムステルダム中央駅西側
【最寄り駅】アムステルダム中央駅
【営業時間】9:00〜22:0
【 料金 】17€
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E9%89%84%E9%81%93%E9%A7%85-%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0-%E5%88%97%E8%BB%8A-3013345/

もっと見る

Heineken Experience(ハイネケン・エクスペリエンス)

Heineken Experience(ハイネケン・エクスペリエンス)
ビールブランドのハイネケンに特化した体験型ミュージアムで、コレクションアイテムや実際使われていた機材などが展示されています。「The Brew You Ride」というエリアでは、乗り物に乗って自分自身がビールになり醸造工程に入っていくという疑似体験も可能です。 1875年のパリの品評会で金賞を受賞したハイネケンは、160年以上前から世界中から愛されています。そんなハイネケンを試飲できるコーナーもあり、楽しい音楽をBGMに極上ビールを最低2杯は試飲できるのでお酒好きな方にはおすすめです。
【スポット】Heineken Experience(ハイネケン・エクスペリエンス)
【ふりがな】はいねけんえくふぺりえんす
【 住所 】Stadhouderskade 78, 1072 AE Amsterdam
【アクセス】Stadhonuderskadeから徒歩7分
【最寄り駅】Stadhonuderskade
【営業時間】12:30〜19:30
【 料金 】18€
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0-%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB-1763122/

もっと見る

Kinderdijk(キンデルダイク)

Kinderdijk(キンデルダイク)
レク川とノールト川に挟まれた地区で、「キンデルダイク=エルスハウトの風車網」が有名です。ユネスコの世界遺産に登録されていて、13世紀から悩まされていた排水問題を解消するために設置されました。1740年代に干拓地の排水を目的として19基の風車が造られてからは酪農や園芸の産業が発展に貢献。風車は製粉、製材、製油、染料の製造など幅広い用途に使用されています。日本の咸臨丸が建造された場所としても知られているスポットです。
【スポット】Kinderdijk(キンデルダイク)
【ふりがな】きんでるだいく
【 住所 】Kinderdijk
【アクセス】ロンバルダイン駅からバスで約40分
【最寄り駅】なし
【営業時間】9:00〜17:30 (キンデルダイク=エルスハウトの風車網入場料)
【 料金 】9€(キンデルダイク=エルスハウトの風車網入場料)
【 画像 】https://nl-nl.facebook.com/WerelderfgoedKinderdijk/photos/pb.234699983298981.-2207520000../2316689175100041/?type=3&theater

もっと見る

Zaanse Schans(ザーンセ スカンス)

Zaanse Schans(ザーンセ スカンス)
実際に使用されていた風車を各地から集め、風車のテーマパークのような人気スポットです。18世紀には600基以上の風車が密集し、製材や製紙、塗装、製油などに活躍しました。世界初の工業地帯を形成していましたが、現在は4基のみが残存しています。また、風車だけでなく17~18世紀の伝統的な緑色の壁の家屋が残っていて、「緑の町」と呼ばれる静かな村の風景も楽しめます。風車で作られるチーズ料理を楽しんだり、伝統的な木靴をお土産に買ったりとオランダ観光の際は是非立ち寄りたいスポットです。
【スポット】Zaanse Schans(ザーンセ スカンス)
【ふりがな】ざーんせすかんす
【 住所 】Zaanse Schans
【アクセス】Zaandijk – Zaanse Schans駅から徒歩15分
【最寄り駅】Zaandijk – Zaanse Schans
【 料金 】5€(風車小屋)
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%B9-%E9%A2%A8%E8%BB%8A-%E8%A6%B3%E5%85%89-3773616/

もっと見る

岡本桟橋(原岡桟橋)

岡本桟橋(原岡桟橋)
全国でも珍しい木で出来た桟橋。CMやPV、映画にも度々登場する南房総を代表するフォトジェニックスポットです。天気が良い日には富士山も観賞出来てタイミングが合えば「ダイヤモンド富士」が観賞できます。普段は釣りを楽しんでいる人も多く地元の方々に愛されている名所です。
【 住所 】〒299-2403 千葉県南房総市富浦町原岡210−1
【アクセス】JR富浦駅から徒歩12分(1.1km)、駐車場:普通車20台程度完備
【 料金 】無料
【 画像 】@redbeen

もっと見る

東京シティービュー

東京シティービュー
六本木ヒルズにある展望施設。海抜250メートルの屋内展望回廊と海抜270メートルの屋外展望回廊「スカイデッキ」があり、東京タワー、スカイツリー、富士山を観賞できる絶景スポットです。
【 住所 】〒106-0032 東京都港区六本木6丁目10−1 六本木ヒルズ森タワー 52階
【アクセス】東京メトロ日比谷線の六本木駅からは1C出口、都営地下鉄大江戸線の六本木駅3出口からそれぞれ直結
【営業時間】月曜日から木曜日と日曜日は午前11時から午後11時、金曜日、土曜日、祝日は午前11時から深夜1時 休館日は公式ページをご確認ください
【 料金 】東京シティビューの入場料金は大人一般が1,800円、大学生と高校生の方が1,200円、4歳から中学生までの方が600円です。65歳以上の方はシニア料金として1,500円で入場できます。
【 画像 】@suzukimiswift

もっと見る

Amsterdam(アムステルダム)

Amsterdam(アムステルダム)
オランダ最大の都市で、首都でもあります。元々は小さな漁村でしたが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築いたことで町が発展。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展しました。中央駅から扇形に広がった旧市街に流れる運河は、合計165本。全長100kmに及ぶ運河に架けられた橋は1200以上あります。運河に沿って並ぶ無総督時代の豪商の邸宅や飾り窓の女性たちなど、美しい町並みは2010年に世界遺産に登録されています。
【スポット】Amsterdam(アムステルダム)
【ふりがな】あむすてるだむ
【 住所 】Amsterdam
【アクセス】スキポール空港から車で20分
【最寄り駅】アムステルダム中央駅
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0-%E6%B3%8A-%E9%81%8B%E6%B2%B3-%E5%A4%9C-1150319/

もっと見る

Station Amsterdam Centraal(アムステルダム中央駅)

Station Amsterdam Centraal(アムステルダム中央駅)
アムステルダムと各都市を結ぶ主要駅で、1889年オランダ人建築家ピエール・カイパースによって設計されました。ゴシックとルネッサンスを融合した建築様式で、セントラルホールのレンガの柱はアーチ状になっているのが特徴。繊細な造りを楽しみながら利用するのもおすすめです。美しい赤レンガ造りの中央駅は東京駅のモデルになったとも言われており、2006年に姉妹駅の関係を結んでいて日本にも馴染み深いスポットになっています。
【スポット】Station Amsterdam Centraal(アムステルダム中央駅)
【ふりがな】あむすてるだむ
【 住所 】Stationsplein, 1012 AB Amsterdam
【アクセス】スキポール空港から電車で20分程度
【営業時間】ヴィジターセンター9:00〜18:00
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E9%A7%85%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%80%81%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0-%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%A7%85-2338425/

もっと見る

Koninklijk Paleis Amsterdam(アムステルダムの王宮)

Koninklijk Paleis Amsterdam(アムステルダムの王宮)
ナポレオンの弟であるボナパルトが王宮として使い始め、現在は主に王室行事などに使用されている建物です。350年もの間、アムステルダムの市庁舎として使われていました。オランダの黄金時代を象徴する豪華な内装は、現在でもそのまま残されています。税金庁・保険庁といった役所が入っていますが、ナポレオン時代に施された2000点の豪華な家具やタペストリー、大理石の床に世界地図が描かれた中央ホールは豪華絢爛。日本ではなかなか見られない美しさなので、ぜひチェックしてみてください。
【スポット】Koninklijk Paleis Amsterdam(アムステルダムの王宮)
【ふりがな】あむすてるだむのおうきゅう
【 住所 】Nieuwezijds Voorburgwal 147, 1012 RJ Amsterdam
【アクセス】アムステルダム中央駅から徒歩12分
【最寄り駅】アムステルダム中央駅
【営業時間】10:00〜17:00
【 料金 】10€
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0-%E9%83%BD%E5%B8%82-%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80-4895835/

もっと見る

Rijksmuseum Amsterdam(アムステルダム国立美術館)

Rijksmuseum Amsterdam(アムステルダム国立美術館)
オランダ最大の美術館で、オランダの中世から現代までの芸術と歴史が学べるスポットです。17世紀の黄金期に活躍したオランダを代表する巨匠レンブラントやフェルメールなど、19世紀の天才画家ゴッホらの傑作を一挙に楽しめるのが特徴。中世ルネッサンス期から20世紀まで5000点以上の作品が展示されていますが、おすすめはレンブラントの壮大な「夜警」やフェルメールの「牛乳を注ぐ女」。フェルメール2点しか残さなかった風景画の一つ「デルフトの小路」なども楽しめるので、絵画好きな人におすすめのスポットです。
【スポット】Rijksmuseum Amsterdam(アムステルダム国立美術館)
【ふりがな】あむすてるだむこくりつびじゅつかん
【 住所 】Museumstraat 1, 1071 XX Amsterdam
【アクセス】Spieglegrachtから徒歩2分
【最寄り駅】Spieglegracht
【営業時間】9:00〜17:00
【 料金 】20€
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8-2127625/

もっと見る

Van Gogh Museum(ゴッホ博物館)

Van Gogh Museum(ゴッホ博物館)
フィンセント・ファン・ゴッホの作品を中心とした美術館で、年間200万人が訪れる人気の観光スポットです。初期の代表作からアルル時代の作品、同時代のゴーギャンやミレーらの作品が楽しめます。20世紀の美術に多大な影響を及ぼした印象派の天才画家ゴッホは、生前はほとんど評価されずにいました。そんなゴッホのゴッホの作品で有名な「ひまわり」わ「馬鈴薯を食べる人々」などが見学可能。また、ゴッホは日本の浮世絵も収集していて、その作品など約200点の油彩画や約750点の書簡などが展示されています。
【スポット】Van Gogh Museum(ゴッホ博物館)
【ふりがな】ごっほはくぶつかん
【 住所 】Museumplein 6, 1071 DJ Amsterdam
【アクセス】Van Baerlestraatから徒歩1分
【最寄り駅】Van Baerlestraat
【営業時間】9:00〜17:00
【 料金 】17€
【 画像 】https://www.facebook.com/VanGoghMuseum/photos/a.10150380275625597/10163209180130597/?type=3&theater

もっと見る

康莊蓮園

康莊蓮園
世界最大の葉を持つ睡蓮「オオオニバス」が有名なスポットで、直径1mの葉っぱの上へ実際に座ったり寝そべったり出来る体験が大人気です。例年6月から9月にかけて蓮が咲き、美しい景色が観賞できます。施設内には蓮子にちなんだスイーツや料理が食べられる食堂もあり観光にもお勧めです。
【スポット】康莊蓮園/カンツァンロータスガーデン/Kangzhuang Lotus Garden
【ふりがな】カンツァンロータスガーデン
【 住所 】328 台湾 Taoyuan City, Guanyin District
【アクセス】桃園站下車後、延平路沿いにある桃園客運桃園站(桃園バス乗り場)から、No5040のバスで「桃園客運観音駅」まで乗車。その後No5025、5026、5039、5041、5042、5043、L517に乗り換えて、新坡農會(觀音農會)まで乗車。新坡農會から出ている無料シャトルバスで蓮花季会場まで乗車。蓮花季会場から徒歩約15分で康莊蓮園に到着。
【営業時間】08:00-20:00 不定休のため必ずFacebookページをチェックしてください
【 料金 】50元
【 画像 】@hi7_n03

もっと見る

Lok Wah

Lok Wah
「Lok Wah South Estate」という名前の団地屋上にある駐車場に建てられた壁。丸い穴が空いた水色の壁が立ち並んでいることもあり、穴の奥へ引き込まれるような写真が撮影できるのが特徴的です。香港の若い女性を中心に人気のフォトスポットなので、週末は混みあうことがあります。
【スポット】Lok Wah South Estate Car Park
【 住所 】70 Chun Wah Rd, Ngau Tau Kok, 香港
【アクセス】バス停「樂華南邨」から徒歩すぐ、地下鉄「九龍湾站」から徒歩21分
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【 画像 】@arisa7260

もっと見る

Sushi time

Sushi time
寿司ドーナツ、手まり寿司、カップ寿司など、インスタ映えする寿司メニューが頼めるお寿司屋さん。店内で食べることはもちろん、テイクアウトできるメニューも豊富なので食べ歩きにも最適です。
【 住所 】京都府京都市中京区中魚屋町478 荒木ビル1F
【営業時間】11:30~材料がなくなり次第終了
【 画像 】@sushi_time_kyoto

もっと見る

幸せを呼ぶ傘つるし雛

幸せを呼ぶ傘つるし雛
全長10メートル、総重量は350キロのつるし雛。人形をつるしている傘は直径2.8メートルもあり、12,088個もの人形が飾られています。手作り詰め物人形展示物として11,655個の記録でギネス世界記録に認定されました。縁起物の総数は12,088個です。雪国越後三大つるし雛のひとつ。
【スポット】越後妻有 おみやげ館 新潟 幸せを呼ぶ傘つるし雛
【 住所 】新潟県十日町市本町六の一丁目71番地26
【 画像 】@cross10_michinoeki

もっと見る

Óbidos(オビドス)

Óbidos(オビドス)
丘の上の城壁に守られた小さな村です。中世の面影を感じられるエリアで、城壁をくぐると花で飾られた可愛らしい白い壁の家々が並んでいるのが特徴。丘の頂上にある「オビドス城」は宿泊可能になっていて、この村に来たら泊まりたい人気古城ホテルです。青と白の建物が印象的な「ディレイタ通り」やロマネスク様式の白く美しい「サンタマリア教会」を、街を散歩しながら楽しむことができます。「谷間の真珠」や「中世の箱庭」とも呼ばれている人気スポットです。
【スポット】Óbidos(オビドス)
【ふりがな】おびどす
【 住所 】Óbidos
【アクセス】リスボンから車で1時間程度
【最寄り駅】Óbidos
【 画像 】https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9D%91obidos%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%AB-2800293/

もっと見る

kinomiyajinja熱海観光で見逃してはいけない、定番・穴場スポットまとめ
Cafe Baronちょっと変わったカレーが食べられるお店リスト
hitachikaihin茨城のデートスポットまとめ!定番からちょっと変わったものまで
ジョジョ風バー DIO【完全版】全国にあるジョジョカフェ&ジョジョバー14選ッ!!ジョジョ好きは全員集合ッ!!
doredore1【韓国】カロスキルのインスタ映えする可愛いカフェまとめ
usagichyoshimane島根のデートスポットまとめ!定番からちょっと変わったものまで
IMG_4441【完全版】富士急ハイランドの写真撮影スポットマップ!面白いものから可愛いものまで一挙紹介
日    本
海    外