寅さんゆかりの店や商品も!東京・柴又の人気お土産15選

東京・柴又の人気お土産
出所:https://www.funabashiya.co.jp/products/kuzumochi/

映画「男はつらいよ」の舞台として知られる葛飾区柴又。柴又帝釈天の門前町として栄えた地で、演歌にも歌われた渡し船 矢切の渡しの乗船場があります。

柴又帝釈天参道には手焼きせんべいや草団子、佃煮などを売る風情ある店が立ち並び、食べ歩きやお土産を選ぶのも楽しい人気のスポットです。この記事では柴又の定番人気&おすすめのお土産を紹介します。映画の舞台になった店や寅さんをモチーフにした商品もあったりしますよ。




1、柴又の定番甘味はぜひ「草だんご」

草だんご
出所:http://www.toraya.info/dango/dango.html

明治20年に柴又屋として創業して以来、飲食店や土産店として柴又帝釈天の参拝客に親しまれ続けている柴又門前とらや。映画「男はつらいよ」の第1~4作目で寅さんの実家のだんご屋として撮影が行われた店でもあります。

お土産商品は草だんごひと筋。香りよくこしのある草だんごと甘さ控えめの自家製あんこが好相性で根強いファンも多い人気の品です。食べ歩き用もあるのでまずは店先で味わってみましょう。

「草だんご」の基本情報

・名称: 柴又門前とらや
・住所: 東京都葛飾区柴又7-7-5
・アクセス: 柴又駅より徒歩2分
・営業時間: 10:00~17:00(土・日・祝は9:00~)
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-3659-8111
・料金: 税込み600円(16粒入り)

公式ページ

2、江戸っ子味のどら焼き「寅焼き」

寅焼き
出所:https://shibamata-ishii.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2649635&csid=1

1862年の創業時は呉服店でしたが、顧客にふるまっていた茶菓子や漬物が好評だったため茶店になったという歴史をもつい志い。甘味の中でも人気の高い寅焼きは、1枚1枚手焼きしている卵のやさしい風味の生地にたっぷりのあんこがはさまれた柴又風どら焼き。

江戸っ子好みの甘さ控えめさは年配者や男性にも好まれる味。コクのある生クリーム入りのフーテンのなま寅焼きは女性やスイーツ好きに人気です。

「寅焼き」の基本情報

・名称: 柴又い志い
・住所: 東京都葛飾区柴又7-6-20
・アクセス: 柴又駅より徒歩3分
・営業時間: 8:30~17:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-3657-1749
・料金: 税込み1,426円(6個入り)他

公式ページ

3、甘くない系の定番土産「手焼きせんべい」

手焼きせんべい
出所:https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13124718/dtlphotolst/smp2/

手焼きせんべいも柴又の名物土産で、柴又帝釈天参道ではいろんなおいしいせんべい屋さんに出会えます。大正時代創業の金子屋は毎日店先でせんべいを手焼きする香ばしい香りの漂う店。

うす焼き、しょうゆ煎餅、堅焼き、ザラメ煎餅…と様々な種類のせんべいが揃い、丁寧に焼かれたきめ細かくパリッとした食感のせんべいが好評です。ばら売り、贈答用のほか、寅さんのシルエットを型どった寅さん煎餅も。

「手焼きせんべい」の基本情報

・名称: 手焼きせんべい金子屋
・住所: 東京都葛飾区柴又7-7-5
・アクセス: 柴又駅より徒歩3分
・営業時間: 10:00~17:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-3657-6682
・料金: 税込み550円(うす焼20枚入り)

公式ページ

4、通販でも買える名物菓子「柴又餅」

柴又餅
出所:https://store.shopping.yahoo.co.jp/takagiya/sm001.html#

参道をはさんでお土産品店と喫茶店を展開している髙木屋老舗。映画「男はつらいよ」撮影時の控え室として部屋を提供した縁もあり、映画や寅さんとのつながりが深い店として知られます。

お土産商品には草だんごや寅さん瓦せんべいなど様々な名物商品が勢揃い。もっちりとした食感のよもぎもちにあんこをたっぷり包んだ焼き餅 柴又餅は通販でも買える人気商品で、ほどよい甘さと絶妙な食感が好評です。

「柴又餅」の基本情報

・名称: 髙木屋老舗(ろうほ)
・住所: 東京都葛飾区柴又7-7-4
・アクセス: 柴又駅より徒歩2分
・営業時間: 9:00~17:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-3657-3136
・料金: 税込み850円(5個入り)

公式ページ




5、いも好きは要チェック「もんでんのスイートポテト」

もんでんのスイートポテト
出所:https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13098821/dtlphotolst/smp2/

100%手づくりのスイートポテト専門店 もんでん。昭和62年に創業した店で占いさろんと併設しているテント屋根が目印です。スイートポテトをはじめタルトやいももちなど様々ないものおやつがショーケースに並び、食べ歩きにも持ち帰りにもおすすめ。

糖度の高いさつまいもを使用したスイートポテトは濃厚な甘みとしっとりなめらかな食感が好評で、バナナ、シナモン、パープルなど味のバラエティも豊富です。

「もんでんのスイートポテト」の基本情報

・名称: もんでん
・住所: 東京都葛飾区柴又7-7-10
・アクセス: 柴又駅より徒歩3分
・営業時間: 10:00~18:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-3659-2612
・料金: 税込み250円(1個)

公式ページ

6、生姜好き必食のウマさ「ぶっかけ生姜」

ぶっかけ生姜
出所:https://www.otsukemono-marujin.com/products/detail.php?product_id=10

常時40種類の漬物や佃煮が揃い、外国人観光客からも人気がある丸仁。ぶっかけ生姜は細かく刻んだ生姜を特製の漬けダレで仕上げた漬物で、素材の歯ごたえや香り、味がしっかり生きた生姜好き必食の人気商品です。

いくらでも食がすすむ味で白いご飯との相性が抜群なのはもちろん、麺類や唐揚げ、豆腐などの薬味として使うのもおすすめ。お土産にちょうどいい瓶詰めで老若男女問わずウケるおいしさです。

「ぶっかけ生姜」の基本情報

・名称: おつけもの丸仁
・住所: 東京都葛飾区柴又7-6-19
・アクセス: 柴又駅より徒歩2分
・営業時間: 10:00~17:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-5693-4781
・料金: 税込み756円

公式ページ

7、密かに絶品との声多数「矢切の渡しもなか」

矢切の渡しもなか
出所:https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13191492/dtlphotolst/smp2/

1980年代にちあきなおみや細川たかしの演歌タイトルにもなった矢切の渡しは、柴又に乗船場がある江戸時代から続く手漕ぎ渡し船。もなかや人形焼などを販売している代々喜では、そんな矢切の渡し船の形をしたもなかが看板商品として人気です。

あんは小倉あん・こしあん・白あんの3種があり香ばしいもなか皮とも好相性。小さめのサイズもかわいいと好評で、舟型容器に詰められた舟盛もお土産におすすめです。

「矢切の渡しもなか」の基本情報

・名称: 帝釈天門前 代々喜
・住所: 東京都葛飾区柴又7-7-7
・アクセス: 柴又駅より徒歩2分
・営業時間: 10:00~17:00
・定休日: 火曜日(その他夏季休業あり)
・電話番号: 03-3671-9568
・料金: 税込み800円(8個入り)

公式ページ

8、素朴でやさしい味わい「松屋の飴」

松屋の飴
出所:https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13156120/dtlphotolst/smp2/

明治元年創業の松屋の飴総本店は昔ながらの製法を継承した手づくり飴が並ぶ店。店先で見られるカタタッカタタッという軽快な音と共に飴を包丁で切り分ける光景は柴又の風物詩でもあります。

よもぎ、キキョウなどの薬草を配合したセキトメ飴や黒蜜ときな粉を練り合わせたきなこ飴、自家製あん入りのあんこ飴など、おやつや滋養にもよい飴は幅広い層に人気。個包装なので自宅や職場用に多めに買うのもおすすめ。

「松屋の飴」の基本情報

・名称: 松屋の飴総本店
・住所: 東京都葛飾区柴又7-6-17
・アクセス: 柴又駅より徒歩2分
・営業時間: 8:30~17:30
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-3657-1739
・料金: 税込み300円(100g入り)

公式ページ




9、日本酒や焼酎と好相性「柴又漬」

柴又漬
出所:https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13165671/dtlphotolst/smp2/

いろんな漬物や佃煮がずらりと並び、試食しながらお気に入りの味を探せる大徳。ご飯のお供やおつまみにぴったりの品が揃いイナゴの佃煮といった珍味があるのも特徴です。

柴又らしいお土産なら紫蘇で巻いた大根をかんぴょうで結んだ柴又漬を。輪切りにして食べると大根の歯ごたえと紫蘇の風味がよく思わずくせになる味です。酒のおつまみにもぴったりなので晩酌好きの人にも喜ばれますよ。

「柴又漬」の基本情報

・名称: 大徳(大德)
・住所: 東京都葛飾区柴又7-7-7
・アクセス: 柴又駅より徒歩2分
・営業時間: 10:00~16:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-3671-6304
・料金: 税込み500円

公式ページ

10、発酵から生まれる美味「元祖くず餅」

元祖くず餅
出所:https://www.funabashiya.co.jp/products/kuzumochi/

1805年に亀戸天神参道に創業した船橋屋は柴又でも人気の店。グルテンを取り除いた小麦澱粉をじっくりと乳酸菌発酵させるという、200年以上続く無添加製法でつくられる元祖くず餅は身体にやさしくヘルシーな点も好評。

独特の歯ごたえと弾力が特徴で、香ばしいきな粉と濃厚な黒蜜もまた絶品です。450日もの期間をかけてつくられるのに消費期限はわずか2日という刹那の美味をじっくりと堪能しましょう。

「元祖くず餅」の基本情報

・名称: 船橋屋 柴又帝釈天参道店
・住所: 東京都葛飾区柴又7-6-1
・アクセス: 柴又駅より徒歩2分
・営業時間: 9:00~17:30
・定休日: 平日 ※コロナ禍により土日のみ営業中
・電話番号: 03-5693-2784
・料金: 税込み790円(24切入り)

公式ページ

11、柴又に珍しい洋風土産「あぶり和三盆 米米ロール」

あぶり和三盆 米米ロール
出所:https://shibamata-ishii.shop-pro.jp/?pid=153730873

寅焼きや漬物といった和テイストのお土産が好評のい志いですが、洋菓子や和洋折衷のスイーツも手がけています。あぶり和三盆 米米ロールは口コミ評価も高い人気商品。

カステラの技法でつくられた米を使ったロールケーキはもっちり感のある生地が特徴で、たっぷりつまった国産純生クリームのコクも絶品。みたらし団子などからヒントを得たという仕上げのおこげキャラメリゼも抜群のアクセントです。

「あぶり和三盆 米米ロール」の基本情報

・名称: 柴又い志い
・住所: 東京都葛飾区柴又7-6-20
・アクセス: 柴又駅より徒歩3分
・営業時間: 8:30~17:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-3657-1749
・料金: 税込み1,609円(約17cm入り)

公式ページ

12、柴又を粋に着こなす「柴又Tシャツ」

柴又Tシャツ
出所:http://alrt.tokyo/online_shop/52.html

アパレルや雑貨、文具などスタイリッシュなデザインと機能性を兼ね備えたアイテムが評判で、国内外のデザイン賞受賞歴も多数のALrT.TOKYO。お土産におすすめの柴又Tシャツは、柴又の文字をモチーフにしたお洒落度の高いプリントのほか人気店とのコラボ商品も好評です。

赤ちゃん用ロンパースやキッズTシャツもあり、これもなんともいえない粋なかわいさ。おしゃれで個性的なものが好きな人におすすめです。

「柴又Tシャツ」の基本情報

・名称: ALrT.TOKYO(アルト・トウキョウ)
・住所: 東京都葛飾区柴又7-4-7-1F
・アクセス: 柴又駅より徒歩3分
・営業時間: 11:30~20:00頃(冬季は30分短縮)
・定休日: 木・金曜日(その他不定休あり)
・電話番号: 03-6801-7670
・料金: 税込み2,530円他

公式ページ




13、小魚や佃煮好きな人に「生炊き小女子」

生炊き小女子
出所:http://www.shibamata-marujin.co.jp/shop/item_list?category_id=226143

魚介や川魚、野菜や豆など様々な素材を佃煮や珍味仕立てにした江戸の味覚が好評の丸仁。別名イカナゴとも呼ばれる小女子を炊き上げた生炊き小女子は、ご飯のお供にもってこいの同店の人気商品です。

水揚げされたばかりの新鮮な小女子のおいしさがそのまま活かされており、ふっくらとした柔らかさと食感、うまみを楽しむことができます。おにぎりやお茶漬けにはもちろん酒のつまみにもおすすめ。

「生炊き小女子(こうなご)」の基本情報

・名称: 佃煮 柴又丸仁
・住所: 東京都葛飾区柴又7-6-18
・アクセス: 柴又駅より徒歩2分
・営業時間: 10:00~16:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-3658-2578
・料金: 税込み778円(80g入り)

公式ページ

14、全種類食べ比べしたい「亀家本舗 だんご」

亀家本舗 だんご
出所:https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13050331/dtlphotolst/smp2/

最上級の上新粉や春先の新芽の柔らかいよもぎなどの厳選素材のみを使用し、合成着色料や香料などは一切使わずつくるだんごが自慢の亀屋本家。柴又名物の草だんごはもちろんずんだ、みたらし、のりや春限定のさくら餅、秋限定の栗など常時7~8種類以上のだんごが並びます。

色とりどりのだんごは見た目にも華やか。いろんな種類を買って帰って皆でワイワイ目移りしながら選ぶのもひとつの楽しみです。

「亀家本舗 だんご」の基本情報

・名称: 亀家本舗
・住所: 東京都葛飾区柴又7-7-9
・アクセス: 柴又駅より徒歩3分
・営業時間: 9:00~17:30
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-3657-6670
・料金: 税込み160円(1本)

公式ページ

15、使えば納得の職人技術「シュロたわし」

シュロたわし
出所:http://shibamata.net/shop/jpg/tamaya/tamaya/syouhinnsyousai%20tawasi.html

開運金運祈願の金のうんこなどのユニークな商品が揃うことでも知られるお土産品店 柴又たま屋。人気商品のひとつ シュロたわしは葛飾の職人が手がける伝統工芸品で、天然素材である棕櫚(シュロ)の木皮からつくられた高品質の手づくりたわしです。

ブラシの密度が高く毛先がきれいに揃った見た目の美しさもさることながら、やさしく汚れを落とせるしなやかな質感も評判。いいものを長く使いたい人に。

「シュロたわし」の基本情報

・名称: 柴又たま屋
・住所: 東京都葛飾区柴又4-9-5
・アクセス: 柴又駅より徒歩1分
・営業時間: 11:00~17:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 03-3672-1023
・料金: 税込み648円ほか

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す