日本三景のひとつ天橋立!個性的だけど喜ばれるお土産11選!

天橋立お土産
出所:https://kkmatsui.shop-pro.jp/

多くの観光客が訪れると言われている「天橋立」。京都北部に位置し、宮津湾から阿蘇海に延びた全長3.6㎞の美しい砂州です。宮城県の「松島」広島の「宮島」共に日本三景のひとつとも言われています。

天橋立には地元の素材を生かした名産品や定番のお菓子、そしてスイーツなど、個性的で人気のお土産をご紹介していきます。ご自身に一番の一品を見つけてください。




1、ふんわり半熟に焼き上げた「京都のはんなり半熟チーズケーキ」

京都のはんなり半熟チーズケーキ
出所:https://www.facebook.com/kura.sweets

天保3年(1832年)創業の酒蔵「ハクレイ酒造」に併設されているスイーツ店である「白嶺舎」。酒造ならではの素材であるお酒やリキュールなどが使われた蔵スイーツが人気です。

その中でもクリームチーズと生クリームをたっぷりと使用してふんわりと半熟に焼き上げたチーズケーキが「京都はんなり半熟チーズケーキ」です。京都産の卵と牛乳を使用して隠し味にはきなこが使われています。数量限定の大人気のケーキで売り切れ続出です。

「京都はんなり半熟チーズケーキ」の基本情報

・名称: 京都はんなり半熟チーズケーキ
・購入できる場所:白嶺舎 京都府宮津市字由良949
・営業時間: 9:00~17:00
・定休日: 水曜日
・電話番号: 0772-26-0001
・料金: 税別1,100円

公式ページ

2、黒豆の芳ばしい香りがクセに!「天橋立黒豆せんべい」

天橋立黒豆せんべい
出所:https://kkmatsui.shop-pro.jp/

サクサクとした軽い食感の煎餅です。丹後産こしひかりの米粉の生地に、丹波篠山産の煎り黒豆を練り込んで焼いた薄焼き煎餅で黒豆の芳ばしい香りがクセになります。天橋立のお土産として人気が高いです。

「天橋立黒豆せんべい」の基本情報

・名称: 天橋立黒豆せんべい
・購入できる場所:松井物産 京都府宇津市大垣48番地 
         橋立海産センター瑞松苑 京都府宇津市国分10番地
・営業時間: 8:30~17:00
・定休日:年中無休
・電話番号:松井物産  0772-27-0028 橋立海産センター瑞松苑 0772-27-1488 
・料金: 税込み910円(14枚入り)

公式ページ

3、伝統の味を受け継ぐ「琴引の塩ぽんず」

琴引の塩ぽんず
出所:https://www.onojin.com/products/

「小野甚味噌醤油醸造」は創業大正元年。京都の丹波によって伝統の味を受け継ぐ醤油の醸造元であり、醤油や味噌の他、地元の素材を生かした調味料なども人気です。

「琴引の塩ぽんず」は鳴き砂で知られている京都・丹後琴引浜の海水から作られた琴引の砂をベースにして幻のゆずと呼ばれる徳島県産の実生の柚子の果汁をたっぷりと使用した特製のぽんずです。柚子のさわやかな香りと、旨味のある塩が素材の美味しさを一層引き立てます。

「琴引の塩ぽんず」の基本情報

・名称: 琴引の塩ぽんず
・購入できる場所:小野甚味噌醤油醸造 京都府京丹後市峰山町杉谷300
・営業時間:9:00~18:00
・定休日:日曜日不定休
・電話番号:0772-62-0476
・料金: 税込み896円(200ml)

公式ページ




4、絶景のロケーションのワイナリーで作られた「赤ワイン塩」

赤ワイン塩
出所:http://amanohashidate.shop-pro.jp/?pid=102387845

「天橋立ワイナリー」は絶景のロケーションです。

この「赤ワイン塩」は日本の夕陽100選に選ばれている京丹後市夕日ヶ浦の海水で作られた「翁の塩」をベースに生葡萄を使用した天橋立レッドワインの辛口をブレンドしたものです。

料理に振りかけるとほんのりと赤ワインの香りが漂います。

「赤ワイン塩」の基本情報

・名称: 赤ワイン塩
・購入できる場所:天橋立ワイナリー 京都府宮津市字国分123
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:水曜日
・電話番号: 0772-27-2222
・料金: 税込み680円(50g)

公式ページ

5、老舗のお酢屋が作った「果実酒」

果実酒
出所:https://www.iio-jozo.co.jp/product/

明治26年(1893年)に創業したお酢屋の「飯尾醸造」はお酢の原料となる無農薬のお米作りから携わり、自社の酒蔵で杜氏が日本古来の伝統製法でお酢作りを続ける老舗店です。

「果実酢」は漬け込む果実によってお酢を使い分けて作ったこだわりの逸品です。冷水や炭酸水で割ったり、お肉料理とも相性が良い人気商品となっています。

「果実酒」の基本情報

・名称: 果実酒
・購入できる場所: 旬彩するめや 京都府宇津市文珠640-45
・営業時間:9:00~18:00
・定休日: 不定休
・電話番号:0772-22-3123
・料金: 各1本 税込み648円

公式ページ

6、まるで焼き芋のようにホクホク「焼き栗」

焼き栗
出所:https://www.hashidate-alook.com/omiyage.php

天橋立の北側に位置する軽食も楽しめるお店の店頭で販売されている「焼き栗」は大粒で香りが良い丹波栗を直火で焼いたものです。その食感はまるで焼き芋を食べているかのようです。

ホクホクで甘みの強い丹波栗の美味しさが楽しめます。食べ歩きには勿論のことお土産にも持ち帰りたい一品です。

「焼き栗」の基本情報

・名称: 焼き栗
・購入できる場所: えとせとら松屋 京都府宮津市大垣42
・営業時間: 9:00~17:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 0772-27-0058
・料金: 税込み600円(1袋)

公式ページ

7、焼いても揚げても美味しい「サバ桜干し」

サバ桜干し
出所:http://www.hashidate-yamaichi.jp/shopdetail/003002000001/

丹後の美味しい海産物を取り扱う鮮魚店である「やまいち」は名物である松葉ガニ他、沢山の海産物がありますが、その中でも「サバ桜干し」は脂の乗ったサバを秘伝のたまり醤油で味付けして干したもので一番人気です。焼いても揚げても美味しいと評判です。

「サバ桜干し」の基本情報

・名称: サバ桜干し
・購入できる場所:やまいち 京都府宮津市字溝尻324-1
・営業時間:8:30~17:30
・定休日: 1月1日
・電話番号: 0772-27-1846
・料金: 税込み 920円(8個入り)

公式ページ




8、食べると知恵がつく?「智恵の餅」

智恵の餅
出所:https://www.amanohashidate.jp/souvenir/%E6%96%87%E7%8F%A0%E8%8D%98%E3%80%80%E5%8B%98%E4%B8%83%E8%8C%B6%E5%B1%8B/

知恵を司る仏様「文殊菩薩様」が祀られている智恩寺文殊堂の山門にある4軒の茶屋で売られている餅菓子です。

この「智恵の餅」を食べることで知恵が授かるとも言われてこの地に伝えられてきました。

箱詰めに入った柔らかい餅に箱一杯の餡がたっぷりと詰まった伝統の逸品となっています。

「智恵の餅」の基本情報

・名称: 智恵の餅
・購入できる場所:文珠荘 勘七茶屋 京都府宮津市天橋立回旋橋畔
・営業時間: 8:00~17:00
・定休日:不定休
・電話番号: 0772-22-2101
・料金: 税込み800円(10個入り)

公式ページ

9、甘さ控えめに仕上げました「黒豆塩きんつば」

黒豆塩きんつば
出所:https://kkmatsui.shop-pro.jp/

大人気の天橋立限定のスイーツである「黒豆塩きんつば」は大粒の丹波篠山産の黒豆を丁寧に炊き上げて甘さ控えめに仕上げています。

琴引浜の天然塩を使用しているので、ほんのり塩気が効いている絶妙な味加減が人気の秘訣となっています。

「黒豆塩きんつば」の基本情報

・名称: 黒豆塩きんつば
・購入できる場所:松井物産 京都府宮津市大垣48番地 
         橋立海産センター瑞松苑 京都府宮津市国分10番地
・営業時間: 8:30~17:00
・定休日: 年中無休
・電話番号: 松井物産  0772-27-0028 橋立海産センター瑞松苑 0772-27-1488
・料金: 税込み970円(6個箱入り)

公式ページ

10、天橋立が刻印された「橋立浪漫」

橋立浪漫
出所:http://www.hashidate-daimaru.co.jp/omiyage/

天橋立の両岸に位置し天橋立の美しい景観を眺めながら、お食事とお土産などが楽しめるドライブインである「橋立大丸本館」と「橋立大丸シーサイドセンター」にある「橋立浪漫」は美味しいと評判の栗餡がたっぷり入ったお饅頭です。

天橋立が刻印されていることから天橋立土産に人気の商品です。

「橋立浪漫」の基本情報

・名称: 橋立浪漫
・購入できる場所:橋立大丸本館 京都府宮津市天橋立文珠475
         橋立大丸シーサイドセンター 京都府宮津市中野430
・営業時間: 橋立大丸本館  8:30~17:30 橋立大丸シーサイドセンター 8:30~17:00
・定休日: 年中無休
・電話番号: 橋立大丸本館   0772-22-4151  
      橋立大丸シーサイドセンター 0772-27-1313
・料金: 税込み650円(8個入り)

公式ページ

11、新鮮な魚を1つ1つ手作業「天の橋立印オイルサーディン」

天の橋立印オイルサーディン
出所:https://takenaka-kanzume.co.jp/lineup/oilsardine/

明治41年創業の「竹中罐詰(かんづめ)」は新鮮な魚をひとつひとつ手作業して伝統の技術で油漬けした魚介缶詰の製造を行っています。

中でもテレビや雑誌でも何度も紹介された「天の橋立印オイルサーディン」は鮮度の高いイワシを純良な植物油に漬けたイワシのオイル漬けです。その上品な味わいは人気の秘訣です。

「天の橋立印オイルサーディン」の基本情報

・名称: 天の橋立印オイルサーディン
・購入できる場所:天橋立周辺のお土産店
・営業時間: 施設に準ずる
・定休日:施設に準ずる
・電話番号: なし
・料金: 税込み2000円(3缶入り)

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す